女性が主役の大河ドラマ

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
 当初はあまり期待してなかったけど(すみません)、意外と面白いですね。

 てか、まさかの主婦層取り込み!?
 だって、何か昼ドラっぽくないですか?(^_^;

 幼なじみ二人に恋愛感情を抱かれて、板挟みになる主人公…。
 そのうちの一人は他の女性を妻に娶るが、その女性に嫉妬されて、危うく殺されかける主人公…。

 うーん、昼ドラっていうよりは、サスペンス物?(^_^;


 話は変わりますが、近年、大河ドラマで女性が主役ってこと多くありませんか?

 …と最初は思ったんですが、Wikipediaで調べてみたら、けっこう昔からありました!


昭和42年「三姉妹」(岡田茉莉子・藤村志保・栗原小巻)
 徳川幕府崩壊後、旗本の三姉妹の視点から見た明治を描く。

昭和54年「草燃える」(石坂浩二・岩下志麻)
 源頼朝と北条政子の生涯を軸に源平合戦から承久の乱までを描く。

昭和56年「おんな太閤記」(佐久間良子)
 豊臣秀吉の正室・ねねの視点から描く戦国作品。

昭和60年「春の怒濤」(松坂慶子)
 日本初の女優・川上貞奴の生涯と明治の文化人、自由民権運動を描く。

昭和61年「いのち」(三田佳子)
 第二次世界大戦後を生きた女医の半生を描く。歴史上の人物が全く登場しない唯一の作品。

昭和64年〜平成元年「春日局」(大原麗子)
 春日局が徳川家光の乳母として、武家社会で成功する過程を描いた作品。

平成6年「花の乱」(三田佳子)
 足利義政の正室・日野富子を中心に、応仁の乱とその前後の時期を描く。

平成14年「利家とまつ」(唐沢寿明・松嶋菜々子)
 前田利家とその妻まつの出世物語。

平成18年「功名が辻」(仲間由紀恵・上川隆也)
 山内一豊とその妻・千代の出世物語。

平成20年「篤姫」(宮崎あおい)
 天璋院篤姫の生涯を描く。

平成23年「江」(上野樹里)
 戦国乱世の時代に翻弄された女性・浅井江の波乱の生涯を描く。

平成25年「八重の桜」(綾瀬はるか)
 新島襄の妻・八重の生涯を描く。

平成27年「花燃ゆ」(井上真央)
 吉田松陰の妹・文の生涯を描く。

平成29年「おんな城主 直虎」(柴咲コウ)
 後に徳川四天王になる井伊直政を育てた養母・井伊直虎の生涯を描く。


 うーん、こんなにたくさんあったとは…。

 でも、やっぱり近年すごく増えてるように思います。
 平成18年以降は、ほとんど2年に1回ペースですから。

 同じ女性として嬉しいといえば嬉しいけど、大事なのはやはり中身が面白いかどうかですよね。

 たとえば「花燃ゆ」とか、第三者から突き放して見た感じがあって、どこか入り込めないところがあった…。

 男性であっても女性であっても、やはり歴史にそれなりに影響を与えた人を主役に持ってこないと難しいのかも?

 その点、今年の井伊直虎さんはどうなんでしょう?

 放送が始まる直前の時期に、「実は女性じゃなく男性だった」って話も出てきて、水を差されましたが…。

 まあ大河なんてそもそもフィクションの部分も多く含まれてるわけだし、私も昼ドラでも見る感覚で楽しもうと思ってます(^_^;


 ちなみに「おんな城主 直虎」で好きなのは、高橋一生さん演じる小野政次。
 クールで、ちょっとひねくれた感じが良いわ〜(≧▽≦)

 高橋一生さんは2014年の「軍師勘兵衛」の井上九郎右衛門も演じましたが、あれもクールな感じでしたよね。

 普段あまりドラマ見ないから分からないけど、もともとクールな役どころが多い役者さんなのかしら…(^_^;



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

島津主役の大河を見てみたい

女性主人公大河は自分としてはハズレが多い(個人の感想です)ため全く見ていなかったのですけれど、面白いのなら総集編をチェックしてみようかな。

それにしても、見逃し配信だ録画機器の進歩だと言われてる昨今、視聴率って何の意味があるのかと思うことが多々ありますね。
視聴率が悪いと、とんでもない叩かれ方をされますからね。
大河主演俳優だと、井上真央とか松山ケンイチなんかは本当に同情します。
日曜日の夜は日テレ系列が高視聴率でどうたらってネットニュースが出てきますけど、視聴率が良いから、良い番組ではないはず。
24時間テレビみたいな弱者を見世物にするような番組を喜々として放送する日テレが好きになれないから、こう思うのかもしれないですね。

No title

ベネディクト・缶バッチさん、コメントありがとうございます。
今年の大河が意外と面白いというのも、「個人の感想」ですので…(^_^;。しかも大河らしくないところが(昼ドラっぽいところが)面白いな〜って感じなので、貴方のお眼鏡にかなうかどうか、いまいち自信がありません(^^ゞ
視聴率はやっぱりスポンサー目線で考えた時に大変気になるのでしょうね。録画の場合は視聴者はCM飛ばしちゃいますから。
24時間テレビはほとんど見たことがないです。てか、初期の頃、手塚治虫先生のアニメだけ見てました。

No title

このたびの大河は 今のところ面白いですよ

Re: No title

ユリ助さん、コメントありがとうございます。
面白い理由のひとつとして、先週、今週を見ていて気づいたんですが、いい場面で「(来週に)つづく」とナレーションが入るのが、上手いと思いました(^_^;

No title

今回は、前回の「花燃ゆ」の反省を踏まえてか、
主人公目線で物語が進んでいくのがいいですね。
幼少期は、子供目線で物語が進行し、
青年期は、恋愛模様を織り交ぜながら描く。
おそらく今後は母親目線や
家督を継いだ後はタイトル通り「おんな城主」目線で
描かれるのだと思います。
信長や家康の動向も今は控えめに描かれてますが、
城主になると登場シーンが増えるかも。
できれば、ナレーションで簡単に済ませてこれまで通り主人公目線で物語を進めて欲しいものです。
最近は群像劇がもてはやされ、主人公が孤軍奮闘する話が減ってしまったので、
逆に新鮮なのかもしれません。
ちなみに、お好きな高橋一生さんですが、
「耳をすませば」でヒロインが恋に落ちるイケメンの声優をやっています。
このころから芸能活動をしていたようで、やっと花開いたといった所でしょうか。
変声期前だったのでしょう。今とは声のイメージが全然違います。

No title

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
そういや信長さん、まだ出てきてないような…。家康さんは今川の人質になってたこともあって、けっこう出てきてますが。
高橋一生さん、「耳をすませば」で声優やってたんですね。こないだ地上波で放映されてたので見ましたが、全然気づかなかった!芸歴長いんですね〜(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる