ノーベル賞おめでとう!

ノーベル物理学賞、素粒子研究の南部陽一郎氏ら日本の3氏に(CNN10/7)
> ストックホルム──スウェーデン王立科学アカデミーは7日、今年のノーベル物理学賞を、南部陽一郎、小林誠、益川敏英の3氏に授与すると発表した。ノーベル賞のひとつの分野で、日本人が共同受賞するのは初めて。
> 授賞理由は、南部氏が「素粒子物理学と核物理学における自発的対称性の破れの発見」、小林氏、益川氏が「クォークが自然界に少なくとも三世代以上ある事を予言する、対称性の破れの起源の発見」
> 米シカゴ大学エンリコ・フェルミ研究所の南部氏(米国籍)は、1960年という早い時期に、素粒子物理学における自発的対称性の破れを定式化した。南部氏の理論は、素粒子物理の標準模型の基盤を成しており、この標準模型では、あらゆる物質の最小の構成要素と自然界の4つの基本的な力のうち3つが、ひとつの理論に統一される。
> 高エネルギー加速器研究機構(KEK)名誉教授の小林氏と、京都大学基礎物理学研究所名誉教授の益川氏は、南部氏とは別に、宇宙の始まりから自然界に存在したと考えられる対称性の破れについて研究。両氏が1972年に予言した対称性の破れについては最近になって、日米の検出器で検証された結果が両氏の予言と完全に一致していることが確認された。
> 賞金は1000万スウェーデン・クローナ(約1億5千万円)で、半分を南部氏が受け、半分を小林氏と益川氏が当分する。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。

 ノーベル賞!すごい!
 ……って、何がどうすごいのかというのは、実はよくわからないんですけどね(^_^;

 日本人のノーベル賞受賞者は2002年の小柴昌俊さん(物理学賞)、田中耕一さん(化学賞)以来だそうです。
 小柴さん、田中さん、懐かしいですね~。特に田中さんは当時お茶の間の人気者になりましたよね。失礼ながら見た目平凡というか、そのへんにいそうな感じの方で、すごく親しみを覚えたものです。

 今回受賞されたお三方の中で言えば、益川さんが一番そういう人気者の要素を持ってるような感じがします(^_^;

「大してうれしくない」 受賞が決まった益川さん(共同10/7)
> 「大してうれしくない」。7日、ノーベル物理学賞の受賞が決まった京都大名誉教授の益川敏英さん(68)は、教授として勤める京都産業大(京都市北区)で記者会見。科学にロマンを持つ大切さを語りながら、合間には万歳のそぶりをして「『うれしー』とかはやらないよ」とユーモアも交え喜びを表した。
> ワイシャツに紺色のネクタイ、薄いベージュのカーディガンを羽織って姿を見せた益川さんのほおはほのかに赤く染まっていた。最初は自分の受賞には触れず、大きく手を振りながら南部陽一郎さんの受賞をたたえた。
> 自らを「物理屋」と呼び、「ノーベル賞の出し方には規則性がある。昨年までは絶対受賞はないと思っていたが、今年はある程度は予測はしていた」「自分としては大してうれしくない。社会のお祭り騒ぎだ」と科学者らしく冷静に“分析”。
> 最もうれしかったのは2002年に理論の正しさが実験で証明された時で、それに比べればノーベル賞は「世俗的なこと」と照れたように白髪に手をやった。
> 午後8時すぎ、麻生太郎首相からかかった電話で次世代への言葉を求められ「科学にロマンを持つことが非常に重要。あこがれを持っていれば勉強しやすい」と答えた。
> 午後9時からは同じく受賞が決まった小林誠さんとテレビ出演し、キャスターから「小林さんはどんな人か」と問われ「小林君を研究しているわけではないから」と笑いを誘った。

 受賞当日の夜、テレビ各局の取材やインタビューを見ましたが、ほんとユーモアにあふれた人というか、とぼけた感じで楽しい人ですよね(≧∇≦)

 確か「NEWS23」だったと思うけど、「大してうれしくない」発言を司会者に突っ込まれた益川さん、「『うれしくない』は言葉足らずでした」「受賞よりも自分の理論が認められたことがうれしいということです」と自分でフォローしてました(^_^;

 それにしても今回初めて知りましたが、ノーベル賞の出し方って「規則性」があるんですね。益川さんのコメント、中国新聞にもう少し詳しく載ってました。それによれば……

「ノーベル賞の賞の出し方には規則性があって、科学者としてノーベル委員会の動きをウオッチしていると、どういう具合に賞を出すかが分かる。昨年までは絶対受賞はないと思っていたが、今年はある程度は予測はしていた」

 ……へえー、そういうもんなんですか。

 あと南部さんというのは、その道では誰もが尊敬しているような偉大な学者さんのようですね。
 益川さんなんて、受賞翌朝の会見で「これまでずっと仰ぎ見ながら研究してきた南部先生と一緒に受賞できるのは、最大の喜びです」と涙まで見せてましたよね。

 それにしても、理論が発見されたり発表されてからそれぞれ何十年も経ってるのに、何で今なんだろう?と最初は不思議に思ったものです。

 報道を総合しますと、どちらも基礎研究に光を当てた受賞であり、その後の数々の新たな理論のもとになった基礎的な理論であると。そのことが評価されたのだと。
 音楽で言えばビートルズみたいなもんですかね?(違うか?(^_^;)

 それを知ってみれば、お三方に対して周囲から「いつ受賞してもおかしくなかった」というコメントが次々に出てくる理由も、理解できるような気がします。

 まあとにかく、めでたいめでたい!
 ……と喜んでたら、2ちゃんねるで反日の方々(どうも韓国の方々っぽい)による、「南部氏はアメリカ人だ」「あとの2人は南部氏のおまけ受賞だ」といった同じ内容の書き込みを大量に見つけて、びっくり。

 確かに南部さんは1970年にアメリカに帰化されてますから、国籍がアメリカなのには変わりないけど、もともとは日本人でしょ。
 最初の記事にあるように、日本国籍だった1960年にはすでに、授賞理由となった「素粒子物理学における自発的対称性の破れ」を定式化したそうですし。
 あと、奥さんの実家のある大阪府豊中市の家に、現在も年2、3回帰り、約1カ月ずつ滞在しているとのことですし。

 それでもどうしても「日本人と呼ぶな!」と言うのなら、ここは「日系アメリカ人」で良いのでは。

 つーか、何でいちいちそんなことで騒ぐ人がいるんでしょう。くだらん。
 私の推測通り韓国の方々が書き込んでるんだとしたら、お得意の「在日認定」が無理だから、せめて「日本人じゃない認定」をしたいんかな?
 いくら自国がノーベル賞受賞者を1人しか出してないからって(しかも金で買ったと言われているノーベル平和賞。受賞者は金大中元大統領)、嫉妬もほどほどにしていただきたいものです。

 とか言ってたら、enjoy Koreaで「在日認定」してる人を発見。やれやれ……(^_^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記10/8 21:00】
 なんと!今度はノーベル化学賞で日本人が受賞です。2日続けて、すごいですね。
【ノーベル化学賞】下村氏受賞、クラゲの緑色蛍光タンパク発見(産経10/8)

※旧お気楽くっくりはこちらです。
http://kukkuri.jpn.org/boyaki_blog/
 一発でつながったあなたは強運の持ち主です!?(^_^;

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

くっくりさんこんばんわ。いや~嬉しいですね。不謹慎ですけど韓国がノーベル賞受賞者の銅像の台座まで立てて取れなくてくやしがっているのがまた笑えますね。

実は田中さんがノーベル賞を取られた時、拉致被害者の皆さんが帰国されて話題になっていた頃だったので、作業着のまま記者会見している姿を見て「あれれ、また拉致被害者の方が戻ってこられたのかな、それとも中国残留孤児の方?」と思ってしまいました(汗)。何かあのほのぼのとした姿が和むんですよね。お邪魔致しました。

おれんじさん、コメントありがとうございます。

>韓国がノーベル賞受賞者の銅像の台座まで立てて

えっ、そうなんですか!初めて知りました。うーん、そこまで意気込んでるとは。
田中さんが賞を取られたのって拉致被害者の5人の方が帰国された同じ年だったんですね。あれから日本人が4人もノーベル賞を取ったというのに、新たに被害者の方がまだ1人も帰国されてないっていうのは、何か複雑な気持ちになりますね。

普通の人には理解できないような研究を何十年もし続けている人を、暖かく見守れるような社会(懐の深い社会)っていいなと思うんですけど、それは日本よりアメリカなのかなあとちょっと心配。

ノーベル平和賞は金大中氏のせいで平均点下げてますなあ。

トムソニストさん、コメントありがとうございます。

当時(3、40年前)は日本もまだ設備が整ってなくて、それでアメリカに行った研究者が多かったんじゃないかって話もありますが、やはりトムソニストさんの言われるように、日本よりもアメリカの方が研究者に優しいっていうのはあるのかもしれませんね。あと、現在で言えば、研究のために国から援助される資金も日本はアメリカなんかに比べると圧倒的に少ないとか。
かと言って、もし南部さんや下村さんがアメリカに行かずにずっと日本にいたら、ノーベル賞をもらえるほどの科学的貢献ができたかどうか?という話にもなってくるでしょうしね。
まあとにかく、日本も国として、優秀な学者さんが心おきなく研究できるよう、手助けをどんどんしてあげてほしいですね。

ノーベル平和賞って、今から見れば「はあ?」って人も何人かいるけど、金大中氏以上に「はあ?」な人はいないのかも(^_^;
Wikipedia見ますと、昔はけっこう「受賞者なし」の年もあったんですね。二つの世界大戦の頃はやはり「受賞者なし」が目立ちますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E5%B9%B3%E5%92%8C%E8%B3%9E

怒られるのを承知で一つ嫌味を言わせてもらえば、日本人はノーベル賞をありがたりすぎでしょう。結局、欧米の価値基準で決定される賞ですから。そこにはキリスト教的な物の考えも反映されているでしょうし・・・。

日本が90年代にバブル崩壊した時、欧米から笑われました。しかし、現在の状況はどうですか、日本の銀行だけが健全というこの皮肉。
グローバリズムとかいう言葉の怪しさ、あやふやさを大いに実感しました。
所詮、アメリカの真似事ですやん。

横田夫妻らの活動にこそノーベル平和賞を差し上げたいです。
ダメリカはほんとうに腹立ちます!

トムソニストさん、コメントありがとうございます。
「日本人はノーベル賞をありがたりすぎ」、まぁ確かにそういう風潮はありますね。テレビは数日間はお祭り騒ぎ、本屋さんは特集コーナー作ったり……。まぁでも発表前からそわそわするどこぞの国よりマシかも(^_^;
それよりもオリンピックの何か月も前から「誰それはメダル確実」とか大騒ぎする日本人(つーかマスコミですね)の方が気になったりして(^_^;

ノーベル平和賞といえば、これは私の個人的な思いですが、有力候補にあげられてた中国の人権活動家の人にとってもらいたかったんですけどね(あ、もちろん横田ご夫妻が駄目という意味ではないです)。選考委員会が中共の圧力に屈したのではないかという見方もあるようです(この件はいずれ「ぼやき」の方に書くかもしれません)。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる