ゲゲゲの女房

NHK『連続テレビ小説』 ゲゲゲの女房

 漫画家の水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんが著した自伝が原案です。
 2週目ぐらいから見始めました。

 おっとりしてるけど芯の強い布美枝さん(松下奈緒さん)。
 マイペースでちょっと変わってる村井茂さん(向井理さん)。
 2人のやりとりに私は日々、癒されています。

 序盤で言うと、布美枝さんと茂さんの見合いから結婚式までのくだりなんか、めちゃくちゃ面白かったですわ(≧∇≦)

 結婚して東京に出てきて、生活が落ちついたあたりからちょっとストーリー的に停滞した感じがあったんですが、最近また盛り上がってきました。

 貸本漫画家として頑張るもなかなか報われない夫を支える健気な布美枝さん。
 連日すごく共感して見ています。

 夫の茂さんは布美枝さんに対して普段はそっけないんですが、時々見せる優しい気遣いが良いですね。

 今週分で良かったエピソードは……

 生活のために茂さんは「水木しげる」を封印、「水木洋子」名義で少女漫画をやむをえず描くことにします。
 でも茂さんはそのことを布美枝さんには伏せています。心配かけたくないから。

 少女漫画を描いている間、茂さんは布美枝さんに「部屋に入るな」と冷たく言うわ、少女漫画家のタマゴの河合はるこさん(南明奈さん)に急きょアシスタントを頼むわ……で、疎外されたように感じて落ち込む布美枝さん。

 原稿完成後、熱を出した茂さん。
 布美枝さんが「私が代わりに原稿を貸本出版社に届けます」。
 茂さんは自分が行くと言い張りますが、「役に立ちたいんです。女房ですけん」と言われ、任せることに。

 が、貸本出版社で、布美枝さんは出版社の社長から「古臭いな、旦那の漫画は」「これもまた売れないんだろうな」「奥さん食べていけるの?内職とかしてないの?」などと嫌味を言われます。

 さらに、布美枝さんは真実を知ります。茂さんの今回の原稿が少女漫画であることを。
 タイトルは「雪のワルツ」。しかも作者名は「水木洋子」……!?

 「あんたの旦那さんが少女漫画でも描きたいって言うから。でも水木しげるって名前じゃまずいから名前変えてもらった」。

 原稿料も「新人料金」ってことで予定の半分しかもらえず……。

 布美枝さんは帰り道、雨降るお寺の境内でひとり涙します。
 いくら生活が苦しいからって、少女漫画を、それも名前を変えてまで描くなんて……。

 「あの人、こんな辛い思いで仕事しちょったんだ……」
 夫はどれほどの屈辱に耐えて漫画を描いてきたのか、と、やりきれない布美枝さん。

 帰宅後、原稿料を半分しかもらえなかったことを詫びる布美枝さんを、「俺が行っても同じだった」と気遣う茂さん。

 布美枝さんは茂さんの大好きなコーヒー豆をお土産に買ってきていました。ささやかな贅沢です。
 「あなたのコーヒーですけん、私はいいです」。

 が、茂さんは「遠慮するな。あんたも嫌な思いして原稿料もらってきたんだろ」と言い、コーヒーを布美枝さんにも入れてあげました(ちなみにコーヒーカップじゃなくて湯飲み)。

 布美枝さんは茂さんが受けた屈辱を心配していましたが、茂さんは明るく言いました。
 「名前を変えた方が売れるなら変えたらええ。作戦のうちだ。名前を変えても絵を描いて生きていくのは変わらんのだ」。

 ……うーん、泣かせるなぁ(T^T)

 ちなみに、劇中に出てきた少女漫画「雪のワルツ」は本当にあるそうです。
 但し「水木洋子」ではなく「東信一郎」名義とのこと。
 こちらのリストに載っています。


※オススメ本
 私はゲゲゲ 神秘家水木しげる伝 (角川文庫)
 1ヶ月ほど前に古本屋さんで入手しました。幼少から現在までの水木さんの自伝です。奥さんもそれなりに登場します。
 戦地で「ぬりかべ」に救われたって話、だいぶ昔に読んだことあります。昭和55年頃の「マンガ少年」だったかなぁ。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

放送時間が早まったこともあり、出勤前に見ています。NHKのドラマをまともに見ているのは何年ぶりでしょうか。
私は中学生の頃、古書店で見つけた「水木しげる集」という昭和30年代の水木作品を集めた本を読み、大ファンになりました。その本に収録されていた作者の回想がドラマで再現されていることもあり、非常に興味深いです。
あと、私が小学生の頃、まだ近所(千葉県市川市)には「貸本屋」がありました。利用したことはなく、お客が出入りするところさえほとんど見た覚えがありませんが、そのお店も昭和の中期にはドラマに出てくるような交流の場であったのでしょうね。
昔の図書館は漫画やライトノベルを置かなかったから、貸本屋との棲み分けも可能だったのでしょう。図書館という「お役所」がそういった本の価値をも認めるようになったことは良かったと思いますが、貸本屋衰退にもつながったのは寂しいですね。

Ishiiさん、コメントありがとうございます。
貸本屋さんがまだあったんですか。へぇー、私は全く記憶にないんです。あまりに田舎だったから(和歌山市です)もともとなかったのもしれませんが(^^ゞ。確かに昔の図書館には漫画やくだけた本とかは置いてなかったですよね。
最近は貸本屋さんどころか普通の本屋さんもどんどん消えていっているので寂しいです。っていうか不便です。ネット通販の影響も大きいのでしょうか。
ちなみに紙芝居なら小学生高学年の頃(昭和50年過ぎ)までに何度か見たことがあります。覚えてるのは「黄金バット」だけですが…。あと、水飴で手がベタベタになってしまい、「他のお菓子を買えばよかった」と後悔したことを覚えてます(^^ゞ

懐かしい貸本屋さん

くっくりさん、こんにちは。私は小学生低学年頃まで、借りてよんでました。一冊10円で10冊。休日に父から100円もらい、姉達と選びに行ってましたが、家族の懐かしいアルバムとなってます。時代劇や怪奇もの夢中で読んでました。今でも私にとって漫画は手放せないもの。珍しく朝ドラ見続けてますよ。いきものがかりの主題歌も、すっかり覚えました。家族の出かけた静かなテーブルで、同じく癒されてます。

樹姫さん、コメントありがとうございます。
一冊10円は当時の子供には高かったでしょうね。家族でまとめて借りるのがちょうどよいお値段という感じがしますね。
私も朝ドラはあまり見ないのですが(あ、でも去年「だんだん」を見てましたね(^^ゞ)、今回は本当に熱心に見ています。昭和の良き時代の空気感が楽しめるのも、ハマってしまった理由かもしれません(^_^;

再びの……

もう一度書込みさせてください。レンタルDVDをよく借りるのですが、貸本コーナーがあるのですよ。10冊で一週間レンタルが800円。大沢たかおドラマのコミック『JIN』も連続で読めます。
今、『ER』という海外医療ドラマにはまって、見続けています。
f^_^;

樹姫さん、えー!貸本コーナーが!?それはいいですね。10冊借りて800円っていうのもすごく安いし。私は「JIN」はいずれブームが落ちついたら古本屋さんで買おうかなーとか思ってたんですが、貸本だとかさばらないし良いですよね。
「ER」は私は全く観たことないんです。気づいたらシリーズめちゃ進んでたので、リカバリーがしんどいなぁと(T^T)

僕もこのドラマは時々見てます、久しぶりに面白い朝ドラですよね。
さて、僕のご幼少のみぎりには貸本屋はちゃんとありました。でも、あまり漫画を借りた記憶はないですね、そこは多角経営でしたので、普通の本屋もやり、さらにそろばん塾も兼ねていました。毎月の冒険王を買うのが楽しみな正しい少年でした。貸本屋のほうはなんだか難しい本が並んでて大人の香りがしてましたね。その本屋さんには「少年少女世界名作全集」が隔月出版されていましたので届けてもらい、さらにご主人の奥さんにそろばんを習い、もっともいつもサボって遊び回っていましたけど、高校生になるまでずっとお世話になってました。中学生の時に読んでいた「ボーイズライフ」という雑誌に水木先生の「妖花アラウネ」っていうのが載ってて鮮烈な印象がありました。今でも短編集で読めるようですね。当時はやってていつも口ずさんでたのはミリアム=マケバの「パタ・パタ」でした。

すらりさん、コメントありがとうございます。
おお、すらりさんも貸本屋体験者なんですね。しかも普通の本屋さんだけならまだしも、そろばん塾まで兼ねていたとは、すごいお店ですね。貸本だけでは経営的に苦しいから、ってことだったんでしょうか?でもアットホームで良いですね。すらりさんはそちらにずいぶんお世話になっていたようですね。何かうらやましいです。
水木さんの漫画は私はほとんど読んだことがなく、もっぱらアニメ派、っていうかほとんど鬼太郎オンリーです(^_^;。ちなみに鬼太郎は1、2年前にまたアニメになってましたね。ゲゲゲじゃなく、墓場鬼太郎が。何かすごく怖くて、あまりまともに見てません。怖いもの好きの夫は大喜びして見てましたが(T^T)
ところでミリアム=マケバも「パタ・パタ」も初めて知った私ですが、昭和39年生まれとしてはこれは普通なんでしょうか…(^^ゞ

「パタ.パタ」が日本でヒットしたのは昭和42年ですから、くっくりさんは三歳の可愛い盛り、知らなくて当然ですよね、でもあのリズム感ははまりますからYouTubeでお楽しみ下さい。南アWCの年ですからリバイバルするかも。
その頃は水木先生のところでつげ義春がアシスタントをしてたので、特に背景とか植物の描写はもろつげタッチです>アラウネ。つげ義春も貸本漫画家でデビューですよね。

すらりさん、レスありがとうございます。
「パタ.パタ」、YouTubeで視聴しました。初めて聴く曲でした(^^ゞ
身体が勝手に動き出す、楽しげな曲ですね!年代を感じさせないし、リバイバルあるかもしれませんね。
つげ義春さんは私の年代では「伝説の漫画家」というイメージです。江口寿史さんの「すすめ!パイレーツ」に「ねじ式」のパロディが出てきて、それで初めて知りました。後年、「ねじ式」と「紅い花」を読みました。シュールやなぁ、私には難しいわぁと思いました(^^ゞ
つげさんは水木さんのアシスタントもされてたんですね!ってことは今後ドラマにも登場するんでしょうか。楽しみです(^o^)
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる