FC2ブログ

AZUMI

 「AZUMI~あずみ~」
 小山ゆうさんによる女剣士(刺客)「あずみ」の物語、第二シリーズ。

 今度は幕末が舞台。
 桜田門外の変から始まります。
 6月30日に1巻が発売されました。

 発売日に本屋さんに行ったのですが、どこにあるかわからん(T^T)
 お店の人に聞こうか、どうしようかと考えつつ、もう一度店内を回り直して、何とか見つけました。

 けっこう目立つ場所に平積みされてあったのに、カバーデザインが前シリーズと全然違ってたので気づかなかったという……(^^ゞ

090703azumi.jpeg

 画像左は「AZUMI~あずみ~」1巻。右は「あずみ」48巻。
 ね、全然違うでしょ(^_^;

 「AZUMI~あずみ~」1巻はビニールパックがかけられていません。
 帯に、こう書かれてあります。

試し読み歓迎!!
 書店の皆様へ
 この商品は試し読み歓迎商品です。
 ビニールパックをかけないでください。

 つーわけで、皆さん、機会があったら本屋さんで立ち読みしてみて下さい。ハマる人はハマると思います。

 ちなみに前作「あずみ」は全48巻、舞台は江戸時代初頭でした。

 最初の頃は、歴史上の有名な出来事とか有名な人物がたくさん出てきてたんですが(たとえば大阪夏の陣、豊臣秀頼の介錯をしたのは「あずみ」。徳川家康を「暗殺」したのも「あずみ」)、だんだんとそれもなくなって、完全オリジナルストーリーに。
 あくまで私の主観ですが、最後の10巻ぐらいはもうかなりマンネリ化してたような…。

 ところで江戸の「あずみ」と幕末の「あずみ」の関係ですが、「安曇野の隠れ里」という同じキーワードが出てくることから、たぶん遠い子孫って扱いなんでしょう。

 もちろん両者の間には250年ほど時の隔たりがあるわけですから、完全に別の物語として読むべきなんでしょうが…(^_^;

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさかの

あずみピックアップ。結構小山ゆうさん、描写がえげついので嫌な人は嫌みたいですが。おーい竜馬の時も結構こんないく?ってぐらいぐさびしぽてーんってやってくれますし。

ネタばれいけませんが、今関わりあっているほぼ主役の家族の行く末にかなりのフラグがあって、正直読み進めるのにきつい自分がいます(笑)もうきっついところは早くやってくれって(苦笑)

小山ゆう作ですと、スプリンターが一番はまりましたねえ。愛がいくもよかったけど。

時折くっくりさんが取り上げてくださる漫画、アニメ系がかなりびっちり自分の嗜好とあいまして。世代的なものでしょうか(爆)うちの家内漫画とか全然なので、うらやまな限り(笑)。

ファイブさん、コメントありがとうございます。
私も実は描写がえげつないのは苦手なんですが、これは特別。何でだろう?戦う美人剣士っていうのが琴線に触れたのかも?(^_^;

>今関わりあっているほぼ主役の家族の行く末にかなりのフラグがあって

何となくそんな予感はしてました。今から心構えしときます(T^T)
ちなみに私は小山ゆうさんの他の作品は一切読んだことがないんです(^^ゞ。「がんばれ元気」はアニメで少し見たことありますが…。
うちの夫も漫画とか全然ダメですよー。一切読みません。但し、10年以上前に会社が倒産して次の仕事探してる期間、ヒマだというのでいろいろ貸してあげたら、それは読んでましたが。でも最近のタッチのは合わないみたいでした。「ガラスの仮面」とかそういう分かりやすいのはハマッてましたね(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる