左指のしびれ


 ツイッターに書いていない情報も含めて、改めてメモしておきます。
 また備忘録みたいになるけど、すみません。

 実は、先週の金曜日(5月5日)に久しぶりに運動らしい運動をしました。
 卓球です。
 でも正味20分間ぐらい。
 左指が痺れだしたのは、その翌日ぐらい?

 それまでにも、時々、偏頭痛があったり、めまいがあったり。
 あと背中もけっこう痛いし…(床に寝転がったり、固い背もたれの椅子に座ったりした時)。
 慢性的な肩こりはそれ以前からずっと。

 整形外科(兼内科だが本職は整形外科)の先生とは15年以上のお付き合い。
 乳がん検診してもらったり、外反母趾を診てもらったりしたことも。
 近年は、咳喘息も診てもらったり。

 何やかんやで年に1~2回は必ず顔を出してきました。
 その先生が今日、私の顔を見て、開口一番、「弱ってる!」。
 「長い間、継続的に見てきたから、印象が変わってるとすぐ気づく」と。

 私、この半年ぐらいで8キロほど痩せたんで、「弱ってる」ように見えたのは、それが大きな原因かも。
 なぜ痩せたのかは不明です。
 ダイエットなんかしてないし、もちろん大きな病気もしてないし。
 考えられるのはストレスぐらい?

 で、先生は、問診の段階ですでに「肩こり」が原因と。
 「運動、全然してないやろ? たまに動いてもすぐ疲れるやろ? で、休日は寝っ転がってるやろ?」
 と、まるで見てきたように言われたけど…、そのとおりです!(T_T)

 「卓球」は直接の原因ではなくて、ふだん運動をほとんどしない人間が急に運動したので、体が「びっくりした」という面もあるらしい。

 神経がどのように体を通ってるかとか講義めいた話がしばらく続き、その後、改善するにはどうすればいいかという話に。

 先生は、私の二の腕をつまんで、「筋肉全然ない!」。
 両手に重たい荷物を持つ時、たとえばスーパーの袋を持つ時、だらーんと持つのではなく、腕に力を入れて、八の字のように持ちなさい、と。
 確かにこれは筋肉鍛えられそう。

 先生は現在50代後半ですが、40代後半の頃はぶくぶく太ってたそうです(私もその頃の姿を覚えてる(^_^;)。
 仕事してても体がしんどくて、たまにゴルフとか行っても体力全然なくてふらふらだったそうです。

 これではいかんと、ジムに通ったり、ランニングしたり、それを日課にしたら、数年後、体はすっかり楽になったと。
 「だから貴女も運動しなさい。忙しくても時間を作って、たとえば大阪マラソンに出場する心づもりで、ランニングでも始めてみなさい」と。

 あと、「特定健診受けてるの?」と聞かれて…
 私、「いえ、受けてません。受けないといけないとは思いつつ、時間がなくて…。あ、でもちょうど1年前の今頃、別件で婦人科で診てもらった時に、血液検査してもらいました。異常なしでした」。

 その流れで、「糖尿病ちゃうかとか、更年期障害ちゃうかとか、いろいろ心配したんですが…」と言うと、「糖尿病だったら1年前の血液検査で何かしら引っかかってたと思う。あと更年期障害も違う」と。

 ただ、「こういう症状の時は、こういう病気の疑いあるかもしれないとか言うたら、貴女は不要な心配するやろうから、何も言わんとこ!」とか、ちょっと意味深なことも言われましたが…。

 確かに、10数年前、乳房にしこりができて、「乳がんの疑いが…」となって、総合病院に紹介状書いてもらって、マンモグラフィー検査などを受けたことがあったんですが、当時の私は「がんだったらどうしよう…」と死にそうな顔してた。
 (結果は良性、というか、乳腺症というものだった)

 先生としては、「あくまで念のために」設備の整った病院で診てもらいましょう、ということだったそうですが、当時の私はそんな余裕なかった(T_T)

 今回、その時の話も出たので、先生は私が心配性であることを思い出して「何も言わんとこ!」と言ったのかも…。
 (いや、だったら「何も言わんとこ!」すら言ってはあかんのでは?と心の中で突っ込んでみたり…)

 「今日は治療も投薬も必要なし。でもせっかく来てくれたんやし、血圧でも測っとこか!」

 で、血圧計ったら、なんと上が90台しかなかった。
 血圧は頻繁に計ってたわけじゃないけど、ここ10年ぐらいは110前後で推移していたはず。

 でも、特にしんどいとかでなければ心配は要らない、若い時の低血圧と違って、私の年齢(52歳)でその血圧なら血管が健康な証拠だと。
 …ほんと?私の聞き間違いじゃないよね?(^_^;

 「でも、健診はやっぱり受けた方がいい。うちでもやってるから、時間見つけて来なさい。朝食は抜いて、午前10時半までに来て」と最後に言われました。

 カルテに「虚弱」と書かれたのは本当です。
 それも、ほんとに一言「虚弱」と。
 なんかコントのオチみたいで笑っちゃいますよね(^_^;

 私より、むしろ夫が心配です。
 私は何かあったら比較的すぐにお医者さんに行くタイプですが、夫は医者嫌いでよほどのことがない限り行かないので…。
 特に「事業主」になってからは健診とか全く行ってません。
 大阪市から特定健診のお知らせが届く度に、「行ったら?」と言うんですが、毎回軽く喧嘩になります。
 何とか行ってもらう方法はないものだろうか?と、毎年考え込む…。

 夫が嫌がる原因は、面倒くさがりに加えて、14~5年前、会社で受けた健診の肺のレントゲンで「再検査」が出たこと。
 間の悪いことに年末年始を挟んでの再検査となり、その年の正月休み、夫は心配でほとんど楽しめなかったという。

 しかも再検査の結果、何でもなくて、夫はめちゃ怒ってた…。
 悪いとこがなかったんだから、喜ばしいはずなのに…。

 夫のお父さんも医者嫌い&健診嫌いだったそうです。
 めっさ具合悪くなってから初めて病院に行き、即入院、短期間で、50歳の若さで亡くなってしまいました。
 お父さんの経験を活かしてほしいのになぁ…(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2017-05-11(09:20)の非公開希望様、お気遣いありがとうございました<(_ _)>

健康診断は自分の為ではなく
家族の為なんだよ、
一家の大黒柱の義務なんだよ、
‥‥‥と言ってみればどうでしょう?



本当はもっと長文だったのですが
投稿したら消えました(泣)
投稿ボタン押したらゲームか何かの
バナーを高確率で踏んづけます。
私は下手くそなんですね(号泣)

泣いてませんけどね・笑

No title

あかんたれさん、コメントありがとうございます。

>健康診断は自分の為ではなく
>家族の為なんだよ、
>一家の大黒柱の義務なんだよ

これもちろん言ってます。
私のためにも、お母さんのためにも行って下さいと…。
というか、本文に書かせてもらったように、夫自身がお父さんを早くに亡くして(夫も弟くんもまだ学生だった)、いきなり大黒柱を失って、そのへんは身にしみてわかってるはずなんですよね…。
だからこそ、これ以上どういうふうに説得すればいいのかしらと…。

>本当はもっと長文だったのですが
>投稿したら消えました(泣)

それは、すみません…。
テキストエディタ(windowsではメモ帳?)に下書きしてから、コピペすると良いですよ。私はいつもそうしています(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる