FC2ブログ

吉岡監督とローズ選手(兼任野手コーチ)!!

 多くのプロ野球ファンにとって懐かしい顔が!

 スポーツ新聞(ネット版)をいろいろ見ましたが、一番詳しいのがやはりツイッターでリンクしたdot.の記事。
 保存も兼ねて全文引用<(_ _)>

金銭面の条件提示なし! タフィ・ローズが魅せた黒田に負けない“男気” BCリーグ富山入団会見(更新 2015/6/ 3 16:17)
 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズに入団したタフィ・ローズ外野手(46)は6月3日、富山県の高岡市役所で会見に臨み、「選手として、コーチとして、自分ができることに全力を尽くす」と意欲を示した。富山とは選手兼任野手コーチとして契約、背番号は16。4日からチーム練習に合流し、6日正午から高岡西部総合公園野球場でプレーボールとなるリーグ公式戦のソフトバンク戦(3軍)に出場する予定だ。

 近鉄、巨人、オリックスでプレーし、「史上最強の助っ人」と呼ばれたパワフルな体はそのまま。流ちょうな日本語でファンに愛された話術も変わらなかった。「富山に来ることができて大変うれしい。ホームランを打ちたい」と述べ、ファンに対しては、「タフィーと呼んで」と親しみやすさをアピールした。

 入団は、近鉄時代の同僚で、昨シーズンから富山で指揮を執る吉岡雄二監督からのラブコールによる。会見では、4月上旬に打診を受けてから現役復帰を決意するまでの経緯が披露された。ローズは吉岡監督の依頼を「必要としてもらえるなら」と快諾した。ただし1カ月間はトレーニングを行って体の状態を確認し、週5日間、2~3時間の練習をこなすことができたので5月中旬、確信を持ってOKと返事した。

 球団との交渉の間、ローズ側から金銭面での条件提示はなかった。BCリーグでは選手1人あたり給与の上限が月40万円という規定があるため、NPB(日本プロ野球機構)時代とは比較にならない薄給でプレーすることになる。黒田博樹投手の広島復帰以来、すっかり定着した「男気」あふれる日本球界復帰の物語が、ローズにもあったということだ。

 「息子の大学進学を契機にあらためて自分の人生を考えていた」という時期にオファーを受けた。背番号の「16」は、7月16日生まれの息子にちなんで決めた。子育てをほぼ終了し、「野球人としてもう一度頑張りたい」という決意に満ちた会見だった。「子どもたちが野球を好きになってほしい」「吉岡監督の力になりたい」と意欲を示したうえで、「不安があるとすれば実戦から遠ざかっていること」と付け加えた。

 日本での生活に不安はなく、1日は都内で焼き肉、2日は高岡市内で刺し身を味わった。日本の食事には慣れている。NPB時代、バイク通勤で物議をかもしたことを振り返り、「富山では自転車で通勤します」と言って笑いを誘った。

 吉岡監督は終始笑顔で、ローズのユニホーム姿に目を細めた。12年ぶりに同じチームで戦うことについて「横にいるのがまだ信じられない。独立リーグに来てくれることに感謝している。いるだけで存在感がある。選手もファンの皆さんも、ローズの素晴らしい人間性を感じ取ってほしい」と述べた。

 吉岡監督は現役時代、ローズに救われたことがあった。近鉄入団1年目の1997年、打撃がなかなか上向かず苦しんでいた時、ふと手に取ったローズのバットが手になじんだ。重さは約910グラム、芯が太く、振りやすく、しっくりきたとのこと。以後、1軍定着を果たし、翌年からは「いてまえ打線」の一角を担うようになった。

 現在、富山は勝率3割9分1厘で現在、西地区の3位。2位で勝率5割8分3厘の信濃グランセローズには大きく水をあけられている。また、吉岡監督にとっては、米国出身の選手と細かいコミュニケーションが取れないことが悩みだった。球団としては専属の通訳など雇えない苦しい台所事情もある。ローズの加入は戦力や語学力、指導力、ユーモアセンス、人間力、集客力など効果は大きいだろう。

 ローズは米国出身で、アストロズ、カブス、レッドソックスを経て来日、13年間NPBでプレーした。1996年から8年間は近鉄に在籍し、99年に本塁打王と打点王の2冠を獲得した。2001年には王貞治が持っていた当時の日本記録に並ぶ55本塁打を放って2度目の本塁打王となり、リーグ制覇に貢献。04年から2年間は巨人、1年間のブランクを挟んで07年から3年間オリックスでプレーし、09年に引退した。日本での通算成績は打率2割8分6厘、464本塁打、1269打点。

 会見は、ローズ、吉岡監督のほか、球団からは永森茂社長、伊東孝悦GM、チームのホームタウンである高岡市の高橋正樹市長も出席して行われた。

(ライター・若林朋子)

  こちらの画像はスポニチ(共同)

1506-01akushu.jpg

 吉岡さんの「横にいるのがまだ信じられない」って言葉を聞くと、ダメもとでお願いしたって感じもしますね。
 月40万円では無理もない。
 でもそんな薄給でも来てくれるローズってすごいわぁ。
 それだけ野球と、それに日本のことも愛してくれてるんですね。

 ローズに関しては夫が大ファンで、2002年、抽選で当たって見学ツアーに参加した時、サインまでもらってました。

1506-02rhodes.jpeg

1506-03sign.jpeg

 ローズの息子さんって、昔、球場に応援に来てたりしたけど、あの小さかった男の子がもう大学生ですか…。
 月日の経つのは早いもんです。

 実は夫はローズが巨人に行ってしまった時、ファンをやめてしまいました(アンチ巨人なので)。
 でも今回の復帰を聞いて、また興味を持ち始めたようです。

 私はというと吉岡さん一筋で、トークショー&握手会に大阪だけでなく和歌山まで出かけていったことも…(このページを下にスクロール。10月13日と20日)。

 まめにファンレターを送った結果、年賀状までいただいたり…。

 現役引退してからも、まあぼちぼちとファンレター書いてましたが、富山に行かれてからは一度も…ですね。
 久々にお手紙書いてみようかしら(^^ゞ

1506-07site.jpg

※関連サイト
富山GRNサンダーバーズ
 「リアル野球盤」メンバー(とんねるずの石橋さんとか)も載ってますね(^_^;

※拙ブログ関連エントリー
11/3/6付:吉岡さんの行方
09/1/6付:今年も憧れの人から年賀状。でも……
08/1/3付:憧れの人&親からの年賀状
07/10/9付:あの人のブログ発見
07/7/4付:吉岡一軍昇格とオールスター
05/6/9付:祝・W杯出場決定!その陰で楽天は……


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

マラソンの先導車

 1月25日、大阪国際女子マラソン。
 自宅から比較的近い場所にコースがあるので、毎年出かけます。

 今年は晴れで気温も高く、観戦する側は楽でした(^_^;

 昨年ゲットしたデジカメで動画撮影してみました。
 1分半ほどの動画です。



 トップの選手が姿を現すまでの、段取りだったり雰囲気だったりを楽しんでいただけたら幸いです(リラックマ付き)。

 撮影場所はちょうどコースが直角に曲がる地点になってます。
 
 トップで来たのはウクライナのガメラ選手。
 このまま独走を続けて3連覇を達成しました。
 おめでとう!!\(^o^)/



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

錦織選手と神谷くんが重なる

 錦織圭選手、やりましたねー!(^▽^)

140907nisihori.jpg

錦織勝利、日本選手初の決勝進出 ジョコビッチに3-1(2014.9.7 04:13)
 【ニューヨーク=黒沢潤】テニスの四大大会最終戦、全米オープンは6日(日本時間7日)、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで男子シングルス準決勝が行われ、世界ランキング11位の錦織圭(24)=日清食品=は、同1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し、6-4、1-6、7-6、6-3で破り、決勝進出を決めた。四大大会のシングルスでの日本選手の決勝進出は男女を通じて史上初の快挙。ジョコビッチとの対戦成績は通算で2勝1敗となった。

 島根県出身の錦織は13歳で米国にテニス留学し、17歳でプロに転向した。四大大会では2012年の全豪オープンで自身初の8強入り。元全仏王者のマイケル・チャン氏をコーチに迎えた今季、攻撃力に磨きがかかった。5月には世界ランキングで9位になり、日本男子として初めてトップ10入りした。

 今大会は右足親指のケガで一時は出場も危ぶまれたが、4回戦で世界ランキング6位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を4時間19分の激闘の末に撃破。準々決勝も同4位のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)との4時間超に及ぶ戦いを制し、米メディアから「マラソン・マン」と称賛された。

【全米OPテニス】日本のテニス史塗り替える 錦織、技術と動きで偉業(2014.9.7 09:44)
 日本に「庭球」が持ち込まれてから130年余り。錦織は体格差を補う技術の高さと動きの速さを武器に、欧米を中心とするテニスの世界に立ち向かい、ついに四大大会の舞台で決勝へ進出。全豪、全仏、ウィンブルドン選手権4強の佐藤次郎ら名選手を超えた。

 「世界一の選手になりたい」との思いを胸に秘め、13歳で名選手を輩出する米国のアカデミーに渡って腕を磨いた。18歳でツアー初優勝。才能が芽吹いたが、度重なる故障でつらい時期も経験した。しかし、世界トップと渡り合える体力を付け、四大大会21度目の挑戦で快進撃を演じた。

 日本選手では1916年に全米オープン前身の全米選手権に熊谷一弥と三神八四郎が初参戦した。2年後に熊谷が4強入りしてから1世紀近い時を経て、24歳の若者が日本のテニス史を塗り替える偉業をやってのけた。(共同)

 いやー、びっくりしました!
 で、思わずこんなツイートを。


 「何のこっちゃ!?」という方のために簡単に説明すると……

 「エースをねらえ!」の原作やアニメをちらっとでも見たことのある方なら、宗方仁コーチ、それに藤堂さんや尾崎さんはご存知だと思います。

 宗方仁コーチは、主人公・岡ひろみが所属する西高テニス部のコーチ。

 藤堂さんと尾崎さんは男子選手で、日本のトップ選手たちでもあります。
 藤堂さんは岡ひろみをいつも支えてくれる人(後に二人は交際します)。尾崎さんはキャプテン。

 で、神谷裕介くんというのは、宗方コーチの死後、どん底に落ちたひろみが周囲の支えで復活し、世界で活躍し始めた頃に登場する男の子です。
 ひろみより2歳下。藤堂さんらより3歳下。

 原作マンガの後半を読んでない方はご存知ないでしょう。もちろんアニメにも出て来ません。

 藤堂さんと尾崎さんは日本のトップではあるが、残念ながら世界ではほとんど通用しないレベル。

 戦前の日本には強いテニス選手がいたけれども(マンガでは佐藤次郎選手らの偉業も紹介されています)、このマンガが連載されていた昭和40年代~50年代は弱かったんです。

 そんな時、神谷くんという、世界に通用するかもしれない素晴らしい素質を持つ男の子が出てきた。

 桂コーチ(宗方コーチの親友で彼の死後、ひろみのコーチになった)は神谷くんについて、こう言うんです。

 岡ひろみが宗方仁から学んだものを正確に伝達できれば、神谷裕介は宗方仁のような選手になれるだろう!と。
 
 そして、桂コーチは、藤堂さんと尾崎さんに、彼を鍛えてくれるよう言うのです。

 二人は、ひろみが頭をもたげてきた時から、自分たちは選手として世界に出るのではなく、ひろみを支え、その捨て石になろうと決めていましたが、この時、ひろみに対して感じていたものと同じ充実感、同じ血のたぎりを覚えるのです。

 「おれたちの背をふんで、世界へ翔(か)け登るやつがとうとう出て来た!!」と。

 同時に、藤堂さんはこう呟くのです。

 「(宗方)コーチが生きてたら…!いや…、見てるよな、どこかから。あの冴えたまなざしでなにもかも…」

 そして、こうも。

 「変なイジはらずに、捨て石になる覚悟をしてよかった」(笑)

 ただ、マンガでは、神谷くんのその後の活躍は不明です。
 彼が世界に羽ばたく姿までは描かれていないのです。

 マンガがあのまま続いていれば、神谷くんはきっと今の錦織選手のような活躍を見せただろうなと私は想像しています。

 今回の試合に限らないのですが、錦織選手のプレイ、その一球一球を見ていると、「エースをねらえ!」の中で私が一番好きな言葉を思い出します。

 それは宗方コーチのこの言葉。

「“この一球は絶対無二の一球なり
 されば身心をあげて一打すべし”
 だが そのことばが真底骨身にしみたのは
 テニス生命をたたれてからだった
 この世のすべてに終わりがあって
 人生にも試合にも終わりがあって
 いつと知ることはできなくても
 一日一日 一球一球
 かならず確実にその終わりに近づいているのだと
 だからきらめくような生命(いのち)をこめて
 本当に二度とないこの一球を
 精いっぱい打たねばならないのだと」


 冒頭の“この一球は絶対無二の一球なり されば身心をあげて一打すべし”は、元テニス選手の福田雅之助さんの言葉で、日本の多くのテニスプレイヤーがこの言葉に勇気づけられてきたと聞きます。

 テニスをしていない人間にもグッと来る言葉です。

 私もきらめくような生命をこめて、二度とない今日という日を精いっぱい生きなければ…!
 (とは思うものの実践は難しいです(^^ゞ)

 さて、錦織選手の決勝の相手、クロアチアのマリン・シリッチ選手は、世界ランキング16位。
 過去の対戦成績は5勝2敗で錦織選手がリードしています。

 が、シリッチ選手は準決勝で、世界ランキング3位のスイスのロジャー・フェデラー選手に、セットカウント3対0でストレート勝ちしており、こちらも波に乗っているようです。

 日本中みんなが錦織選手を応援しています。
 ここまで来たんですから、絶対に優勝してもらいたいですよね。

 決勝は日本時間の9日早朝に行われるそうです。


※「エースをねらえ!」の原作マンガ、kindle版が出てるんですね。
 私も久しぶりにまた原作(四半世紀以上も前のなのでボロボロ)を読み返してみようと思います(^▽^)

※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

楽天日本一で脱「疑似近鉄」!?

 やや遅ればせながら、楽天、シリーズ初制覇おめでとう!\(^o^)/

131103rakuten.jpg

【この号外の元データ(pdf)は産経WEB版にあります】

 シリーズが始まる前は、野球ファンも専門家も「たぶん巨人でしょう」ってムードでしたが、大方の予想を裏切って楽天が日本一!!

 しかもどの試合も見所が多くて、良い日本シリーズだったと思います。

 巨人もやはりここ一番は強かったですし。
 特にマー君に投げ勝った第6戦の菅野君は敵ながら天晴れ。
 今季どこのピッチャーも成し遂げられなかったことですからね。

 シリーズ期間中、私は熱狂的楽天ファン(同時にアンチ巨人)の夫に振り回されて疲れることもありましたが(こっちが勝ってる場面でも、凡退したり相手に点を取られたりしたらすごく怒る)、終わってみればそれも良い思い出…?(^_^;

 思い起こせば、私も夫も長年近鉄バファローズのファンだったので、2004年にオリックスに吸収されて近鉄が消滅した時は本当にショックでした。

 大方の近鉄ファンはオリックスに流れていったようですが、私たちはどうしてもそういう気分にはなれませんでした。

 (いや、実際のところ、分配ドラフトで近鉄の選手の約半分が楽天に移ったので、私たちと同様、楽天に流れた近鉄ファンも潜在的にはかなりいたかも…?)

 だから、近鉄が日本一を果たせず消滅してしまった、その夢を近鉄の流れを汲む楽天が果たしてくれたというか……。

 特に夫はその思いがすごく強くて、日本一が決まった瞬間、もう泣いちゃって大変でした(^_^;

 「疑似近鉄」扱いしちゃってすみません<(_ _)>

 東北の楽天ファンの皆さんには、大阪の近鉄ファンのこういう複雑な気持ちはなかなかご理解いただけないかもしれません。

 でも、同時に、東北の皆さんがとても喜んでくださっているので、近鉄ファンとしても「救われた」という思いも、もちろんあるんですよ。

 現実に、近鉄の選手はもう楽天にはほとんど現役としては残ってませんし(牧田選手と高須選手のみ。しかも高須選手は今季限りで戦力外通告)、私も夫もいつまでも楽天を「疑似近鉄」扱いするわけにもいきません。

 日本一を成し遂げて一区切り付いたので、来季からはこれまでとは違った新たな思いで楽天を応援していこう!
 今はそういう感じですかね(^^ゞ

“最後の猛牛戦士” 牧田が本塁打「最後に打ててうれしい」(産経2013.11.4 01:52)


 以下は、やや余談ですが…。

楽天日本一の「11月3日」があまりに運命的過ぎると話題に

 シリーズ初制覇を成し遂げた11月3日を、逆に読むと「3.11」。
 なるほどね~。

 でも楽天としては11月2日でも良かったんですよね。
 プロ野球オーナー会議で楽天の新規参入が承認された、いわばチームの「誕生日」が平成16年11月2日でしたから。


<お知らせ>
 ツイートボタンを設置しました。よろしかったらご活用下さい。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

楽天優勝!\(^o^)/

 9月26日朝のツイート。

 そして……。

130926-01douage.jpg


 白状すると、昨日(26日)朝の時点では、マジックとか把握してなかったんですよσ(^_^;
 晩に夫が帰宅したあと何かソワソワしてるのでそれで気づいたという…(^^ゞ

130926-02seiseki.jpg

 球団創立1年目なんて首位と51.5ゲーム差ですからねぇ。
 この年はシャレ抜きで100敗するんじゃないかと言われてましたっけ。

 夫は創立以来ずーっと楽天ファンですが、私は実はそうでもないのです(^^ゞ

 だから私が優勝を喜んでいる様子を見て、夫は逆にちょっと不機嫌になってました。
 「ふだんさほど応援もしてないくせに、こんな時だけ喜んで…」と。

 すみません。現金な人間で(^^ゞ

 これでも球団創立から数年間は夫に負けないぐらいに応援してたんですよ。

 ただ、イチオシの吉岡雄二選手が退団してからは、徐々に関心が(楽天だけじゃなくプロ野球全般に)持てなくなったのは事実です。

 でも今年はマー君こと田中将大投手がどこまで連勝記録を伸ばすかが気になってたので、例年よりは楽天の試合は観てました。

 そうそう、マー君、最後の打者を三振に打ち取って優勝が決まった瞬間、センター方向を振り返ってガッツポーズしましたよね。
 私はちょっと「あれ?」と思いました。

 普通はそのままホーム方向、キャッチャーの方を見てガッツポーズすると思うので…。
 何か意味あったのかな?(^_^;

130926-03tanaka.jpg

 あと、野村克也さん(楽天の元監督)が何てコメントしてるか気になって調べてみたら…

 「星野監督の手腕じゃないか。私の時の選手は田中と嶋くらいしかいない。自分が監督の時も社長や球団代表に、中心なき組織は機能しないと口酸っぱく言っていた。野球はエースと4番がしっかりできれば後は枝葉だから、それが今はできている」(スポーツ報知2013年9月26日23時16分

 あらら。
 私はてっきり「阪神の時といい、星野は俺が土台を作ったチームのおいしいとこばっかり持っていく」とか、ぼやくのかと思ってました。
 ノムさん、ごめんなさい(^^ゞ

 関係ないけどノムさんの「後は枝葉」って言葉、懐かしい!(≧▽≦)
 ヤクルト監督時代からよく言ってましたよね。
 「センターラインがしっかりしてれば、後は枝葉」とかね(^_^;

130926-04bokin.jpg

 選手にとって、東日本大震災は大きな転機になったようです。
 (上記画像は2011年3月19日にナゴヤドームで行われた募金活動)

 この年の慈善試合の前にスピーチした当時の選手会長、嶋基宏捕手の「見せましょう、野球の底力を」という言葉は、流行語大賞の候補にもノミネートされました。

 その嶋捕手は、復興に向けて汗を流す人々の背中から、貴重な教訓を読み取ったそうです。
 すなわち、「誰かのために闘う人間は強い」と…(産経2013.9.27 07:19)。

 青山繁晴さんがよく言っている、「公のために生きる」ことの大切さにも通じますよね。
 (硫黄島を取り上げた9月25日放送『アンカー』でもそれが大きなテーマだった)

 震災からすぐには成績に結びつかなかったけれども、少しずつ復興を進める東北に合わせるように、楽天ナインも少しずつ成長していったように私には見えます。

 宮城県はじめ東北の皆さんが楽天の優勝を心から喜んでらして、こちらも本当に嬉しくなりました。
 使い古された言葉ですが、スポーツは本当に人々に勇気と感動を与えますね。

 復興への道のりはまだまだ厳しいと思いますが、楽天優勝をきっかけにそのスピードが加速することを願っています。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる