温泉へGo!

温泉へGo!(番組サイト)
> 99年秋、第1弾が放送されるやいなや、加藤貴子演じるヒロイン・椎名薫の前向きで愛くるしい姿が視聴者を魅了し、巷の昼帯ファンに旋風を巻き起こした人気ドラマ『温泉へ行こう』・・・。
> 最高視聴率で13.2%(シリーズ2、01年2月7日)という昼帯枠としては驚異的な数字を叩き出した『温泉へ行こう』も04年秋から放送した第5弾で、多くのファンに惜しまれつつ、ついにシリーズの幕を閉じた。あれから約3年半・・・。
> ナント!この秋、 あの人気ヒロイン・椎名薫(加藤貴子)が新シリーズとなってお茶の間に復活!!
> 舞台はとある地方の温泉場にある老舗旅館「御宿さくら」。この旅館は元々、一人の名女将が切り盛りしていた名のある老舗旅館。ところが、その名女将が旅館を一人息子に譲ったことがこの物語の起因となる。
>  旅館を譲り受け、支配人となった息子は新たな方針を打ち出し旅館をリニューアルさせようとする、そんな彼の試みに巻き込まれたヒロインの椎名薫(加藤貴子)が派遣会社から数名の派遣仲間と共に旅館に派遣されることからこの物語は始まっていく。

 「温泉へGo!」。9月1日から始まった昼ドラです。
 このシリーズ、私、大好きなんですよ~。5作、全部見ました。私がビデオ録って見てるのを、横で見てた夫もハマッてしまって、結局夫も5作全部見ましたわ。

 ところが今回新シリーズが始まるというのを私、全く知らずにいましてね。
 当日の朝たまたま新聞のテレビ欄を見てたら、「温泉へGo!/加藤貴子」と書いてあってビックリ。
 えっ!?これってあの「温泉へ行こう」の続編?!でもタイトルがちょっと違うなぁ。「行こう」が「Go!」になってる。でも主演は同じ加藤貴子さん?

 で、第1回を見てみたところ、確かに主人公は「温泉へ行こう」と同じく椎名薫。
 かと言って、続編かというと厳密にはそうじゃないみたいで、まず「温泉へ行こう」に出てきた役者さんは薫役の加藤貴子さんを除いて一人もいない。

 これまでの人生、いろいろあった薫が、一人で新たな人生を踏み出すみたいな感じで始まっています(確か「温泉へ行こう5」も最初はそんなノリだったように思いますが……)。
 前作までの流れは、もう完全に切った形になってますね。
 全く新しい物語だと思って見た方がいいみたいです。ちょっと寂しいけど。
 ただ、温泉旅館をめぐってのドタバタ人情コメディというスタンスは、「温泉へ行こう」と変わらないみたいなので、そこは嬉しいです。

 第1回、第2回と、登場人物の紹介とか舞台設定の説明とかが多くて(仕方ないけど)、ちょっと冗長な印象を受けましたが、第3回からいよいよ話が本格的に動き出したって感じで、先が楽しみです(^o^)

 恋愛関係で言うと、大鶴義丹さんと岡田浩暉さんとで加藤貴子さんを取り合うみたいな展開になるんでしょうかね。
 この3人は高校時代の同級生で、現在35才という設定になってます。
 が、実年齢を調べてみたところ、加藤さんは1970年生まれ、大鶴さんは1968年生まれ、岡田さんは1965年生まれ……。
 岡田さんは無理がある?だって今年43才ですよ(^_^;。まぁでもこの人は年齢のわりにお若く見えますから、今のところ特に違和感はなかったりして。

 それより大鶴さんが気になる~。私、昔からどうも馴染めないんです。身体つきのわりに甲高いあの声が苦手で。
 (ほんと言うと、加藤さんの「アニメ声」も初めて聞いた時は驚いたけど、すぐ慣れました(^_^;)
 あと大鶴さんと言えば、マルシアさんと離婚した時の「マーちゃん、ごめん!」ってあの情けない号泣姿が、どうしても思い出されてしまって(T^T)
 まぁそういうゴタゴタを忘れさせるぐらいの、素晴らしい演技をお願いしますよ、大鶴さん!(^_^;

 もう一人気になる出演者と言えば、黒田福美さんですね。この人のことは突き詰めていくと、オモテのブログ(ぼやきくっくり)向けになっちゃうから、今回はやめときますね(^_^;
 (意味わからん人はWikipediaなどをご参照下さい)
 あ、そうそう。黒田福美さんもドラマでは45才って設定ですが、実際は1956年生まれだそうです。この人もお若く見えますなぁ。うらやましい。


※旧お気楽くっくりはこちらです。
http://kukkuri.jpn.org/boyaki_blog/
 一発でつながったあなたは強運の持ち主です!?(^_^;

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ!このドラマ面白いんですね。昼の時間なので見られるかどうか分からないんですが、チャンスがあれば是非!

黒田福美さんもご出演ですか(汗)。私も若くてキレイな方だとは思っておりますが(汗)。演技もお上手な方だとも。

おれんじさん、コメントありがとうございます。
本文にも書いたように、今回は前作までの流れを完全に切って、新たな物語として始まってますので、初めての方もなじみやすいと思いますよ。特に最初の1週間ぐらいは毎回、番組の冒頭に「前回までのあらすじ」もざっと付けてくれてあるので、見始めるなら今ですよー(^_^;
昼ドラって、時々「えっ」と思うような役者さんが出てきたりするので、それも面白いですね。たとえば、ふだんは舞台役者専門の人とか、あるいはふだんは声優がメインの人とか。そうそう、「温泉へ行こう」の最初のシリーズでは、無名時代のオダギリジョーさんもちょい役で出てたという(温泉客の役)。
黒田福美さんといえば25年ぐらい前の昼ドラで、めっちゃ我が儘、気ままな愛人の役をやられてたことがありましてね。それが彼女を知った最初かな?それ以来私の中では、普通の女性の役より、何かヒネた役が似合いそうだなってイメージが(^^ゞ

私もこのシリーズ、全部見てますよ。
フルタイムで働いてた頃から、ビデオに録画して、帰ってから一人部屋で見るのが楽しみで~♪
そういえば、もうひとつ、温泉シリーズありましたよね(はるちゃん)
あれも復活してくれないかなあ。

モモさん、コメントありがとうございます。
おお、お仲間!(^o^)

実は私も「はるちゃん」見てました!大好きでした。
山中温泉にも行ったことあります。

http://kukkuri.jpn.org/kakoboyaki/boyaki0208.html
↑ここの8月24日分に写真&レポあります(^^ゞ

「はるちゃん」も途中から山中温泉飛び出して、別の話っぽくなりましたよね。
あのまま、各地の温泉旅館を渡り歩いて、旅館を立て直していくみたいな、そういう水戸黄門的な展開を「はるちゃん」には期待してたんですけどね(^^ゞ

番組ホームページを見ました。
おぉ!これって派遣社員の話なのですね。急に親近感♪(派遣で働いていらした方、分かりますよね~♪)。
最近は色々な場所に派遣社員が働いていらっしゃるようですよね。これは見てみないと。
お邪魔しました(ぺこり)。

おれんじさん、レスありがとうございます。
そうなんですよー、仲居さん全員が派遣会社から派遣されてきた新人という無茶な設定です。主人公の薫さんだけは仲居経験者(つーか女将経験者!)ですけど、とある事情でそれを皆に隠しているというスリリングな設定(^_^;
しかし、ほんとに派遣の活躍の場も増えましたね。私も昔派遣社員でしたが、当時はほとんど事務系の仕事しかなかったですから。ま、門戸を広げすぎたことが逆に、昨今、弊害を生んでしまっているんですけどね(T^T)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「管理人のみ閲覧」モードでコメント下さった方へ。
すみません。もう削除してしまいました(ハードディスクの残量が非常に厳しいので、最近は全て「見たらすぐ削除」です(T^T))。
Youtubeに動画上がらないですかねぇ。あるいは2ちゃんねるのテレビドラマ板の温泉のスレッドにコアなファンが集ってるので、ダビングしてくださる方、いるかもしれません。
お役に立てず申し訳ありません。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる