3度めの陽水ブーム(あくまでマイブーム)

 私の人生の中で、これまで2度「井上陽水ブーム」がありました。

 1度目のブームは、小学校5年生の頃。

 同じクラスで親友だったA子ちゃんのお兄さんが6歳上で、フォークが大好きな人でした。
 そのお兄ちゃんに、A子ちゃんと一緒に歌とギターを教えてもらいました。

 かぐや姫、吉田拓郎、井上陽水、いろいろ教わりましたが、私が一番グッと来たのが陽水でした。

 学校の「おたのしみ会」とかで、A子ちゃんと二人で「神田川」「東へ西へ」など、ギターを弾きながら歌いました。
 (今思えば、何てませた子供だろう!(^^ゞ)

 2度目のブームは、世間的にも陽水ブームが巻き起こっていた頃です。
 そう、「いっそセレナーデ」が大ヒットした頃。1984年から85年あたりしょうか。

 ちょうどその頃、たがみよしひさ先生の漫画「軽井沢シンドローム」も流行っていたのですが、各回のタイトルがいろんな歌のタイトルをそのまま引用する形式で、陽水の歌もよくタイトルになってましてね。

 それもあって、陽水のそれまでのアルバムをほとんど聴きました。
 (ちなみに「軽シン」では他に中島みゆきさんの歌もよくタイトルに引用されていた)

 それがなぜ最近また陽水を聴いてるのか?というと……

 いや、特に理由はないんですが、強いて言えば、YouTubeに貴重なライブの音源とかを偶然見つけて、それでなーんとなくまた聴くようになったのです。

 ライブ音源を聴いてると、オリジナルとの違いなんかが気になって、古いテープ出してきて確かめてみたり、いろいろやってます。

 私が特に好きな曲はこれです(^▽^)

■01_夜のバス

 曲もいいけど歌詞が心に残る。
 「バスの中はとっても寒いけれど、君の嘘や偽り程じゃない、君のくれた青いシャツを、今日は着ていないだけまだ暖いよ」。
 彼女に裏切られた失意の様子がストレートに伝わってきます。

■08_なぜか上海

 これはもう歌詞より何より曲が好き。ギターのイントロやオブリガードもかっこいい。

■20_マイハウス

 1:15~の「山羊の耳に盛り上げ製菓」がどうしても「山羊の耳に森永製菓」に聞こえます。
 オリジナルの歌詞は「森永製菓」だが、法律の関係で歌詞カードでは「盛り上げ製菓」に、でもライブでは「森永製菓」と歌うことが多いらしい…てな話がネットに載ってました。

■21_氷の世界

 定番ですね~(^_^;

■17_青空ひとりきり

 原曲に近いアレンジ。

■青空ひとりきり~氷の世界(1979渋谷公会堂でのライブ)

 上のとはアレンジが全然違う。フュージョンっぽい。

■井上陽水 とまどうペリカン

 1985年頃に、カラオケにこの曲が入っていて、びっくり!!
 はりきって歌ったけど、その場にいた10人ほどの友人らの中で、これを知ってる人は誰一人いなかった…。
 みんなタイトルからして陽気な曲だと思っていたらしくて、いざ私が歌い出したらこんな曲だったので、何かちょっとひいてたのを覚えてますわ(^^ゞ



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

井上陽水となれば、熱く語らせてもらいます。
 私も井上陽水の大ファンで、ライブハウスなどで演奏するときに最低でも1曲はカバーしています。
「帰れない二人」
 職場近くのライブハウスで行われた「井上陽水セッション大会」でボーカル&ギター担当。私が選ぶ一番の曲です。
「東へ西へ」
 これは何度かピアノ&コーラスなどをやりました。陽水独自の詩の世界が現れてきた曲ですね。
「とまどうペリカン」
 20年ほど前、陽水さんが「自分の中で一番の曲かも」と書いていた作品。大学の卒業パーティーでピアノ弾き語りをした曲でもあります。あと、浜松の飲み屋で他のお客さんのリクエストに応えてギター弾き語りをしたこともあります。
「氷の世界」
 これも大好きな曲で、以前はよくギター、ブルースハープ&ボーカルでやっていましたが、今はボーカルの高音部が出せません。先述のセッション大会ではオルガンでかなりハードロック寄りのアレンジで弾きました。
「夢の中へ」
 ギターを弾き始めた頃はブルースハープをホルダーに付けて歌&弾いていました。最近はコーラス(ハモり)パートを歌うことが多いです。
「飾りじゃないのよ涙は」
 これは女性ボーカル(あるいは女性客)とコラボするときの定番ですね。女性ボーカル+男性2ボーカル編成(中森明菜+陽水+玉置浩二バージョン)で何度か玉置パートをやりました。

 あと「少年時代」のピアノ伴奏は時々頼まれます。
 大好きな曲なのに人前でやったことのない曲としては「青空、ひとりきり」「なぜか上海」あたり。高中正義さんのギターをまねするのが難しいからかも。

ishiiさん、コメントありがとうございます。
いやー、私以上のファンだったんですね。負けました!
(勝ち負けの問題?(^^ゞ)
「とまどうペリカン」は全体的に好きですがピアノがやはり印象に残りますよね。イントロ聴くだけで今でもドキドキします。
確かに「氷の世界」のボーカルは難易度が高そう。全般的に陽水の歌はキーが広くて大変そうですが(^_^;
「飾りじゃないのよ涙は」は中森明菜で大ヒットした当時、カラオケで誰かが必ず歌うので、私はもっぱらコーラス部専属でした(^_^;
「夢の中へ」は斉藤由貴、「東へ西へ」はモッくん、というのが私の世代でも一般的なんですが、昔から知ってる者としてはやはり真っ先に浮かぶのはオリジナルです。
ishiiさんの「青空、ひとりきり」「なぜか上海」、聴いてみたい!(^▽^)

Ohなつかしい

こちらには初めておじゃまします。陽水と聞いて…。

マイハウスの森永製菓の謎が30年の時を経て、解決しました。
法律の問題…\(◎o◎)/!

ちなみに、私は「冷たい部屋の世界地図」が好きです。あの透明感がたまらない。

くっくりさん、お忙しそうですがお体きをつけて。

わんささん、ようこそお越しいくださいました(^▽^)
「冷たい部屋の世界地図」は、そうですね、透明感って言葉がぴったり来ますね。初期の傑作のひとつですよね。
貧乏暇なし状態ですが頑張ります〜(^_^;。わんささんもご自愛くださいね。

ごめんなさい、特にファンってわけではないのですが私も入れてください(^^;)
私の陽水代表曲は「傘がない」です
彼の曲を解説しているラジオ番組をたまたま聞いて、あんまりな歌いだしの歌詞に頭がクラクラしました

バーバラさん、コメントありがとうございます。
「傘がない」も名曲ですよね〜。確かに出だしの「都会では…自殺する…若者が…」って歌詞はびっくりですよね(^_^;。続きを見ると、若い男の子が彼女のことで精一杯なんだよ〜っていう他愛もない(?)歌詞ではあったりするのですが…(^_^;

先日の書き込みをきっかけに、以前出入りしていたライブ喫茶を訪れてギター弾いて歌ってきました。
今回の曲は
「帰れない二人」と「夏の終わりのハーモニー」、さらにリクエストを受けて「少年時代」でした。

ishiiさん、おお、それはそれは(^▽^)
「少年時代」は今回はピアノじゃなくギターですか?
「少年時代」はもう曲が独り立ちしてる感じですが、もともと映画の「少年時代」の主題歌ですよね。私、当時映画館で観たんですが、そのせいか、この曲聴くと今でも真っ先に浮かぶのは映画のラストシーンです(^^ゞ

>「少年時代」は今回はピアノじゃなくギターですか?
 そうです。実はこの曲は最初にギターで弾けるようになった後、ピアノ弾き語りを練習したので、経験年数はギター弾き語りの方が長いのです。
>もともと映画の「少年時代」の主題歌ですよね。
 そうですね。でも、映画が公開された当時はあまり曲はヒットせず、しばらくしてビデオカメラのCMに使われてから大ヒットしたはずです。映画のシーンが浮かぶというくっくりさんはむしろ珍しいというかコアなファンなのかもしれません。
ちなみに当初は藤子不二雄(A)さんが用意した歌詞もあったのですが、結局は全く違う内容になっています。

ishiiさん、レスありがとうございます。
ピアノのイメージが強い曲ですが、ギター弾き語りも合いそうな曲ですよね。
そうそう、映画の主題歌としてはさほどヒットせず、あとから売れたんですよね。
歌詞が変更になったという話は初耳だったので、ネットで調べました。本当にギリギリまでドタバタしたんですね(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる