FC2ブログ

袋小路ですわ

 久しぶりに義母のお話です。
 生命保険の契約者貸付制度を悪用された件が全然前に進んでないこととか、まあ色々とあるけれども、義母の心身は小康状態を保っていました(と思う)。

 このまま少しでも長く、平和が続いてほしいなぁと思っていたところ、またしても…。


 新たに出てきた「70万円の領収書」、それに「生ゴミ」の件を見ても、早急に義母を「保護」しないといけないのは分かっているのですが、相変わらず話が前に進みません。

 夫は、今の家(賃貸マンション)から離れたくないと言う。
 義母も、今の家(持ち家だが借地)から離れたくないと言う。
 なおかつ、夫も義母も同居は嫌だと言う。
 「今の生活スタイルを変えたくない」と言う。
 完全一致、さすが親子!
 …って、感心してる場合じゃないですね(^_^;

 私は、同居は嫌ではありません。
 っていうか、このまま別居状態でいるのは気が気でなく、むしろ早く同居したいと思っているぐらいです。
 但し、正直言って義母の家には住みたくありません。
 築60年以上で地震が心配。
 すでに台所の床とか傾いてるし。
 階段も急で怖い(実際、義母はこの階段から落ちて骨折経験あり)。

 義母は、同居が絶対嫌だというわけではなく、「今は嫌」。
 「足腰立たなくなったらお願いする。元気なうちは一人でいたい」と。

 「でもこういうことは、たとえば明日から一緒に住みたいと言われても急には無理なので、今から準備しないと」と私はいつも言うのですが、「まだ元気だし、自分のことも自分でできてるし、特に病気も持ってないから大丈夫」と返されて、そこから話が進みません。

 「いやいやお義母さん、確かに内臓とかは悪いとこないんでしょうが、認知症はかなり進行してます。ご自分のこともできてない部分がたくさんあります。足腰もどんどん弱くなってます。この1年ちょっとの間に何回転倒して病院のお世話になりましたか?」なんてことは、もちろん面と向かっては言えず…。

 私のプランとしては、マンションでもアパートでもいいから、隣り続きで部屋を2つ借りて、二世帯住宅風にして住む。
 義母、夫、それぞれに提案してみたのですが、二人ともけんもほろろ。
 さっき書いたとおり、二人とも「今の家から離れたくない」かつ、「そこまで切羽詰まった状況にない」と思い込んでいるので。

 夫に「この家からどうしても離れたくないというなら、私がお義母さん宅のすぐ近くにワンルームを借りて住んで、そこからお義母さん宅と、ここの家と、両方通おうか?」と提案したら、「そういう非現実的な話は置いといて…」って。
 私から見たら、義母をこのまま放置し続けようとしている夫の方が非現実的なんですけど…。
 「70万円の領収書」を夫に見せようとしても、「いま忙しいから」って見もしないし。

 もっとも、夫も今回の救急搬送をきっかけに何かは感じているようで、昨日は、「施設」という選択肢を遠回しに言ってきました。
 遠回しにって、何でそう思ったかというと、「お前は性格的に同居して介護なんて無理。振り回されて心身おかしくなるのが目に見えてる。然るべきところに任せた方がいい」という話をしてきたので。

 義母が認知症と診断されたのがお正月明けだから、もう8カ月以上になります。
 もう、どっか広めのマンションでもパーンと借りて、引っ越し屋さんに頼んでダーンと一気に荷物運んじゃって、「はい、お義母さん、夫、今日からここが3人の家よ!」ってしちゃいたい気分。
 もちろん本人や実の息子を差し置いて、そんなことできるわけもないのですが。

 あれこれ書きましたが、本当言うとこないだから歯が痛くて、まずこれを先に何とかしたい…。
 でないと、私の気持ちも前に進めない感じです。
 それにしても、70万円あったら、さぞかし良い歯が入れられるだろうなぁ(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

以前旦那様が
お前とオカンが一緒に住め、
みたいな事を仰ってた様な気が…。
いざ半同居的なアイデア出したら
非現実的って(^^;

ただ、介護施設(?)という選択は
正解だと思います。
認知症の義母さんのお世話、
例えが悪くて恐縮ですが
一般家庭でライオン飼う様なものかと。
素人ではライオンの飼育は出来ません。
ご自身をスーパーマンだと思ってはいけない。
凡人or凡人以下の能力しか無いくらいに
考えて様々な事に対処した方がよろしいかと。



いつになく尊大な文面で
申し訳ございませんm(_ _)m

No title

くっくりさん。お察しします。でも足腰元気な認知症は厄介ですよ。ちょっと目を離したすきに何やらかすかわからんですから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あかんたれさん、ありがとうございます。
「お前とオカンが一緒に住め」は売り言葉に買い言葉だったのかもしれません(^_^;
施設という選択肢は現状ではベターのように思いますが、本人が絶対嫌と言うのが予想されるので(予想では同居以上に嫌がりそう)、どう説得したものやら…。

ななしさん、ありがとうございます。
足腰元気な認知症の家族の世話をした数人から話を聞いたことがあります。おっしゃるとおり皆さん大変な思いをし、最後は施設に入れたそうです。義母の隣家もそうで、「早急に対応して」とこちらに言ってきていることもあり、それで私はよけい早く何とかしなければという気持ちが強いです。

2018-09-14(23:08)さん、ありがとうございます。
大変参考になりました。
残念ながら、義母のタイプの杖(そのへんで売っている一般的な杖)は介護保険では適用されないようです。
http://www.techno-aids.or.jp/kaigo/item10.shtml
義母は物腰は優しく、人の話もよく聞くのですが、実はすごく頑固で、たとえば認知症と診断された後、とりあえずまずはデイサービスだけでも通ってもらえないかと思い、私や夫が勧めましたがダメで、主治医が勧めてもダメで、デイサービス常連のご近所さん(50年来の付き合いの方々)や患者仲間の方々が「一度一緒に行ってみない?」と誘ってもダメで、地域包括支援センターの職員さんも誘ってくれましたがダメでした。義母は「新しい場所に行くの苦手」「新しい人と話すのしんどい」んだそうです。いや、ご近所さんや患者仲間は新しい人じゃないから、と説得しても、「私あの人嫌い」とか「挨拶程度で十分。深く付き合いたくない」と。
ケアマネの件なども含めて地域包括支援センター側とはこれまで何回もやりとりをしていますが、義母が「今は必要ないからいい」と全部蹴ってしまい、嫌がるのを無理強いもできず、どうしたものやらです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

とりあえず保険詐欺は義弟さんに任されたのは唯一の救い…ですかね?
歯はまだかかりつけ医がやっているのであれば事情を話せばお薬は出してくれるかもしれませんよ。一度電話だけでもしてみてもいいのではないでしょうか?

私ももう別居は無理じゃないの?とは思いますが
母子で拒否ですもんね。
家賃とかが分からないのでコレだ!とは言えませんが、くっくりさんの住むマンションに空きが出ればなんとか説得ができるのかしら?
怖いのは認知症が進むんで環境が変わってしまうと、より一層ひどくなる事ですね。

でも、くっくりさんが「振り回される」ってのはダンナさんも考えてくれているのだなと思いました。

つくづく「寝たきり」まで行かない境界線?の介護は難しいと勉強させられます。

No title

2018-09-15(03:51)さん、ありがとうございます。
検討してみます。

るるるさん、ありがとうございます。
歯医者さんから痛み止めはもらってるのですが、それを飲むか飲まないかギリギリの感じです(^_^;
火曜に予約を入れているので、その時にまた相談してみるつもりです(9月末まで待たずに新たな歯医者さんに転院すべきか等)。
「怖いのは認知症が進むんで環境が変わってしまうと、より一層ひどくなる事ですね」、私もこれが心配で。
もともと「新しい物嫌い」な人ですから、よけいに。
この3連休のうち1日、夫が私と共に義母宅に行ってくれる予定になっているので、3人でまた話し合いをしてみます。

いま読み返して気付いたのですが
浄水器って・・・。
一度カモられたらその類の情報が
同業他社という名の詐欺師達の間で
やり取りされて入れ替わり立ち替わり
悪徳業者がやってくると聞きます。
せめて訪問販売だけでも排除する方法を
考えた方がよろしいかと。

外野の思いつきの発言しかしてないですね。
何でしょうね、莫大かつ潤沢な資金があれば
解決する問題でも無いから厄介でございます。
以前にも書きましたが
文殊の知恵を超える人数が閲覧してるので
何かしら解決策が出てくる事を
期待しましょう。

心身ともにぶっ壊れない事を祈ります(TT)

No title

あかんたれさん、ありがとうございます。
本人が何も話してくれないので、困るんですよね〜(T_T)
いちおう毎日聞くようにはしてるんですよ。何か変わったことないですかとか、今日誰かお家に来ましたかとか。
でもいつも「特にないよ、問題ないよ」と。
忘れてるのかもしれないし、あるいは私を心配させたくなくて(私に突っ込まれたくなくて)「ない」と言ってる可能性もあります。
っていうか、浄水器の領収書の日付が3月1日と書きましたが、いま「義母日記」をチェックしたら、その日私は午後3時半頃、義母宅に行ってるんです。
で、ツイッターでは細かく書かなかったけど、2月28日に前金払って、3月1日に残金払ってるんです。
冷静に考える時間が1日あったのに…、何も言ってくれなかったのが悔しいし、気づけなかった自分にも腹が立ちます。
私がまだ気づけてないだけで、他にも何か騙されて買わされてる物があるかもしれません。
解決策、これが正解というのがあるかどうか分かりませんが、皆さんにこうしていろんなご意見、アドバイスをいただけるので本当にありがたいです。
今後のヒント、手がかりになりますから。

No title

 一息つけたような感じがしていましたが・・・くっくりさんも体調が良くないのに、お姑さんを責められないけど、次々に問題が起きてしまって厳しいですね。それに、嫁の立場は、こういう時には微妙だから余計に面倒だし。

 老人の問題は、健康でも体力や気力が徐々に低下していくし、ましてや認知症などの病気もスッキリ治るということもないから、亡くなるまでの間に、どこまで自分達の生活を破壊しないでやってあげられるかということだと思います。

 以前に家の建て替えをしていた時に、二世帯住宅を建てると意外と年寄りが残念なことになって、結局は子世代だけがそこに住むことがあるという例を何軒かの噂話を聞いていました。年よりの衰えは、想像よりも早いことがあるので、主人の考えは現実的なのかもしれないような気がします。

>それにしても、70万円あったら、さぞかし良い歯が入れられるだろうなぁ(T_T)

 ・・・70万円・・・それだけあれば、良い歯を入れたうえで、ゴージャスな旅行もできますよねぇ。・・・70万円・・・(ノД`)・゜・。・・・

No title

都民です。さん、ありがとうございます。
今日もまたギョッとする出来事がありました。いちいちここに書いてるとキリないのでやめときますが、よくもまあ毎日色んなことが起きるものだと(^_^;
本人も自分がかなり弱ってきてる自覚はあるんですが、まだまだ切迫感が薄いというか、今日も主治医に「デイサービス行ったら」「ヘルパーさん来てもらったら」等々言われたので、帰宅後、私の方から何度目かの説得をしてみましたが、やっぱりダメで。
とりあえず包括支援サンターの方にもう一度連絡して、来週、義母宅に相談に来てもらえることになりました。まだケアプランとか作成してなくて、介護保険で支援受けようにも受けられないので。
二世帯住宅はそういう問題もあるんですね。うちの近隣にも二世帯、かなり増えてきてますが。きれいで大きなお家ばっかりですわ(^_^;
私が考えてるような、がしっと二世帯住宅!というのではなく、「二世帯住宅風」にマンション2部屋借りる形式だったら、その後の展開にも対応しやすそうかなとは思うんですけどね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も足腰の丈夫な認知症の親を介護しています
介護保険度は立てる歩けるだと3以上は難しいと思います
介護生活は賃貸より持ち家の方が手すり等の補助器具設置に障壁がない点や
放便等での汚しに神経質にならなくても良くなるのも持ち家の利点ですね
私は賃貸物件を2度引っ越して平屋の借家に落ち着きました
築40年強でどれだけ汚しても改修しても構わないよと大家に言われ気が楽になりました

No title

2018-09-15(18:16)さん、ありがとうございます。
大変参考になりました。
今日、久しぶりに夫とじっくり話しました。家だと夫がテレビ見たりして真剣な感じにならないので、居酒屋に連れていって。
酒飲ませたら、(私もお酒飲んだら)お互いに本音がズバズバと出て、夫も今後のことを夫なりに真面目に考えているのが分かりました。
(現実に物事が前に進むかどうかはまた別問題ですが(^_^;)

やまごぼうさん、ありがとうございます。
確かに持ち家は好きなだけ改造できるのでメリット大きいですね。
このへんで格安の売り物件ないかしら…ちょっと探してみようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2018-09-18(08:44)さん、ありがとうございます。
大変参考になりました。
本人や夫の意思を尊重すれば別居がベターなのかもしれませんが、問題行動が最近増えているので気がかりです。
特に嗅覚が急激に衰えており、また日付の感覚もおぼつかないので、古い食材を食べてお腹を壊したりということが頻発しています。本人は「すぐ治るから大丈夫」と言っていますが、場合によったら命に関わるかもしれませんし(T_T)
プロの方とも相談しながら、道筋をつけていこうと思います。

No title

大変お疲れ様です。
実は、施設に入る前の祖父母が、現在のくっくりさんのような状況でした。デイサービスや施設に通ってほしいが、頑なに嫌がる。転倒をして腰を痛めたり、トイレの始末を自分で出来ず臭いが充満したり・・・・・・。
一番、大変で不安定な時期です。
これは、同居でも別居でも周りの家族の悩みは尽きません。

施設に入るきっかけとなったのが、手術が必要となる病気でした。
しばらく病院で過ごすしかなくなり、回復してからは施設を紹介してもらいました。家族は様子を見に通いながら、洗濯などの最低限のことをしています。
医療行為が必要だと、在宅で面倒を見るのは不可能になります。

逆に言うと、そこまでにならないと、本人が納得しないのでした。
この世代の人たちは皆似たり寄ったりではないでしょうか。
結果的に両親は、祖父母の自宅介護の大変さは少なくて済みましたが。
理想は、大きな病気やけがをする前に、デイサービスや施設にお世話になり、本人と家族の負担を減らす事だと思うのですが・・・・・・
なかなか理想通りにはいきません。
でも、世話をする家族が共倒れになってもいけません。
くっくりさんもどうか無理はされませんように・・・・・・。

No title

主婦さん、ありがとうございます。
それは大変な思いをされましたね。お察し申し上げます。
義母は何度も転倒していて、その時は多少弱気になるのですが、1週間も経つと何事もなかったようにケロっとしてしまいます。それがかえって「次の段階」への弊害になっているような感じです。
ただ、今までは「一人で何とかできてるから大丈夫」だったのが、「自分ではできてると思ってても、周りから見たら危なっかしいんかもしれへんなあ」とよく言うようになり、少し変化の兆しはあります。
やはり認知症の親御さんの世話をした知人は、「元気なうちにデイサービスに通わせた方がいい。将来有利になる」と言います。つながりを作っておくことで、将来、施設やホームに入るとなった時に紹介してもらいやすいからと。
でも義母に「将来」の話をしても耳に入らないみたいで…、本当に理想通りにはいかないものですね(^_^;

もし近くにいるなら

あまり心地よい話ではないかもしれませんが、私も遠隔地に一人で住む義父のことで同様にアレコレ考えたことがあります。

ペット見守り用のネットワークカメラ、というものがあります。

https://panasonic.jp/hns/products/hc600.html
これを玄関に置いて、いつでも義実家の状況が見えるようにできます。
ネット環境がないなら、ポケットタイプのWi-Fiルーターを宅内どこかに設置します。

もっともウチの場合は、まだまだ元気な義父が拒むだろうという結論になり導入に至りませんでしたが。

ご参考までに。

No title

なかんさん、ありがとうございます。参考になります。
最近はいろいろ便利な機器があるようですね。
ピンポイントの監視カメラみたいな物があったらなーと夢想することはよくあります。
例えば義母はお薬をしょっちゅう飲み忘れるので、お薬カレンダーの前に小さなカメラ置きたいです(^_^;
毎朝私が電話で「お薬飲みましたか?」と尋ねると、義母は「飲んだよ」と答えますが、実際はほとんど飲めてません。「本当に飲んだか確認して下さい」と促しても、「大丈夫。飲んでるよ」。でも後日お薬カレンダーを見ると、やっぱり飲み忘れてて。あんまりしつこく言うと、信頼関係損ねそうで怖いし。
でも監視カメラみたいなもの置く方が、信頼関係損ねそう?(^_^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2018-09-19(15:15)さん、ありがとうございます。
とても参考になりました!
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる