FC2ブログ

「ゴジラ」第一作

 今回は、ちょっと前にメモっててUPするの忘れちゃってたネタです(^^ゞ

デアゴスティーニ・ジャパン>東宝特撮映画 DVDコレクション

 東宝特撮映画シリーズ、傑作55作品をお手元にコレクション!
 創刊号は「ゴジラ」第一作(昭和29年公開)!!

 さすがに55作品全部を揃えようとは思いませんが、テレビのCM観てたらどうしてもまた「ゴジラ」第一作を観たくなりました。
 創刊号は990円とお手頃な価格ということもあり、買っちゃいました(^^ゞ

 この映画をご存知ないって方はまずいらっしゃらないと思いますが、いちおう予告編をご紹介。
 ・「ゴジラ」予告編(YouTube)

 私は昭和39年生まれなので、もちろんこの第一作はリアルでは知りません。
 わりと大人になってから(少なくとも20歳前後)初めて観たんですが、何というか、すごく衝撃を受けました。
 怪獣映画ではあるけれども、社会的なメッセージ(反戦とか環境破壊への警鐘とか)も含まれていたからです。
 「へぇ、最初のゴジラはこんなふうだったんだ。その後の作品とはかなり違うなあ」と思ったものです。
 「ゴジラ」シリーズは子供の頃にけっこう映画館でも観てるんですが、その頃(昭和40年代半ばから後半)はもう普通に怪獣映画という感じでしたから。

 あと、カラーでなく白黒なのがかえってリアルというか、おどろおどろしさ倍増というか、効果的だなと思いましたね。
 (これはテレビで「ウルトラQ」の再放送を観た時も思いました)

 実は私、第一作を映画館で観たことがあるんですよ。30歳ぐらいの時に。
 大阪・梅田の映画館でたまたまその日イベントがあって、その夜だけ特別に上映されるという話を職場の同僚から教えてもらい、「こんな機会は二度とないかも」ってことで出かけたんです。

 大きなスクリーンで観た初代ゴジラは格別でした!!
 特に最初の登場シーン、山の向こうからニョキッと頭だけ出すやつ、あれを観られてもうすごく興奮しました(≧∇≦)

 それからおよそ15年を経て今回DVDでもう一度観たわけですが、それまでとはまた違う、ある種シビアな視点で観られたりして。

 たとえば、国会で政治家が喧々諤々(けんけんがくがく)のシーンは、「建前ばかりでなかなか実効的な政策をとれない政治家って今と同じ?」とか思ってみたり。

 幼い子供たちとともにあえてゴジラの進路にしゃがみ込み、「もうすぐお父ちゃまの所へ行くの」と女性が言うシーンは、「お父さんは戦争で亡くなったんだろうな」ということまでは前に観た時も思ったけど、今回は「あれ?そのわりには子供たちが幼すぎるのでは?年齢合わんのでは?」とか細かいことが気になってみたり。

 戦争といえば、私は反戦的な映画というのは得てして偽善的だったり押しつけがましかったりするのであまり好きじゃないんですが、この映画に内包されている反戦メッセージは自然に受け容れられます。
 戦争が終わってからまだあまり年月が経ってない時期に作られた映画だから、つまりスタッフが戦争経験者でリアリティを感じるから、でしょうか?
 (ちなみにアメリカで公開された時、主に戦争時を連想させる場面はカットされたらしいです。Wikipedia>ゴジラ(1954年の映画)を参照)

 焼け果てた東京の街はまるで東京大空襲の再来。女学生たちの合唱、平和への祈り。
 それらを目の当たりにした芹沢博士(平田昭彦)は、ついに自らが開発した(開発してしまった)新兵器オキシジェン・デストロイヤーを使用する決心をします。

 新兵器が悪用されることを恐れた芹沢博士は、愛する女性(河内桃子)への思いを胸に秘めたまま、その婚約者(宝田明)に「幸福に暮らせよ。さようなら」と言い残して自決、ゴジラと運命を共にします。
 その死に様は、私には神風特攻隊の姿とダブりました。

 そして、山村博士(志村喬)がこう呟く有名なラストシーン。
 「あのゴジラが最後の一匹とは思えない。もし水爆実験が続けて行われるとしたら、あのゴジラの同類がまた世界のどこかに現れてくるかもしれない」

 ここは何度観ても本当にゾゾッとします。
 環境破壊で生態系がおかしくなる、そういうメッセージって、当時はまだポピュラーじゃなかったと思いますしね。

 さて、DVDコレクション第2弾は「モスラ対ゴジラ」です!
 昭和39年公開。あらら、私の生まれた年ですよ(^^ゞ

 この映画も子供の頃にたぶんテレビで観てるんですが、ストーリーとか全然覚えてません。
 大人になった今、改めて観たい気持ちもあるけど、私は虫が超苦手なので(モスラは巨大な蛾←この字を見るだけでも鳥肌立つぐらい苦手)、買ってもたぶんまともに観られないでしょうね(T^T)

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

私は、ゴジラ第1作を地方の映画館でみましたが、リバイバルだったのだろうと今では想像しています。その後何度も夢に出て来るほどの衝撃映像でした。
ついでに私も蛾とか蜘蛛とかが苦手なのですが、モスラの幼虫はとてもかわいらしく、成虫のモスラもその巨大さ故か羽ばたきの遅さ故か、実物の蛾のような気持ち悪さはありませんでした。(リアルタイムで見た幼少時の記憶から)

12の3さん、コメントありがとうございます。
何度も夢に出てきましたか!私はそこまではなかったです。12の3さんの衝撃度は私以上だったんですねー!(^_^;
モスラの幼虫は何か糸とか吐いてたり、ゴジラに噛みついたりしてましたっけ?そういうところは確かに可愛いかも。でもあれが成長したらアレになるのかと想像するとやっぱり…(^^ゞ。たぶん私は成虫の模様がだめなんだと思います。ちなみに蛾だけでなく蝶々も大の苦手なんですよ。綺麗な蝶々ほど恐ろしい……ああ、また鳥肌が〜(^◇^;)

モスラ対ゴジラ

私はくっくりさんより少し年上で、しかも幼少の頃、私の両親が映画館を経営していたこともあり(日活系)、怪獣シリーズややくざ者シリーズ、若大将シリーズなど、ほとんど全部見ています。

その怪獣映画の中でも「モスラ対ゴジラ」は秀逸な映画でした。ザ・ピーナッツの「モスラ~やモスラ~」の歌は、40数年経った今でも覚えています。確かに蛾の怪獣は気味悪いですが、必死にゴジラと戦おうとするモスラの健気さは一見の価値ありと思うのですが…。

このディアゴスティーニのシリーズ、懐かしくて気にはなっていたのですが、まだ買っていませんでした。

本屋に行って考えます。

熊さん、コメントありがとうございます。

>私の両親が映画館を経営していたこともあり(日活系)

うおおお、何かすごくうらやましい!!
私、20歳頃(1985年頃)、深夜のテレビで小林旭さんの渡り鳥シリーズをやっててめちゃハマッてしまったことが(^^ゞ。その後はともかく(失礼)、あの頃のシュッとした小林旭さん、今でもほんと理想のタイプですわ(≧∇≦)
「モスラ対ゴジラ」、そうそう、「モスラ〜やモスラ〜」は、そこのところだけは私も歌えます。モスラも、それ単体で見ると確かに気色悪いんですけど、おっしゃるとおり物語の中で見れば、愛しく見えてくるのかもしれませんね。うーん、どうしよう。買おうかどうかちょっと迷ってきましたよ(^^ゞ。ただ第二号以降は2000円近くしますからなぁ。うーむ。

おそくなりました

11月3日はその「ゴジラ」第一作めの公開日でもあり通称「ゴジラの誕生日」おん年55歳となりました、本来なら何かの記念行事とかあっても良いのですが今年は全国的なイベントはこの「ディアゴスティーニ」の関連だけなのが寂しいですね、、、

>ウルトラQ
そういえばまもなく全話カラーライズされ再公開されると言う話です。
特撮専門誌では既に話題になってますし、今年の4月に一部テスト版が動画サイトで公開されました(やや薄めの淡い色彩でよかったです)

ざんぶろんぞさん、お待ちしておりました!(^_^;
55歳というのは区切り的にいまいちなんでしょうかね?(松井選手の背番号ではあるけどよく考えれば特に関係ないし(^_^; )。60歳の時は還暦ってことで大々的な行事を期待したいです。
ウルトラQがカラーライズですか。うーん、見たいような見たくないような。でもざんぶろんぞさんが「よかった」とおっしゃるぐらいですから、きっと見る価値はあるんでしょう。機会があったらぜひ見たいです。

いろいろおもうこと

今回の「ディアゴスティーニ」の奴は結構珍しい作品が普通に買うより安い(今までが高すぎた)ので注目されてます(まあもうすぐブルーレイ版が出るということで廉価版を出すわけですが、、)珍しい作品で怪奇人間シリーズも出るようで注目しています(「マタンゴ」とか「ガス人間第一号」「電送人間」など)全巻そろえようなどと思わずに面白そうなやつだけ買うのを勧めます、現在発売中のものなら「三大怪獣、、」あたりでしょうか、「キングギドラ」のデビュー作で美しくも凶悪な宇宙怪獣の「王」の飛翔は壮観です、、(そういえば昔「モスラ」は別で買った覚えがあるなあ、、)

>「ウルトラQ カラーライズ版」ですが白黒の方がやはり「怖い」と言う人も多いですね、もっとも現在正式な「円谷プロ」の企画として本格的に動いている以上期待はしています。
(個人の感想はいろいろありますが、わざと昭和初期のカラーフィルム的な色あせ方をしているようで個人的には評価しています)

ざんぶろんぞさん、ご教示ありがとうございます(^o^)
なるほど、今のところは製品版を買うより安いんですねー。「ガス人間第一号」「電送人間」のあたりは、漫画なんかでパロってるのは過去に見たことがあるんですが、実際の映画は見たことがないんですよ。この機会に見てみたいです。
あと気になるのは「日本沈没」です。当時私は小学3年ぐらいですかね、家族で見に行く計画があったんですが、「自分の住んでるこの国が沈んでしまう」というのが子供心に怖くて、行けなかったんです(家族自体行かなかった)。最近のリメイク版は単なるパニック映画っぽいが、一作目は「国が滅ぶ」ということの重大さが盛り込まれた作品と聞いているので、大人になった今なら落ち着いてしっかり見られると思います(^^ゞ
ウルトラQは「昭和初期のカラーフィルム的な色あせ方」ですか。だったら期待持てそうです!(^o^)

前のエントリーにコメント失礼します。

私は数十年前、池袋の文芸座で二本立てで見ました。

観客は皆さん無口で、上映開始のベルがなるとザザザーっと席について、タイトルが出ると大拍手!監督、特撮監督の名前が映し出されると大拍手!菅井きんの名前が出ると大爆笑!みんなすごく熱心なファンのようでした。

くっくりさんがおっしゃっている通り、白黒の薄暗い画面にチラっと写るところがものすごく怖いですよねー。今のCG映画よりよっぽど迫力があります。背びれが光るのにも大興奮!

避難を強いられた都民が電車の中で、「いやだなぁー、また疎開かぁー」とぼやいたり、女性代議士が菅井きんだったりと、戦後間もない感じが良く分かります。戦争の経験があの映画に大きなリアリティを与えているのではないでしょうか。

あの映画で私は平田さんに萌えてしまいましたw。最後の場面では涙、涙。志村さんの台詞もひどく現実味があって、単なる怪獣映画というより未来を暗示する優れたSF映画ではないかと。

ざんぶろんぞさんがおっしゃっている「マタンゴ」「ガス人間第1号」も面白くて考えさせられる優れたSF映画です。「マタンゴ」は当時SFマガジンの編集長で作家でもあった福島実さんが脚本を担当していたはずで、少ない予算の中でもしっかりとした作品を作ろうとしていた気概が伺われます。

ちなみに「マタンゴ」とパロったのがアメリカの「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」で若き日のジョージ・クルーにーが出ています。

長々失礼しました。

おれんじさん、コメントありがとうございます。
おお、おれんじさんも映画館でご覧になったんですね。いちいち拍手が起こるというのはすごいですね。
菅井きんさん演ずる女性代議士、ウーマンリブの走りですかね。今で言えば福島瑞穂さんとか田嶋陽子さんっぽいですよね(^_^;
そうそう、電車の中の日常会話で「疎開」って言葉が出てくるのも、時代を表してますよね。
私もこの映画の平田昭彦さん、カッコエエなぁと思いました。ポスターでは不気味な悪役っぽく描かれてるけど、本編では全然違う!主役の宝田さんより正直光ってますよね。
(それにしても二本立てのもう一本が何だったのか気になります(^_^;)
おれんじさんも「マタンゴ」「ガス人間第1号」などをご覧になってるんですね。私より少し上の世代の男性はみんなそうなんですかね。私の周りではあんまり聞かないです(^^ゞ

おぉ!お返事ありがとうございます。

確かもう一本はゴジラ対何とか(忘れた、汗)だったと思いますが、第1作には及ばなかったです。

あと「宇宙人東京に現る」って川崎敬三主演の映画もあって、どんなのかと思ったら布で出来たヒトデ型の着ぐるみで爆笑した覚えがありますw(これは渋谷駅の周りがまだ野原だった頃だから相当前の映画)。お返事ありがとうございました。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる