R-1ぐらんぷり2010

 まず最初に申し上げておきますが、これはあくまでも私の個人的な感想です<(_ _)>

 今年から決勝の審査方式が変わったんですよね。
 (R-1はよく変わりますよね(^_^;)
 1対1の勝ち上がりトーナメント形式。
 1回戦の対戦カードはこうでした。

 第1試合 キャプテン渡辺 VS COWCOW山田與志
 第2試合 AMEMIYA VS バッファロー吾郎 木村
 第3試合 ナオユキ VS スリムクラブ真栄田
 第4試合 佐久間一行 VS ヒューマン中村


 今年は例年以上に私の知らない人が多くて、「大丈夫かな?」と「楽しみ♪」の気持ちが半々の状態でテレビに向かいました。
 例年、新しい人の中には私の受け付けない人もけっこういたりするんですが、今年は何と、全員すごく面白かったです!

 佐久間一行さんが優勝しましたが(関西ではほとんど知られていません)、素人目に見てもこの人が一番すごかったと思います。
 3つのネタを全て違うパターンで持ってきましたからね。優勝も納得です。

 決勝戦の相手はシンガーソングライター芸人のAMEMIYAさんでしたが、芸歴が長い分ネタをたくさん持ってる佐久間さんの方が、そこでまず有利だったのかなと。

 佐久間さんのネタ3本のうち、私は1回戦の「井戸」が一番面白かったです。
 「笑い」とはまさに「期待を裏切ること」なんだと、改めて教えられた気分です(芸人で何でもない私が言うのも何ですが)。

 準決勝の、「原住民があるあるネタを絵で説明」ネタは、残念ながら、画面が引きの時は肝心の絵がよく見えませんでした。うちのテレビ小さいので……(T^T)

 あと、一言だけ言いたいのは……、バッファロー吾朗の木村さん、全然面白くなかった……(T^T)
 申し訳ないけど、今回の出場者中、木村さんだけが全く笑う箇所がなかったです。夫も「俺の中では最下位」と言ってました(あくまで私たちの個人的感想ですよ!)。

 私も夫もバッファロー吾朗は昔からけっこう好きだったので、期待をかけすぎたのかもしれません。
 M-1と違ってR-1は存続するので(ですよね?)、来年以降、また楽しみにしたいと思います。


※拙ブログ関連エントリー
 ・10/2/24付:R-1ぐらんぷり2010
 ・09/2/21付:R-1ぐらんぷり2009
 ・08/2/23付:R-1ぐらんぷり2008

竹島プロジェクト style=
「竹島プロジェクト」進行中。
詳しくはぼやきくっくり>竹島プロジェクト2011を。


________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

くっくりさん 更新ご苦労様です。
僕の感想は、R1は、いつも「M1の半分くらいしか笑えない」です。やはりボケとツッコミを一人でやらなくてはならないピン芸は、難しいと思います。
個人的には、ともに一回戦で負けましたが ナオユキさんとヒューマン中村さんが笑えました。AMEMIYAさんも最初は、おもしろかったのですが、決勝ネタは、全く笑えなかったです。
優勝した佐久間さんは、さすがベテラン、安定していましたね。
家族で見てましたが、笑いのセンスは各人バラバラなのを改めて確認しました。(笑)
来年は、鳥居みゆきが復活して欲しいですね。あの狂気が最高です。





ネコさん、コメントありがとうございます。
確かにピン芸は難しいですよね。漫才だったらすべった時に相方に「すべっとるやないかーい!」とか突っ込んでもらって助けてもらうことは可能だけど、ピンだとそれもできませんし。
ナオユキさんは独特で面白いですよね。ほんと「ジワーッと来るやろ」で(今年はその決め台詞?は言わなかったみたいですが)、笑いが少しあとから沸き上がってくる感じが好きです(^_^;
ヒューマン中村さんは着眼点が面白かったですね。まだ芸歴が浅いせいか、動きとかがややぎこちなかったのがちょっと残念でした。
鳥居みゆきさんは実は夫が大ファンで、でも最近はネタ番組もなくなって関西ではほとんど姿が拝めなくなり寂しい思いをしています。来年は勝ち上がってほしいですね(^o^)
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる