西本さん。・゚・(ノД`)・゚・。

西本幸雄さん死去=阪急監督などで優勝8回-91歳(時事通信2011/11/26-01:23)
>プロ野球の阪急などで監督を務め、パ・リーグ優勝を8回果たした名将、西本幸雄(にしもと・ゆきお)さんが25日午後8時40分、心不全のため兵庫県宝塚市の自宅で死去した。91歳だった。葬儀の日取りなどは未定。

>家族によると、3年前から腎臓などを患い、最近は腰の骨折で入院したが、10月3日に退院し自宅療養していた。

>和歌山市出身。立教大で一塁を守り主将を務めた。戦後、大分県別府市の星野組に入り、一塁手兼監督として活躍、1949年の都市対抗野球で優勝した。

>50年、毎日オリオンズ結成時に入団し、55年に現役引退。60年に大毎監督となってパ・リーグ優勝を果たしたが、采配をめぐってオーナーとトラブルになり退任。63~73年に阪急監督で5回、74~81年に近鉄監督で2回パを制したが、日本シリーズでは1度も優勝できず、「悲運の闘将」と呼ばれた。監督通算1384勝(1163敗118分け)は歴代6位。

>選手の心をつかみ、努力型の選手を開花させる監督術は、巨人で9連覇を果たした川上哲治監督の「川上管理野球」に対し、「西本にんげん野球」とも評され、多くの選手に慕われた。88年野球殿堂入り。

 テレビで第一報を知って、「えっ!」と大きな声を上げてしまいました。
 それぐらい大好きな人でした。・゚・(ノД`)・゚・。

 但し、私が知っている西本監督は近鉄時代のみです。
 大毎・阪急時代は幼かったので全く知りません。

 1979年、80年と日本シリーズで広島カープに2年連続やられてしまった近鉄。
 私はそれがきっかけで近鉄ファンになりました。
 「私が応援してやらなければ!」と変な使命感が芽生えたのです(^^ゞ

 (ついでに言えば、近鉄はその後もリーグ優勝はあったけど(1989年と2001年)、結局日本一には一度もなることなく、解散してしまいました……)

 西本さんが私と同じ和歌山市出身であることや、人となりなどは、だいぶ後から知りましたが、それらを知ってますます好きになりました。

 あと、「河久」のCMも好きだったなぁ。
 「ちょこちょこ行ってます」というやつ。
 関西在住でけっこう良い歳の人はご存知でしょう。

 実は10数年前、私は西本さんに握手をしてもらうチャンスがありました。

 藤井寺球場の近鉄VSダイエー戦、私にしては珍しく内野席で観戦したのですが、その日の解説が西本さんで、解説者席に座っておられたんです。

 ここの解説者席は観客席と仕切りがないタイプで、試合後、大勢のファンが西本さんのもとへ向かいました。
 順番に並んで一人ずつ握手をしてもらっていました。

 やっとあと一人で私の番となりました。
 ところが、私の前のおばちゃんが西本さんに長々と話しかけてて、なかなか順番が回ってこない……。

 ひとしきり喋ったおばちゃんが去って、さ、やっと私の順番と思ったら、球場の人が、「はい、ここまで。すみません」と遮ってしまいました。

 もう、すっごいショックでした!(T^T)

 その後しばらくしてから、お手紙でも書こうと思って下書きだけしましたが、どこに出せば良いのやらと考えあぐねて、結局出さなかったというオマケの思い出もあります。
 (今思えば、西本さんが当時解説者として出られていたフジテレビの「プロ野球ニュース」宛てにでも送ればよかった?)

 ここ数年、テレビでも全くお見かけしないので、どうされてるんだろうとは思ってました。
 もうけっこう良いお歳でしたし、いつかはこういう日が来るとは分かっていました。
 でも実際にそういう日が訪れると、やっぱりショックだし寂しいです……。

 西本さんのご冥福をお祈り申し上げます。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

くっくりさん 更新ご苦労様です。

談志師匠に続き 西本監督(あえて監督と書きます)も 亡くなられたのですね。若き頃は著名人が死んでも あんまり実感がわかなかったのですが リアルタイムに活躍した時を知っているので感慨深いですね。

今は プロ野球も興味がなくなり ほとんど見ることもなくなりましたが 西本さんが監督や解説をされていたころは 結構プロ野球ニュースをみていました。

昭和の頑固おやじそのものの監督は怖そうだけど なんか頼りがいのあり好感が持てる人物でしたね。

昨日は 大阪維新の会が圧勝して 橋下さんをリーダーに 大阪が活性化してくれることを望みますが もし西本監督みたいな頑固親父が 大阪市長をしていたらいまごろどんな大阪になっていただろうななんて ふと思ってしまいました。($・・)/~~~

ネコさん、コメントありがとうございます。
私も最近のプロ野球は見てないですね。昔のバタ臭い野球が何か懐かしいです。西本さんが監督だった頃の近鉄の選手は、パンチ、金色のネックレス、ガテン系の選手が大半だったと思いますが、最近の選手は何というか、シュッとしすぎてますよね。カッコイイけども。
西本さんの解説、私も好きでした。シビアなことをズバズバ言うんだけども、野球に対する愛情がすごく感じられて、また、茶目っ気もありましたね。喋る時間があまりもらえなかったのか、ある日、番組冒頭で大阪のスタジオから「今日は時間ちょうだいね!」と東京の司会者に訴えて、東京のスタジオが苦笑した、そんな場面を今も覚えてます。
もし西本さんみたいな頑固親父が大阪市長だったら……、理不尽なことにはたとえ相手が上の立場の人であろうが、物申してきた西本さんですから、少なくとも市役所側の言いなりになったりはしないでしょうね。ある意味、橋下さん以上に「嵐を呼ぶ男」かも!?(^_^;

うちの主人も

こんにちは、くっくりさん。
うちの主人も西本さんの訃報には驚きショックを受けてました。
野球ファンとしては残念なニュースですよね(>_<)
今日また投稿が載りました。
野球の話ですが、良かったら読んでやって下さい。

坂倉訓子さん、コメントありがとうございます。
おお、また載ったんですね。早速拝見しました(^o^)
「会社を選ぶ権利はあっても部署までは選べません」、的を射た表現だと思いました。
菅野さんのゴタゴタは私はあまりよく知らないんですが、伯父さんである原辰徳監督に義理立ててるのかしら?と思ってたんですが、それよりはご本人のジャイアンツ志向が強いってことなんですかね。
私は逆に、身内の人が同じ球団にいると、本人もかえってやりにくいし、周りも気疲れするんじゃないかと思ったりするんですが。野村監督と息子のカツノリさんとか見てても、よくそう感じました(^^ゞ
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる