「べっぴんさん」で気になる点

 NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」。

 放映開始からだいぶ過ぎてしまいましたが、ここまでの感想…<(_ _)>

 前作の「とと姉ちゃん」とちょっとストーリーが似てるかも?

 戦後、女性たちが集まって仕事していこうという設定が。

 「とと姉ちゃんは」は三姉妹で女性向け雑誌づくり。
 「べっぴんさん」は女学校の同級生たちで子供服づくり。

 例によって大東亜戦争を挟んでるので、ま~た「反戦平和」「日本軍は悪者」と、日教組的な描き方をするのかね、憂鬱やわ~と思ってました。

 が、今回は、拍子抜けするほど、戦中が非常に素早く過ぎていき、ストレスを感じることは少なかったです。


 さて、関西が舞台のドラマで、気になるのはやはり、役者さんたちの関西弁。

 関西以外の出身の方々、それなりに頑張ってらっしゃるとは思いますが、2人だけどうしても気になる役者さんが。

 本田博太郎さんと菅野美穂さんです。

 本田博太郎さんはもう破壊的で、最初から関西弁を放棄してるんじゃないの?
 方言指導のスタッフは、怖くて注意できないのかしら?
 …とすら、思ってしまう。

 ま、でも、本田博太郎さんは出番はそう多くないから我慢もできます。

 もっと困るのは菅野美穂さん。
 何せナレーションです(主人公すみれの亡き母)。
 毎回、声の出演があります。

 「そこ違う!」と気づいたら、自分の頭の中で、正しいイントネーションを「やり直す」癖がついてしまった(^^ゞ

 毎回のことだから、菅野さんも全てを完璧にやるのは難しいでしょうが、逆に言えば、ナレーションってことは他の役者さんとの掛け合いがない分、録り直しもしやすいのではないでしょうか?

 …というのは素人考えなんでしょうね、きっと。


 あと、これは完全に好き嫌いの問題ですが、オープニングがどうにもこうにも。

 私はミスチルの桜井さんという人が、昔から嫌いで嫌いで仕方がないのです。

 声や歌い方がもともと嫌いで、語尾の変な癖が特に。
 イーってなります。
 ファンの皆さん、ごめんなさい<(_ _)>

 それと、人気が出た後、芸能人(アイドルグループの女性だったかと)と不倫したでしょ。
 下積み時代を支えてくれた年上の奥さんを捨て、その女性と再婚してしまった。

 それでよけいに嫌いになった(T_T)

 それに加えて、オープニングの絵も苦手。
 虫がいっぱい出てくるから。
 (私は虫という漢字を見ただけでも寒気がするぐらい虫嫌いです)

 だもんでオープニングは飛ばして見てます。
 キャスト知りたい時はwikipediaで確認できますしね(^_^;


 ここまで書いて、肝心のストーリーについて何も書いてないことに気づきました。

 うーん、特筆すべきことがない…。

 明美さん(主人公すみれの坂東家の女中の娘で、幼い頃からすみれに複雑な感情を抱いていた)が、すみれと少しずつ仲良くなっていったのは、見ていて嬉しかったですけども。

 あと、紀夫さん(すみれの夫)はてっきり戦死したんだと思ってました(^_^;

 帰国した時は、素直に良かったね~と思いましたが、その後の展開を見ると、心配ですね。

 帰国が他の人より遅れたブランク、幼い娘は他の男(栄輔さん=すみれに片思い)になついてる、兵隊時代の辛い体験がのしかかる、というふうに、現在の紀夫さんは「思ってたんと違う!」状態に陥ってて、すみれや周囲の人々は大変そう。

 というわけで、彼が立ち直っていく過程を見守っていくことにします。

 ちなみに、福島沖地震で放送休止になった11月21日の回、見逃してしまった!
 ま、1回ぐらいぬけても、さほど支障はなさそうですが…(^_^;



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も気になります

前の『あさが来た』の波瑠さんは全然関西弁が気にならなかったし、役柄の成長と共に声色も太めに変えられてて、上手いなぁ、って思ったものです。ーが菅野美穂さんに関しては『母親』と言う像が浮かばない。声が若すぎなんです。
役者さんは声も演技の一つとして演じ分けしてほしいです。
関西弁も下手、声も下手って、別の人に演じて貰いたかったですね。
母親でかつ品があるという設定なら中谷美紀さんとか、役柄で演じ分けれる女優さんが良かった。

No title

siraさん、コメントありがとうございます。
私も波瑠さんの関西弁はあまり気にならなかったです(玉木さんはちょっと気になりましたが…)。
菅野美穂さんの声が若すぎるというのは、全く気づきませんでした。母親としてはずいぶん若いうちに亡くなったという設定だし、それででしょうか(^_^;

兵隊さん

反戦平和とか、日本の軍人が民衆を弾圧したりとかの描写はなくて良かったですが、戦地帰りの兵隊さんがすごく弱々しく登場していましたね。やたらとフラフラ歩く兵隊さんが目についたような。実際はどうだったのでしょうか。

紀夫さんは収容所帰りなんですね。今後トラウマをどのように乗り越えるのか気になるところです。
1番気になるのは栄輔さんですけどね。せつない。

既に脱落した私が言うのもなんなのですが、Eテレの中高生向けドラマならともかく、大河や朝ドラにアイドルを出すのはやめてほしいかな…
実は脱落した原因が、ももいろクローバーZ百田の演技の酷さなんですよ。
とと姉ちゃんの元AKB川栄は別に何とも思わなかったけど、今回は許せないですね。
ももいろクローバーZのファンには悪いけど、今回限りにしてほしいですよ。

No title

みやさん、コメントありがとうございます。
実際は戦地帰りの兵隊さんも色々だったかもしれませんね。以前、小林よしのり氏の「戦争論」で読んだのは、氏の叔父さん?は中国から丸々と太って帰ってきたそうです。
紀夫さんも可哀相ですが、栄輔さんはある意味もっと可哀相ですよね。これからどうなるでしょう(T_T)

ベネディクト・缶バッチさん、コメントありがとうございます。
私はアイドルとか全く詳しくなくて、というかキャスティングもあまり把握できてないので、「ももいろクローバーZ百田」「元AKB川栄」についてネットで調べました。
百田さんはすみれの同級生のうち体の弱くない方の子で(夫は田中要次さん)、川栄さんは仕出し屋の娘さんですね。
言われてみるまで、アイドルの方とは気づきませんでした。ちゃんと見てない証でしょうか…(^^ゞ

関西弁の酷さ…ね。
古くは「いなかっぺ大将」の西はじめとかね。
(キャシャーンの中の人と同じ人?)
逆パターンだと随分前にやってた
赤井英和と鈴木紗理奈が主演してたドラマで
赤井と鈴木が無理矢理標準語で喋って
視聴者の腹筋を崩壊させた例があります。
解決法ですが、関西弁が特に物語のフックにならないなら
舞台が関西でも台詞を標準語で喋ればいいのです。
海外ドラマの日本語吹き替え、あの感覚で。
広い定義で言えば様々なお国の公用語は
その土地土地の方言と言えなくもないですからね。
それにしても「あかんたれ」の役者さん達の
関西弁があまり気にならなかったのは
ストーリーや脚本がよかったからなのでしょうか?
それとも役者さん達が上手かったのでしょうか?
だとすれば文字通り、役者が違う?

No title

2016-11-25(02:34)さん、コメントありがとうございます。
「いなかっぺ大将」懐かしいですね〜。昔はあんな風に、関西人といえば敵役で、小ずるい人とかお金に細かい人とか、そういうステレオタイプの登場人物として扱われることが多かったような…。
「あかんたれ」は私は見たことがありませんが(まだ子供だった)、確かに物語自体が面白いと、さほど気にならないものかもしれませんね。
舞台が関西でもセリフを標準語で、と言えば、比較的最近のドラマで「鹿男あをによし」がありました。奈良が舞台ですが、主な登場人物は全員標準語。京都出身の佐々木蔵之介さんまでもがそうでした。申し訳ないですが、やはり非常に違和感がありました(^_^;

あかんたれ の 動画です。
https://youtu.be/wQk85HnJH70

No title

2016-11-25(02:34)さん、動画ご紹介ありがとうございます。
志垣太郎さん、めっちゃ若いですね〜(^_^;

コテハン名乗ってない事に気づいたので
今後はこのハンネで書き込みます。

で、「あかんたれ」のWiki記事のリンクをば。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%9F%E3%82%8C


読んで頂ければ判りますが
主人公の秀松は幼い頃から死ぬほど虐待されます。
よくいう例え話ですが、普通これだけ虐待されたら
自死するかグレてヤクザになる、と・笑
こんなに真っ直ぐに前向きには多分ならない。
苦労とは肥料の様なもので適度に与えると
発育を促すが過度に与えると根が腐ります。
世間でよく見る根性の腐った人は
苦労し過ぎたからなのかな?なんてね・笑

「あかんたれ」、よく中学生の頃に見てました。
再放送だったのかも。
成田屋のバカ息子とか分家のおじさんの
嫌らしい卑しい役どころが秀逸でした。
当事まだ「ガラスの仮面」を読んだこと無かったのですが
役者の凄さにビックリした覚えがあります。
この嫌らしさも関西弁で嫌悪感倍増なので
前の私のコメントとは矛盾しますが
舞台に応じた方言は必要なのかもしれませんね。

No title

ななしさん改めあかんたれさん、解説ありがとうございます。
昨夜ご紹介いただいた動画をザッピングして見させてもらったんですが、それだけでも「虐待」されてることが何となく分かりました(^_^;
昔のドラマってステレオタイプというか、虐めたり虐められたりがはっきり描かれていたような気がします。今だったら「いじめを誘発する」とかクレーム入りかねないような…?

No title

今回の朝ドラは全く観てません。
笑える部分がないし、
主人公の仕事内容に興味がわかないからです。

「いなかっぺ大将」の西はじめとは、また渋いキャラを出してきましたね。
横山のやっさんのような感じのキャラでした。
ちなみに、主人公、風 大左衛門の声優は
悟空や星野哲郎と同じ野沢雅子さんです。

No title

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
実は私も今回の主人公の仕事内容には興味がわきません。手芸が大の苦手なので(^_^;
仕事内容だけで言えば、前回の出版社の仕事の方が興味ありますね〜(^^ゞ
西はじめは見かけは確かにやっさんに似てますね。

いじめ…ね

昔のドラマやアニメ(今でも?)って
やたら主人公が虐げられますよね。
けろっこデメタンとかみなしごハッチとか
見てられませんでした。
今となっては蛙や虫けら共の
ちっぽけな争いなんですけど・笑
人間様の例だと谷ゆきこ先生が執筆してた
「星シリーズ」の主人公の少女達が
それはそれは苦労なさってた記憶があります。
トゥシューズに画ビョウはお約束、
果ては失語症の妹を身代金目的で
誘拐された主人公まで!
これだけ受けるのですから
日本人は虐待される話が好きなのかもしれません。

星シリーズ、読んでた作品タイトルで
年令がわかりますよね?
私は「まりもの星」でした。
私のひとつ上の世代は「おかあさん星」、
私の妹は「アマリリスの星」だったはずです。
ブログ主さんは何の星でしたか?

No title

不眠症なあかんたれさん、日本人は虐待される話が好き…というよりは、そこから頑張って立ち上がっていくというところが好きなのかもしれませんね。
「星シリーズ」は、すみません、ちょっと分かりませんでした(T_T)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる