HEROES REBORN 奇妙な東京

160509-00title.jpg

 シーズン4からおよそ5年。
 アメリカの人気ドラマシリーズ「HEROES(ヒーローズ)」が帰ってきた!
 (ネットでの動画配信は昨秋すでにスタート済み)

 超能力者たちが主役のSFサスペンスドラマ。
 複数の人物のエピソードが複雑に絡み合っていき、毎回目が離せません。

HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン(スーパー!ドラマTV)
HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン(Wikipedia)
HEROES(Wikipedia)

 このドラマについては、ファーストシーズンが始まって間もない頃、旧お気楽くっくりでも紹介したことがありました。

 旧作に続き、今作も日本人が登場します。
 新たなキャラクターです。

 旧作では、主要キャラの1人に韓国系の役者を割り当てたりもしていましたが、今回は今までのところは、日本人の役者さんに演じさせているようです。

 ただ、日本の描写がおかしいのは相変わらずで…(^^ゞ


★第1話

160509-01tokyo1.jpg

 手前にそびえてるのは東京タワーではないですね。
 高さから言ってスカイツリー?

160509-02shibuya.jpg

 これは渋谷ですかね?
 東京のこと、私あまり分からないけど。

160509-03shibuya2.jpg
 
 でも、そこで彼が見上げてるのは、奇妙なデザインのビル。
 さっきのツリーも右端に見えてます。

160509-04yuurakuchou.jpg

 彼が訪問した奇妙なビルの所在地は有楽町となっています。
 渋谷じゃなく。

160509-05katana.jpg

 彼はゲーマーで、「Evernow」というゲームのキャラ「刀ガール」(ミコという名の女性)に会いに来たのでした。

160509-06eienn.jpg

 「永遠のごと」とは一体…!?

160509-07father.jpg

 ミコのお父さんはこのゲームを作ったデザイナーで、行方不明らしい。


★第2話

160509-08shibuya2.jpg

 再び、有楽町にあるらしい奇妙なビル。
 例のツリーが前回よりはっきり見えてます。

160509-09ren.jpg

 彼は「しもさわ・れん」という名前。
 下沢…レンはどんな漢字でしょうね?

160509-10game.jpg

 ミコは、お父さんから託された刀を抜くと、ゲームの中に「入って」しまいます。
 レンも、ゲームのキャラとしてミコを助けますが、彼自身はミコと違ってパソコン画面の外(現実世界)にいます。

160509-11game2.jpg

 ミコのお父さんはゲームの中で、「盗賊」に捕らわれているらしいです。

160509-12miko.jpg

 ご紹介が遅れました(笑)、彼女がミコです。
 現実世界へ戻ってきたミコは、もう一度ゲームの世界に行って、お父さんを助ける決意を固めます。

160509-13yamagato.jpg

 あのスカイツリーみたいなのは、「ヤマガト・タワー」という名前でした。

 どうやらこのタワーには、ミコのお父さんに関わる秘密があるようです。

 しかも「ヤマガト」と言えば、旧作で主役級だった「ヒロ・ナカムラ」(演じるのはマシ・オカさん)の勤務先が「ヤマガト工業」でした。

 マシ・オカさんは今作でも登場するようです。

「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」のマシ・オカが語る、仰天裏話と海外で活躍することの意味

 前作も含め、日本の描写がおかしい点については、「違う!」とスタッフに抗議して、直せるところは直してもらっていたようです。

 が、それも限界があるようで…。
 まぁ仕方ないですよね。いち役者ですから。
 
 私もここはもう、逆に、奇妙な日本を楽しむことにします。


 それはともかく、ゲームの世界のミコ、もうちょっと可愛くできなかったんでしょうか…(^_^;

160509-14mikoGame.jpg
160509-15mikoGenjitu.jpg



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

好意的に解釈すると
これは未来の東京。
>ミコは、お父さんから託された刀を抜くと、ゲームの中に「入って」しまいます。
という設定からも近未来SFのお話ではないかと思います。

悪意的に解釈すると
アメリカ人は中国、韓国、日本の街並の違いなんかわかってない。みんな同じように見えているに違いない。
「ダイ・ハード」でもオフィス(ナカトミビル)に鎧兜が飾ってあったりしてましたから。

まぁ、他国の文化を理解するのは大変です。
中国人といえばみんなカンフーやってて、赤い服着て、語尾に「~あるヨ」とかつけて喋ってるイメージが昭和では蔓延してましたからね。

 屋根が反り返った高層ビルはないですが、蜂の巣みたいなビルは本当にあります。まえにテレビで住人に話を聞いた時は、「割と住みやすいですよ。」と言っていました。室内はあまり広くないけど、スッキリしていてセカンドハウスとして使っているそうです。

 しかしこのビルを見ていると、「ウルトラQ」に出てきそうだと思います。

 中銀カプセルタワービル - Wikipedia

パソコン壊れて、いま夫のパソコン借りて入力しております。味気ない文章になってしまいそう。予めごめんなさい。

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
それがですね、主な舞台はアメリカなんですが、アメリカは近未来じゃなく現在の街並みなんですわ。好意的に言えば、東京の発展速度がアメリカより早い?

都民です。さん、コメントありがとうございます。
へえー蜂の巣みたいなのが本当にあるんですね。デザインしたスタッフはそれを参考にしたのかも?
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる