松本伊代さんら書類送検

 たまには芸能ネタを…(^^ゞ

松本伊代さんら書類送検 「線路立ち入り」写真公開に批判殺到(J-CASTニュース 2017/2/10 13:00)
 京都市内のJR山陰線の線路内に無断で立ち入ったとして、京都府警右京署は2017年2月10日、タレントの松本伊代さん(51)と早見優さん(50)を鉄道営業法違反の疑いで書類送検した。各メディアが報じた。
   松本さんは1月14日付のブログで、早見さんと2人で線路の上を歩く姿をおさめた2枚の写真を公開。線路への立ち入り行為に「非常識」との批判がネット上で殺到したため、翌15日に問題の記事を削除し、ブログ上で謝罪コメントを掲載していた。(以下略)

 同世代です。
 恥ずかしい…(T_T)

 読者を喜ばせたくて、ブログやSNSに奇抜な写真を載せたくなる、という気持ちは分からないでもありません。

 でも、写真を撮る前に、あるいはネットに掲載する前に、一呼吸置いて冷静に考えれば、「これはないな」と普通は気づくのでは…。

 先月問題になった時、私も写真を見ました。

 写っていたのは2人だけですが、カメラからはけっこう距離がありました。

 つまり自撮りとかじゃなくて、明らかに第三者がそこにいて、2人を撮影してるんですね。

 で、ちょっと検索してみたら、やはりあの場にいたのは2人だけではなかった。

 テレビ局関係者が女性セブンに明かしたところによれば、

「2人は関西ローカルの旅番組の収録で京都に行ったんです。ロケは1月中旬に行われて、ブログがアップされたのは14日。問題の写真が撮影されたのはロケ2日目のことでした。番組スタッフは準備のために次のロケポイントに移動していて、あの場にいたのは伊代さんと優さんと事務所関係者だけだったんです」

 止めなさいよ!事務所関係者!!(T_T)


 改めて思ったんですが、マナー違反(場合によっては今回のような違法行為)をしてしまう人って、はっきり言って、年齢あまり関係ないですね。

 むしろ、ある程度の年齢の人の方が酷いんじゃないかと思うことがあります。

 私はよく自転車に乗るので、自転車のマナーの悪さが特に気になります。

 信号無視、右側通行、無灯火、脇道から急に飛び出してくる、スマホ見ながら走ってる、など。

 実際、こういう人を見かけない日はありません(大阪だけ?)。

 た・の・む・か・ら、やめてくれ~!!(T_T)

 特に右側通行で無灯火で走ってくる人、脇道から飛び出してくる人、本当に危ないです!
 何度、心臓止まりそうになったか。

 しかもそういう人に限って、「そっちが悪いんでしょ」みたいに睨んできたりするから、タチが悪いです。


 余談ですが、今回の件、ネットでは彼女たちの歌と絡めて揶揄されましたが、

 松本伊代さんの
 「伊代はまだ16だから」(センチメンタル・ジャーニー)
 よりも、

 早見優さんの
 「故意かな? Yes! 故意じゃない? Yes!」(夏色のナンシー)
 の方が、個人的にはウケました。

 って、不謹慎ですみません…<(_ _)>



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

故意かな? Yes!


(≧▽≦)b

No title

ユリ助さん、コメントありがとうございます。

寝ようかなと思ったけど、もうすぐ日米首脳会談後の記者会見が始まりそうなので、粘ってました(^^ゞ

ほんと、ネットの皆さん、面白いですよね。
よく色々考えつくわ〜と。

No title

写真、まずかったですね(^^;)
この報道で、軽い気持ちで踏切に入っちゃうヒトが減りますように・・。

自転車の悪マナー、私もとてもしょっちゅう怖い思いしてます
無灯火、本っ当に多くて、怖い通り越して不思議です
発電したら損とか思ってるのかな?

一番パンチ効いてたのは、小学校の通学路で登校時間に
お子さん前後&背中に乗せたママが反対方向から爆走してきて、
ちょっと前見ないでふざけてた低学年児に突っ込んで
「どこ見とんねんアホ!」って怒鳴ってた(-_-;) イヤイヤ・・
同乗のお子さんらはこの先どんな躾を受けて社会に放たれるのだろうと
他人事ながら心配になりました(^^;)

No title

>でも、写真を撮る前に、あるいはネットに掲載する前に、
ネットに掲載するとか以前の話ですね。

これが廃線なら、なんの問題もないもないのでしょうが。
10代の頃に撮った写真集のワンカットのようなつもりなんでしょう。
グアムだか何処かの島で撮影しているなら、ここまで騒がれないと思いますけど。

>ある程度の年齢の人の方が酷いんじゃないかと思うことがあります。
昔は、立ち小便はあちらこちらでし、唾をペッペッと吐き、川は濁って異臭を放ち、車は排ガスを待ち散らし、
除菌消毒なんてのは病院だけの単語でしたがね。
関係ないですが、除菌消臭と騒ぐのは洗剤メーカの宣伝による影響も強いと思います。

No title

バーバラさん、コメントありがとうございます。
自転車については、数年前に規制が厳しくなったはずなんですが(無灯火も違法になったと思います)、知らない人がまだ多そうですね。
私も残念ながら、マナーのなっていない自転車ママさんを時々見かけます。そのママさんも、お子さんの面倒見るの大変そうだし、忙しかったりもしたんでしょうが、うーむ…八つ当たりっぽい感じが…(^_^;

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
グラビア撮ってた頃と気持ち変わってない、みたいな部分もあるのかもしれませんね。
確かに昔はもっとマナーの悪い人たちがたくさんいました。
うちの父親なんかもそれこそステテコ一丁で表を平気で歩いてましたし(←またちょっと話違うかな?(^_^;)

お父様は加藤茶さんですか?・笑


人の数だけ人生があり、
人の数だけルールが存在します。
その中でも特に危険を及ぼすものや
社会に対する迷惑が甚大なものが
固定化されて残るのでしょう。
そしてそれは法で規制されたりもします。
件の画ヅラが欲しければ
廃線を探して撮影すべきでしたね。
早見優さんの場合、ハワイに鉄道が
無かったから鉄道事故の危険性に対する
認識が甘かったのかな?なんて。
(フォローのつもりはありません)

ここ何年かで非常識な行為を
Twitterで上げるのが流行ってますが
ネットだと非合法行為に対するハードルが
下がっちゃうのでしょうか?

No title

風邪っぴきでダウンしていたあかんたれさん、コメントありがとうございます。
昭和の頃は、ステテコ姿のお父さんがごく普通に見られたので、うちの父が特別なわけではなかったと思います(^_^;
その後の報道などで気づいたのですが、件のお2人の写真にはご丁寧にも「立ち入り禁止」の看板が写り込んでいたそうです。何でUPする前に気づかなかったのだろう…。
風邪は大丈夫ですか?寒い日がまだ続きそうなので大事になさって下さいね。

気になったので画像を探してみました。
https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQPa6Ssv9FZKpN93oa0YJEWFWeXziVv9-7PaR9nWDchc1Hs-xf3WsH2V5eVAA

…なんでしょうね、いわゆるバカッターと呼ばれる
炎上画像もそうですが何故か周りが止めない。
周りが止めてりゃ未然に防げたのにと
切実に思います。
芸歴長いから誰も止められないのかもしれませんが。

件の画像探してたらこんな動画を見つけました。
https://youtu.be/iidnGJKJ-rQ

この人たちの他の歌も面白いです。
何か着眼点が他とは違います。
全員音大出身らしいです。



この連休中に風邪はほぼほぼ回復しましたが
家族に感染したみたいです。
明日全員でインフル検査受けようかと
思ってます。(;つД`)

No title

家族に風邪を染してしまったあかんたれさん、レスありがとうございます。
そうです、その画像です。
動画もありがとうございます。他の曲も何だか面白そうですね。

あらら、ご家族に風邪が…。それは大変ですね。大事なければ良いのですが。
ちなみに私はもっぱら、うつされる方です(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる