要介護認定の面接調査で義母が涙

 最近すっかり介護日記みたいになってて、すみません。

 今週の某日、要介護認定の調査員さん(女性。50代ぐらい)が義母宅に面接に来られました。
 私も長男の嫁として立ち会いました。

 本来は昨年12月28日に来てもらう予定だったのですが、義母のドタキャンで(行方不明になった)、この日となったわけです。

 当日までに、私は義母の最近の様子を箇条書きにまとめたメモ(A4で1枚)を用意していました。
 本人が目の前にいると、調査員さんに本当のことを言いづらかったりするので。
 何をどういうふうに書いておけばいいのかというのは、ネットでいろいろ調べたり、こちらのブログ宛てにいただいたアドバイスも参考にさせていただきました。

 調査員さんを私が玄関先で出迎えて(義母は膝が悪くて立ち上がるのも時間がかかるので、私が出迎えるのは自然な流れ)、その時に「義母の近況を書いたメモです。本人の前では言いづらいことが書いてあります。特に大事なことは太字にしてあります。後でお読み下さい」と小声で言って、素早く渡しました。

 特に大事なことというのは、介護認定の申請に際して、1月中旬に専門医の「認知症」という診断が出る前に、12月中旬に主治医が「ゆるい」意見書を提出してしまっていたこと。
 これは後の介護認定審査会で判定される際に、大いに影響すると思われるので。

 昨夏以降、義母はよく約束を忘れてしまう傾向がありましたが、調査面接の日のことはわりとしっかり覚えていて、やはり自分にとって大切なこと、というか特殊なことは、記憶にしっかり刻まれているのかなと思ったりもしました。

 前日の夜、気を落ち着かせようと私が電話した時には、意外にさばさばしていて、「見栄を張っても仕方ない」「なるようにしかならんから」と笑っていました。

 当日、面接でもしっかりと喋り、というか、初めての人と話すのはあまり得意でないはずの義母が、ものすごくよく喋りました。

 それがあだになったのか(いや、認定で上のランクを得るためにはこれは良いこと?)、わずか5分か10分ぐらいの間に同じ話を3〜4回繰り返したため、調査員さんは手元の介護保険認定調査票(チェックシート)の「しつこく同じ話をする」の項に、あっさりチェックを入れてました(^_^;

 その同じ話というのは、「毎朝、病院行って、足のリハビリして、スーパーで買い物して、帰る。これが日課」。
 ほぼ一字一句違わず、この通り。
 義母が日頃から私にもよく言う言葉。

 調査員さんが記入する調査票の位置は、義母からは見にくい角度、でも私には見やすい角度。
 ま、当たり前といえば当たり前の配慮。

 調査員さんは、時々、「えーっと、2番、これはどんなもんですかね?」と、調査票の設問を私に示して、それとなく回答を求めてこられる。
 私もぼやかしながら、「うーん、それはないですかね」とか何とか。

 こうしたやり取りをしている中で、調査員さんが「ちょっと涙ぐんではるけど大丈夫?」と義母に声をかけました。
 見ると、確かに義母は涙ぐんでました。
 それまで私は全く気づいてなかったのでびっくり。

 私たちの微妙なやり取りを見て、不安に思ってしまったらしい。
 ああー、しまった!(T_T)

 「今は元気やけど、これからどうなるんかなーと思って…」と義母。

 「大丈夫、みんなそう。みんな不安ですって。でもこの先、何かあったら困るから、今のうちに準備しときましょうということで、今日来させてもらってるわけやからね。お母さん、すごくしっかりしてはるよ。お部屋もきれいにされてるし。それにお嫁さんも近くに住んではるから、安心やね」等々、調査員さんが優しくなだめてくれました。

 1時間ほどして、調査は終わりました。
 調査員さんを見送る時、玄関を出た所で私と数分やり取り。
 認知症の件(道に迷ったりなど)を少し突っ込んで聞いてくれました。

 驚いたのは、調査員さんが、私が最初に提出したメモを見ながら、「ケアマネのお仕事とかされてるんですか?」と。
 「いえ、全然」と答えると、「すごくちゃんと書いてはるから、そういうお仕事されてるんかなと思った」と。
 「いえいえ、それはネットとかで調べて自己流で。こういうふうに予めメモにして調査員さんにお渡しすると良いと書いてあったので」と正直に話したら、調査員さんは笑ってました。

 家の中に戻ったら、外で私が調査員さんと少し話し込んでいたことについて、義母が「どうしたん?」と聞いてきたので、あ、これはやばい…。

 とっさに、「いや~、ケアマネの仕事しませんかって誘われました。少子高齢化でやっぱり人手が足りないんですかね。もちろん私には無理ですってお断りしましたけど」と、我ながらアホな言い訳をしてしまった。
 が、義母は特に不審がることもなく、「そうやな、難しいお仕事やなぁ」と笑ってました。

 その後、義母と少し世間話をしてから帰宅したんですが、道すがら、義母の薬のことがふと気になって。
 2週間前に専門医で診てもらった時、初めて認知症の薬を処方してもらって、それが2週間分だったので、ちょうどこの日で切れた計算に。

 義母宅に行った時、調査員さんが来る前に、私が義母の薬の置いてある箱を確認したら、もうその認知症の薬はなかった。

 義母に直接、「2週間前に専門医から処方してもらった薬なんですけど、今後はあそこの病院まで行くの遠くて大変だから、近所の主治医の方から処方してもらうって段取りになってますよね。で、2週間経って、その薬もうなくなってるし、主治医の方から薬出しますねってお話ありましたか?」と聞くと、「ない」という。

 その時は私も、まあ翌日にでも主治医の方から出してくれるかなと思ったけど、いやいや、何百人も患者さんを抱えてるのに、そんないちいち覚えてないだろうと。

 帰宅後、主治医に電話してみたら、スタッフの女性がカルテを調べてくれました。
 そしたら、その認知症の薬どころか、他の薬(前からそこで処方されている骨粗しょう症対策の薬とか、造血薬とか)もずいぶん処方してないと。

 やはり本人が申し出ない限り、主治医の側から積極的に処方してくれたりはしないんですね。
 で、スタッフさんが、「ご本人じゃなくてご家族の方でもけっこうですので、薬を取りに来て下さい」と。

 すぐに行って、薬の処方箋を認知症のも含めて全部出してもらいました。
 2週間分。
 近くの薬局で薬をもらって、その足で、義母宅に再び行って、渡してきました。

 渡すのは簡単ですが、問題は、本人がきちんと毎日、飲んでくれるかどうか。

 年明けに義母に携帯電話を持たせて以降、私は毎朝、義母に電話する時、「携帯電話を持って外出してね」としつこく言ってきました。
 それはもう習慣になって、何とか毎日持って外出してくれるようになってるので、次は、薬ですね。
 「朝ご飯終わりました?お薬飲まれました?」って。

 あと、夫は相変わらずです。
 私が話さない限り、義母の話は自分からは絶対しないし。
 認定の面接調査のことも、この日だったのは知ってたはずですが。

 夕食後、「介護保険認定調査票の控え、もらったから…」と見せようとしても、「いま忙しいから、あとで見とくわ」。
 そのままテーブルの脇に置きっぱなし。
 忙しいって何が忙しいのかと思ったら、たまってるビデオを見てる。

 ちらちら様子を見ながら、4時間ぐらい我慢してたけど、一向に見ようとしないので、「見てくれた?」とさりげなく声をかけてみたら、「今日見なあかんのか!」とキレてくるし。

 こんなことがあと10回ぐらい続いたら、私もキレると思う(T_T)

 まー、頼りにならん夫は、いったん置いといて。

 義母の感情の波が最近特に激しくなってるように思えるし、電話をしたらなかなか切ってくれないことも多くて(同じ話を何回もする)、認定の面接調査がやはり心理的にきつかったのかも…。

 不安な気持ちはよく分かるので、私も何とかフォローをと思うのですが、1日2〜3回電話を入れて、週に3回ほど訪問して(食料や日用品を持っていったり、料理を作って持っていったり)、これ以上何をどうしたらいいのか、ちょっと今、分かりません。

 で、私もプレッシャーが日に日に強くなってきた感じ…。
 実質的に、義母が頼れるのは私一人の状況になってるので(義母自身も「こうやって面倒見てくれるのはあんただけや」と盛んに言う)。

 認定が下りたら、頼れるべきところは、行政に頼ろうと思います。
 人見知りする人なので、頼る気になってくれるかどうか、そこもハードルあるんですが…(T_T)


★おまけのツイート



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

個々の事案についての具体的な対策は、ネットやケアマネからいくらでも入手できますから、我が家で講じた薬飲み忘れ対策は敢えて書きません。(家族の同居・別居、進行具合によっても異なりますし)
僭越ながら私見を申し上げると、今、精神面で最も気を付けるべきなのは、お義母さまの自尊心を守って差し上げることかと思います。
くっくりさんのお義母さまに対する心遣いは素晴らしいと思いました。
認知症患者でも、最後まで残るメンタルの能力は自尊心と感情です。
ママ友たちが、3,4歳の子供たちを前に、分からないと油断しているのでしょうが、「うちの子は××だから」「あら、うちもそうよ」などと話しているのを、子供たちは理解して傷ついているでしょう。
認知症患者の前でも、同様にこれはまずいと考えます。

以下は冗談ですが、ケアマネと誤解されたからには、私のように悪辣な人間は「友人がケアマネなので」くらい言いかねません。相手が警戒して慎重に対処してくれますから。
私が入院した時、機会を捉えて「友人が医師なので」と一言挟みました。実は10年以上も会っていなくて縁が切れていたのですが。

No title

kennelさん、ありがとうございます。

>「友人がケアマネなので」
ああ、そうか!私もそう言えば良かったかも!

薬飲み忘れ対策、自力で調べてみますね(^^ゞ

義母さん、涙ぐまれましたか・・・。
長男の助けが必要ですね。
長男に頼れる、って思うだけで
気持ちが楽になると思います。
ただそれで進行が早くなると
まずいですが。

No title

 要介護の面接では、とても皆さん緊張するみたいですね。(^_^;)お姑さんも涙ぐみながら頑張ってお話しされ、そしてくっくりさんがお姑さんを気遣ってメモで説明された気配りも素晴らしいと思います。(`・ω・´)ゞ

>調査員さんが、私が最初に提出したメモを見ながら、「ケアマネのお仕事とかされてるんですか?」と。

 調査員さんは、くっくりさんの文章力に驚かれたようですね。ブログの愛読者からすると、実物を読んでいませんがケアマネ並みのメモを書けるのは至極納得してしまいます。

>認定が下りたら、頼れるべきところは、行政に頼ろうと思います。

 週に一回でもヘルパーさんが来てくれたり、ケアマネさんがついてくれれば、介護について話せますから気持ちも少し楽になるかもしれません。

>携帯見たら台からコード外れてて充電全然できてなかった。

 (;'∀')ゞこれって、私もよくやってます。それで、気が付くと携帯が動かなくなってます。。。

No title

お義母さん、少し考えればわかった事ですけど
やっぱり不安なんですよね。
読んでいて切なくなってきました。
くっくりさんと同年代としては、どうしても介護する側の心配ばかり
してしまいますけど、もし自分が介護される側だったら・・と考えると
心配させたくない、まだ大丈夫と思いたくなるでしょう。
けど、自分の知らない間に追いつめられるのも辛いものです。
ウチは年子に近い二人子供がおりますが
下の子は生後一か月くらいから色々と病院通いになり
実家も遠く一人で二人抱え時には夜間病院にも行き
気が付けば眠れなくなりATMの暗証番号も分からなくなって
かかりつけ医に相談したら
「お母さん、十分やってますよ。だから母乳を止めて眠れるようお薬を飲みましょう。お母さんが笑っているのが一番です」
と言われた時、本当にうれしくホッとしました。
こんな言葉をかけれる
お医者さまやお知り合いがくっくりさんにもお義母さんにも
出会える事を祈ります。

お薬の事は、こういう時の「お薬手帳」じゃないのか?とも思いますけど、実際はそんな機能もしてないような・・・
引っ越してきて「お薬手帳は?」としつこいくらい聞かれますが
「聞くわりには見てないよな」と思ってます。
というのも
以前の息子のかかりつけ薬局は薬が変わったり疑問に思ったら
即医師に電話して確認を取っていました。
これは医師と薬剤師の信頼関係がきっちりされているので
できるのだろうなと思います。
(決して薬剤師さんや薬局の悪口ではないですよ)

ダンナさまは、認定が出てから、しっかりかっきり見てもらう方が
いいのかも?
辛い事ですが
結果次第では逃げる事もできない現実があるかもしれませんし・・

No title

あかんたれさん、ありがとうございます。
実の息子なのでもうちょっと考えてほしいんですが、男の人はどこもこんな感じらしいです(T_T)

都民です。さん、ありがとうございます。
文章力というよりは、メモが要点を突いていたからだと思います(^^ゞ
「日用品の在庫管理ができない」「お金の管理が難しい」「今日が何曜日か分からないことがある」などなど。
実は私も携帯は「気づいたら残量ほとんどない!」ってなったりするので、あまり偉そうに言えません…(^^ゞ
在庫管理も若い時から苦手だし…(^^ゞ

るるるさん、ありがとうございます。
私も「自分が介護される側だったら」と実はよく考えます。
うちは子供がいないので、よけいです。施設入れるように頑張ってお金貯めておかないと…(^^ゞ
おっしゃるように、お医者さんや周りの人たちの何気ない言葉で安心したり、逆に傷ついたりということもあるので、私もできるだけ注意しなければ…(T_T)
お薬手帳は私も持ってますが、たとえばアレルギー持ちだとか、過去に副作用を起こした薬がないかとか、そういうリスクを減らすためのものですよね。
私は以前、薬で副作用を起こしたことがあるので、二度とこの薬を処方されないよう、お薬手帳にメモってあります(^^ゞ
年齢を重ねるとたくさんの薬を飲むようになるし、その時に役立つものなんだろうと思います。

No title

再びすみません(__)
ツイッターを拝見して思い出しましたw
お義母さんの杖、雪が怖いからって「まずは」の理由になんないかなぁ。
くっくりさんの住む地区はあんまり降らないからダメかなぁ。
と昨日今日とこちらも降ったので思っていたのでした。
午後には車道は大丈夫になっても逆に歩道は建物の影とかで
溶けにくく所々アイスバーンになってますからね。
今日の昼頃車で出たのですが、近くのイオンの前は
建物&木で車道までまだ凍っていました。
病院スーパーなどでもアプローチとかの素材、向きによっては
ホントに解けませんから・・・。
ウチの前も建物の影でほんのちょっとですが
今だ溶けてなく白くなってます。
40過ぎてこけた事がありますが、お尻が二週間は痛かったです。苦笑
お年寄りなら骨折でしょう。
まずは持ってもらう(使ってくれるかどうかは別として)きっかけには
なりませんかねぇ?

No title

るるるさん、ありがとうございます。
今日は大阪も雪がかなり降ってました。一時、積もるんじゃないかと思ったぐらい!
雪よりも怖いのは凍結ですよね。見た目分かりにくいし。
私も3年ぐらい前に、階段で滑ってお尻打って大変でした(^^ゞ

義母の杖ですが、これまで何回も転んで、そのたびに顔面を打ち付けてるんです。
この年末にも立て続けに2回転びました。
普通だったらそこで「杖使おう」って思うんでしょうけど、義母はそれでも持とうとしません。
「またこけたら大変でしょ?命に関わるかも!」と半ば脅し口調で言っても、「今のとこ大丈夫だから」の一点張り。
全然大丈夫じゃないから言ってるのに〜!
本人自身が「周りの人(ご近所さんとか病院の患者仲間とか)にも杖使ったらとよく言われる」と言ってますし、持とうとしない理由が分かりません。
もしかしたら、杖を持つ=よけいに足腰が弱る、という考えにとらわれてるのかも…?
夫もこの件に関しては、何度か本人に「杖持て!」と諭したのですが、それでも「うん」と言いません。
実の息子が言ってもこうだから、たぶん説得は無理だと思います(T_T)

No title

現在の状況を考えると持った方がいい。
客観的に見ても問題ないはず。

例えると今最強寒波 冬将軍、襲来!中なのにコート着ないもんですよね・・・
お医者さんや調査員から強く勧めるように言って貰ってはどうでしょうか?

No title

白さん、ありがとうございます。
そうですね、プロが強く言えば、持つ気になってくれるかもしれません。
試みてみます!

No title

初期の認知症患者に、嫌がっていることを強制するのは極めて難しいと思われます。
「まだ××できる」「まだ○○に頼らない」ということを自他に認めさせて自分が病気でないことを納得したいのだと私は観察していました。病理学的には、前頭葉が衰え始めて頑固になるそうです。
ただ、私の場合は実母だったので、「どうなっても知ったこっちゃねえ」と開き直れましたが、義理の縁ではねえ。

No title

kennelさん、ありがとうございます。
私も自分の親だったら、変な話、もう少し「気楽に」対応できたと思います(T_T)

No title

お仕事にブログにお義母さんの件、本当によく頑張ってられると思います。どうかお疲れが出ませんように。

それにしても旦那は実親のことなのになんとがまあ。親の現実に直面したくないのかもしれませんね。
親身になってお母さんを考えてくれるヨメさんに恵まれて本当によかった。

お薬飲み忘れ、正直私自身が自信が無い。
もし複数飲まねばならぬようになったら、多分百均か何かでも売っている、曜日と朝昼晩とか書いた、ポケットがいっぱいついた壁掛け式薬入れを買って来ようかなと思っています。
複数の種類の薬をそこに一週間分、分けて入れてしまえば、「あれ?飲んだっけ?」と迷った時に、空になっていれば飲んだ、残っていればまだだとすぐわかるから。

「薬ラック」で検索すれば色々出て来ます。「薬カレンダー」とか「薬ポケット」とかいう名前で売っているみたい。
薬局や百均でも見た気がします。

ただ、食事が不規則だったり、今日が何曜日か食事が済んだかどうかの認識が心もとなければ使いこなしにくいかもしれませんが。
曜日と日付が自動に出るデジタル時計を近くにおいておいて、今日が何曜日か確認しつつ、飲めばいいかもと思うがそれも難しい場合もあるかも。

お役に立たぬ余計な話だったかもしれずごめんなさい。
くっくりさんも精神的にも大変だと思うけどどうかご無理なさらずに。
お義母さんもくっくりさんがいらしゃって心強いと思います。お母さんがお元気で安定した気持ちで過ごせますように。

No title

うさぎんさん、ありがとうございます。
私も薬の飲み忘れ、ヤバイです。
というか、私の場合はサプリで、鉄分やブルーベリーやビタミンなど6種類ぐらいを朝夕に振り分けて飲んでるんですが、考え事しながら飲んだりとかすると、「あれ?これ今、飲んだっけ?」状態によく陥ります(^_^;
さて、お薬カレンダーですが、義母は食事は朝昼晩と規則正しく摂っているようなので、使えるかもしれません。
曜日を間違えるのも最近は減っているようです(私が毎朝、「今日は何曜日でしたっけ。ああ、○曜日ですね、お医者さんはお休みの日でしたね」てな感じで、振ってるせいもあるかもしれませんが)。
うさぎんさんのお話も参考にしつつ、導入するかどうか考えてみますね。
ありがとうございました!
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる