FC2ブログ

浄水器とキャッシュカードと義歯

 またまた義母のお話、前回の続きです(興味のない方、すみません)。


 本当に不誠実な業者です。
 夫が連絡なんかするわけがないのです。
 契約書を私が見せてもろくに見なかったし、社名はおろか電話番号ももちろん知らないし、そもそも夫はこの件に限らず義母にまつわることは全部私に丸投げなんですから。

 で、その後、約12万円の返金で弁護士を介して業者と合意が成立しまして、今月から分割払いで3カ月にわたって返金されるということになりました。
 合意書がやがて送られてくるので、署名捺印し、1通は送り返して、1通は控えで保管という形になります。

 合計110万円も払わされて、12万円しか戻って来ないのは、正直何だかなぁとは思います。
 ただ、1円も返ってこないだろうと覚悟してたし、ここらで手を打つべきだろうと。
 それに、相手が本当に資金難だとしたら、あまり大きく要求してしまうと、逆に1円も払われない危険性があるのでは?と考えました。

 が、分割払いというのがやはりどうも引っかかります。
 弁護士を頼む費用があるんだったら、それぐらい一括で払えよと思うんですが。
 合意書を取り交わしても、例えば最初の1回だけ払って、あとは逃げたりしないかしら?
 まあでも、とりあえずこの件はいちおういったん決着ということで。



 銀行のキャッシュカードも、何とか受け取ることができました。
 でもそこまでにはやはり苦労もありました。

 義母に毎日、「郵便届いてませんか」「郵便屋さんから直接受け取りませんでしたか」と尋ねても、「何も来てないよ」と。
 以前だったらその言葉を素直に受け取った私ですが、来ているにも関わらず「何も来てない」と言うことがこれまでに何度もあったので、当りをつけて日曜の夕方に自宅まで行ってみました。
 書留は日曜でも届くので。

 そしたらドンピシャリ。
 テーブルに銀行の「転送不要」と書かれた封筒が置かれてありました。

 しかし、肝心のカードがない!
 「封筒の中にカードが入ってたと思うんですが、どこに置きました?」と尋ねると、タンスをごそごそと探して、「ない…」。
 「もしかして財布に入れたとか?」と言うと、「あ…、あったわ」。

 その後、3度目の転送届(転居届)*を出しました。

* 義母が郵便物をよくどこかにやってしまうので、私の自宅に送られるよう転送届を出した後(1度目)、キャッシュカードの申し込みをしたら、銀行側から「カードは転送不要のため、転送届を出されている今の状態では、当方に送り返されてしまいます。もう一度転送届を郵便局に出して、ご本人宅に届くようにして下さい」と要請されたので、再び転送届を出し(2度目)、カードが手元に届いた後、またまた転送届を出した(3度目)。



 義歯の件も、なんとか目途が付いたのでほっとしているところです。
 でも、新しい義歯が出来上がっても、それをまた紛失したりしないか心配ではある(T_T)


 あと、生命保険の減額(契約者貸付金制度で保険外交員にお金盗られた分を本来の保障額から差し引くことになった)や受取人変更の書類に関しても、ちょっとしたハプニングが。

 第一生命の担当者が自宅まで持ってきた際、義母に書いてもらったのですが、6枚ほど書いてもらった中で(お義母さんお疲れ様<(_ _)>)1枚だけ不備というか、訂正印が必要な箇所があると、後日連絡がありました。
 「お義母様に書いてもらった書類を郵送するので、訂正印を押して、返信用封筒に入れて送り返して下さい」と。

 義母宅に送られてきたその書類自体は比較的容易に見つけられました。
 しかし、書類以外のもの(封筒、説明などが書かれてあるであろう紙、返信用封筒の3点)が見当たらない。
 義母に尋ねても、「分からん」と言うばかり。
(最近知ったのですが、認知症の記憶障害というのは、「忘れてしまう」のではなく「記憶できない」のだそうです)

 まあ肝心の書類はあるから、封筒は自分で用意して、返信先の住所書いて切手貼って返信したらいいか…、住所分からないけど電話で聞いたらいいか…と、諦めて帰りかけたら、義母がいつも財布を置いてある場所があって、その財布の下に返信用封筒はじめ3点があるのをたまたま発見。
 ああ、これで切手代払わなくてすんだ…、良かった…。


 まあとにかくこんな具合で、何かひとつ問題が発生して、私が動いて、何とかかんとか解決して(しない場合もあるが一定の決着を付けて)、という繰り返しです。
 義母の行動は予測が付かないため、ひとつひとつは深刻なことではなくても、こちらはかなり気疲れします。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

業者は自転車操業なのはホントなのかも?
てか、これが狙いで文句が多くなったら
ちょっと返して押さえて、無理になったら計画倒産で逃げるって
繰り返しているのではないでしょうか?


郵便物を開けちゃってバラバラにされるというのは何ともしがたいですねぇ。

ダンナさまのおっしゃる「施設」というのも分かりますね。
このままではくっくりさんが倒れちゃう。
悲しいですが良くなっていくことはない事を思うと…。
お金はかかるでしょうが、それが一番のような気がします。

No title

るるるさん、ありがとうございます。
昨日や今日できた会社ではないようなので、計画倒産繰り返しというのはたぶんないとは思いますが、本当に払ってくれるのかどうかっていうのはやはり心配です。
「施設」に関しては、私が通っているリハビリの先生が、まさに認知症のお母さんを施設に預けていて、私にアドバイスをくれました。
曰く、「元気な認知症」は同居は難しい。施設に預けた方がいい。また、本人の意識がしっかりしているうちに施設を見つけた方がいい。重度になると断られることもある。…とのことです。
義母の場合、同居を嫌がっていますが、じゃあ施設ならいいのかとか、そのへんほとんど話したことがないので、今度、夫も交えて話してみたいと思います。

No title

 くっくりさんがご主人と同じく、お姑さんを施設にと考えるのは、もしかするとご本人にとっても良いかもしれません。家の姑は要介護5で認知症でしたが、舅が頑張って家で看ていました。でも、ケアマネさんやヘルパーさんから何度も私に、「もう家では無理ですから何とかしてください。」と言われ、主人から舅を説得して貰い、それから病院を探したので入るまでに時間がかかりました。そして、入院してからは、異変が起こると医師がすぐに対応してくれて、かえって姑の容態も少し安定してきて家族も一安心しました。

 でも、整体の先生が良いアドバイスをしてくれて良かったですね。これからも、色々と教えてもらえそうですね。

No title

都民です。さん、ありがとうございます。
お話、大変参考になりました。
お舅さん、本当にご苦労なさいましたね。そして都民です。さんも…(T_T)
リハビリの先生もかなりの段階まで同居で頑張ったそうですが、お母さんが被害妄想が激しくなるなどして、お父さんに暴力を振るうまでになったので、そこでやっと施設に預ける決意をしたそうです。
実際に体験なさった人の言葉は重いですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2018-11-02(10:27)さん、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる