「帰って来たヨッパライ」

 加藤和彦さんがお亡くなりになりましたね。

 「自分とはあまり縁がないように見えて、実はすごくお世話になっている」、そういう方の典型だったんじゃないでしょうか。

 「あの素晴らしい愛をもう一度」は中学1年の時にクラス対抗の合唱コンクールで歌いました。
 私は下のパート担当でした。今でもサビの部分は歌えます。

 あと、「マクロス」が大好きだったので「愛・おぼえていますか」
 一時期、カラオケでこの歌ばっかり歌ってました。
 (今、またパチンコのCMで使われてますね)
 
 が、何と言っても一番思い出深いのは「帰って来たヨッパライ」!!

帰って来たヨッパライ フォーククルセイダーズ(YouTube)

 この歌、ほんと大好きなんですが、曲の成り立ちとか全然知らなかったので調べてみました。

Wikipedia>帰って来たヨッパライ

 「ラジオ関西の深夜番組で放送されて近畿地方で密かなブームとなり」なんて、初めて知りましたよ。関西に45年も住んできたのに(^_^;

 1967年12月発売なんですね。
 私は当時3歳だから、もちろんリアルでは知りません。
 初めて聴いたのは1974年頃ですかね。

 同い年で仲のいい友だちが向かいに住んでて、毎日一緒に遊んでたんですが、その子のお父さんが買ったのか、あるいは歳の離れたお兄さんが買ったのか、とにかくお家にレコードがあったんです。

 聴かせてもらって、めちゃハマりました!
 あまりに気に入ったのでレコード借りて帰って(当時はラジカセとかまだ普及してなかった)、自宅で妹と一緒に聴いたのをよく覚えてます。
 つーか、この歌、子供ウケしますよね。今の子が聴いてもウケるんでは?(^_^;

 「♪天国よいとこ一度はおいで、酒はうまいしねーちゃんはきれいだ、ッワー、ッワー、ッワーッワー」のサビ(?)ももちろん良いんですが、私が特に好きだったのは「♪オラが死んだのはー、ヨッパライ運転でー(車が暴走する音)……ワーーッ!!」って事故るとこ(≧∇≦)

 ちなみに友だちの歳の離れたお兄さんというのが、私たちより6歳上で、吉田拓郎、井上陽水、かぐや姫など、フォークのいろんなレコードを聴かせてもらったし、ギターも教えてもらいました。
 その結果、私と友だちは小5の時のお楽しみ会で「神田川」の弾き語りをするまでに。きっと先生は私たちのこと、めちゃ早熟な子やなぁと思ったでしょうね(^_^;

 最後になりましたが、加藤和彦さんのご冥福をお祈りいたします。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

くっくりさん、こんばんわ。相変わらずコメントを書いてはほっぽらかしで失礼をしています(赤面)。

私はチョコッと年上なので、子供の頃この歌と「ケメ子の歌(だったかな)」、「走れコータロー」が大ヒットしたのを覚えてます。

あの事故る所、面白いですよね(笑)。あと、神様が「なぁーおまえぇー(ぼよよよ~ん)」って全然神々しくないし(笑)。

「あの素晴らしい愛をもう一度」は他の懐かしい曲を一緒にMDに入れて聞いています。名曲ですよねー。今でもドラマの主題歌になりそう。

加藤さんは以前作詞家だったかな?素敵な女性とご結婚されて大変仲が良かったのですが、その方がお亡くなりになってからはきっと寂しかったのでしょうね…。ご自身で人生に終止符を打たれた事に大変ショックを受けました。

人間ってやっぱり一人では生きていけないなー。弱い部分やもろい部分も抱えて生きているんだなーと痛感。

ヘタレな私も何とか毎日やっています。くっくりさんもどうか毎日ご健勝でありますように。

中川さんのこと、まだ信じられません…。

おれんじさん、コメントありがとうございます。
「走れコータロー」はよく知ってます(^o^)。「ケメ子の歌?」も聴けばたぶん思い出します(^^ゞ
神様のとこの台詞なんですけど、子供の頃、なぜか勝手に「あれは岸部シローが言ってるんだ」と思い込んでました。声質やちょっととぼけた言い方が似てたからでしょうか(^_^;
奥さんは安井かずみさんでしたね。そうそう、何年か前にお亡くなりになったんですよね。そのことも加藤さんの死の遠因になってしまったんでしょうか。最近の報道ではうつ病が悪化していたという話もありますし、きっといろいろおありだったんでしょうね……。
いやー、私もふだん大変ヘタレなんですが(心配性で苦労性)、周りの助けで何とかやってるという感じです。だから一人になったらヤバイかも?
おれんじさんこそ、これからもどうぞお健やかに!(^o^)
中川さんのこと、私も実は未だに信じられないんです。今日も新聞の週刊誌の広告に中川さんの名前があって、「あ、もうこの世にいらっしゃらないんだった…」って再確認してまた辛くなったり。昔、友人が26歳の若さで突然亡くなって、その時も1年間ぐらい実感が湧かなかったってことがあったんですが、中川さんは会ったこともないめちゃ遠い人のはずなのに、こういう気持ちを味わうのはほんと不思議な感じです。

くっくりさん更新ご苦労様です。おれんじさんのコメントをみて ほぼ同年代の私も「ケメ子の歌」や「走れコータロー」懐かしかったです。
フォークルは、はしださん北山さん加藤さんの3人グループでしたが、あれだけ偉大な才能を持つ3人が、京都の大学で出会い(確か同志社、府立医大 龍谷と違う大学だったと思いますが)、才能を開花させていったことは、必然なのか偶然なのか・・人間の出会いとはすごいものですね。
ところで 中川さん死去の一報を聞いた時は 瞬間的にお父さんのことが思い出され、自殺ではと思いました。どうやら違ったようですが、いまだにあの会見から この死まで、誰かに仕組まれたのではないかと、若干陰謀史観的ですが、思ってしまいます。

でも、くっくりさん 陰謀史観的なことは、世の識者の人は、一笑に付しますが、本当にないのでしょうか?
私はこの頃本当はあるのではないかと思ったりするのですが・・・

ネコさん、コメントありがとうございます。
才能ある全く違う大学に通う者同士の出会い、もうこれは神様のなせる業かもしれませんね。
あと中川さんの件ですが、「もうろう会見」は多少仕組まれた感は否めませんが、それ以降はどうなんでしょうか。そもそも日本のような民主主義国家では世論(というよりマスコミ)の力で政治家を社会的に追い落としてしまうのは容易なことですし(中川さんもそうされてしまった)、命まで奪う必要はありませんよね。選挙で落選したのも、「もうろう会見」の影響ももちろんあるでしょうが、それよりも中川さんが地元の利権よりも日本全体のことを考えた結果、地元の農家に嫌われたというのがあったようですし。

くっくりさん、ネコさん、コメントありがとうございます。あれから急に懐かしくなって「帰って来たヨッパライ」と「ケメ子の歌」とYouTubeで見てしまいました。

ネコさんと同じように、私も中川さんの訃報を聞いたときはお父様の事を思い出して「もしや…」と不吉な気がしましたが、今は選挙に敗れたショックや心労が重なったのではと思っています。

でも陰謀論って、ありそうですよね!何でもかんでもこじつけるのは禁物ですが、最近私もCo2削減とかオバマ大統領の動きとか郵政民営化とか、色んなことに大きな勢力の意図があるんだろうなーと思うようになりました。

お父様の中川一郎さんが亡くなられた時は、その死が非常に不自然だったため、色々と憶測がされましたよね。オールナイトニッポンでタモリが「あれは絶対おかしい」としきりに田中角栄の物真似をしていました。確かにとても不謹慎な事ですが、あの頃はまだメディアも多少は自由だったかなと思います。

度々失礼しました(ペコリ)。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる