自転車事故にご用心

 自転車が加害者となる交通事故が増えているようですね。

 交通ルールさえ守っていれば、大半の事故は防げると思うのですが……。
 (近頃特に問題視されているノーブレーキのピスト自転車、あれなど言語道断だと思います)

 先日、私もちょっとした事故を目撃しました。
 自転車同士の事故です。

 携帯を見ながら直進してきた25歳ぐらいのおねーさん。
 いきなり曲がり角から飛び出してきた(しかも右側通行)60歳ぐらいのおばちゃん。

 出合い頭に衝突!!

 幸いなことに両者とも怪我はありませんでしたが、お互い「あんたが悪い!」と罵り合いを始めました。

 あのー、第三者から見たらどっちもどっちです……(^_^;

 急いでたのですぐその場を離れましたが、あの後どうなったんだろう?(^_^;

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

似たような事、先日ありましたよ~。
夜だったのですけれど、僕が道を曲がろうとスピードを落として曲がろうとしたら、相手は若い兄ちゃん風だったのですが、携帯を操作しながら、しかも無灯火で曲がろうとして、あわや衝突しそうになりましたが、お互い急ブレーキをかけて事なきを得ましたが、「危ねーなー!」と心の中でつぶやいて振り返ったら、なんと、その携帯を見ていた兄ちゃんも振り返ってました!(-.-#
最近は自転車を運転する時は車道を走るようにしていますが、車道を走るとこちらが危険になる場合は、歩道をゆっくりと走るように心がけています。
こちらが歩行者で、人ひとりしか通れない歩道を僕が歩いている時に、自転車が突っ込んで来る奴がいましたが、さすがに頭に来てしまいました…(^^;

トロさん、コメントありがとうございます。
わー、そのお兄さんはかなり危ないですね。携帯プラス無灯火とは。
ほんまに自転車の携帯は腹が立ちますわ。通話だけでも危険なのに、最近は画面見てる人が本当に多くて、危険度もさらに増してますよね。
おっしゃるとおり、歩道をかなりのスピードで走ってる自転車も怖いですね。人間誰しも歩行者の経験があるんだから、歩行者の身になることは十分可能だと思うんですが…。
とにかく、被害者にも加害者にもなり得る自転車、お互い今後も安全運転で行きましょうねー。

昔兄の車で、信号待ちしてる所に携帯片手の高校生が突っ込んできたことありますよ。
その高校生はひたすら謝り倒してきたんですが、親がいわゆるモンペってやつで意味不明なゴネ方されて兄も疲れきってました。

くめさん、コメントありがとうございます。
それって親御さんがついていながら携帯見てたってことですよね。ゴネられる筋合いないですよね(T^T)
実は最初、モンペの意味が分からなくて(服のモンペしか思い浮かばなかった(^_^;)調べたら、ああなるほど、モンスターペアレントの略でしたか。

正確には「停止のための制御装置がない」
いわゆるピスト自転車が問題だということ。
単純に「ピスト」が言語同断って表現は、
誤解を招くと思う。

いわゆる「ピスト」と言われる自転車であっても、
まともに停止できるブレーキを付けたものは、
道路交通法や同施行規則的には
なんら問題ないわけで。

現在はペダルを逆回転すると後ろに回すことが
できる固定歯(Fixed gear)の自転車を、
マスコミが大雑把に表現するときに
使う言葉になってる。
実際には競輪で使うような
「トラックレーサー」以外のまがいものとかでも、
固定歯になっている自転車だったら、
そう言っているようだけど。

ピスト自体はフランス語で
競技場とかトラック走路みたいな意味。

また、見た目が似ているロードバイク
(ロードレーサーとも言う)は、
これらいわゆるピスト車とは異なり、
フリー(ペダルを止めると空回りする)で、
ブレーキが付いている。

結局は、良識を持って
法律を守って道路を通行する必要がある。

えふさん、ご指摘ありがとうございます。
確かに誤解を招く書き方だったと思います。本文を修正しておきました。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる