秋の夜…

※台風12号災害義援金受付中。ご協力お願い申し上げます。
 ・和歌山県の窓口 ・奈良県の窓口

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

111014aki.jpg

 私の夫は俳句の番組を毎週好んで観ています。
 私も時間が合えば観ています。
 かと言って、お互い特に俳句を作るわけではないのですが(^_^;

 私なんかはたまに作ってみたいなとは思うものの、文才がないせいか、どう作って良いのか分かりません。
 その点、夫は私より少しは才能があるようです。

 こないだも、二人で夕方散歩していた時……



「虫の声は心が安らいでええなあ。私は虫は気持ち悪くて嫌いやけど、虫の声は好きやわ。この気持ちを俳句にしたいけど、上手くでけへん……」


「難しく考えんと、イメージを働かせて、いろんな言葉当てはめていったら?」


「それが難しいんやってば~(T^T)」

 ……数分後……


「お前がさっき言うてたやつ、こんなんはどう?」


「えっ!俳句できたん?どんなん?どんなん?」


秋の夜 虫好きになる 虫嫌い


「……おおー。ええやん!(^o^)」


「季語とかよう分からんけどな。『虫』も秋の季語かも。そしたら季語二つかぶってるし」


「いやー、私が作ったやつより百倍ええよ」


「どんなん?どんなん?」


「恥ずかしくて言われへん!(^◇^;)」
(実際のところ、夫の句を聞いた途端、自分の作ったしょーもない句は忘れてしまった)


 あとで調べてみたら、夫の言うとおりやっぱり『虫』は秋の季語でした。

 季語が重なるのはダメだとよく聞きます。

 が、一方で、「その句の世界観が統一されていればいい」とか、「季節感の薄いものであれば重ねてもよい」とか、「一つの季語が主題を示し、他の季語はそれを支えるように使えば問題はない」という意見もあるようです。

 つまり、良いものは良い、要は受け手の問題ってことでしょうか?

 夫の句も、他の方から見ればきっと駄作なんでしょうが、私が良いと思ったのでOKってことで!(≧∇≦)
 
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

季語3回ですね。

今、東北のことを詠んだ俳句が、
黛まどかさんのページで、公開されています。
http://madoka575.co.jp/pub/category/haikudeyell
http://www.ejrcf.or.jp/haiku.html
こちらは自由そのものなので、投稿してみては?

私は、って?
読むだけにしておきます。

リョクさん、コメントありがとうございます。
そうか、季語二つじゃなく季語三回。全然ダメですね(T^T)
何かUPしたことすごく恥ずかしくなってきましたわー。夫にバレる前に消しときましょかね……(;^_^A アセアセ…

素直でええかんじの句やと思います。なんか愛があるもん。
私は好きです。

atukoさん、コメントありがとうございます。
お褒めいただきありがとうございます。夫が横で照れてます(^_^;
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる