「とと姉ちゃん」が面白くない…(T_T)

 どうしよう…。
 NHK連ドラ「とと姉ちゃん」が面白くない…(T_T)

(以下、敬称略<(_ _)>)

 最初は西島秀俊の「父親」にイライラ…。
 もっと威厳を!!

 舞台が浜松から東京に移ってからは、大地真央とか秋野暢子とかピエール瀧とか、やたら声のでかい人が多くて(そういう役作りなんだろうけど)、朝から彼らの声が耳に響いて、しんどい。

 特に大地真央の「宝塚調」に、未だになじめない…!!

 物語も、何だか強引すぎるというか……。

 木村多江は、夫(西島秀俊)が他界した後、3人の娘(長女の常子(高畑充希)が主人公)を抱えて、夫の会社からの手当で何とか生活できていた。
 が、その手当もやがて打ち切られてしまう。
 木村多江の稼ぎだけでは暮らしていけない。
 誰かの世話にならねば生きていけない。
 木村多江は一大決心して、浜松から東京の実家(材木問屋)へと頭を下げて戻ってきた。
 ところが短期間で母(常子の祖母(大地真央))と言い争いに…。
 その日のうちに荷物をまとめ、娘3人を連れて出て行く。
 その足で実家の裏の仕出し屋(大地真央と仲の悪い秋野暢子の店)に一家住み込みで働き始める。

 ……って、何じゃこりゃ。
 いくら何でも、実家を出て数分後に、仕出し屋の住み込み求人の貼り紙を見て、「ここで雇ってもらいましょう」って、何このお手軽さは?(^_^;

 ちなみに、木村多江は何で大地真央と喧嘩になったかというと、常子(高畑充希)の商売に対する才覚を見抜いた大地真央が、跡取り養子(才覚がない)の嫁にしたいと言い出したんですね。
 が、木村多江はそれは嫌だと。
 「娘の生き方を縛りたくない」と。

 私が母親だったら、もうちょっと様子を見ますが…。
 話し合ったら良い解決法が見つかるかもしれないし。
 やっと娘3人を苦労なく食べさせていける環境が整ったのに、それを売り言葉に買い言葉で出て行くのは母親としてどうなんだろう?と。

 まー、こんなに難しく考えずに、ボーッと見てりゃいいんでしょうけどね。
 でも、私はいつも細かいところが気になってしまうんですわ。

 今のところまだ我慢して見てますが、なかなか面白くならない。
 「これからどうなるのかな~、明日が待ち遠しい!」ってのが全然ない。

 前の「あさが来た」が面白すぎたのかもしれません。

 今までの連ドラでも我慢して見てたというの、けっこうありましたが、開始から1カ月ぐらい経っても面白くないなーと思えるものは、残念ながら最後まで面白く感じなかったです…。

(と、文句言いながら何でいつも最後まで見るかというと、連ドラで生活リズムを作っている面があるので)

 何かいろいろ書いてしまいましたが、高畑充希さんは「ごちそうさん」の時から好きな女優さんなので、「失敗作のヒロイン」になってほしくないです…。

 ちなみに、とと姉ちゃんの口癖は「どうしたもんじゃろのう」。

 今まで、「あまちゃん」の「じぇじぇじぇ」とか、
 「あさが来た」の「びっくりポン」とか、
 主人公の口癖が流行ったりしましたが、
 「どうしたもんじゃろのう」は、残念ながらあまり流行らないかも…。

 但し、視聴率は悪くないらしいです。
 きっと私の感覚が世間とはずれてるんでしょう…(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私は好きですけどね。
「とと姉ちゃん」。

「あさが来た」のように次回が気になる終わり方。
(クリフハンガー手法というらしい。世に言う「引っ張る。」
詳しくはウィキペディアを参照してください。)
をしていないので、今一つかも知れませんが、
コメディ作品としては面白い方だと思いますよ。

人気が出れば吉本新喜劇あたりで、
「かか兄ちゃん」
とかやりそうですね。

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
おお、これはコメディだったのですね。私はあまりそんな感じがしませんが。お父さんがいきなり死んだり、いじめっ子兄弟にいじめられたり(和解しましたが)、転校先でいじめられたり(友だちもできましたが)、住み込み先の主人に怒鳴られたり、あと本文に書いたように祖母と母が決裂したり、そういう場面があるからだろうか…。
特に、学校で村八分にされるというのは、私も過去に似た経験があるので、見ていて辛かったです。でも、これからはちょっと見方を変えてみようかな(^^ゞ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

個人的には可もなく不可もなくという感じですね。
浜松編の西島秀俊は、時代背景を考慮すれば有り得ないかも知れないけれど、団らんを大事にし、娘を気づかう姿は強い家族愛を感じて良かったと思いました。
いずれにせよ「純と愛」や「まれ」のような駄作にはならないと思いますが・・・。
テーマソングに限定すれば、「とと」>>「あさ」=「まれ」ですねー。
NHKは宇多田ヒカルの紅白出場も狙ってそうですが、個人的には出てほしくないな。

個人の嗜好はそれぞれですから気にしなくても良いのではないでしょうか?
自分もスキャンダルがなくてAKBよりも好感度が高いとされているももいろクローバーZが苦手ですし・・・。

ベネディクト・缶バッチさん、コメントありがとうございます。
宇多田ヒカルさんの主題歌は良いですね。私も好きです。
肝心のドラマの方は、何と言うか、うまく表現できないのですが、上滑り感が…。
ここのレビューサイトにさまざまなご意見が寄せられていますが、
現在、★5が95件、★1が95件と、何だか両極端になってます。
まさに「個人の嗜好はそれぞれ」!?
http://www.ch-review.net/contents/2093
また、先ほど知ったのですが、脚本を書いているのは元芸人さんだそうです。
この方のセンスが私にはたまたま合わなかった、ということなんだろうと思います(^^ゞ
http://www.cyzowoman.com/2016/05/post_19854_2.html

同感です!

私もあなたと同意見です。
コメディとは言っても、ストーリーに無理があるし(ツッコミどころ満載!)流れが雑に感じます。役者さんの演技も大袈裟でわざとらしく見えてしまい、ここ最近は観なくなってしまいました。
コメディと言えば、「あまちゃん」や「まれ」もそうでしたが、あれは面白かったけどなぁ・・・。
実在のモデルがいるストーリーなら、「あさが来た」「マッサン」「カーネーション」の様に丁寧な構成にして欲しいものです。残念ながら、あまり感情移入も出来ません。もう今後も観ないと思います。

ピーチ姫さん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりで、役者さんの演技が大げさというか、何か舞台向けのお芝居にも見えますね。
あいかわらずピエールさんとか声が大きくて、怒ってる芝居とかも多くて、心臓に悪いです…(T_T)
私はかろうじて観ているというか、テレビをその時刻いちおうつけてあるというか、そんな感じです(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる