FC2ブログ

「まんぷく」の安藤さんの笑顔がいい

 相変わらず、日々、義母のことで忙しいです。
 ひとつ問題が決着したと思ったら、また新たな問題が起きるという、その繰り返し。

 多忙な中でも、毎日欠かさず見ているのがNHKの朝ドラです。
 10月スタートの「まんぷく」は朝ドラの王道を行ってるって感じで、1週目からかなりハマって見てますσ(^_^;

181019manpuku.jpg

 「まんぷく」のヒロインは福子(安藤サクラさん)。
 福子の夫となるのが立花萬平(長谷川博己さん)。

 萬平のモデルは、日清食品の創始者・安藤百福。
 安藤は、世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」を発明します。
 チキンラーメン(もちろん劇中では違う商品名になるでしょうが)の誕生がどんなふうに描かれるのか、今から楽しみです(^▽^)

 ドラマは今、大東亜戦争の最中です。
 萬平が冤罪で憲兵に捕まって拷問まがいの取り調べを受けるなど、ハードな場面もあるのですが、全体的にはあまり暗さを感じさせません。
 福子や、福子の母である鈴(松坂慶子さん)など、周りの人たちが、わりと天真爛漫というか、明るいキャラクター設定になってるせいでしょうか。

 特に福子の笑顔がいいです(^▽^)
 安藤サクラさんは決して美人とは言えないかもしれませんが、朝にあの笑顔を見ると、何だかこちらも元気が出てきます。
 
 実は、私は幼い頃からインスタントラーメンが大好きで、その理由を母は「あんたがお腹にいた頃に、私がチキンラーメンばっかり食べてたから」と言ってました。
 母は特にラーメンが好きというわけではありませんが、妊娠中は好みが変化し、なぜかチキンラーメンばっかり食べてたそうです(^0^;)

 私は自宅仕事なので(今は休職中ですが)、昼食はいつも家で食べます。
 週に3回はインスタントラーメンです。

 特に好きなのは、袋麺では、サッポロ一番塩ラーメン、エースコックのワンタンメン、日清の出前一丁。
 カップ麺では、マルタイの長崎ちゃんぽん、日清の麺職人、あと焼そばですがUFOも好きですね。
 日清のカップヌードル(世界初のカップ麺。超ロングセラー)を食べたくなることも時々あります。

 最近は義母と昼食を共にすることが多くなり、インスタントラーメンを食べる回数はめっきり減りました。
 義母とは同居はしてませんが、午前中に病院に付き添うことが多く、その流れで一緒に昼食を取るので。
 ちょっとしたお弁当とか、おにぎりとか、サンドウィッチが多いですね。

 「あー、ラーメン食べたい」とよく思います。
 義母の前でカップ麺食べても別にいいと思うんですが、お湯わかしたり、お汁飛びそうだったり、あれこれ考えて躊躇してしまう(^^ゞ
 木曜はデイサービスに行ってもらうようになったので、この日だけは確実に家でラーメン食べてます(^_^;



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

木曜日はラーメンライフを
満喫してください(^^)

例によって職場の喫煙所のテレビで
毎日観てます、BGV状態ですが。
どこの職場に行っても必ず
観てる奴がおる(笑)

安藤サクラさんを見た瞬間、
よくもまあこんな
いい意味で微妙な女優さんを
キャスティングしたもんだな、と。
このドラマ、破壊的におかしい
関西弁もいい味出してますよね。
個人的には芦田愛菜さんの
一種素人臭いナレーションが
気に入ってます。

No title

あかんたれさん、コメントありがとうございます。
安藤サクラさんは大阪弁はわりと上手い方だと思います(やり取りが多い、母役の松坂慶子さんと比べてしまうからかも)。
姉役の松下奈緒さんもまあまあ上手いなと思ってたら、奈良生まれの兵庫出身でした。
長谷川博己さんの大阪弁のあまりの下手さに当初はびっくりしましたが、「大阪出身じゃないのに無理して大阪弁を使っている」という設定だったことが途中で明かされ、それ以降は東京弁を話してるので、ホッとしてます(^_^;

No title

 福子さん役の人の笑顔は、なんだか同級生でこういういつもニコニコしている人がいたのを思い出してきて、朝ドラ途中だけど観てみようかと思います。そう言えば、こういうニコニコしている子って、綺麗とか可愛いとかじゃなくても、男子から人気がありましたわ。・・・どーせ私は・・・(ノД`)・゜・。

 じつは、松坂慶子さんの演技が、いつも明るくて良く笑っているのが多くて好きなんです。でも、「愛の水中花」のころの妖艶な感じも良かったですけどね。若い頃の深作監督とのあれこれで、魔性の女っぽかったのに、結婚したら京塚昌子さんみたいな肝っ玉母さんに大変身してビックリしました。

 脱線してしまいますが・・・(;・∀・)ゞ、松坂慶子さんの「江戸を斬る」は本当に好きで、主演の西郷輝彦さんとのコンビもすっごくよくて、何度も再放送を観てました。

 ところで、インスタントラーメンだと、日清のカップラーメンが好きです。元々のも良いし、あとトムヤムクンのも美味しいです。でも、たまに冒険的な味をだすので、挑んでみると(T_T)ちょっとね~~~な時もありますね。

肝っ玉母さん
https://www.twellv.co.jp/event/kimottama/archive.html
愛の水中花
https://www.youtube.com/watch?v=CaS5V6VVPLE
江戸を斬る
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d2566/

No title

都民です。さん、コメントありがとうございます。
朝ドラ、まだ間に合うので是非見て下さい(^▽^)
松坂慶子さん、いいですよね。
いくつになっても可愛い感じで。
今回の松坂さんも、可愛い、かつ、コミカルなお母さんで、おすすめです(*^o^*)
カップヌードルは限定物でいろんなのが出ますが、やっぱり普通のやつが一番です。
あとはカレー味も好きですわ〜。

No title

おひさしぶりです。
「ごちそうさん」のようなタイトルと、
「マッサン」のような内容。

おそらく、おなかいっぱいの「満腹」と
ヒロイン福子と萬平の「萬福」の意味があるのだとおもいます。
このあたりは「べっぴんさん」みたいなこだわりです。

さて、今後の展開がわかっていても、
架空のキャラが物語を盛り上げてくれる所が大河と違います。
白馬に乗った王子様は秀逸でした。

どうでもいいけど、ドリカムの曲が「モライボン」に聞こえます。「もらい泣き」のあたり。これって私だけ?
「モライボン」のCMに使われそうです。

No title

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
確かに、ブランドを作り上げていくという作業は、「マッサン」と似ていますね。
私は大河の「西郷どん」も見ていますが、白馬に乗った歯医者さんは、「西郷どん」では伊藤博文役で出演されてます。
大河と朝ドラ、同時期に両方出るのって、なかなかないかも?
「モライボン」は私には聞こえませんでしたが、聞こえる方もいらっしゃるかもしれませんね。
(もしかして「モランボン」でしょうか?)

殿様ラーメンほか

殿様ラーメンは私の原点で、1960年に愛知県春日井市の松永食品が発売したもの。子供のころ、春日井の伯母が持ってきてくれたのか(というか当時の私にはチキンラーメンの記憶がありません)、よく食べました。本来は1斗缶に30食入った荷姿とのことですが、私は個包装しか記憶にありません。
チキンラーメンが@30円の時代に@10円だった価格政策と、斯界の王者である日清食品との特許闘争に敗れ、倒産したようです。

こまどり姉妹さんがCMをしていた愛知県安城市の達磨ラーメンもよく食べました。これも1970年に製造を中止しました。

21世紀に入って復活した愛知県碧南市のキリンラーメンはキリンとの係争でキリマルラーメンに名称変更を余儀なくされました。「ビール業界の王者キリンが中小企業苛めすんなよ」と思いましたが、別の事情があるようです。
(ちなみに竜野市のヤンマーラーメンを農機具の王者ヤンマーが商標差し止め請求した件は、「消費者に誤解のおそれなし」ということで、1972年にヤンマーの敗訴が確定しています)

No title

 安藤さくらさんって、安藤和津さんと奥田英二さんのお嬢さんだったんですね。和津さんの異母姉の犬養道子さんの本が好きで、その関係で後にCNNのキャスターで登場したのを見て、英語がペラペラなのが凄いな~って思ってました。

 しかし、その方のお子さんがもうすっかり大人になっていて、おばちゃんとしては、時間の過ぎるのが早いと実感した朝です。('◇')ゞ

 まんぷくを観ました。まだ人間関係が分からないけど、ちょっとおもしろくなっていました。あと、西郷どんは私と息子が最初からみていて、前回急に西田さんが菊次郎で登場してきて、違うドラマになったのかとびっくり仰天しました。でも。西田さんは流石の存在感だし、菊次郎の子供時代が健気で、ちょっとうるっとしてしまいました。。。(ノД`)・゜・。島から出て、薩摩に来たら、言葉も違うしお母さんが恋しかろうと・・・

No title

skydogさん、コメントありがとうございます。
殿様ラーメン、達磨ラーメン、キリンラーメン、ヤンマーラーメン、どれも初めて聞きました。
試しに、殿様ラーメンをネットで検索してみたら、すごい数がヒットしたので、思い出のある人が大勢いらっしゃるのだなと。
なくなってしまったラーメン、たくさんありますが、私が未だに忘れられないのは日清の「めん八珍」というカップ麺です。
1970年代後半〜80年代初め頃だったと思いますが、しょうゆベースで、麺が生麺っぽい感じで、とにかく好きでした。
漫画家の水島新司さんがそのCMに出てらしたのを覚えてます(アニメの水原勇気も登場してたような記憶が…)。

都民です。さん、レスありがとうございます。
安藤サクラさん演じる福子が、実は英語がペラペラなんですよ。
最初はホテルの電話交換手をしていたが、英語力を買われてフロントに異動したという設定です。
福子の今は亡きお父さんの商売が上手くいっていた頃、英語を習っていて、お父さんの死後もお母さん(松坂慶子さん)が、英語を引き続き習わせていたということになってます。
「西郷どん」のこないだの回は私もびっくりしました(^0^;)
ナレーターのはずの西田さんが突然画面に出てきて…。
来週からもナレーションで「その頃、父は…」とか言うんですかね?(^_^;
昔は微妙な年齢で養子に出されたりで、違う家に入ることはよくあったと思いますが、それでも全く見知らぬ土地に、実質的に初めて会う父親とその家族…、本当に心細かったでしょうね(/_;)

ビタラーメン

連投失礼します。くっくりさんは油揚げ麵がお好きなようですね(「麺職人」以外は全て油揚げ麺です)と思ったら、1977年発売の「めん八珍」はノンフライでした。ですから生麺っぽくお感じになったのでしょう。
(重箱の隅を啄くようで恐縮ですが「原勇気」ではなく、「水原勇気」です)

私は「サッポロ一番塩ラーメン,エースコックのワンタンメン,日清の出前一丁」も好きですが、鍋を洗うのに洗剤が必要なので、袋麺は「ラ王」を愛用しています。

閑話休題。中京圏とその周辺の人が殿様ラーメンに思い入れを持つように、和歌山県の人が粉河製粉の「ビタラーメン」にオマージュを捧げている書き込みを散見します。くっくりさんの母上がチキンラーメンばっかり召し上がっていたというのは、「ええとこのいとはん」でいらっしゃたのでしょうか。@10円の殿様ラーメンを食べている子どもから見ると、@30円のチキンラーメンを食べているのは「おだいさま」のお坊ちゃんだったような記憶があります。(作られた記憶かもしれませんが(^^;)

UFOもお好きとのことなので、ご存知とは思いますが、UFOを生麺っぽく食べる方法です。
①熱湯を注ぎ、2分で湯切りする。
②電子レンジ600Wで1分間チンする。
③出来上がり。

No title

skydogさん、レスありがとうございます。
ああっ本当だ!「原勇気」って誰やねん!(^0^;)
慌ててたのでよく覚えてませんが、たぶんその直前に余計な文字が入ってしまったので、消した時に「水」も消してしまったのだろうと…。
我ながら気になるので編集機能で直しておきました(表のブログにはない機能)(^^ゞ
そう、「ノンフライ」ですね。普通の言葉なのにスッと出てこなかった(T_T)
和歌山県の和歌山市に20年以上住みましたが、「ビタラーメン」は聞いたことないですね。
住んでいたのは昭和40年代前半から昭和61年頃までなので、昭和40年代より前、あるいは平成に入ってから売り出されていた物なのかも?
私がお腹にいた頃の母は、大阪府下にいましたが、住所に「大字(おおあざ)」が入るような田舎だったので、チキンラーメンぐらいしか店頭になかったのかもしれません!?
UFOの生麺っぽい方法、ありがとうございます。今度試してみますね(^▽^)

しつこく三連投

和歌山県のビタラーメンは、チキンラーメンの発売後、地方製麺会社が雨後の筍のように発売し、そして消えて行った即席ラーメンの一つです。殿様ラーメンほどではないですが、「ビタラーメン」「粉河製麺」でネット検索すると結構ヒットします。
このコメントには画像が添付できないようなので、メールアドレスに画像を送りますね。

UFOを生麺っぽく食べる件も、「カップ焼きそば」「電子レンジ」でネット検索してみてください。

No title

>もしかして「モランボン」でしょうか?
ググッたらモライボンはモランボンに変換されました。
モランボンの間違いでした。(笑)

ところで、袋麺はサッポロ一番の塩。日清では出前一丁がすきです。
チキンラーメンの味はベビースターラーメンに似てるとおもっていて、ベビースターのほうがすきです。

カップ麺は日清のカップラーメンのカレー味が無性に食べたくなることがあります。
麺を食べた後のカレーにごはん入れたり、食パン入れたりするのがおいしいです。

No title

Alphonseさん、レスありがとうございます。
最近の検索エンジンは優秀ですから、正しいキーワードはこれではないですかってことで、ちゃんと表示してくれるんですよね(^^ゞ
サッポロ一番の塩はけっこう人気ありますよね。うちの夫も好きです。
ベビースターは私もよく食べます。最近は食べやすいようにでしょうか、大きめにカットされてますよね。
カレー味のカップヌードルは私もよく食べます。わりと汁ごと行ってしまうんですが、今後はあえて残して、ご紹介のように、ご飯とか入れてみようかな(^▽^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところでラーメンと言えば、これ本文に書くべきだったかもしれませんが…
「まんぷく」の中で、主人公はじめ登場人物が屋台でラーメンを食べるシーンが何度も出てきます。
戦争で屋台も撤収してしまい、友人たちも疎開が決まり、「戦争が終わったら、またここでラーメン食べようね」と約束して別れるというシーンが今日ありました。
こうしたエピソードが「チキンラーメン」の発明につながっていくのだなあと思っているところです。

百均ショップは面白いですよ

「サッポロ一番塩ラーメン」は1971年、日清の「出前一丁」は1968年発売と、共に50年の歴史を誇っております。この間、あまたの即席ラーメンが、発売されては線香花火のごとく消えていきました。

1年間で数百銘柄が新発売され、そしてあえなく消えて行きます。新製品として生産されたものの廃番となった即席ラーメンの在庫はどうなるのかというと、(多分)百均ショップに流れるのですね。ですから時々百均ショップに行くと「こりゃ、アイデア倒れだよな」という商品に出会えて、とても愛しくなります。

私の住む静岡県は東洋水産の創業者の出身地でもあるので、マルちゃんの「ハイラーメン」が現役です。「殿様」「達磨」が消えた後の「ハイラーメン」(スープ別添)、「ハイラーメンダイヤ」(スパイス付き)は福音でした。

No title

skydogさん、ありがとうございます。
100円ショップであまり食品は購入しないので(食品置いてない所も多いですし)、そういうものが売られてるとは夢にも思いませんでした。
それにしても、本当にラーメンは沢山の商品が出ては消えていきますね。
私が買う間もなく消えていったラーメンがどれぐらいあるのだろう…。
マルちゃんと言えば、私は「激めん」が忘れられません。
三橋美智也さんのCMが流れてました。
もうなくなったと思ってましたが、いま調べたら、販売エリアが限定されて売られていたそうですね。
(関西では「激めん」は近年はたぶん売られてなかったです)
で、この10月1日からリニューアルされて全国で新発売とのこと。
https://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2018/09/post_1608.html

今日は木曜日

ラーメンライフを満喫なさいましたか。
私は朝5時に徳島製粉の「金ちゃん塩焼きそば」に目玉焼きを乗せて食べました。「ガーリック香る香味油」が目玉焼きに合います。
ちなみに百均ショップで2個100円でした。

15年前の「てるてる家族」でも安藤百福さんは好意的に描かれていて、確かに即席めんの歴史に輝く偉大な人物には違いないのですが、私は同県人の森和夫さん(東洋水産の創業者)が好きです。

ですから業界に「マルちゃんショック」を巻き起こした「正麺」よりも、後追い商品である「ラ王(袋麺)」の方が自分の好みだという事実が口惜しいです。
(ラ王の方が正麺に比べて麺の欠けが少ないということもありますが)

同じ後追い商品の「麺の力」「究麺」「頂」は終売となっているので、東洋水産さんには正麺を改良して、私のマルちゃん愛を回復して欲しいものです。

No title

skydogさん
今日は木曜でしたが、昼ご飯はうどんにしました。
前に義弟夫妻がお土産にくれた四国のうどんが、賞味期限をとっくに過ぎていたので。
これはこれで大変おいしかったです(^▽^)
それにしても、朝5時から「金ちゃん塩焼きそば」って濃いですね〜。
私は大阪なせいか、やっぱり日清が圧倒的に馴染みがあります。
東洋水産のことも、他のメーカーのことも、ほとんど知らないですわ…(^^ゞ
skydogさんの気持ち、分かります。やっぱり地元愛ですよね。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる