義母の契約者貸付金続報(謎だらけ)

 義母の、保険会社の契約者貸付金について前回書きました。
 続報です。

 本当は決着してからまとめて書こうと思ったのですが、ちょっと長引きそうなので、現時点までの進捗状況を書いておくことにしました。

 週末に本人(義母)立ち会いのもと、心当たりがない貸付ということで、保険会社のコールセンターに相談しました。

 実は、貸付金は銀行口座などに振り込まれるものではなく、利用者が生命保険会社のキャッシュカードを使って、郵便局やコンビニのATMで自分で引き出す方式だそうです。
 つまり義母が郵便局なりに行って、ATMを使って、お金を引き出したということになります。

 ところが、義母は普段からカード類は全く使わない人で、生活資金(年金など)も銀行に通帳と印鑑を持っていき、窓口で引き出すというやり方を、昔から現在まで変わりなく続けています。

 義母の家でその生命保険会社のキャッシュカードを探しましたが、出てきませんでした。
 紛失ないしは盗難に遭ったということで、その時点でカードについては利用停止の処置をしてもらいました。

 コールセンターに記録を調べてもらったら、最初に貸付があったのは(義母がATMでお金を引き出したとされるのは)平成11年とずいぶん昔です。
 もしかしたら聞き違いで平成21年かも。それでも10年近く前ですね。

 平成11年に50万円ほどが初めて引き出され、それ以降も何度かお金が引き出されているそうです。
 平成11年であっても21年であっても、その頃は義母の頭はもちろんクリアな状態でしたが、さっき言ったとおり、カードを使う習慣のない人が、この時だけはATMを使う(使えた)というのも考えにくいです。

 かと言って、義母が誰か信頼できる人にカードを預けて、暗証番号も教えて、自分の代わりに引き出してもらったというのも考えにくいです。

 で、その貸付残高(借金残高)はこの前書いたとおり、150万円ほどなのですが、驚いたことに、もうひとつ貸付された証券があるそうで、それの貸付残高はなんと約250万円!
 ということは、合計で約400万円!
 ひえーー!(T_T)

 さらに驚いたことに、というか不思議なことに、ATMから10数回にわたって、少しずつ(額で言うと10万円とか50万円とか)返済がされているそうです。
 最後に返済があったのは平成26年だそうです。

 返済がされたATMの場所も教えてくれたのですが、複数の郵便局で、1つは同じ区内でしたが、それ以外は全て隣の区で、いずれも義母の生活圏内ではありませんでした。
 一番近い区内の郵便局でも、義母宅からはかなり離れています。
 義母は運転免許を持っておらず、当然車もなく、それどころか自転車にも乗れません。
 一番近い郵便局であれば、徒歩2~30分程度で行けるかもしれませんが、隣の区の郵便局に行くには、電車やバスを使う必要があります。
 ていうか、自宅から100mほどの場所に郵便局があるのに、わざわざ義母がそんな遠くの郵便局まで行く必要もありません。

 とにかく謎だらけです。
 もし義母のカードを第三者が(泥棒さんとかが)勝手に使ってお金を引き出したと仮定した場合(但し暗証番号をどうやって知ったかは謎)、律儀に返済するものでしょうか?

 で、コールセンターから近くの支社にこの案件を引き継いでもらって、今日連絡が来ることになってたのですが、なかなか来ないのでこちらから支社に連絡を入れると、確かにその案件は承っていますが、書類を調べている最中なので、書類が揃ったら、本人立ち会いのもと電話で状況をお知らせしたいとのことでした。
 後日(指定された日)、私が義母宅で待機し、電話を待つことになりました。

 支社からは、前担当者(やり手のおばちゃん)の名前も出ました。
 私が、その担当者さんには長年よくしてもらったので、カードのことやその後の事情について何かご存知かもしれないと言うと、支社の方は、前担当者に話を聞くことができれば聞いてみます、てな感じでした。

 ちなみに、この会社の義母の証券を本人と一緒に探すと、何と4つも出てきました。いずれも終身保険。
 しかも受取人は全て、長男である夫ではなく、次男(私の義弟)。
 理由は不明です。
 別に夫が嫌われているとかではないのですが…。

 いずれも医療特約以外は支払は終了していますが、こんなにたくさん加入する必要があったのかしら?
 やっぱりやり手のおばちゃんにかなり強引に入らされてたんじゃないかと思います。

 私は前回記事を書いた時点では、義母がまた自分のしたことを忘れてしまったのだろうと思い込んでいたのですが、以上の経緯を見た限り、義母ではない誰かが勝手に行った可能性が高いように思います。
 特に「生活圏内でない郵便局のATMに行ってカードを利用した」というのは、どう考えてもあり得ないことです。
 疑ってしまったこと、申し訳ないです。

 ちなみに遠くに住む義弟(次男。数カ月に一回顔を見せに来る程度)にもいちおう心当たりを聞いてみたのですが、やはり何も分からないとのことでした。

 コールセンターでカードを止めてもらった時点で、警察に被害届を出していただくようお勧めしますという話もありました。
 それについては、支社から説明を受けてからどうするか判断したいと思います。

 進展があったらまた新しい記事を立てるなりして報告します。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私の体験を話しますね。
妹が知人と家を2人で賃貸していました。

知らない請求書がきて、請求元の会社に確認すると
ローンの返済請求でした。
この時点で私にどうしたら良いのか相談がありました。

本人の知らないローンと聞いて弁護士に相談しました。
結果、妹は返済金¥0. 。

同居人が妹の運転免許証を偽造、怪しい金融会社から借りて
返済しなかった為に請求書が届いた。
同居人は警察に捕まりました。

弁護士に相談後、どんな事も弁護士を通しての
話しになるので本人は精神的に楽。
弁護士が介入すると、ある程度の情報開示が出来るなど
有利に有ります。

私が後日弁護士から聞いた話し、
交渉相手の金融会社はヤクザ屋だったそうです。
先生そこに一人で行ったの?と聞いたら
『そうですよ!』と言ってました。

私の 知人の弁護士を妹に紹介しました。
みじかに居ない時は、ご主人の会社の顧問弁護士
又は、市町村の相談窓口からの紹介してもらう。

父の介護から(知人の弁護士は不向きかな…と思い)
地域包括支援センターのソーシャルワーカーさん
を介して弁護士を紹介してもらいました。
以後は、ソーシャルワーカーさん、弁護士と私で父の介護を
しました。後見人制度は使いませんでした。

長々と書きました、参考までに。







No title

 どうも、弟さんが借りてしまったのかと思いましたが、そうでもないのでしょうか?これは、経緯をハッキリさせるためにも、弟さんとその営業のおばちゃんにも警察に届けると言った方が、疑って失礼ですが、本当のことを話してくれるかもしれませんね。

 くっくりさん、ただでさえ認知症のことで大変なのに、こんなことまで・・・こうなったら、やはりご主人さまに頑張って貰うしかないですね。

No title

bqbqさん、ありがとうございます。
参考になりました。今後の展開によってどうなるか分かりませんが、必要であれば弁護士さんの手配をします。
夫は会社勤めではなくフリーなので、公務員の義弟(次男)に紹介をお願いした方がいいですね。あるいは地域包括支援センターとこれまで何度かやりとりしてるので、そちらに相談してみるのもよいのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都民です。さん、ありがとうございます。
義弟(次男)は無関係だと思います。
なぜそう思うかというと、義弟の人柄その他の主観的考えは除いて、客観的な情報から言うと…

・義弟の自宅は返済場所(義母の隣の区)から直線距離で4〜50kmは離れている
・勤務先(役所)はもっと離れている
・返済日は全て平日
・義弟は平日に義母宅に来ることはない(奥さんと子供を連れて数カ月に一回、土日祝に来る)

「4つある保険の受取人が全て義弟になっている」と書いたことで、要らぬ印象操作をしてしまったかもしれませんね。すみません<(_ _)>
ちなみに証券原本(加入年は1989年から2012年までさまざま)を見ると、受取人を書き換えさせた形跡はなくて、最初から全て義弟が受取人になっています。
義弟の方が公務員で身持ちがいいとか、結婚がやや遅かったこととか(2005年まで独身で義母と同居)、うちは子供がいませんが義弟は子供が2人いるし、義母がいろいろ勘案した結果かも?

No title

大変になってきましたね。
そうだ!生保の借金はATMで簡単にできるんだった!
と今になって思い出し・・・苦笑

昔は信用した生保レディに印鑑を預けたりとかもあったと聞きます。
そして、やっぱりそんなに保険が必要でしたでしょうか?
怪しまれないために何回かは返すという話も聞いた事があります。
終身保険って確か生保レディにとって一番おいしいんじゃなかったっけ?それが4つ?子供も成人してるのに?
そして普段からカードは使わない。
車もないのに遠いATMを使っている。
これは疑わざるおえませんね。
受け取りが弟さんなのは次男だから発覚がしにくいと考えられたのかも?
あと「公務員」っておっきいですよね。
自営だとなにかと疑われやすいし(ごめんなさい)
死亡保障がでかくても公務員なら書類上の信用は絶大。
だから誘導された可能性もありますね。
私も昔なんだったか忘れたけど受取人を兄弟に
しようとしたら(多分、兄の紹介だったし、親は先に死ぬし~と簡単な理由)
「いや、色々面倒なので親に」と生保レディに言われた事があります。


これは警察と弁護士案件になりそうですね。
なんと言っていいのやら・・
決着がつくことを心から祈ります。

No title

るるるさん、ありがとうございます。
こんなにも簡単にお金を引き出せるということに驚きました。
自分が払い込んできた保険料が元手とはいえ、書類書いて判子押すとかの手順が必要なのだろうと思ってました。
夫も以前は正社員だったんですが、民間企業はいつ潰れるか分からないし(実際倒産した)、公務員の方がいいですよね。
受取人は全て義弟になってるし、警察とか弁護士案件となると、義弟に主体的に動いてもらうべきかなとも思うのですが(嫁は法的に扶養義務なし)、やっぱり近所に住んでいて、時間の融通の利く私がやることになりますよね…。

No title

これね、義父がギャンブル依存だったので知ったんですよ。
え?生保からお金借りれるの?そんな簡単に?って。
そりゃ生保からすれば実際はお金を払わなくていいのだから
簡単に貸すし、借りる方も「自分でかけた金」って意識があるらしいですね。

この事自体は誰が動かれてもいいと思いますよ。
ただ弟さんにも協力はしてもらわないと・・てか
まず疑われるのが弟さんをはじめ家族かもしれません。
でも引き下ろした場所、日時などで簡単に疑いは晴れると思います。

お義母さま、一体いくらの保障つけていたのでしょう?


お義母さんを最初疑ってしまったのは仕方がない事ですよ。
年寄りは頑固にもなるものですし。

とにかく弟さんにも協力してもらって
警察に相談。かな?


No title

るるるさん、レスありがとうございます。
何せ終身4つですから、全部合わせればけっこうな額だと思います。普通に考えてそんなに必要とは思えません。
私は結婚後、夫の保険料があまりに高いので驚いて(担当は義母と同じおばちゃん)、かつて生保レディをしていた知人に見てもらうと、これはやはり高すぎるというので、保障額を下げてもらい(死亡保障が何と1億円になってた)、その他、不要なオプションも抜いてもらいました。

保険勧誘のおばさんが怪しい気がします。

No title

Nagaさん、コメントありがとうございます。
今日また保険会社側と電話で話をしたのですが、前の担当の方(保険外交員のおばちゃん)が「親切で」義母のカードを使ってお金を用立てて下さったこととかないですかと尋ねましたが、カードは担当者であっても勝手に扱えないシステムになってるし、暗証番号を契約者に聞いたりもしないし、だからそうしたことは考えられないと。ただ、そのおばちゃんには会社側から連絡を取る努力はするという回答でした。

前回のコメントで
「前担当者が怪しい」みたいな事を
書いたと思いますが濃厚になりましたね。
話が大袈裟になりますが
弁護士入れて警察介入させるべきかと。
保険会社にとって前代未聞(?)の
不祥事なので世間にバレたら
大騒ぎになる、かといって
その歯切れの悪い対応からして
顧客の事を考えてるとは思えない。
当初思ってた以上にろくでもない。
保険会社に丸め込まれない為にも
弁護士に相談しましょう。

No title

あかんたれさん、コメントありがとうございます。
その前担当のおばちゃんが関与したのかどうかは分かりませんが、義母の保険の受取人になっている義弟(次男)が警察勤務なので(警官ではないです)、「警察案件になる可能性が出てきたので、職場でこういう問題が分かりそうな方に相談してみて下さい」とお願いしておきました。

もし弁護士に相談するなら何を聞くか事前に纏めておいた方が良いです。
相談はどこもおおよそ¥5,000 です。
具体的に何か動いてもらうと、内容証明郵便を出してもらうようなことだけでも数万円とられます。

No title

Nagaさん、具体的な情報、 ありがとうございます。

くっくりさん、
相談料はおおよそ5000円/30分(税別)です。
単位が抜けてました。

No title

……なんか大分大事になってますね。
最近は暑いので気をつけてください。

No title

Nagaさん、ご丁寧にありがとうございました。

白さん、ありがとうございます。
この週末は全国各地、猛暑になりそうですね。白さんもご自愛下さい。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる