義母がカートを盗まれた

 またしても義母の話ですみません。
 ほんと色んなことが起きるので。
 ただ、今回はおそらく認知症とは無関係だと思います。

 先日、いつものように義母宅に行くと、玄関に見慣れない新しいショッピングカート(片手で持つタイプ)が。
 「あれ?前のカートどうしたんですか?」と当然ながら尋ねると、「盗(と)られてん」と。

 ええっ!
 私は大びっくり。

 「どこで!?」
 「○○クリニック(毎日リハビリで行っている整形外科)の前に置いといたんやけどな」
 「いつ!?」
 「昨日、…いや、おととい?(義母は日にちの観念がかなりあやふや)」
 「貴重品とかは入ってなかったんですか?」
 「折りたたみの傘だけや」
 「そうですか…(少しホッ)」

 これって、そこかしこの病院で普通に見られる光景だと思いますが、玄関内とか待合室とかには狭くて置いておけないので、義母はいつもカートを玄関の外に置いています。
 他の患者さんもそうです。

 盗られたというのはあくまで義母の弁で、本当のところは分かりません。
 長く使っているカートでもうかなり薄汚れてたし、中は傘が入れてあった以外は空っぽだったそうだし、盗む価値がないシロモノです。

 誰かが間違って持っていった可能性もあると思います。
 が、今のところ、病院側に「間違って持っていってしまった」と申告してきた人はいないらしいので、やっぱり盗られたのかなあ。

 義母はその日のうちに自分で新しいカートを買ってきたそうです。
 ないとやっぱり不便なので。

 それはいいとして、私がもうひとつショックだったのは、私が気づくまで義母がこのことを全く話してくれなかった点です。

 朝夕必ず電話を入れて、「何か変わったことないですか?」「困ったこととかありませんか?」と尋ねて、新たなカートに気づいた前日も、電話でそう尋ねたのに、「別に何もないよ」と。
 心配をかけまいとしたのかもしれませんが、いずれ分かってしまうことなんだし、言ってくれれば…。

 いや、あるいは私と電話で話してる時は、カートのことは頭から抜けてしまっていたのかもしれませんが…。

 ちなみに新しいカートは前のよりがっしりとしてて、ブレーキ付きで、高級感もあるので、また盗られたり、間違って持って行かれたりしないかしら。
 
 心配になったので、ひとまず、ネームプレートを取り付けてみました。
 これで少なくとも間違って持って行かれる可能性は低くなるだろうし、盗もうとする人がいても、ネームプレートが付いていたら少しはハードル下がるかもしれないので。

 あと、ネームプレートに本人の名前と連絡先(私の携帯番号)を書いてあることで、万一、行方不明になった時とか、すぐ連絡が来るかなというのもあります。
 義母は普段から外出時、携帯を持って出てくれていますが、防御策は多いほどいいですよね(^^ゞ



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

高齢者の約4人に1人が認知症か予備軍

 五十肩になってから(5/12参照)、週2回、整形外科にリハビリに通っています。
 そこのリハビリの先生は40代後半の男性ですが、私の肩をマッサージしながら、いつもいろんな話をしてくれます。

 実は、先生のお母さんも認知症だそうです。
 お父さんに暴行してケガをさせるぐらいに悪化してしまったので、今は施設に入っているそうですが、先生自身もお母さんの介護に疲れ果て、一時期、精神を病んでしまったそうです。

 先生のお友達はもっと悲惨で、同居しているお母さんとお祖母さんがほぼ同時に認知症になってしまい、「もう地獄の日々や」「何もかも投げ出してどこかに行ってしまいたい」と言っているそうです。

 ここの整形外科にも、認知症とおぼしき患者さんは何人も通院していて、先生によれば、毎日のようにいろんなことが起きるそうです。

 ある日、近所のスーパーから「売場のお惣菜をパクパク食べてしまった人がいる。お宅の患者さんでは?」と連絡が来て、行ってみると、確かに患者さん。
 本人は自分の名前も家の電話番号も言えない状態でしたが、財布の中にたまたま診察券が入ってたので、連絡してきたそうです。

 また、別のある日、待合室のソファに寝っ転がってるお爺ちゃんがいて、最初は誰か患者さんの家族かな?と。
 が、いつまでもそこにいるので、声をかけたら、家族でも何でもなく、外からふらっと入ってきた認知症の人だったそうです。

 うちの義母も、これまで出先で道に迷ったり、転んだり、救急車も2回呼ばれてるし、全く他人事じゃないです。
 これからのことを考えるだけで、胃が痛くなります。

 しかもリハビリの先生が言うには、「今からあれこれ考えても実は無駄かも。想定外のことが起きるのが認知症だから」。
 あんまり脅さないで下さいよ~(T_T)

 義母が認知症になる前はほとんど気にも留めませんでしたが、統計で見ると認知症の人ってすごく多いんですよね。

 厚生労働省の2015年1月の発表によると、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されているそうです。

 認知症の前段階とされる「軽度認知障害(MCI: mild cognitive impairment)」と推計される約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人が認知症あるいはその予備軍なんだそうです。

 これは医療機関を受診して認知症と診断された人の数字で、まだ受診していない人も含めると、もっと数は増えます。

 自分の親と配偶者の親、4人とも健在だったとして、そのうち1人はやがて認知症になるか、その予備軍ってことになりますよね。
 すごく高い割合だと思います。

 私の方の両親は今のところ特に問題はありませんが、この先どうなるのか…。
 願わくば、このまま元気でいてほしい(T_T)

 ちなみに、私の通っている整形外科の先生(お医者さんの方)は、認知症に限らず介護対象及び予備軍の高齢者の方には、半ば強制的にデイサービスに通ってもらってるそうです。
 なぜかというと、まだ余裕のある段階のうちに通わせて、福祉の側と「コネクション」を作っておくことで、ゆくゆく、施設に入りやすくなるからだと。

 義母も、同居が嫌ならせめてデイサービスに行ってほしいんですが…。
 何度も頼んでいますが、相変わらず承諾してくれません。


※参考資料
 認知症フォーラム.com>認知症の人はどれくらいいるのですか?



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる