楽天日本一で脱「疑似近鉄」!?

 やや遅ればせながら、楽天、シリーズ初制覇おめでとう!\(^o^)/

131103rakuten.jpg

【この号外の元データ(pdf)は産経WEB版にあります】

 シリーズが始まる前は、野球ファンも専門家も「たぶん巨人でしょう」ってムードでしたが、大方の予想を裏切って楽天が日本一!!

 しかもどの試合も見所が多くて、良い日本シリーズだったと思います。

 巨人もやはりここ一番は強かったですし。
 特にマー君に投げ勝った第6戦の菅野君は敵ながら天晴れ。
 今季どこのピッチャーも成し遂げられなかったことですからね。

 シリーズ期間中、私は熱狂的楽天ファン(同時にアンチ巨人)の夫に振り回されて疲れることもありましたが(こっちが勝ってる場面でも、凡退したり相手に点を取られたりしたらすごく怒る)、終わってみればそれも良い思い出…?(^_^;

 思い起こせば、私も夫も長年近鉄バファローズのファンだったので、2004年にオリックスに吸収されて近鉄が消滅した時は本当にショックでした。

 大方の近鉄ファンはオリックスに流れていったようですが、私たちはどうしてもそういう気分にはなれませんでした。

 (いや、実際のところ、分配ドラフトで近鉄の選手の約半分が楽天に移ったので、私たちと同様、楽天に流れた近鉄ファンも潜在的にはかなりいたかも…?)

 だから、近鉄が日本一を果たせず消滅してしまった、その夢を近鉄の流れを汲む楽天が果たしてくれたというか……。

 特に夫はその思いがすごく強くて、日本一が決まった瞬間、もう泣いちゃって大変でした(^_^;

 「疑似近鉄」扱いしちゃってすみません<(_ _)>

 東北の楽天ファンの皆さんには、大阪の近鉄ファンのこういう複雑な気持ちはなかなかご理解いただけないかもしれません。

 でも、同時に、東北の皆さんがとても喜んでくださっているので、近鉄ファンとしても「救われた」という思いも、もちろんあるんですよ。

 現実に、近鉄の選手はもう楽天にはほとんど現役としては残ってませんし(牧田選手と高須選手のみ。しかも高須選手は今季限りで戦力外通告)、私も夫もいつまでも楽天を「疑似近鉄」扱いするわけにもいきません。

 日本一を成し遂げて一区切り付いたので、来季からはこれまでとは違った新たな思いで楽天を応援していこう!
 今はそういう感じですかね(^^ゞ

“最後の猛牛戦士” 牧田が本塁打「最後に打ててうれしい」(産経2013.11.4 01:52)


 以下は、やや余談ですが…。

楽天日本一の「11月3日」があまりに運命的過ぎると話題に

 シリーズ初制覇を成し遂げた11月3日を、逆に読むと「3.11」。
 なるほどね~。

 でも楽天としては11月2日でも良かったんですよね。
 プロ野球オーナー会議で楽天の新規参入が承認された、いわばチームの「誕生日」が平成16年11月2日でしたから。


<お知らせ>
 ツイートボタンを設置しました。よろしかったらご活用下さい。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あまちゃん返上

楽天ファンのご主人様、近鉄ファンのくっくりさん、初優勝おめでとうございます! 私も、かれこれ35年前に当時12年来のヤクルトファンだったのですが(サンケイアトムズ時代からです)、球団創設26(だったかな?)年目に迎えた初優勝に狂喜乱舞したのを思い出します。くっくりさんの感想にもあるように、とても見応えのある日本シリーズでした。あまちゃんの最後に、「あまちゃんですが」で銀次選手が出てきて、それまでは完全にレギュラー定着してなかったのに、思い返すとあの頃からすっかりと言うか、しっかり三番にどっしりと構えて素晴らしい活躍でした。今朝の産経新聞「主張」にも、銀次が優勝の瞬間に星野監督の胸で泣きじゃくったって書いてありましたね〜 それを読んで、またまたもらい泣きしました。あまちゃんの小野寺ちゃんの始球式や、とにかくいろんな出来事が今回の結果に結び付いたような気がします。「為せば成る…」ってことですよね〜 日米ともに野球が終わって、観たいテレビが少なくなったので、これからはせっせと
官邸や自民党などに意見メールを送信する時間に充てようと思い、さっそく最高裁の越権行為について自民党宛に出しました。この後は、まー君のポスティング移籍が楽しみですが、楽天ファンには厳しい話ですね。でも、松井君も入って来るし、則本や美馬も成長したし、監督も留任が決まってるし、来年もまー君抜きでもいい勝負を魅せてくれると信じてます。しばらくは初優勝の余韻に浸って下さい。

金亀80好きさん、コメントありがとうございます。
ヤクルトも随分長く不遇の時代が続いたんですね…(T_T)
銀次選手もそうですし、美馬投手とか、今回初めて知ったという人も多いでしょうね(^_^;
金亀80好きさんのお話を聞いていて思ったのは、楽天の軌跡をぜひ映画化してほしいなぁと。球団結成した頃はもう設備も何も整ってない、まさに1からのスタートで、歴史的スコアでの大敗、シーズン全体見ても100敗に迫ろうかというひどい負けっぷり。それが大震災を経て、選手とファンの結束がますます強まり、そしてリーグ制覇と日本一。下手な映画よりよほど感動的ですよね。
マー君の去就について早くも取り沙汰されてますが、東北のファンの皆さんは複雑でしょうね。来季もまた球場で勇姿を見たいという気持ち、メジャーという大舞台での活躍を見たいという気持ち、どちらも分かります。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる