「幸福の科学」の思い出

 金正男暗殺事件で影が薄くなってしまいましたが、少し前まで、ワイドショーは女優の清水富美加さんの「幸福の科学」出家引退騒動で一色でした。

 私は清水富美加さんのことは、NHK連ドラの「まれ」でしか知りませんが、浅野温子さんの若い頃によく似ていて、可愛い人だなあと思ったものです。

 よく分かりませんが、あの若さで決断に至った過程には、よほどのことがあったのだろうなと。
 日本は信教の自由が保障された国ですから、周りに迷惑をかけない範囲で、己の信じた道を進んでいただければ…。
 って、事務所とかに迷惑かかってるから問題になってるんでしょうけどね(T_T)

 「幸福の科学」と言えば、私はちょっとおかしな思い出があります。

 もう20年以上も前のこと。
 夫(当時は彼氏)の職場の男性が結婚することになり、私も結婚式に招待されました。

 私はその人とは一度か二度会ったことがある程度なんですが、夫が「彼女もぜひ一緒にどうぞって言われた」と言うので、いいのかな~と思いつつも、列席しました。

 場所は大阪市内のキリスト教の、けっこう大きな教会でした。
 建物は古く、由緒ある教会に見えました。

 驚いたのは、式の後。
 その職場の人すなわち新郎が、引き出物みたいな感じで、全員に本を配り始めたんです。
 それが何と「幸福の科学」の本でした。

 ほとんど面識もないのに、こんなのもらうの悪いな~と最初は思ったけど、後で考えたら、何てことはない、布教活動の一環だったんですよね。

 私は「もったいながり」な人間なので、一通り読んでから、古紙回収に出しました。
 内容は全く覚えてません(^^ゞ

 しかし、これも今だからこそ思うのだけども、「幸福の科学」の信者さんがキリスト教の教会で結婚式って、何かおかしくないですか?(^_^;

 …と思って、今ちょっと調べたら、「幸福の科学」のサイトにこうありました。

「諸宗教を包含する未来型の宗教」
「仏教的精神を基本にしていますが、仏教と同じく、自由と寛容さを大事にしている」
「キリスト教やイスラム教などの他宗に入信している方でも、信者になる方がたくさんいらっしゃる」

 ふーん、じゃあ別に教会で式を挙げてもええんや…。

 私は産経新聞購読者ですが、しょっちゅう、大川隆法の本の広告が載っています。
 産経って経営が苦しいのかな?よほど広告取れなくて困ってるんかしら?とか、いつも思う。
 他紙にも載ってたりするんでしょうか?

 以上、先週に続き今週も芸能ネタかと思いきや、実は宗教ネタでした(^^ゞ



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

|ω・) 思い出???

 清水富美加さんに続いて、くっくりさんも俗世を離れる決心をされたのかと思ってしまいました。(^_^;)この清水さんは、仮面ライダーフォーゼに出ていて、星が好きな女の子の設定でした。まだ若いのにどうしたんでしょうね。

 幸福の科学の本は、オウム事件が生々しい頃にあちこちで配っていたと思いだしました。それに私も産経ですが、幸福の広告が多いと思ってました。朝日も宗教系が増えたと去年何かで読みましたが、随分と資金が潤沢みたいですね~。

No title

都民です。さん、コメントありがとうございます。
清水富美加さん、まだ20歳ぐらいでしたよね。本当に何があったんでしょう。ご家族はどうお考えなんでしょう。いろいろ考えてしまいます。
幸福の科学もそうですが、他のよくわからん宗教の広告も産経には載ってますね。新興宗教は山ほどあるけど、潤ってる所は潤ってるんでしょうね〜。

No title

2年前まで、朝日新聞を購読していました。頻繁に幸福の科学の降霊本の広告が掲載されていました。アイリス・チャンが「南京事件の私の本はねつ造だ」(記憶曖昧)と述べたという趣旨の本の推薦人が渡部昇一で、「朝日の愛読者には嘲笑されるだけなのに」と思ったのを記憶しています。(断っておきますが、学生時代、渡部先生の本を次から次へと読破・熱読していました)

私もくっくりさんと近い立場にいるものですが、論敵の意見も聞かねばと、5年限定で朝日を購読しました。毎朝、鴎外の口真似をすれば、「蛙を飲みこむ気分」で読んでいました。

その教会の所在地って
大正でした?住之江でした?
大抵の教会は結婚式場として
スペースを貸してくれるので
教会で式を挙げるからといって
由緒正しいとは限りません。
どうでもよい話ですが
カトリックかプロテスタントかは
建物の構造を見れば一目瞭然です。
カトリックの教会には
二階がありません、ありえません。
必要以上に豪奢な建物だと
えもいわれぬ胡散臭さを
感じずにはいられません。
件のタレントさん、
随分冷遇されてたみたいな
コメントを出されてますね。
円満退職出来る事を祈ります。
余談ですが、再結成するバンドって
プロ意識に欠けるなあ、と思ってます。
(この件のタレントさんはピンですが)
絶頂期に解散する事によって
多数のファンの気持ちを踏みにじっておいて
お金に困ったら再結成って、
だったら細々とでも活動を継続しろよ、と。
ファンあっての芸能活動だって事を
忘れないで欲しいです。

No title

kennelさん、コメントありがとうございます。
へぇー、朝日にも広告が載っていたんですか。驚きました。
意見が違う新聞も購読するのは良いことだと思います。私も金銭的に余裕があれば、ネタ拾う目的も兼ねて購読したいところです(^_^;

気管支炎で咳が止まらないあかんたれさん、コメントありがとうございます。
大正でも住之江でもなかったような…。大阪市内だったこと以外はよく覚えてなくて(^^ゞ
それと、二階はなくて、建物はかなり普通(誰が見てもキリスト教の教会だと分かる)でした。
喉、大事になさって下さいね。

宗教の話はパスしますが、清水の一連の騒動で、同じ事務所だったのんこと能年玲奈について全く触れない大手メディアには正直ガッカリです。
能年玲奈の一件をスルーして、事務所の体質に問題が無いと言うのは無理があるような気がします。
ただ、清水の方も出家→即出版というタイミングの良さが胡散臭く思えて仕方ないですが…。
野球賭博の時も感じましたが、大手事務所やらスポンサーやらに遠慮しすぎて踏み込みが足りませんね。
踏み込みが足りないだけならまだマシですけど、偏向してる場合もありますからね。
今風に言えばフェイクニュースってやつですね。

No title

ベネディクト・缶バッチさん、コメントありがとうございます。
へぇ〜、のんさんと同じ事務所だったんですね。初めて知りました。芸能界ほんと詳しくなくて(^^ゞ
でもテレビ局は芸能事務所の批判がしにくい土壌がありそうですよね。
あと幸福の科学出版は、本を発行するのに2日ぐらいしかかからないとか、そういう話を芸能リポーターさんがされてましたが、それにしても今回は出版まで早すぎますよね。

No title

「まれ」に出ていた人は何かと物議をかもしますね。
高畑息子が騒がれ、その代役の清水さんとは。
私は清水さんが驚いた時にマスオさんが驚いたようなに、
「エー!!」
っというのが好きで、今回の騒動の直筆FAXとか読んでいると笑ってしまいます。
幸福の科学はどこの本屋にもコーナーがあって、
見かけない本屋はなかったような気がします。
幸福の科学にマイナスイメージがつくと出版不況の今、
本屋さんに取ってはダメージ大きいかも。
私も1冊だけ読んだことがあります。
PHPが出してるような、成功哲学についての本で、
こういう気持ちで仕事しなさい。とか、
ピンチはチャンスと心得よ。とか、
お客様は神様です。とか
みたいなありがちな内容だったように思います。

再結成するバンドって?とか、知らない情報もありますが、
関係ないので、この辺で。

No title

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
ほんとだ、高畑さんとこも「まれ」に出てましたね。ドラマが終わった後で良かったですね(^_^;
「幸福の科学」の本って、最近は霊言?シリーズでしたっけ、ああいうのばかり見かけますが、昔はまとも?な本もけっこうあったようですね。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる