FC2ブログ

要介護認定調査(更新)

 義母のお話。
 先日、介護保険の要介護認定調査の面談がありました。
 今年の1月に続いて2度目です(認定の有効期間は1年)。

 前回、初めての認定調査の面談は、本当は昨年12月に予定されていたんですが、当日、義母が行方不明になってしまって(約束を忘れてしまった上に、出先で道に迷った)、それで翌月に振り替えられた、という経緯がありました。
 今回はそういうことが絶対ないよう、数日前から何度も念押しし、当日朝も電話で念押しし、約束の時刻の1時間ほど前にも念押しし…。

 何とか、無事に面談を受けさせることができました。
 もちろん私も立ち会って、ケアマネさんも時間の都合がついたので立ち会ってくれました。

 義母は、普段からそうなのですが、人前ではすごく快活に、しっかりと話します(だから周囲の人の大半は義母が認知症であることに気づいてないと思われ)。
 また、これは高齢者の多くがそうらしいのですが、他人に対して「自分を良く見せたい」「弱ってきてると思われたくない」という気持ちが働くそうです。
 義母もその典型。

 たとえば、調査員さんが最初に聞いた質問がこれなんですが…
 「いま介護サービスを何か使ってますか?」
 その時の義母の返答が、
 「使ってない。今のところ必要ないから」

 最初から嘘になってしまってる…(T_T)
 私はすかさず「使ってますよね。デイサービスが週一回、ヘルパーさんが週一回…」と突っ込んでしまいました。

 その後、「薬は毎回きちんと飲めてますか?」と聞かれた時も…
 「うん、飲めてるよ」

 いやいや、それも違うって…(T_T)
 私はまた思わず「時々飲めてないです」と突っ込んでしまいました。

 そんな私に、調査員さんがアイコンタクトで『そんなん言うたったらあかん』と言ってきて、ケアマネさんも小声で「後で時間取れますから」と言ってきました。

 実は前回1月の面談の時、義母は泣いてしまったんです。
 その時の調査員さんはかなりはっきりと喋る人だったから、そのせいか。
 あるいは、私の受け答えが悪かったのか。
 おそらくはその両方と思われ。

 とにかく前回のことを思い出したので、私ももう基本的に黙っておくことにしました。
 たとえ義母がどんなにトンチンカンな話をしても。
 が、このままでは実際よりも介護度が低く認定されてしまう…と内心、気が気ではなかったです。

 面談が終わって、調査員さんとケアマネさんが帰る時に、玄関を出たところで私を含め3人で立ち話。
 その時に、前回同様、予め用意しておいた「義母の普段の様子をまとめたメモ」を渡しました。

 その上で、私が面談における義母の発言を次々に否定していったのと、あと義母と何度も会っているケアマネさんも私の話を補強してくれたので、調査員さんが「チェック票」にチェックを入れた項目のかなり多くが、「より重たい」に変更されました。

 ケアマネさんによれば、「いまは要支援2ですが、おそらくはワンランク上がって、要介護1になると思います」とのこと。
 ランクが上がれば、受けられるサービスも増えるので、それはありがたいことです。

 あと、拙ブログで、先日、義母が施設入りを承諾してくれたという話をしましたが、要支援2のままよりも要介護1になった方が、入れる施設の幅も広がると思われます。

 ひとつ厄介なのは、要支援と要介護では「大枠」が違うので、これまで各業者さんと結んだサービスの契約が、全て1から結び直しになります。

 そうすると、私もまた忙しくなるわけで…。
 やっと復職したところなんですけど…、仕方ないですよね(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分をよく見せる。
これが日本人の美徳であり、ネックでもあり。
生保なんかもそうですね。本来ならば受けるべき人が我慢している。
大枠が違ってやり直しはキツイですよね。でも要支援と要介護ではかなり違ってくることと想像します。

今の外国人労働者受け入れの喧々諤々も分かるのですが
実際の所介護の問題は待ったなしですしねぇ。
言ったかな?介護施設はボランティア募集もしょっちゅう高校にもかけていて娘が行ったのですが行く前は「車いすなど器具の掃除等」とあって、そんなもんなのかなぁと思ったのですが、実際は「タダできてもらっているお嬢さんに何かあったら大変」とばかりにTVを見ているだけだったそうで。しかも男ではなくお祖母ちゃんに挟まれる気の使いよう。
やはりタダではなく私も別に金銭的な事はいいから働くという意味を知って欲しいし、最低賃金くらいは出すべきだと思いました。
上はとりあえずボランティアと思ったのかもしれませんが…

とにもかくにも良い方向にいきますように。

No title

るるるさん、ありがとうございます。
学生さんが介護施設などでボランティアという試み、近年増えてきているようですね。
たとえ「仕事」はさせてもらえなくても、雰囲気だけでも体験できたとしたら、今後の人生において大きな糧になると思います。
学生さんと言えば、先日、関西の「ちちんぷいぷい」で、こういうのが紹介されていました。
★注文をまちがえるケーキカフェ https://nishinomiya-style.jp/blog/2018/11/23/19819
高齢化社会で、認知症の人もそれに比例するように増えていきますから、様々な試みが今後もなされていくでしょうね。

No title

ボランティアの事をそう言って頂けるとありがたいです。
ただ気になったのは学校掲示板に出ている仕事内容と実際の違いで、これって上は良い事と思っているけど現場ではどうなんだろう?と思った次第です。

このカフェの話で思い出したのが
ガソリンスタンドで、そろそろタイヤの空気圧見てもらおうと
店員さんに言ったら一度目は無視。
あれ?と思いタイヤを指して「空気圧お願いできますか?」
と言ったらニコニコで「はい!」
よく見たら耳に補聴器。
あぁ、誤解する人もいるのだろうなぁ。
これも高齢化か・・と思ったのでした。

いやいやご苦労が続きますね(^^;。
でもくっくりさんのメモが役に立って介護度が上がって良かったです。これで施設入居の可能性が高まると良いですね!
サービスも増えると思いますし、少しでもくっくりさんのご苦労が少なくなると良いですね。
お仕事は少し減らしても続けておいた方が良いですよ。どうしても忙しい時は中断して。
そういう自分も短期記憶が落ちて来ているし、実はお義母様のことは他人事じゃないんですよね(^^;。最近は軽度認知症を見つける血液検査なんかもあるので受けて見ようかな~と思っています。
お義母様がしっかりしているように見せる気持ちが凄く分かります。
お互い良い方向に向かうと良いですね!
施設はお義母様に合う所がきっと見つかりますよ(^^)。それまでは一つずつ粛々と。
応援しています。

No title

面接、他人事ながら緊張がありますよね。
初めて義父が認定の面接受けた時、日常生活ちょっとおかしいな、程度だったんですが、「今の季節を教えてください。」と言われて、
「・・・うーん、わからんなあ~。」と答えたので、心底驚きました。
あー見えてないところでもいろいろ変わってきてるんや、知らんかったわ…って。
結構質問なんかも、、練られてつくられてるんやなあって、思った瞬間でした。

これからのこと、施設の方向が出てほっとしています。
やっぱり同居は気持ちがしんどいことが多いでしょうから。
うまく回っていくことを願っています。

No title

るるるさん、すみません、2回目の投稿、うっかりしてて承認するのが丸一日遅れになってしまいました<(_ _)>
昔は補聴器っていったら、すぐ分かるような大きな物でしたが、最近は小型化してるんでしょうかね。

おれんじさん、ありがとうございます。
施設、良い所に(条件に合った所に)入れればいいんんですが…。
仕事もこちらから選べる立場でないので、うまくいただければいいんですが…。
などなど、悩みは尽きません。考え出すとキリがないですわ(^^ゞ
私も自分でも「うっかり」が増えて、ネットの認知症検査みたいなのを先日やってみたりしました。結果は幸い問題なしでしたが(^^ゞ

サポ子さん、ありがとうございます。
面接はほんとに私も緊張します。私がこうなんだから、本人(義母)はもっと大変でしょう。だからトンチンカンな受け答えをしても仕方ないと、そこは広い心で受け止めないといけないのでしょうが、ついつい…(^^ゞ
季節の質問、ありましたね。義母も、まだ温かいのに暖房を入れてたり、逆に肌寒い日なのに薄着だったりすることがあるのですが、面接の時は正確に答えてました。面接の時に限ってなぜかクリアになって、正しい介護度が認定されないケースもよくあるそうです。なので家族の立ち会いが必要なんですよね。

No title

>調査員さんがアイコンタクトで『そんなん言うたったらあかん』と言ってきて、ケアマネさんも小声で「後で時間取れますから」と言ってきました。

 調査員さんとケアマネさんの、認知症患者さんの自尊心を傷つけないようにとの配慮がプロですね。こういうことは、発達障害のお子さんへの対応でもそうですが、教わらないと分らないことのようです。良い方たちに担当して貰って良かったですね。(#^^#)

 それに、書かれたメモもきっと必要な事柄がキチンと書かれていて読み易いでしょうから(*( ^)o(^ )くっくりさんの読者としては確信しています。)、恐らくケアマネさん達もとても助かると思います。

>〜まちがえちゃったけど、まあいいっか〜 このカフェでは、認知症をもつスタッフがお席へご案内、注文、配膳を担当します。

 これは良い取り組みですよね。認知症はいつか誰でも成り得るものですから、お客さんだからと店側に完璧を要求するのは止めて、お互い様だからという風な方が良いですよね。昔々は、個人商店が多かったせいか、融通が利くところがあったのに、大手も訴訟を起こされたり苦情が殺到したりするのが怖いからか杓子定規にならざるを得ないのが大変な感じがしています。

 ところで、師走に入って仕事が忙しくなると時に申請書の書き直し、とても大変だと思います。役所への書類って難しくて、読んでも分らないことが多いので苦手です・・・(◎_◎;)。

No title

都民です。さん、ありがとうございます。
調査員さんも色々な人がいるみたいですね。
去年の方は、私に直接「これはどうですか」と質問しながら、チェック入れていくというやり方でしたが、今年の方は、私にはほとんど直接聞くということはなかったです。
注文を間違えるカフェ、テレビで見た限りにおいてはとても雰囲気が良くて、お客さんも優しくて(分かっていて来てるから当たり前といえば当たり前ですが)、ゆったりとした空間でした。
申請書の書き直し等々はケアマネさんが主体的に動いてくれるので、楽と言えば楽なんですが、とにかく契約書だの印鑑だのが多くて、それも各業者いっぺんじゃなくて、一業者ごとに対応しないといけなくて、その都度私が出かけていかないといけなくて…という感じです。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる