義母のお隣さんの息子さんが…

 先週の金曜日に義母と一緒にかかりつけ医に行き、薬の一包化をしてもらいました。
 前のバラバラの薬は土曜日中に飲み終えて、日曜日から一包化の薬を飲み始めてもらってます。

 以前と比べると飲み忘れは減ったようですが、それでも今日(金曜日)確認したら、2回ぐらい飲み忘れてました。
 これ以上何をどうすればいいのか、ちょっと分かりません。


 本題。
 2月8日の続き。
 義母宅のお隣の奥さんが、義母に関することで私に、「関東に住んでいる私の長男に電話をしてほしい」と要請があった件。

 これ、正確には関東じゃなくて、近隣=大阪市の隣の市でした。
 しかも、長男じゃなくて、次男でした。

 その次男さんに電話しました。
 平日は仕事が忙しく帰宅が遅いと聞いたので、日曜の昼頃に。

 まず義母の現状を報告しようとすると、いきなり直球が返ってきました。
 「それはいいです。母からだいたい聞いてるから。それより今後どうするつもりなのか聞きたい」

 以下、次男さんのお話。

「早く同居してほしい」
「認知症は恐ろしい病気」
「僕も父が認知症になって苦労した」
「今より絶対良くならない。ある日突然酷いことになる」
「隣りに住む母が心配。僕ら家族はお宅に迷惑してる」
「火事でも出したらどうするつもりか」
「火事になってもすぐ外に逃げられるよう、実家は今春リフォームを予定してる」

 まさかそのリフォーム代を払ってほしいとか言われるのかなと思ったら、そこまでは言われませんでしたが…。

「うちの母も80歳超えて一人暮らしだけど、半年に一度、認知症の検査を受けさせている」
「母に問題が出てきたら、うちで引き取って同居するつもり」
「お宅は要支援2だそうだが、認知症だけだと施設に入るのは難しい」

 その後もいろいろアドバイス(説教?)されたんですが、結論はやはり「早く同居してくれ」。

 同居には夫が後ろ向きで、何より本人が嫌がっていて、どう説得したものかと尋ねたら、「認知症の人に説得を試みても無駄」「○○君(夫のこと。実家が隣り同士なのでもちろん面識あり)も、そんなこと言ってる場合?認知症の認知が足りない!」。

 「専門医の先生には同居すべきかどうかは人それぞれで、本人の性格や環境にもよると言われました。無理強いするとかえって悪化したりしませんか」と私も少し反論してみましたが、「そんな悠長なこと言ってる場合か、とにかく早く何とかしろ」の一点張り。

 困り果てて、「夫と電話を替わりますから、直接話してもらえませんか」と。

 で、夫に電話を替わってもらいました。
 壮絶なバトルになったらどうしようと少し心配したけど、夫は「はい、はい」と相づちを打つだけで、ほんの2分ほどで終了。

 電話を切った後、夫は、「迷惑かかってるから何とかしてくれ、こっちは被害者なんだ、みたいな言い方をされた」と険しい顔。

 夫は「要支援2」が出てから、「実家で同居するにしても、あの家古いし狭いしなぁ…」とか言って、少しは考えてるフシも見られたんですが、その電話の後、また頑なな態度に戻ってしまいました。

 「どうしても同居したいなら、お前だけ向こうに行って、オカンと一緒に住んだらいい」と。

 義母は義母で相変わらずで、私がまだ何も言ってないうちから「やっぱり一人暮らしが一番。気を使うのも使わせるのも嫌!」と予防線を張ってきます。
 一方で、「いよいよとなったらお願いするだろうけど、今はまだ大丈夫だから」とも。

 いや、客観的に見て、もうかなり危険水域に入ってるようなので、こっちは言ってるんですが…。


 そんなこんなで八方塞がり。

 そのうえ、私、また虫歯になってしまって。
 かなり深くて、抜歯になるかもと言われました。
 一番奥の歯なので、失ったら、今度こそ部分入れ歯です。

 最近急に春めいてきましたが(明日はまた寒くなるようですが)、もう何もかも忘れて、冬眠したい気分ですわ(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

薬の続きと認定結果

 前回の続きです。
 ますます個人的な備忘録のようになりますが、いずれどなたかのお役に立てることもあるだろうと信じつつ…。

 「お薬カレンダー」が残念ながらほとんど効果がなく、どうしようかと思っていたところ、複数の読者様から、ジップロックの袋に日付と曜日をマジックで書いて、その中に薬を入れておくというやり方をご伝授いただきまして、それを試してみることにしました。

180308ziprock.jpg

 ジップロックの袋(念のため3種用意)とマジックなど用意して、3月3日(土)午後に義母宅に行きました。
 冷蔵庫の扉につり下げてあったお薬カレンダーは側面に追いやられて、中身は満杯のままでした。

 義母はあいかわらず「毎日薬は飲んでる」と。
 夜の3錠(血流をよくする薬、胃薬、ビタミン剤。昔から服用)だけは、本人が言うとおり飲んでるのかもしれませんが、肝心の朝の認知症などの3錠が全く減ってないので、それが困るんです(T_T)

 袋に日付・曜日・朝夕の区別を書いて、それぞれに薬を入れていきました。
 朝と夕はあえて別の袋(朝は横長、夕は細長、ともにA9サイズ)にしました。
 それを朝・夕それぞれにまとめて輪ゴムでくくりました。

 で、3月6日(火)の午後に義母宅に行って確認したところ、「お薬カレンダー」は相変わらず側面に追いやられたまま、しかも前は満杯だったのが今回は空っぽ。
 お薬のストックを入れてある缶の方に全て移動されていました。

 缶の中には、空っぽになったジップロックの袋が4枚ありました。
 うち3つは夜の分、1つは朝の分。

 私が前回行ったのは3日午後でしたから、
 3日(土)夜、4日(日)朝・夜、5日(月)朝・夜、6日(火)朝
 ということで、本当なら空の袋は6枚になってないと計算が合わないのですが。

 あと、空の袋の中には、3月7日(水)夜と書いた物も。
 日付が違う物を飲んでもらっても別にかまわないけど、とにかく朝夕きちんと飲んでいただかないと…(T_T)

 ちなみに義母は、こちらで朝・夕ごとに2つに分けて輪ゴムでくくった分を、日付ごとに分け直していました。
 確かにその方が分かりやすいかも。
 ただ、ちゃんと見ると、違う日付の袋同士がセッティングされてたりもして…(^_^;


 それともうひとつ大事な話が。

 1月23日に受けた介護認定審査の面接の結果について。
 結果が出るまでには1ヶ月以上はかかる、大阪市は特に遅い、という話をネットなどで見聞きしていたので、まあ気長に待ってたんです。

 が、3月に入っても音沙汰なしなので、そろそろ問い合わせてみようかなと。
 義母にも「役所から郵便とか来てませんか」と聞いてはいたのですが、「何も来てないと思うけど…」と。
 軽く家捜ししたりもしたんですが、見当たらなかったので、まあお役所仕事だし、やっぱり遅れてるんだろうなと勝手に思ってました。

 が、やはりあまりにも遅いので、3月7日(水)の朝、市の認定事務センターに問い合わせてみました。
 そしたら、2月の2週目までに認定審査会の判定が終わって、2月中旬には介護保険証(原本)と一緒に本人宅に送付したという返答。
 えっ、そんなに早く結果が出て、しかもとっくに郵送されてたの!?

 私は驚いて、その日の午後、義母に電話して尋ねました。
 「2月中旬から下旬にかけて、中に介護保険証が入った封筒が役所から来てませんでしたか?」と具体的に。
 すると義母は「来てたよ。保険証あるよ。ピンクのやつやね?」と。
 「いやいや、それは健康保険証です。介護保険証は別のものです」と言ったのですが、理解がおぼつかない様子。

 それでも義母はいちおう「何か来てたとは思うから、探しとくわ」と。
 「大事な封筒なので、お願いします。1月にお役所の人が来て面談があったでしょう?その封筒の中にその時の結果の紙※とかも入ってると思うので。今すぐどうこうという話じゃないけど、次に私が行くまでに、ぼちぼち探しといて下さいね」

※あとでもう一度、認定事務センターとやりとりして分かったことですが、「結果の紙」とかはもともと存在せず、保険証そのものに記載されているとのこと。

 翌朝(3月8日(木))、義母に「おはようコール」をした時に、介護保険証はあったか尋ねたら、「ない」と。
 なくしたというのではなく、「郵便が来た覚えがない」と。
 「分かりました。とにかく今からそちらに行きます。もう一回探してみましょうね」

 昨年11月頃、義母は健康保険証もなくして、私が区役所まで再交付してもらいに走ったことがあります。
 なので、手続きはお手の物(^_^;
 区役所に電話して、必要な書類を確認して、ネットからその書類(「介護保険被保険者証等(再)交付申請書」と「委任状」)をダウンロードしてプリントし、それを持って義母宅に向かいました。

 で、私と義母でもう一度家捜ししてみたんですが、やっぱり出てこないので、その場で必要事項を記入して、区役所に走りました。
 3人待ちぐらいで、15分程度待ったでしょうか。
 順番が来たら、すぐに手続きしてもらえて、5分程度で再交付されました。

 保険証の再交付も大切ですが、私が一番知りたかった、介護認定の判定結果はどうだったのか。
 「要介護状態区分等」のところに記載がありました。
 「要支援2」でした!

 どんなサービスが受けられるのか、これから調べたり、地域包括支援センターに相談したりしてみます。


 あ、そうそう、このすったもんだの間にも、私は義母の薬の減り具合をめざとくチェックしてきたんですが、驚いたことに「お薬カレンダー」が冷蔵庫の扉のところに復活してました(^_^;

 で、私が3月3日(土)に小分けした薬(冒頭の画像参照)が、ジップロックの袋に入った状態のまま、木曜夜~日曜夜まで、朝夕のポケットにきっちり入れてあった。
 本来であれば3月10日(土)朝までの薬しか残ってないはずなのですが、ま、良しとしよう…。

 明日にでも、私も一緒にクリニックに同行して、新しい薬をもらってこようと思います。
 一包化できる分はそうしてもらうようお願いするつもりです。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

続・お薬カレンダー

 前回の続きです。

 「お薬カレンダー」…残念ながらほとんど効果なし!(T_T)

 義母のきっちりした性格が災いしてか、カレンダーの1週間分のポケット全て(朝・夕)に、常にお薬を入れてしまってる。
 そして、以前からの習慣通り、「次に飲む分」はコーヒー瓶のフタの上にセッティングしてある。

 要するに、お薬カレンダーは単なる「収納場所」になってしまってる。

 しかも、よく見たら、薬が1種類足りてないポケットが複数あったりする。
 入れ忘れだったり、
 あるいは、その薬の数がもともと足りなかったり(=飲み忘れた他の薬が余ってる)。

 2月25日(日)に確認した時も、ポケットは1週間分全て埋まってました。
 その時、義母はこう説明していた。
 「月曜(カレンダーの一番上)から始められるように全部入れた」。

 特に気になるのが認知症の薬。
 これは毎朝1錠服用しないといけないのですが、私のメモによれば、

 2月15日(木)に10錠残ってて、
 2月18日(日)も10錠残ってて、
 2月20日(火)も10錠残ってて、
 2月22日(木)にお薬カレンダーを設置した時は8錠か9錠残ってて、
       (カレンダーに1錠か2錠、入りきらなかったので)
 2月27日(火)の時点で残りは6錠。

 2月21日以降は飲んだ日もあるってことになるけど、
 毎朝ちゃんと飲んでれば、27日の時点で10錠-7錠=3錠になってないとダメですよね。

 私が薬について指摘するたび、義母は「ちゃんと飲んでる。早めにお医者に行って次のをもらってきてる」と主張します。
 が、「ちなみに前回はいつもらってきたんですか?」と聞くと、途端に口ごもって「いつやったかなあ…」、でも最後には「ちゃんともらってきてるよ」。
 その自信はどこから…?(T_T)

 「でも実際、お薬残ってますよね。飲んだつもりで飲み忘れたってこと、何回かあったのでは?」と私が言っても、「ううん、毎回ちゃんと飲んでるよ」と。

 もし義母がごまかしではなく心からそう言っているなら、ちょっと深刻かも。
 「お薬飲んだかどうか覚えてない」じゃなくて、「お薬絶対飲んだ」と思い込んでるってことになるから。

 いや、ちょっと待って。
 私が把握してる「義母が最後に認知症の薬をもらってきた日」は2月7日(水)。
 もしその後、私の知らない間に新たに薬をもらってきてれば、減りが少なくても辻褄は合う?

 そう思って、2月27日(火)の夕方、かかりつけ医に電話をして、「最後に処方箋を出していただいたのはいつですか」と尋ねました。
 すると返事は「2月7日(水)です」。
 やっぱり…(T_T)

 で、本日3月1日(木)にまた義母宅に行って、薬を確認しました。
 お薬カレンダーは相変わらず満杯(飲んだらすぐ継ぎ足してる)、カレンダーに入れてない薬(入りきらない分は缶に入れてある)も見たけど、数の増減はなし。
 認知症の薬はやはり6錠のまま。

 昔からもらってる他の薬はともかく、今年からもらってる認知症の薬は、数のチェックがしやすいんです。
 なぜなら、今まで3回しかもらってないから(2週間分×3回=6週間分)。

★1月9日(火)
 専門の病院で検査してもらった日に処方。
 次回からはかかりつけ医で処方箋をもらうよう指示あり。

★1月23日(火)
 かかりつけ医に電話で問い合わせたら、これまでに処方箋の申し出はないと。
 私が直接もらってきた。

★2月7日(水)
 義母が通院してる時間帯に、かかりつけ医に電話して処方するようお願いした。
 夕方、行きつけの薬局に電話し、義母が確かに薬を取りに来たことを確認。

 その後は薬をもらってないから、本来は2月21日(水)までに飲みきってないとダメですよね。

 とにかく、かなりの回数、飲み忘れてるのは確かで、でも本人は「忘れず飲んでる」と。

 そこまで言うなら…と、私もこれ言うかどうか迷ったけど、2月27日(火)にかかりつけ医に電話をして、最後に薬を出してもらったのは2月7日(水)だと教えてもらったことを打ち明けました。

 「最後に出してもらったのが2月7日で、今日は3月1日。3週間経ってるから、とっくになくなってないとおかしいですよね?」
 それでも義母は「前の薬が余ってるからや」と。

 「そうだとしても、少なくとも、一昨日私が見た時から全く減ってないっていうのはやっぱりおかしくないですか? 2錠減ってるはずですよね」と突っ込んでも、「飲んでるよ。そこまでボケてないよ」と。
 (文章にすると言い争ってるみたいだけど、実際はお互い笑いながらのやり取りです(^^ゞ)

 という感じで、話は平行線…。
 どうしたものか…。

 携帯電話も最初は外出時に持っていくのを忘れることがよくあって、でも、そのうち毎日持って出てくれるようになったので、お薬も工夫次第で何とか…。

 と最初は思ったけど、よくよく考えてみたら、やはり難しそう。
 携帯の場合は、指摘したら本人も「持って出るの忘れた」という自覚はあった。
 でも薬の場合は、先ほども書いたように自覚がないので…。

 ま、夫とも相談しながら、また考えてみます…(T_T)

 何か今回はいつにも増して、個人的な備忘録みたいになってしまってすみません<(_ _)>



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

お薬カレンダー

 義母シリーズ、今回は「お薬カレンダー」。

180222kusuri.jpg

 週に3回ほど義母宅に様子を見に行ってます(自転車で10分弱)。
 日常生活は普通に送れてるようですが、気になるのは、薬をちゃんと飲んでるかどうか。
 特に認知症の薬。

 薬を飲んでるかどうかのチェックは、比較的しやすい環境です。
 というのも、義母宅は玄関を入ってすぐダイニングキッチンがあって、しかもテーブルの隅、調味料などを置く小さな棚に、薬を1週間分ぐらい出して置いてあるので。

 先週木曜にチェックした時、認知症の薬は10錠残ってたのが(その時点ですでに何錠か飲み忘れてる計算なんですが)、3日後の日曜に見たらそのまま10錠残ってて、全く減ってない。
 「あら、お義母さん、飲み忘れてますよ(^_^;」と指摘したら、「そんなことないよ、毎日ちゃんと飲んでるよ」。

 翌日、月曜の朝に電話した時に「朝ご飯すみましたか?お薬は飲まれましたか?」と尋ねたら、「大丈夫、ちゃんと飲んでるよ」。
 「いま何錠残ってます?ちょっと見てもらってもいいですか?」と促しましたが、「大丈夫やから。飲んでるから」と言って、見てもらえず。

 火曜に義母宅に行き、見てみたら、やっぱり10錠から全く減ってない。
 「お義母さん、飲み忘れてませんか?(^_^;」と指摘しても、やっぱり義母は「飲んでるよ」と言って譲らない。

 ただ、ハサミを入れた形跡はありました。
 というのは、義母は薬(6種類。全て錠剤かカプセル)の包装シート(アルミ)を1つずつハサミで切り離して、次に飲む分を、テーブルに常時置いてあるコーヒー瓶のフタの上にセッティングしておく習慣があるのです。

 新しいことを覚えるのが難しくなっている義母ですが、この習慣は応用できるかも…。

 ということで、冒頭の「お薬カレンダー」です。
 火曜の夜にAmazonで注文し、本日木曜の朝に届きました。



 100円ショップに走ってフックを買ってきて(マグネット型、粘着型など念のため3種類)、それと「お薬カレンダー」を持って、午後に義母宅へ向かいました。

 問題は、これを使ったもらうために、どのような言い方をするかです。
 「お薬の飲み忘れを防ぐために使って下さい」てな直球の言い方では、嫌がられるかもしれません。
 なんせ義母は、自分は薬を毎回きちんと飲んでいると信じ込んでいるようなので(T_T)

 そこで私が考えた言い回しは、
 「便利グッズを見つけました」
 「1週間分のお薬をあらかじめ準備しておけるので便利ですよ」
 「実は私の父も使ってるんですよ」
 「父も薬をたくさん飲んでて、管理が面倒だと言ってて…」
 「そんな父も、これは毎日の手間が省けて楽ちんだと言ってました」

 父のくだりは全て嘘です。
 身近な人が使ってると聞いたら、自分も使う気になってくれるかなと思ったので。
 ごめんなさいお父さん<(_ _)>

 そしたら義母は興味ありそうな感じで、薬を入れてある缶を自分で出してきました。
 よっしゃー( `・ㅂ・)وぐっ

 となれば、あとは、お薬カレンダーをどこにつり下げるかです。
 食卓からあまり遠い場所につり下げると、使ってもらえない恐れが。

 幸い、マグネットのフックを冷蔵庫のドアに貼って、そこにつり下げたらちょうど収まりました。
 冷蔵庫の開け閉めを何度かしてみましたが、落ちる恐れもなさそうです。

 缶の中を見ると、現在服用している(服用すべき)薬以外にも、見かけない薬が数種類ありました。
 だいぶ前にもらってきた風邪薬とかの残りが、入れっぱなしになっているようでした。

 義母が現在服用している薬は朝6種類、夕3種類。
 (書き忘れてましたが、私は処方箋のコピーを持ってます)

<朝>A「認知症の薬、胃薬、骨粗しょう症の薬」
   B「血流をよくする薬、胃薬、ビタミン剤」

<夕>B「血流をよくする薬、胃薬、ビタミン剤」

 これを全部1錠ずつ切り離して、朝夕のポケットに1週間分入れたら、冒頭の画像のようになりました。

 ちょうどいい感じです。
 但し、粉薬の場合はちょっと収まりにくいかもしれませんね。
 義母の場合は全て錠剤もしくはカプセルだからよかったけど。

180222kusuriUP.jpg

 残る懸念は、ちゃんとこのカレンダーから薬を出して飲んでくれるかどうか。
 冷蔵庫のドアにバーンとつり下げてあるので、さすがに目に止まらないってことはないでしょうが…。
 土曜か日曜あたり、確認に行くことにします。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

野菜の肉巻き おろしぽん酢添え

180216buta.jpg

 「野菜の肉巻き おろしぽん酢添え」です(^▽^)

 ちょっと前ですが、NHKの「グッと!スポーツ」を見た夫から、「これ食べたい!作って!」と頼まれた料理です。
 野菜(ピクルス)を湯通しした豚肉で巻いてあります。

 女子競輪の小林優香さんがスタジオで実際に調理されてました。
 ※動画があります。https://www.youtube.com/watch?v=G7WwPJOHnCM

 我が家ではけっこうピクルスを作るので、「また作った時にチャレンジするわー」と夫には言ったのですが、その後2回ほどピクルスを作る機会があったのに、肉巻きのことはすっかり忘れてました(^_^;

 先日ピクルスをまた作った時、夫に再度リクエストされて思い出し、やっと作りました!
 ※細かな材料とか小林優香さんのレシピとは違ってます。

 簡単だし、ピクルスさえ手元にあれば時間もほとんどかかりません。

(1)豚肉をさっと湯通し、氷水でしめる。
(2)ピクルスを豚肉で巻く。
(3)大根おろしを添えて、ぽん酢でいただく。

 これだけです!
 番組では豚ロースが使われてますが、この日私が用意したのは、しゃぶしゃぶ用の薄切り肉…。
 なのでかなり巻きづらくて、見た目も冒頭画像のように不格好…(言い訳?)。
 今度作る時はもっときれいに仕上げたいと思います。

 但し!
 これは冷たい料理なので、冬にはあまり向きません。
 夫も「おいしいけど、夏に食べたい料理やなー」と。
 人に作れと頼んでおいて、それかい…(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる