木星の大赤斑が

140526mokusei.jpg

 木星の大赤斑が、近年急激な勢いで縮小しているんだそうです。
 以下、AstroArts 5/19の記事より。

>木星のトレードマークとなっている大赤斑は、大気中で起こる高気圧性の突風が長年持続しているものだ。かつてその幅は4万kmを超え、直径約1万3000kmの地球がすっぽり3つおさまるほど巨大なものだったが、1930年代からそのサイズの縮小が観測されてきた。1979年の探査機「ボイジャー」1号と2号のフライバイ観測では2万3000km、1995年のハッブル宇宙望遠鏡の観測では2万1000km、同じく2009年には1万8000kmと年々小さくなっている。

>さらに2012年からは、1年間で930kmという急激な勢いで縮み、最新のハッブルの観測では幅1万6500kmに。その形も、楕円から真円に近いものに変わってきている(画像)。

>ハッブルの観測では微小な渦が大赤斑にとりこまれているようすもとらえられている。この現象が急激な縮小に影響している可能性があるとして、さらに詳しい調査が行われる予定だという。


 何度か書いてきましたが、私はかつて天文大好き少女でした。
 小さな望遠鏡で毎晩のように星を眺めていました。

 が、大人になるにつれ、忙しくなったり、他のことに関心が行ってしまったり。
 特に30歳過ぎて大阪に住むようになってからは、何か大きな天文イベントがある時以外は、星のことはほとんど忘れてます。

 ふだん天文関係のニュースをさほど積極的に見ていないため、たまにこういうのを見つけると「え!?そうだったの!」とすごく驚いてしまう(^_^;


 いやいや、木星の大赤斑が小さくなったって、そんなに驚くこと?
 ……と思われるかもしれませんね。

 でも、私にとって木星の大赤斑とは、冒頭の画像(AstroArtsの元記事に大きな画像あり)の、縦に3つ並んでる画像の一番上、のイメージなんですよ。

 具体的に言ったらこれ。
 1979年に「ボイジャー」が撮影した大赤斑です。

140526voy.jpg

 それがまさか、ここ10年か20年かで、こんな急激に小さくなっているとは思いもしなかった。

 そもそも私が少女の頃は、大赤斑は人類が発見して以来ほぼ同じ形と大きさを維持しており、変化するにしても小さな変化で、大きな変化は何千年あるいは何万年単位でないとみられない、てなふうに聞いていたのです。

 だからこの変化の仕方というのは、もうかなりの驚きなんですわ(^_^;

 そしてこのニュースを見るまで、そのことを知らずに来た自分にもびっくりしたというか、情けないというか…(T_T)


 あと、大赤斑の急激な縮小でもう1つ気になったのは、これって望遠鏡のメーカーさんとかも少し影響受けてるのでは?と。

 というのは、望遠鏡のパンフレットなんかで、性能というか「どこまで見えるか」の目安について、

 たとえば口径が小さめの初心者向け望遠鏡であれば、
 「土星の輪が見えます」「木星の縞模様が2,3本見えます」

 口径がやや大きめの中級者向け望遠鏡であれば、上記プラス
 「土星のカッシーニの隙間が分かります」「木星の大赤斑が分かります」

 てな感じで表示されてあったりするんです。

 こんなふうに(ちょい下にスクロールしてね)。

 それがあーた、大赤斑が急激に小さくなってるとなると、「目安」にしづらいじゃないですか!
 
 ……って、余計なお世話ですね、すみません(^_^;


 以下、おまけ情報〜(^▽^)

 今の時期は火星と土星がよーく見えますね。
 特に土星は日の入り直後に上ってくるので、一晩中見えます。

 初めて望遠鏡で土星の輪を見た、中1の冬のあの感激を思い出します。
 観測したいけど、望遠鏡は実家に置きっ放し…(T_T)

ほしぞら情報2014年5月(国立天文台)



※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しています。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。「寄付」的にご協力いただければ幸いです<(_ _)>
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小学生の頃 星を見るのが大好きで
天体望遠鏡でよく観てました。

が、木星の大赤班を見たことないんですよ
タイミングが悪かったのかなぁ。

いまは子供の頃のように 星空が神秘的に感じないんですよね
_| ̄|◯

ユリ助さん、コメントありがとうございます。
私も大赤斑って見たことないんです。私の望遠鏡って本当に小さなもので、縞模様が2,3本見えるのがやっとでした。それでも感激ものでしたけどね(^^ゞ
大人になると、まずゆっくり星空を眺める時間自体がなくなっちゃいますからね〜、分かります(T_T)

僕も新聞で見ました。木星って、ほとんどが気体?液体?で出来てるとか、大赤飯(あ、美味そう)…じゃなくて大赤斑は嵐なんだけど高気圧なんだとか、わけわからない話を昔、聞いたことがあります。
少女時代ということは、つい最近までは大きさは変わらなかったということですね!?
大宇宙から見たら、すぐ隣という感じの星なのに、わからないことだらけですね。
あ、隣の国も全く理解不能ですけどね(苦笑)。

水雷艇さん、コメントありがとうございます。
木星と土星はガス惑星ですね。天王星と海王星もそうだと思ってたんですが、いま調べたら氷惑星と言うんだそうです。
大赤斑は「めっちゃ大きな台風」と習った記憶があります。私の少女時代はずばり昭和50年代…(^^ゞ
惑星も地球のように固体のものと、木星のようにガスのもの、いろいろですね。探査機飛ばせるようになってもまだまだ分からないこと多いみたいですよ。謎が多いからこそ、宇宙は夢とロマンがあっていいのかもしれません。

お久しぶりです。

木星と言えば、大赤斑。その大赤斑が縮んでいる?恥ずかしながら今知りました…(^^;
木星は星の模様が木に見えるから木星と言うのかな?と幼心に思っていました。

そう言えば、小さい頃に、木星や土星が入るプールがあったら浮く…と聞いた事があります(笑)

トロさん、コメントありがとうございます。
私の記憶違いでなければ、日本の惑星の名前の出典は支那だったような…(ちょっと悔しい?(^^ゞ)。
西洋では、ギリシャ神話の神々にちなんで付けられてますね。例えば火星(マルス)は戦いの神様、金星(ビーナス)は美の女神。
ホルストの「惑星」という交響曲では、火星、金星、水星、木星、天王星、海王星…とありますが、それら神々をイメージして作ったそうです。だから、「金星」という曲は、ビーナスをイメージしたゆったりとした美しい曲なんですが、実際の金星というのは部厚い雲が温室効果になって、地表は灼熱地獄なんです。もしホルストが作曲した時代にこういった科学的な情報がゲットできていれば、曲調も変わったかも?(^_^;
プールに浮くというのは土星です。昔、学研か何かの科学雑誌のイラストで、そういう絵が載っていて、子供心にとても印象に残っています(^▽^)

私も大赤斑の話知りませんでした。驚いた!
ホルストの惑星・・初めて聞いた中学生の時、
「これが作曲されたときは未だ冥王星が発見されていなかった」
と紹介されたのを思い出しました。
あの頃、結果オーライになるなんて想像もしてなかったですw
土星サンどうなって行くのでしょう・・・

2わさん、コメントありがとうございます。
ホルストの「惑星」、私も大好きです。
そう、冥王星は曲には入ってないんですよね。そのあと冥王星が発見されて惑星の仲間入りをして、でも歳月が流れてそれが取り消されて、「結果オーライ」になろうとは、ホルストさんも想像だにしてなかったでしょうね(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる