「おくりびと」

米アカデミー賞:「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞(毎日2/23)
>【ロサンゼルス吉富裕倫】米映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の発表・授賞式が22日(日本時間23日)に行われ、滝田洋二郎監督(53)の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれた。56年度(29回)に同賞が独立した賞になって以来、日本作品が受賞したのは初めて。また、加藤久仁生(くにお)監督(31)の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれた。日本人監督作品の同賞受賞は初めて。
(以下略)

 週1ペース更新だと、どうしても話題に乗り遅れてしまいますね(^^ゞ
 遅ればせながら、「おくりびと」「つみきのいえ」の監督さん、スタッフの皆さんに、心よりお祝い申し上げます。

 特に「おくりびと」に関しては、有力候補ではなかったので、アメリカでは驚きをもって迎えられたと聞きます。
 イスラエルの「戦場でワルツを」とフランスの「ザ・クラス」、この2本の一騎打ちと言われてたそうですね。

 今、アメリカは厭戦気分だから、“戦争よりも癒し”ということで「おくりびと」が選ばれたんだなどという意見もあるようですが、ここは素直に喜びたいと思います。
 日本の映画はアニメや時代劇だけじゃない!現代劇もすごいんだよ!と。

 私は「おくりびと」は見てないので詳しくは分かりませんが、メインテーマの「死」だけでなく、日本の文化(ひな人形が出てきたり)、日本の自然の美しさなども世界に知ってもらえる、そんな作品のようですね。

 ただ、日本人の死生観には独特なものがありますし、他国の人にはなかなか理解してもらえないんじゃないかなと思ってました。
 一方で、人間であれば誰もがおそらく経験したことのある「死」を取り巻く出来事――たとえば家族愛とか、ちょっとしたユーモアとか――、そんなものが伝わったのかな?という気もします。

 「死」にまつわるユーモアといえば、私は前にこういう体験がありました。
 母方の祖父が亡くなった時のことです。

 祖父はお店をやってまして、4階建ての1・2階が店舗、3階が事務所と倉庫、4階が住まいになってました。

 それが納棺の段になって、ちょっとした問題が起きたんです。

 近くの葬儀場で通夜、告別式を行うのですが、4階で棺に祖父を納めて1階まで運ぶ場合、エレベーターは狭くて入らない、階段もぎりぎりカーブを曲がれないことが判明。

 そこで棺は1階(店の奥)に置いておき、葬儀屋さんがエレベーターで祖父の遺体だけを下ろすことになりました。

 1階に置いた棺の前で祖父の遺体を待っていた親族一同、「チーン」とエレベーターのドアが開いた瞬間、誰もが「はっ」と息を呑みました。

 葬儀屋さん2人が祖父の遺体を立たせて両肩から抱きかかえ、「よいしょ、よっこらしょ」と降りてきた、その姿が何とも可笑しかったからです。

 もちろん一同、声に出しては笑いませんでしたが、孫たち(私、妹、従兄弟数名)は思わず顔見合わせ、「ふっ」と微笑みの息をもらしてしまいました。

 場が場だけに、決して大口開けて笑うのではない、笑っちゃいけない、だけど「ふっ」とつい吹き出しそうになる。
 それは誰にも止められないし、また、おそらく誰もそれを責めることはない。

 こういった微妙な空気が、もし異文化の人たちにも理解してもらえたのだとしたら、それはそれで嬉しいことだなぁと、そんな気持ちになった「おくりびと」の受賞でした。


・・・・・・・・・・・・ お ま け ・・・・・・・・・・・・

 日本人に晴れがましい出来事があると、必ず登場する「在日認定」。
 その中でもこれ、強烈だったのでコピペ。

29 名前:名無しさん@九周年 メェル:sage 投稿日:2009/02/23(月) 14:38:38 ID:W9wVVddy0

倭猿の陰謀
倭猿のわいろ工作

本木も広末も監督も韓国人
日本には、脳監視なんていう職業は存在しない

超高度な精神性を持つ韓国人だけが持つ超知的精神的な職業なの
日本人みたいな野蛮人にそんな事が出来るわけがない
これは、日本の陰謀だ世界工作だ韓国を貶めて評価を上げる工作だ
本当に卑怯な国だ、この国は


 「脳監視」って誤字がちょっとリアルに怖かったりして(^^ゞ

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

受賞者の皆様おめでとうございます。
 映画はまだ見ていないのですが、とある展示会で本木さんが映画で弾いていたチェロを見たことがあります(笑)。チェロを貸し出した楽器店によれば、併設のチェロ教室も人気上昇だとか。
 さて、十数年前の学生時代、英語の教科書に「日本映画はつまらないので、眠り込んでしまう」などという会話が(英文で)載せられていました。
 確かに当時は低迷していたのかもしれませんが、こういった関係者を貶めるような文章を載せる教科書は問題ですよね。大学の教科書は検定の対象外ですが、出版元の見識を疑います。

長くなっちゃってすみません ^^;

「おくりびと」、見よう見ようと思いつつ、なんだかんだと先延ばししているうちにこの快挙! ^^;

昨年父を亡くして、納棺の前に「湯灌の儀」というものをやりました。
その時のスタッフ(おそらく納棺師?)の丁寧な仕事ぶりに大変感動して、ちょうどその頃から「おくりびと」が話題になって納棺師が脚光を浴びるようになりまして。
グッドタイミングというかなんというか。

自分がちょっと前に経験した世界(?)を描いた映画だけに興味を持ったんですが、あまりにもタイミングが重なり過ぎて少し生々しい気がして見るタイミングを逸していたんです。
感情移入し過ぎて冷静な気持ちで見られるか自信がなくて ^^;
いずれDVDで見たいと思っています。

葬儀などの厳粛な場って、ちょっとしたことが可笑しくなりますよね。
厳粛な場だからこそ、そのギャップにヤラれちゃうというか ^^;

ここ数年、僕の従妹たちが結婚&出産ラッシュでして。
妹も父の死の直前に出産しました。
おかげで父の葬儀には何人ものおチビちゃんたちが来てくれて、葬儀とは思えない賑やかさでした(笑)。
お坊さんがお経をあげている最中に木魚に興味を示して触ろうとする子とか、
姪っ子に至っては喪主挨拶の横で特大のオナラをして、その音がマイクに拾われて会場中に聞こえちゃったりして ^^;
遺族も参列者も肩を震わせて笑いをこらえていました。
その様子がさらなる可笑しさを生みだすという悪循環(笑)。

そういう意味では、おチビちゃんたちにかなり救われた(癒された)気がします。

僕がこれまで参列した葬儀で一番可笑しかったのが、お焼香の時に左右を間違えて燃えさかるお香をつまんじゃったオッサンです(笑)。
うっかり熱いお香をつまんじゃって、かといって御遺族の視線があるから粗末に扱うこともできず、必死に熱さをこらえて元に戻すという一部始終を目撃してしまいました ^^;
当然、そのオッサンは指先をやけどしちゃったでしょうね…。
そのオッサンの真後ろでお焼香の順番を待っていた僕はたまりません。
次は僕の番だから笑うわけにもいかず、でも、御遺族に向かって挨拶しようとしたら全員が肩を震わせて笑いをこらえている(笑)。

きっと、これくらいの可笑しさがあったほうが気持ちのバランスが保たれるのかもしれませんね。
自分が遺族になってみてその感覚が解かった気がします。

Ishiiさん、コメントありがとうございます。
納棺師の仕事に注目が集まっていますが、チェロも人気上昇ですか。それは良いですねー(^o^)
しかしその英語の教科書、嫌な感じですねぇ。10数年前といえば、まあ確かに私も日本映画よりも派手なハリウッド映画なんかに注目してましたけどね。これからは「ハリウッド映画はつまらないので、眠り込んでしまう」なんて書かれる時代になったりして(^_^;?!

つもろんさん、コメントありがとうございます。
お父様のこと…大変でしたね。当時コメント差し上げなくてすみません。何か、私の夫のお父さんが亡くなった時の話とだぶってしまって、身につまされてしまったところがあって…。夫は20歳の時に父親(当時50歳)を亡くしたんですが、入院はしていたものの、まさか死んでしまうなんて思いもしなかったそうです。どうせすぐ退院してくるだろうと思いこんでいたので、付き添いはおろか、ほとんど見舞いにも行かなかったんですって。だから夫は今でも「もっと親父といろいろ話せばよかった」と後悔しています。
後半の葬儀エピソード、ああ、分かる、分かる!といちいち頷きながら読ませていただきました。焼香のオッサン、悲惨ですなぁ(^_^;。TKOのコントで焼香にまつわるものがありましたが、それを地で行ってる感じです。
あと、子供さんで思い出しましたが、こないだ「おくりびと」関連の番組で、本木さんがインドに行った時の話をされてたんですが、川辺で火葬がいくつもされてて、その周りを子供たちが笑いながら走り回っていると。最初は奇妙な光景だと思ったが、やがて見慣れてくると、インドでは子供のうちからこうやって日常的に死と接しているんだなと感じ、それがこの映画を作りたいと思う源流になったと、そういう話をされてました。

くっくりさん、こんばんわ。再びお邪魔します。

日本映画の受賞、やっぱり嬉しいです!

Ishiiさん、日本人だけじゃないっすよ~。イギリスにいたとき「ポーランド映画の100年」って特集をやってたんですが、その中でポーランド人が(多分映画の一場面)「おれポーランド映画って見ないんだ…。だって暗いだろぉ?つまらないだろぉ?」って喋ってました(笑)。あと、ドイツ人とフランス人にも「自国の映画は暗くて難しくてつまらん。だからアメリカ映画を見る」と直接聞きました。確かに日本もヨーロッパも映画は芸術映画っぽいものが多いので一部うなずける所もあります。

つもろんさんは素晴らしい納棺師の方にめぐり合われたようですが、うちの父が亡くなった時の葬儀屋さんはもうビジネスライクで。まだ遺族がお祈りしているのにそそくさと手続きに帰っちゃうし。気持ちが入っていないのが手に取るように分かって正直怒りを覚えました。身内の死はいつやってくるか分かりませんから、ちゃんとした葬儀屋さんを探しておこうと決心しました(苦笑)。

母の実家がお寺なので母方の祖父がなくなった時は自宅でお葬式をしたのですが、その時のお坊さんが御通夜でわざと笑わせるようなお話をなさるんですよね(笑)。子供だった私は笑いたくてしょうがないし困りましたが、今思えばそれもバランスを取るための心遣いだったのかもしれません。
結婚式は笑いと喜びに溢れてますが、お葬式は何とも悲喜こもごもで、そこが味わい深いのかもしれませんね。

関係ないけど、在日認定のコメントを書く人って…一体どんな人なんでしょうね?ストレス貯まってるんだろうなあ~。

長文失礼しました。

おれんじさん、コメントありがとうございます。
私も身内の死について日頃考えなくはないんですが、葬儀屋さんの良し悪しまでは考えてませんでした。やはり今のうちに探しておくべきでしょうか(^^ゞ
法事とかでお坊さんが笑わせてくるっていうのは経験あるんですが、お通夜の席では経験ないですねー。でもあまり不謹慎な感じは受けないし、おれんじさんの言われるように、むしろ心遣いという感じがしますね(^o^)
「在日認定」を書く人、私もいつもどんな人なんだろう?と不思議でなりません。1つや2つ見かけるだけならあまり気にしないんですが、けっこうたくさん見かけるので。微妙な日本語だったら、ああ、向こうの人が書いてるのかなとも思うですが、ほぼ完璧な日本語の場合、在日の人なのか、それとも日本人なのか……うーん。

 アカデミー賞受賞を受けて地元で早速、おくりびとの上映会が催されました。
重厚という訳でもなく軽妙なタッチで描かれていたので、すんなりと心に届く作品です。
 身内の葬式はありましたけど、納棺師っていたっけ?それ以前に葬儀屋の人々は印象に残りませんでした。何と言うか将に黒子といった感じです。
 死生観や火葬や土葬等といった葬式(形式)に関しては各国様々ですが、哀悼は万国共通の概念なのではと思いました。
文化は役に立ちますから。我が国のCMみたいなものですし、益々の勇躍を期待するばかりです。


●働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww ~ やる夫が葬儀屋をはじめるようです。★1・2(09.2.23)
http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-1746.html

 葬儀関係者による投稿で、葬儀業界はいろいろあるようです。


 おまけ。
各種類の工作員はいますから。この「脳監視」って敵味方等の識別といった暗号かな?
一応、文面を特定アジア語に翻訳すると「羨ましい」という事でしょう。その内にパクるどころか、納棺師は韓国が云々という期待も滲ませているようにも見えます。
 まああちらの御国は、この春は米韓スワップの満期シーズン到来ですし、一段と悪化する不況で何かと入用です。
ひょっとしたら、日本の納棺師さんは大忙しになるかもしれませんね。

カイワレさん、コメントありがとうございます。
葬儀屋さんの印象、私も他のお葬式ではほとんど記憶にないです。親族が亡くなったばかりで悲しみに暮れている中なので印象に残らないのかな、というのと、葬儀屋さん自身も場を察して黒子に徹するという精神でされているのかも?
いずれにしても、葬儀屋さん(&それ関連の業種)を始める人、始めたいと思う人、この映画をきっかけに増えていくかもしれませんね。

>文面を特定アジア語に翻訳すると「羨ましい」という事でしょう。
おっしゃる通りだと思います(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる