FC2ブログ

「人生ゲーム」の思い出

120330jinsei-game.jpg
 ※画像はWikipedia>人生ゲームより。

シリーズ50作目「人生ゲームGO!GO!」 3/29(木) 新発売(共同通信)
>1968年発売からついに50作目!
>世界に羽ばたくグローバル人生を目指せ
>「人生ゲームGO!GO!」3月29日(木)新発売“自動車コマ”が走る! ルーレットの運だけじゃ決まらない 新ルール導入

>(中略)「人生ゲーム」は、ルーレットを回してマス目を進み、就職や結婚など人生の様々なイベントを経て億万長者を目指す盤ゲームです。「人生山あり谷あり~」のコピーで始まるテレビコマーシャルと共に、高度経済成長期の1968年9月に発売され、今回発売する「人生ゲームGO!GO!」でシリーズ50作目を迎えます。初代「人生ゲーム」は、1960年にアメリカで発売された『THE GAME OF LIFE』をほぼそのまま翻訳したものでしたが、その後、日本オリジナルの盤面にするなどリニューアルを重ね、時代の世相やトレンドを反映させながら、常に話題性のあるゲームとして展開し、現在までに累計約1,300万個を販売するロングセラー商品です。

>最新作の「人生ゲームGO!GO!」は、「グローバル」をテーマに、日本と海外の文化の違いに触れながら世界中を飛びまわり、世界で活躍する人生を疑似体験できる内容となっています。
>近年、企業の海外進出、スポーツ選手の海外での活躍など、経済や社会の様々な場面でグローバル化が急速に進展しています。教育の場では、公立小学校5、6年生の外国語活動必修化、大学の秋入学検討など、グローバルな人材育成の強化が図られています。また、日本のアニメ・ファッションを中心としたサブカルチャーは「クールジャパン」として、世界中から高い評価を得ており注目を集めています。そうした背景の中で、本商品は、ゲーム上でも日本文化の良さを再認識し、海外にも視野を広げた異文化要素たっぷりのマス目やゲームシステムを盛り込みました。(以下略)

 いやー、人生ゲームもついに50作目ですか。
 って、これまでそんなに出ていたとは知らなかった(^^ゞ

 この木曜、なにげに「モーニングバード」を観てたら、この最新版及び過去に発売されたものがいくつか紹介されてました。
 最新版には女子サッカー「なでしこ」の名前も登場してました。

 人生ゲーム50作のうち、私は2作ぐらいしか知りません。
 初期の頃のものと、平成に入って間もなくのものです。

 初期の方がシンプルで面白かったかも。
 平成に入ってからのものは、職業によってコースが分かれてたり、ややこしくなってました。あと、日本のその時の流行に合わせすぎてるのも何だかなーと思いました。

 もちろんそれで楽しめる人は楽しめるんでしょうが、私はやっぱり初期のが好きでした。

 初期のはまだアメリカ色が非常に濃かったです。
 アメリカへの憧れとかそういうのではなく、日本人から見て「ありえへん」ところが逆に面白かったように思います。

 例えば、「ギャンブルで大当たり」とか「チャリティーに○○万ドル寄付」とか「井戸を掘ってたら石油が出て50万ドル獲得」とか……。
 あと、敗者がたどり着く「開拓地」って響きもアメリカっぽいなぁと思ったものでした(「開拓地」は最近のバージョンにはあるんでしょうか?)。

 「井戸掘って50万ドル」には思い出があります。
 学生時代(80年代半ば)に仲間7人ほどで人生ゲームしていた時のこと。

 ゲームも大詰め、さあ1位は誰?
 Aちゃんかな、Bちゃんかな?
 いずれにしてもこの2人がトップ争いやなぁ。
 って雰囲気になってた時、全くのダークホースだったCちゃんが、ゴール直前で「井戸掘って50万ドル」に止まって大逆転!!
 「おおー、これぞ人生ゲーム!」と場が大いに盛り上がったものでした(^_^;

 あと、「開拓地」は今でも日常会話で時々使います。
 てか、夫との会話のみですが。
 「おまえ真面目にやらんかったら開拓地へ行ってもらうで!」とか、そういう使い方をします。
 きっと私と夫だけですよね、こんな会話してるの(^^ゞ

 夫は人生ゲームと同じ1968年生まれです。
 それとは関係ないでしょうが、夫は私以上に人生ゲームが好きで、何年かやってないと「あー、人生ゲームやりたいー」と発作を起こします。
 (さっき書いた人生ゲーム平成版は夫が買ったものですが、数年前のお正月に私の実家に持っていって皆で遊んだ後、また集まった時にやりましょうってことで置いてきてしまったのです)

 実はボード版ではない、カード版の人生ゲームというのもあるんですよ。
 それは現在自宅にあるんですが、やっぱりボード版に比べると盛り上がりに欠けるのであまりやらないですね(T^T)

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うわー懐かしい。私の頃は「貧乏農場」でしたねwww。上がりのすぐ脇にあって、うっかりすると…つーか「貧乏農場」て何なんじゃい!って思ってましたww。いかにもアメリカ的でしたよね初期は。

そういえば「バンカーズ」ってゲーム盤があったの覚えていらっしゃいますか?今は「モノポリー」って言うんですけど、借金して不動産を買ったりあれもいかにもアメリカ的なゲームでしたねー。日本的といえば野球盤(消える魔球!)とか、駄菓子屋さんで売ってた軍事将棋(乃木将軍とか東郷平八郎は英雄でした)とか「魚雷船ゲーム」(相手を魚雷で打ち合うゲーム)なんかがありました。70年代はまだまだ戦争ものもオッケーでのどかでしたねー。今は愛と平和ゲームばかりなのかしら…(汗)。

思い出させてくださって有難うございます。応援クリック。

おれんじさん、コメントありがとうございます。
「貧乏農場」ですか(O.O;)(o。o;)!?
そりゃまたストレートな。というか、絶対行きたくないって思ってしまうネーミングですね(^_^;
「バンカーズ」という名称は知らないんですが、「モノポリー」という名称だったらよく知ってます。でも実際にプレイしたことはないです。人生ゲームよりもさらにアメリカっぽいゲームらしいですね。
野球盤は昔、近所の男の子たちがよくやってて、遠巻きに見ていたぐらいですが、消える魔球は「すごい」というより「卑怯」だなーと思ったものでした。だって絶対打てないもん(T^T)
軍事将棋、魚雷船ゲーム、……うーむ、そこまで行くとちょっと分からないですね(^◇^;)。でも戦記漫画はまだまだありました。今だったらあり得ないですよね(--)(__)
ゲームも、テレビゲームに関しては、平和とはほど遠いバイオレンス的なものが今もすごく多いんじゃないでしょうか?私はほとんどやらないのでよく知らないんですが。

あ、そうそう、全くの余談なんですが、YouTubeのURLって短縮可能ですよ。
オモテのブログにいただいた、例えばこれ……(ご紹介ありがとうございます<(_ _)>)
http://www.youtube.com/watch?v=9_aXS6VnvXA&feature=g-user-u&context=G2793cd4UCGXQYbcTJ33YEPBjnt2W_BaVQ6mJID5f__ao47RLP5hs

http://www.youtube.com/watch?v=9_aXS6VnvXA
で同じ動画に飛べます。
「&feature=……」以降は不要ということですね(--)(__)

アマゾンなんかも検索して出したURLはめちゃ長くなったりするんですが、そこには個人情報なんかも含まれてるから、ネット上に貼る場合は短縮したURLを貼り付けた方がいいですよと、昔、ある人からアドバイスされたことがあります。
ただ、YouTubeの長いURLにも個人情報などが含まれてるのかどうかは私は分からないんですが……。
ま、個人情報的にはセーフでも、文字数制限のあるブログとか掲示板ってけっこうありますし、普段から短いURLを貼る癖をつけておいた方が何かと便利かもしれません。見た目もすっきりしますしね(--)(__)
ちなみにうちの2つのブログ、それから掲示板も特に文字数制限はありませんのでご安心を(^^ゞ

おぉ、アドバイスありがとうございます!URL長くなっちゃってすみません(赤面)。良くわからなかったんで後で見たら画面からはみ出しててビックリ!次回から気を付けます(汗、もしまたやっちゃったらごめんなさい<(_ _)>)。

貧乏農場は初版の人生ゲームらしいです。多分英語版からの直訳だと思います。検索してみたらまだ持ってる人がいて画像も出てて懐かしかったです。
確かに消える魔球は卑怯ですわ~絶対打てませんw(私もどうやって打てるのかと思ってました)。

応援クリック。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる