FC2ブログ

軽井沢シンドロームってご存知?

 義母の話が続きましたが、今日は久々に、全く別のお話を。
 けど、はっきり言って「誰が興味あんねん」かも(^^ゞ
 たぶん私(1964年生まれ)と同世代の人にしか、それも青年漫画を読んでた人にしか分からない…。


軽井沢シンドローム(フルアニメ)full movie86年リメイクKaruizawaSyndrome


 懐かしすぎる!(T_T)
 たがみよしひささんの「軽井沢シンドローム」、通称「軽シン」。
 私、原作の大ファンで、すごくはまりました(^_^;
 動画は1985年制作のオリジナルビデオ。

 原作は「ビッグコミックスピリッツ」で1980年代初め〜中頃まで連載。
 高橋留美子さんの「めぞん一刻」が連載されてた頃と、けっこう期間かぶってるかも?
 知ったきっかけは、高校3年の時に友達に借りた単行本。
 その時は、確か2巻ぐらいまで出てました。

 不良っぽいグループの子はほとんどみんな読んでて、私はそのグループに片足突っ込んでる感じでした。
 優等生グループにも友達がいて、不良っぽいグループにも友達がいて、当時の私はちょっと中途半端な立ち位置だったなぁ。
 てか、その高校自体が、すごく幅広い人材が揃ってたんですね。
 政党で言ったら自民党みたいな?(たとえが変!?)

 話が逸れました。

 OVAは高くて手が出なかったけど、サントラ盤のLPを購入しました。
 音楽は風戸慎介さん。
 OVAは友達が頑張って買ったので、借りて見ました。
 動画ではカットされてるけど、オリジナル版にはセクシー女優さんらのイメージ映像(ヌード(^^ゞ)が挿入されてました。

 肝心のストーリーはというと、極論すれば、相沢耕平という女性に異常にもてる1人の男性をめぐる、男女の愛憎劇。
 耕平の本命は薫さん(2歳上)ですが、他の女性とも次々と関係を持っていき、いつ殺傷事件に発展してもおかしくない状況が延々と続き、でも、なぜかそうはならないという。

 周りの女性たちが妙に悟っているというか、耕平というあまりに格好良すぎる男性を、独り占めにはできないという感じで。
 男性の一方的な願望が描かれたような漫画でしたが、私はなぜか好きだったなぁ。
 一番好きなキャラは、箕輪みるく。
 気が強くて、クールな女性。

 1988年には、ドラマが放映されるはずでした。
 堤大二郎さん主演で。
 とても楽しみにしてたのに、撮影中の自動車事故で中止になったの…(T_T)(Wiki参照

 2000年代に入って、続編で、耕平と薫さんの息子の薫平を主人公にした漫画が作られました。
 これも単行本になった後、買って読みました。
 昔の登場人物の大半が、結局は収まるところに収まってて、ホッとしたのを覚えてます(^_^;

 当時20代だったキャラたちが、40代になってて、子供もいて…。
 妙にリアルでした。
 作者のたがみよしひささんも主人公らと同世代で、きっちり歳を取ってるわけだから、さもありなん、ですが。

 最後に、どうでもいい豆知識。
 あの勝谷誠彦さんは軽井沢にも自宅を持っていますが、それはこの漫画に憧れて…だそうです!(勝谷さんは私より4歳上)。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりに目にしました

「軽井沢シンドローム」ですかあそのタイトル久しぶりに目にしました。
ただ私個人はタイトルと作者であるたがみよしひささんは知っていますが内容についてはコミックも映像化作品も見た事が無いので絵柄からお色気系の作品かな?と思っていた程度ですね。おそらくたがみよしひささんを知らなくても(失礼)この作品のタイトルは知っている人は多いのではないでしょうか?
先程ウィキペディアでたがみよしひささんについて調べて見たらかなりの作品を世に出していましたが失礼ながら私個人がタイトルを知っていたのは「軽井沢シンドローム」だけでした。ただこの方の作品でリアルタイムで結構長く読んでいた作品があったので気になってついでに調べたらそれは「なあばすぶれいくだうん」という探偵物の話でたがみよしひささんの作品で一番単行本の巻数が多い作品と紹介されていました。この方の作品全てがそうかは分かりませんがこの「なあばす」では登場人物達がギャグシーンでは突如二頭身に変わったりするのを思い出しました。

No title

tuneさん、コメントありがとうございます。
ご存知の方はほとんどいないだろうとと思っていたので、タイトルを知って頂いてるだけでも嬉しいです(^▽^)
たがみさんといえばやはり「軽井沢シンドローム」が超有名で、実は私も他の作品はほとんど知らないんです。
「なあばすぶれいくだうん」も全く読んだことがなくて(^^ゞ
比較的初期の作品はだいたい読んでいますが、1990年代以降はもうほとんど分からないです。
突如二頭身になるのは「軽井沢シンドローム」や他の作品でもありました。
完全シリアスな作品は二頭身なしだったように記憶しています。

なるほど、くっくり様は
高校生の頃は
半グレだったのですね(笑)

軽シン、存じ上げてますが
当時も現在も全く興味ありません、
ごめんなさい!

で、何でコメントを記入するかというと
こういう記事を見つけたのです

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181121-00405949-fnn-soci

なんでしょうね、
転んでもタダでは起きない
っていうのでしょうかね?(^^;

この保険商品の収益から
200万円返せってーの!(おこ)

No title

あかんたれさん、コメントありがとうございます。
認知症保険、昨日、同じフジ系の「グッディ」で詳しくやってて、たまたま見ることができました。
第一生命だけでなく、各保険会社、いろいろと売り出し始めたらしいです。
介護保険ではカバーできない費用を補ってくれる、というのが主眼の保険が多いようです。

ほんと、あの400万円、盗られずに残ってれば…。
ワンランク、ツーランク上の施設に入ってもらえるのにって思いますね(T_T)

400万円でしたか、
失礼しました。

おかしいですね、
よりよい生活環境を得る為の
保険のはずなのに・・・

No title

あかんたれさん、ありがとうございます。
保険会社も民間企業、やはり利益優先ですから…(T_T)
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる