姪からのプレゼント

 いろいろと事情がありまして、私たち夫婦には子供がいません。
 (少子化を促進してしまって申し訳ない(T^T)

 そんな私が先日、母と妹と姪っ子(妹の娘)の計4人で買い物に行きました。
 そう、バーゲン目当てで(^_^;

 お互いバラバラに住んでいてなかなか会えないため、たまにこうやって会うのが楽しみです。
 特に、妹と姪には2年ぶりぐらいに会いました。電話ではちょくちょく話してましたけど。

 その姪が現在小学5年生なんですが、あらまぁ、ちょっと見ない間に大人っぽくなったというか、女らしい顔つきになってて、びっくりしましたわ。

 が、大人っぽくなったのは見かけだけではありませんでした。

 百貨店で皆であれこれ品定めをしてましたら、姪が突然、「くっくりおばちゃん、こないだ誕生日だったでしょ」と――。
 (7月中旬、私は誕生日を迎えました)

 姪はこう続けました。
 「いつも私の誕生日にプレゼントもらってばかりで悪いし、今日は私がおばちゃんに何かプレゼント買ってあげる。ほしい物見つけたら言ってね。あ、お金はあるからね。貯めたのがあるからね」

 私が戸惑ってますと、「これがいいんじゃない?これが似合うんじゃない?」といろいろ見繕ってくれましてね。

 結局、2000円のネックレスを買ってくれたんですよ。チュニックによく似合いそうな華やかな感じのを。

 自分の子供時代を振り返ったら分かりますが、小学5年生にとって2000円というのは決して安い額じゃありません。

 私は心底驚いてしまいました。
 ついこの前まで、ちょっとしたことでワンワン泣いてた子が、何なんだ、これは!と。

 ああ、この子は私の見てない間にも日々成長してきたんだなぁ……という当たり前のことに気づきました。

 何せ子供がいないもんですから、こういう気持ちってこれまで経験したことなかったんですよ。
 「私が死んだら財産はもう全額あんたにあげる!」って言いたくなるぐらい、感動しましたわ。

 帰宅後、夫にこの話をしたら、「それが姪の作戦だったりして……」と意地悪く言われましたけどね(^_^;

 でも、よくよく考えてみたらば、親族を見渡してみた時、私が遺産をあげる相手って、最終的にはこの姪しかいないんですよね。
 まぁ遺産なんて言っても私の場合、額は知れてますけどね(^_^;

 ま、遺産の話は置いとくとして、とりあえず、老後にこの子に面倒かけるのだけは避けたい……なんて、やたら現実的なことを考えてしまう私でありました。


※旧お気楽くっくりはこちらです。
http://kukkuri.jpn.org/boyaki_blog/
 一発でつながったあなたは強運の持ち主です!?(^_^;

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

私も子供がいません。
甥、姪の成長って本当に驚きます。

それにしても姪っ子さんは優しいですね~(*^_^*)

>老後にこの子に面倒かけるのだけは避けたい……
なんて、やたら現実的なことを考えてしまう私でありました

私も同じ事を考えてしまった事がありました(^_^;)
ホント・・子供がいないと(今後わかりませんが)
老後の事をフッと考えてしまう時ってありますよね(>_<)

けけさん、コメントありがとうございます。
私もけけさん同様、老後のことをちょくちょく考えてしまいます。
姪の父方(妹の夫の親族)も独身者や子がない人ばかりなので、将来この子には大変な重荷が待ちかまえているのはほぼ確実で、不憫に思えてきます。

くっくりさま 更新ご苦労様です。
僕は、三人の子供がおりますが、子育てにはお金がかかりますし、(特に教育費) 老後といっても 彼らが面倒を見てくれるのかというと、実際分からないですね。
少子化が進むの無べなるかなと実感します。


それよりも 自分の親の介護のほうが差し迫った現実ですし 妻は一人っ子なので 義理の両親の 老後の問題もあります。

長寿社会は、手放しで喜んでいる場合ではなく、「すべての人を 不幸に陥れる可能性さえある」と思います。

政治家は、一度 延命治療が本当に良いことなのか、命の尊厳とは、何か?
日本国民の 向かうところはどこなのか。真っ向から 議論して欲しいですね。

姪っこさんのような 優しい日本の子供たちが まともに生きていける社会を作って欲しいと 切に願います。

ネコさん、コメントありがとうございます。
子育ては本当に大変でしょうね。妹のところを見てましても、夫婦めいっぱい働いて1人育てるのがやっとという感じで。
おっしゃるように親の介護、こっちの方が差し迫ってますよね。地理的条件その他の状況から見て、私の両親は妹が、夫のお母さん(お父さんはもうおられないので)は私が、ということになろうかと思います。が、頭でいろいろシミュレーションしていても、いざその時になってみないと分からないでしょうしね。私も心配性なのであれこれ考え込んでしまう日々です。
高齢化、少子化は政治が最優先課題で取り組むべき問題の一つだと思いますが、議論すらあまり進んでいないような印象です。本当に姪が大人になる頃までに、少しでもいいから改善されていることを願ってやみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる