日食、見えましたか?

090722kaiki.jpeg

46年ぶりの皆既日食・硫黄島
6年ぶりの皆既日食・太平洋上
46年ぶりの皆既日食 中継ダイジェスト
 以上、昨日(7月22日)の皆既日食の動画です。いずれもNHKがYouTubeにUPしたものです。たまにはええことするやん、NHKも(^_^;

気象庁 | H21/7/22日食時の「ひまわり」画像
 これも面白い。月の影が移動していくのがよくわかります。「強調」「GIF」をチェックして見て下さい。

 素人さんが撮影された動画も、YouTubeにどんどんUPされてきているようです。検索する際、詳細オプションで追加日を「今日」とか「今週」にすると絞り込みやすいです。

2009皆既日食in奄美大島 A total eclipse of the sun
 こちらなど、臨場感が味わえてなかなか良いです。「私もこの場にいたい」と思ってしまいましたわ(^_^;


 話題になった悪石島や屋久島などは天候が悪く、残念ながら全く見ることができなかったようですね。こればっかりは仕方ないこととはいえ、わざわざ見に行かれた皆さんにはお気の毒さまとしか言いようがありません(T^T)
 ただ、皆既日食に特有の、急に空が暗くなって夜みたいになるという状態は体感できたらしいので、まぁそれなりに行かれた甲斐はあったのでしょう。

 私はどうだったかというと、日食グラスを持ってないので、太陽の影をカードのパンチ穴から通して地面に投影し、写真を撮ろうという作戦を考えてました。
 が、当日、大阪市内は分厚い雲が……(T^T)
 NHKの生中継を見つつ、時々外に出て天候を確認したんですが、影は一切発生せず。

 あとでニュースを見ると、短時間ではあるものの雲の隙間から観測できたと言ってる人たちもいたので(但し食分が最大になってた時間帯はダメだったみたい)、私も日食グラスがあれば瞬間的にでも見ることはできたかもしれません。
 やっぱり日食グラス買っておけばよかった(T^T)
 ただ、食分が最大の時間帯、若干、空が暗くなってる感じはしました。ほんとに気持ち程度ですが。

 で、日食が終わって2時間ぐらい経ってから日が差してきたという……。
 しかも今日23日の天気の良いこと。憎らしいほど晴れてます。
 神様のいぢわる……(T^T)


 しかし、チャンスはまだある!!
 まず、皆既日食ではないですが、2012年5月21日に金環日食があります!

 皆既日食は月が太陽を全部隠しますが、金環日食は太陽がフチだけ残ります。
 金環日食の場合、皆既日食時よりも月が見かけ上、地球から遠くに位置しているので、太陽が全部は隠れ切れないんですね。
 結婚指輪みたいにフチだけ残るという。こんな感じ→◎

 しかもこの金環日食は、九州南部から四国の大部分、近畿南部、東海、関東の広い範囲で見られるんです。上のリンク先にも金環帯のマップが載ってますが、こちらのマップの方がわかりやすいかな?


 ↓こちら、すでに盛り上がって(?)います。
2012年 5月21日 金環日食観望会のお知らせ(2006.05.21 UP)

 気が早いと言うなかれ。
 ↓同じサイト内に、こんなのもあるんですね(^_^;
2035年9月2日 日食観望会 Up 2005年9月2日

 金環日食ももちろんきれいなんですが、やっぱ皆既日食を見たい!
 つーことで、がんばって長生きしますわ~(^^ゞ


 いやー、それにしても。
 皆既日食も金環日食も、全くの偶然によって見られる現象なんですよね。
 それも奇跡的な偶然の一致。

 月の大きさを1とすると、太陽の大きさは400倍。ずいぶん差があります。
 が、偶然にも、地球から月までの距離を1とすると、地球から太陽までの距離もちょうど400倍なんですね。
 だから両者はほぼ同じ大きさに見えるという。

 月がもっと小さかったら?あるいは太陽までの距離がもっと近かったら?
 こんな美しい天文現象は見られなかったってことになりますよね。
 それを考えた時、まさにこう叫びたくなりませんか?
 「地球に生まれてヨカッター!!」(≧∇≦)

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

残念ながらこちらでも曇ってました。しかも一番欠けてる大事な時間に・・・
欠け始めは晴れてたのになぁ。

月は毎年3センチずつ地球から遠ざかっているそうです。あと数千万年から数億年経つと、皆既日食は見られなくなります。まぁそこまで人類が生き延びているかは不明ですが、これも奇跡的な偶然(欧米人なら神の存在を信じたくなるところw)と言えますね。

3gouさん、コメントありがとうございます。
今回は全国的にお天気いまいちで残念でしたよねー(T^T)

>月は毎年3センチずつ地球から遠ざかっているそうです。

おお、これ聞いたことあります!数千万年から数億年後…その頃には人類はとっくにもう滅んでそうですよね(^_^;
だけどおっしゃる通り、これも素晴らしい偶然で、「よくぞ月がこの位置にある時に人類が栄えてくれました」ってことですよね(--)(__)

日頃の行いが良かったせいか、こちら千葉県太平洋岸北部地方では5分ほど見ることが出来ました。雲の流れが速く、その切れ目ごとに太陽がくっきりと欠けた状態でよく見えました。残念なことに小型のデジカメではまったく写らず、ズーム最大、マニュアルフォーカスでフォーカス無限にしても、いかんせんシャッターのタイムラグがあるので、この時のように、雲の切れ目で出てきたとたんに写しとめるっていうのはもう少し大型のデジ一眼レフじゃないと無理でした。フィルムカメラの手持ちは70年代の古いものなので、シャッター幕が布製のため太陽は写せません、煙が出ます。(>_<)

それでもなかなか見れない自然の驚異、堪能いたしました。次は金環食ですね。

すらりさん、コメントありがとうございます。
うーむ、5分ほどですかー。でもちょっとでも見られてよかったですね。
撮影の方は残念でしたが、お互い3年後の金環食に期待ですね(^o^)

仕事を中断して外に出たけど「どこにあんねん太陽」ってな感じで、
見れたような、見れてないような。。。
金環食の方がきれいだな。こっちに期待!!

トムソニストさん、コメントありがとうございます。
そちらでも良い感じでは見れなかったんですね。残念でしたね(T^T)
皆既日食と金環日食、どちらもそれぞれに美しいですよね。3年後はきっと今回のように日本中盛り上がるんでしょうね。今から楽しみです(^o^)

くっくりさん、再びこんばんわ~。

皆既日食、私はパン屋さんのセルフサービスでお茶を飲みつつ本を読んでたので全く知らないうちに終了してました(汗、失業中なんです~)、まあ東京では曇り時々雨だったので。大阪も曇りだったんですね~。神様はホントにもう…、「お前達、そんなことにうつつを抜かさんとちゃんと働け」てな事でしょうか(笑)。

それにしても硫黄島で日食観測って…亡くなられた英霊の方々がまだいらっしゃる所にマスコミが入るのはちょっと複雑な気持ちです。

まだまだチャンスはありますから、2012年、楽しみにしていましょう!

おれんじさん、コメントありがとうございます。
関西方面は場所によっては雲の切れ間から少し見えた時間帯もあったようです。が、長時間ずっと空を見上げてないとそういう瞬間には立ち会えなかったでしょうから、神様にすればどっちか言うと見れた人に対して「お前達、そんなことにうつつを抜かさんとちゃんと働け」って事になるのかも?!(^_^;
あと硫黄島については、これを機に「何で硫黄島に民間人が自由に観測に行けないんだ?日本の領土でしょ?」って議論が多少なりとも起こるかもしれない…と秘かに期待してたんですが、全然でした。残念です……(T^T)
今はどの業界も厳しいようですが、おれんじさんが早くお仕事に巡り会えますように!

くっくりさん、お返事有難うございます。

ううーん、確かに民間人が自由に行けないのは疑問かもしれないけど、激戦で亡くなられた方の霊がまだ沢山残っている所に(自衛隊の方が頻繁に霊的現象を目撃しているとか)どかどか一般人が行くのはやっぱりどうかと私は思ってます。やっぱりあそこは慰霊の場としてそっとしておいてあげたいなあと…。

仕事は夏のせいもあってかパッタリですが、希望を捨てずに頑張ります。有難うございました。

おれんじさん、レスありがとうございます。
前回の私、完全に言葉足らずでした(T^T)
硫黄島が観光地のようになってしまうことには私ももちろん反対です。
未だに1万人以上の遺骨が眠ったままになっているわけですが、もはやそのことを知らない日本国民の方が多いんじゃないかと。逆にそういうことを知らないからこそ、「何で硫黄島に民間人が自由に観測に行けないんだ?日本の領土でしょ?」って素朴な疑問がどこかから出てこないものだろうか?と期待したわけです。そしたら硫黄島の激戦の話は避けて通れませんし、その結果、英霊に思いを馳せる人も増えるでしょうから、それは良いことではないかな?と思いました。
ついでに言うと、現状では慰霊といっても遺族でさえ上陸には特別な許可が必要な状態ですし、いつまでもこのままではいけないんじゃないかと思います。将来的には、たとえば遺骨収集のために民間人が入れるようにしたりとか(もちろん政府が率先してやるべきですが)、あるいは青山繁晴さんが前に言ってましたが、教育施設的な整備をして若い人に戦争について学んでもらえるようにするとか、そういう方向に行けばいいなと思っています。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる