義母の主治医に相談しました

 義母シリーズ、今回でいったん終了にします。

 2017-08-04(01:21):義母の入院
 2017-08-11(01:13):義母の退院後
 2017-08-14(18:00):認知症の初期症状?病院嫌がる義母
 2017-08-18(01:03):あれから一歩も進んでません

 8月23日(水)、義母のかかりつけのクリニックに出向き、主治医に相談をしてきました。
 そこは整形外科がメインで、義母は足のリハビリで長く通っていますが、内科など他の診療科目も併設している所です。

 実は私も今回、そのクリニックで足を診てもらうことにしました。
 5月頃からウォーキングを始めたのですが、靴が合わなかったのか、徐々に足が痛くなり、この1カ月ほどかなり悪化していたからです。
 両足の甲の部分、特に右足の外側と、左足の内側が痛くて、触るだけでもズキンと来ます(T_T)
 最近はできるだけ歩かないようにして、市販の湿布薬を貼ったりしていたのですが、一向に良くならないので、いずれ一度整形外科で診てもらおうと思っていたところでした。
 近くにかかりつけの整形外科(そこも内科などを併設)はあるのですが、義母のこともあるし、ここはひとつ、義母のかかりつけのクリニックで受診しようと決意したわけです。

 受付でまず自分の症状について話し、その上で「実は私の義母がこちらでお世話になってます。その義母のことで気になる点があるので先生に相談したいんですが」と申し出ました。
 すると受付の方が「あ、こないだまで入院されてた方ですよね」と即座に言ってくれ(義母はほぼ毎日通っているのでクリニックの方々とは顔なじみの様子)、私の診察と合わせて、先生が相談に乗ってくれることになりました。

 私の症状については、やはり合わない靴が原因らしくて、もともと外反母趾だったこともあり、痛みがひどくなったようでした。
 レントゲンも撮ってくれましたが、骨には異常はなかったです。
 外反母趾を緩和させることが重要で、家では足指を伸ばす運動などを心がけるよう言われました。
 また扁平足でペタペタとした歩き方になっているので、靴の中に土踏まずのアーチを作るような形でサポーターを入れるか、あるいは合う靴をオーダーメイドで作るなど、工夫が必要とも言われました。
 その他諸々、この話は余談なので、ここまでにします。

 で、本筋の義母の件です。

 退院後、義母に気になる言動があり、初期の認知症ではないかと心配している旨、説明をしました。
 先生は、「まず私は専門医ではないし、認知症の患者は『とりつくろい』(話を合わせる)があったりするので、ちゃんとしたことは分からない」と前置きした上で、「退院後もこちらに通ってはるけど、入院前と比べて特に変わった様子はないですよ」と言われました。
 そばにいた看護師さん(リハビリ担当の方?)も同意していました。

 そこで、かねてから気になっていた、「義母が私と約束したこと自体を忘れてしまった」ことを話すと、退院して2~3日後の出来事であれば、一時的なもので、心身共にまだ復調していなかったからではないかということでした(これは私が最近思うようになったのと同じ見解)。
 もし他にも不審な言動があれば疑うべきだけれども、特にないのであれば、現時点でさほど心配は要らないのではないかと。
 日々の暮らしをできるだけチェックしてあげて、会話におかしな点はないか、服装はちゃんとしているか、部屋は片付いているか、など気をつけてあげながら、しばらく様子を見てはどうかと。
 それで今後、もし気になることが出てきたら、また言ってくれれば、こちらなりに対応しますと。

 ……という感じで、先生の話は終わりました。
 60歳ぐらいの先生で、とても丁寧かつ親身で、私の目をちゃんと見て話してくれる人でした。

 ちなみにこの日、クリニックに行く前に義母宅に寄ったのですが(またちょっとした料理を持参して)、その時も特に不審な点はありませんでした。
 クリニックに行くことは、義母にこの時点で話しました。
 もちろん「お義母さんの相談もします」とは言わずに、あくまで私の足の痛みを診てもらうために行くということで…。
 義母も私が最近足を悪くしていることは知っていたので、「それはぜひ診てもらった方がいい」と言ってくれました。
 その時に、別に試そうとしたわけではないのですが、「今日の午後はクリニックやってますよね?」と尋ねてみたら、「今日は水曜やね。木曜の午後は休みやけど、水曜やったら午後もやってるよ」とすぐに答が返ってきました。

 まあ、そんなこんなで、皆様には大変ご心配をおかけしましたが、しばらく様子を見てみようと思います。
 と同時に、今後に備えて、認知症や介護のことなどなど、自分なりに勉強をしていこうと考えています。
 これまでの私は、あまりに無知すぎましたから…。

 アドバイスをくださった皆様、ありがとうございました。
 体験談を寄せてくださった皆様、大変参考になりました。
 重ねて御礼申し上げます<(_ _)>
 また何か変化があったら、このブログでお知らせします。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひとまず解決した様で
よかったでした(^^)

しかし色々抱えてらっしゃいますね、
お詣りに行かれた方がよろしいかと。

No title

あかんたれさん、コメントありがとうございます。
他に、手や顔の一部に発疹もできまして、先週は皮膚科にも行きました。お薬塗ってますが、一進一退です。目の充血もお盆期間中ずっと続いていましたが、これは市販の目薬でだいぶマシになりました。
小さな不調がいっぺんに来た感じですが、加齢のせいか、ストレスなのか…。少なくとも、祟りとかではないと思いますが(^^ゞ

No title

 友人が外反母趾で靴に苦労していましたが、合う靴が見つかって今では楽々と歩き回っています。(^^♪

 なにより、お姑さんの認知症のような症状が一時的なものだったというのは良かったですね。それに話を聞いて貰える良いお医者さんが主治医なら、これからも心強いのではないでしょうか?とにかく、話せないとストレスが溜まりまくってしんどいですよね。(=゚ω゚)ノ

No title

都民です。さん、コメントありがとうございます。
その靴はウォーキング用にわざわざ購入したもので、当初は合っていたというか、とても歩きやすいと自分では思っていたんですが、実際は合ってなかったようで…(T_T)。お店の人(プロ)にちゃんと選んでもらうべきだったと後悔しています。
義母の件はまだまだ油断はできませんが、ひとまず…という感じです。かかりつけの先生が親身で話しやすい方だったので、おっしゃる通り、心強いです(^▽^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2017-08-25(11:19)さん、コメントありがとうございます。
今回はいろいろと親身にアドバイスをいただき本当にありがとうございました。
お義母様のご健康と2017-08-25(11:19)さんのご多幸をお祈りしています。

No title

番組の文字起こし、本当にありがとうございます。
いつも情報を発信してくださるくっくりさんに、私が知っている足の情報をお知らせします。
お気が向かれましたら、お試しください。

外反母趾、内反小趾、偏平足、変形性膝関節症の身内がおります。

① ビルケンシュトックのインソール(中敷き)
↑外出時に履く靴に入れて日常の負担を緩和してくれます。
② ビルケンシュトックのギゼ(Gizeh)というサンダル
↑足音を気にしなくて済む環境なら、スリッパ代わりに毎日履きます。
 もともとは外で履くものです。
 こちらは外反母趾を緩和する目的で作られたサンダルです。
この二つを現在進行形で使用しています。
使用している本人曰く
「インソールがクリーンヒットだった。靴がフィットして前と全然歩きやすさが違う」
とのことです。

① は他のインソールと段違いの使用感だそうです。土踏まずがしっかり支えられて、靴がフィットします。
うちの場合はインソールを合わせたい靴を履き、ちょっとおしゃれに外出するときに履く靴も袋に入れて持参しました。購入したものはいずれの靴にも合わせられる型で、ウォーキングシューズにも入れ替えられました。
(スニーカーやペタンコ靴だけでなく、パンプスやヒールに合うものまで種類豊富です。着脱が簡単です)
履き心地の変化に感動するそうです。

② は家の中でスリッパ代わりに履いてまだ2か月です。
ネットの話では大体半年くらいで緩和してきたかな?という感じになるそうです。
ビルケンシュトックには色々なデザインがありますが、ビーチサンダルのような、下駄の鼻緒のようなこの形が外反母趾に最も効果的だとお店の人が教えてくれました。

ネットで購入もできるようですが、最初だけは店頭で相談し試着することをお勧めします。
ネット上の安いものにはドイツ製でないものも交じっているようですし、きちんと足に合わせてもらうことが、足にトラブルを抱えている人には一番大事なので。

ウォーキングシューズもスポーツ用品店で合わせてもらうといいですよ。
あと日常では、ラップの芯や青竹をテレビを見ている最中に足元でコロコロするのも地味に効いてくると教わりました。

少しでも早く、くっくりさんのしんどい環境が良い方向へ変化するよう祈っております。

No title

アップルビネガーさん、アドバイスをありがとうございます。
とても、とても参考になりました。
ネットでこれまでに色々と調べましたが、ビルケンシュトックというのは初めて知りました。
調べてみたら、私がよく行くショッピングモールにお店が入っているようです。
近いうちに一度、訪ねてみることにします(^▽^)

No title

以前の投稿内容に、捕捉させてください。またしても長文です。すいません・・・

ビルケンシュトックのお店では、足のトラブル内容をしっかり相談するといいです。
外反母趾、内反小趾、偏平足、変形性膝関節症、腰痛等・・・恥ずかしがらず伝えたほうがいいです。症状に合わせてクッション性が高いほうがいいのか、固めがいいのか選んでくれます。
お店が混んでいるときは商品を見比べやすいですし、すいているときは店員さんが色々な質問に答えてくれます。
私がビルケンシュトックの店舗へ付き添った日は雨天でした。お客さんが少なく、たくさん尋ねられました。靴を履いたら爪先ではなく踵を合わせて歩き出してほしいと教えてもらいました。

足に不安がある人は、ウォーキングシューズを店員さんに合わせてもらうととても良いですよ。
幅広に作ってあるのにデザインで細身に見えるもの、意外と履きやすい靴、思っていたサイズと違うこと(!)等、自分で気が付きにくいところを助けてもらえるからです。全然目につかなかった棚に思いがけない商品が置いてあって、それがぴったりだった!ということもあります。

あと『ラップの芯や青竹を、テレビを見ている最中に足下でコロコロ』とは・・・
床にラップの芯を置き、その上に足を置いて、足の指から土踏まずまで(できれば踵まで)、まんべんなく使ってコロコロ転がすのです。
同じ要領でゴルフボールも使えます。床にゴルフボールを置いて、その上に足をのせて、足の指から土踏まず、かかとまで足の裏全体を使って転がします。足の指でボールをつかんでみようとするのも良いとききました。

「フローリングに広げたタオルを足の指で掴む」外反母趾のトレーニングは私の身内に合いませんでした。青竹踏みも除外され、ラップの芯トレーニングならできそうだと選び、気が付いたらやる程度で続けているようです。

くっくりさんも、ご自分のペースに合いそうなものをどうぞ。少しでもストレスが減りますように。
お大事になさってくださいね。

No title

アップルビネガーさん、ご丁寧にご教示いただきありがとうございます。
自分に合った方法を見つけていきます。
本当にありがとうございました<(_ _)>
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる