斎藤一の写真見つかる!

斎藤一の写真見つかる 53歳当時、新選組生き残り
 (産経 2016.7.15 08:18)

 江戸時代末期に反幕派を取り締まった新選組の幹部として活動し、明治維新後も生き残った斎藤一について、明治30年の1897年に妻や息子2人と共に撮影した写真が残されていたことが15日、歴史研究家のあさくらゆうさん(47)や子孫らへの取材で分かった。

 斎藤は残された史料や写真が非常に少なく謎が多い人物とされており、これほど鮮明な写真が見つかるのは珍しい。

 撮影当時、斎藤は53歳で、東京高等師範学校(現筑波大)に勤務。家紋が入った羽織はかま姿で脚の上に帽子を置いて、同じく着物姿の妻トキヲと並んで手前のいすに座り、その後ろには軍服姿の長男の勉と着物姿の次男の剛が立っている。

 斎藤が住んでいた東京・本郷にある「写真師 中黒実」のスタジオで撮影したとみられ、卵白を原料に使った縦約14センチ、横約10センチの鶏卵紙にプリントされている。

160716saitou1.jpg
160716saitou2.jpg

 きゃー!斎藤さ~ん!オットコマエ~!(≧▽≦)
 しかも妻の時尾さんまで!(^▽^)

 斎藤さんは大正時代まで長生きしたのに、ちゃんとした写真はこれまでほとんど出てきてなかったんですよね。

 それがこんなに鮮明なお姿にめぐり会えるとは…。
 感激です!!(T_T)

 やっぱり目元が印象的ですね。
 数多の死線を乗り越えてきた目ですなぁ。

 「るろうに剣心」の冷徹な斎藤さんもいい。
 「風光る」のトボけた斎藤さんもいい。

 でも私の思い入れが最も強いのは、実は2004年の大河ドラマ「新選組!」オダギリジョーの斎藤一。

 オダジョー斎藤にはまって、斎藤さんが登場する小説とかマンガとか、買い集めたものです(^^ゞ

 おかげで、斎藤さんだけでなく新選組全体、また幕末という時代そのものにも非常に興味を持つようになりました(^▽^)


※斎藤さんの写真、さっそくwikipediaに載ってる♪



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 斎藤さん!感激です。子供の頃に読んだ木原敏江の「天まであがれ!」寡黙な剣士のイメージでしたが、写真のお姿も若かりし頃はさぞやと思わせられますね♪(*^▽^*)v

都民です。さん、コメントありがとうございます。
「天まであがれ!」は実は読んだことがなくって…。この機会に読んでみようかな〜(古本屋さんで探そう!(^^ゞ)

るろ剣

|д^)ふふふ

 下の写真を見て「誰かに似てる」と感じ、そこで思い出したのが、15年ほど前にお目にかかった「硫黄島戦の生還者」のKさん(故人)でした。そしてKさんも戦後、仕事の傍ら剣道の師範を務めた武道家でした。
 そっくりとまでは言えませんが、同じ雰囲気を湛え、特に目元にそれを強く感じました。

ishiiさん、コメントありがとうございます。
人はやっぱり「目」なんですねー。

ユリ助さん、コメントありがとうございます。
るろ剣の単行本、今でも時々読み返します。

あれっ?

新撰組の中では沖田総司、土方歳三、近藤勇が有名どころで後は芹沢鴨あたりぐらいがそこそこ知られている感じで斎藤一は余程幕末に詳しいか新撰組のマニアでもない限りは知らない人の方が多数だったのが一躍知られる様になったのは前にコメントされた方々の言うとおり「るろうに剣心」の影響なのは間違いないですよね。ただ作者の和月伸宏さんは単行本の中で自身の描いた斎藤一のイメージで実物を見るとガッカリするとコメントしていましたが今回の写真を拝見すると全然ガッカリなんてしませんけどねえ。どの資料を見て和月伸宏さんがそう思ったのかは謎です。

tuneさん、コメントありがとうございます。
これまで斉藤の写真として世に出回っていた有名なものとして、西南戦争時の集合写真がありましたが、ちょっとゴリラっぽい?感じで、あまりかっこよいとはいえないものでしたから、それでだと思います。最近知ったのですが、この西南戦争時の写真は本人ではないと、子孫は否定してきていたそうです。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる