2013年の人気記事ベスト10

 昨年に引き続き、性懲りもなく年末恒例!
 「今年人気のあった記事はどれ?」ってことで、いただいた「ブログ拍手」の数の多かった順に並べてみました。

 で、これも毎年書いていることですが、「お気楽くっくり」の場合、何カ月もかけてじわじわと拍手をいただくパターンが多いようなんですね。
 サーチエンジン経由で突発的に訪問して下さってる方がけっこういらっしゃるのかもしれません。
 なので、比較的最近の記事は上位に上ってきてません(^_^;

 12月30日午前0時時点の拍手数ランキングは以下のとおりです。

 すごい僅差、というか、ほとんど誤差の範囲内ですね(^^ゞ


【1位】 64拍手
5/13付:ジェイムズ君?

130513-01boston.jpg
130513-02jemus.jpg

【2位】 63拍手
4/16付:デスクトップdeリラックマ

130415DeskTop.jpg

【3位】 61拍手
4/1付:道明寺天満宮の桜

130330_1622~01

【4位】 60拍手
5/6付:長嶋さんと松井くんの国民栄誉賞授与式

【5位】 59拍手
4/22付:宇宙戦艦ヤマト2199でチョーさん3役

【6位】 58拍手
5/20付:新明解国語辞典がとんだ事に…

【7位】 57拍手
6/3付:You Are Love(「復活の日」主題歌)

【同7位】 57拍手
4/29付:「ファイブスター物語」連載再開

【9位】 55拍手
7/22付:「あまちゃん」は面白い!

【同9位】 55拍手
4/8付:パンスターズ彗星
 

 リラックマネタと漫画(アニメ)ネタはやっぱり強いですね。

 ただ、1位の「エロイカ」は表のブログのこのエントリーにリンクを貼っており、それに引っ張られて訪問された方が多いと思うので、実は「ズル」(^^ゞ
 だから真の1位はリラックマですね(^^ゞ

 というわけで、今年もご愛読いただきありがとうございました。
 特に「拍手」ボタンをクリックしていただいた皆様、本当にありがとうございます。

 今年の「お気楽くっくり」更新はこれにて終了です。
 来年もまた週1ペースの更新、ネタもばらばらだと思いますが、宜しければ「ぼやきくっくり」とともに引き続きご愛顧下さい<(_ _)>

 それでは皆様、良いお年を!!(^_^)ノ""""


※夫(45歳)が3年ほど前から使用しています。食い止めています。

※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しました。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてアマゾンを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。まだ始めたばかりで今後どうなるか分かりませんが、押しつけがましくならない程度にやらせていただくつもりです。これを生業とする気は全くなく、少しでも家計の足しになればという思いです。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

続・何とかしたい結露&カビ

 今年の2月に「何とかしたい結露&カビ」という記事を書きました。

 クローゼットの中にカビが生えてえらいこっちゃ!という内容でした。

 この冬こそは何とか対策を…ということで、グッズを揃えました。

 クローゼットの中にも置ける小型の除湿機と、クローゼットの天井に貼るカビ防止剤です。





 特に除湿機、これが予想以上に機能しています。

 使い始めて半月ほどになりますが、以前はあれだけジメッとしていたクローゼットの中の空気がサラサラ。もちろんカビも発生していません。

 何でこれ、もっと早く使わなかったんだろう…。
 (去年の私に教えてあげたい(T_T))

 あと、わが家は窓ガラスの結露もひどくて、昨冬までは毎朝・毎晩、雑巾で拭いていました。

 水は冷たいし(ガス代ケチっててあまり給湯使いたくない)、雑巾もなかなか乾かないし、何より面倒くさい。

 何とかならんかなあと思っていたところ、これも便利グッズがありました。

 空のペットボトルを装着して使う、結露取りワイパー。
 拭き取った水がペットボトルの中に落ちて行く仕組みです。



 雑巾で結露を拭くとすぐにびしょびしょになって何度も絞らないといけなかったのが、これだとそういう手間も省けます。

 手も汚れないし、窓ガラスの拭き掃除にもなるし、一挙両得。
 雑巾を干す場所も不要ですしね。

 これも、何でもっと早く使わなかったんだろう!…です。


 私はアマゾンでこれらの商品を買いましたが、結露取りワイパーとかカビ防止剤とかは、ドラッグストアや大きめのスーパーなどにも置かれています。

 但し、除湿機は時節柄、今はあまりお店には並んでいないようです。

 実は私は除湿機は当初お店で買おうと思い近所の家電量販店に出向いたんですが、「今は乾燥した季節だから加湿器しか置いてません」ということでした。

 もっともその量販店はちょっと小さめだったのでなかっただけかも。
 大きめのお店なら今の季節も置いてあるかもしれません。


※「ぼやきくっくり」「お気楽くっくり」はAmazonアソシエイト(アフィリエイト)に参加しました。拙ブログで実際に紹介している商品をクリックしてアマゾンを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になる仕組みだそうです。まだ始めたばかりで今後どうなるか分かりませんが、押しつけがましくならない程度にやらせていただくつもりです。これを生業とする気は全くなく、少しでも家計の足しになればという思いです。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

叔母が亡くなりました

 先日、叔母(母の妹)が亡くなりました。

 お彼岸に母方の親戚のお墓参りに行ったという話を前に書きましたが、その時「私と一回りちょっとしか違わない叔母さんが大病を経て一気に老け込んでた」と書いた、その叔母です。

 母は4人きょうだいで、叔母は末っ子でした。
 まだ60代半ば。若すぎる死です。
 母は「一番若いのに、なんで一番先に…」と本当に悔しげでした。

 私が会った時にはかなり回復しており、一緒にお墓参りもして、一緒にお店で食事もして、会話もかなりできていたんですが…。
 10年ぶりぐらいに会ったんですよ。
 いま思えば、あの時会っておけて良かったです。

 私は、母方の祖父母から見て初孫でした。
 そのため、祖父母はもちろん親戚一同から大変可愛がられました。

 が、私は口数の少ない子供で愛想も悪かったため(感情をどう表現したらよいのか分からなかった)、親戚一同にはあまり楽しくない思いをさせてきたのではないかと、けっこう大人になってから(18歳ぐらい?)感じるようになりました。

 それからの私は「普通に愛想の良い大人」になり、その叔母も「くっくりちゃんが笑って挨拶してきた!」と驚いていたと、あとで母から聞きました。
 (私ってそれまでよっぽど愛想なかったんやなぁ…(^^ゞ)

 子供の頃、いろんなものを買ってくれたり、よく遊んでくれた叔母でした。
 私が4歳か5歳の頃、映画館にディズニーの「白雪姫」を観に連れていってくれたことを今でも覚えています。

 社交的な人だったので、葬儀には家族の知らない友人や知人も来られており、ご主人(叔父)が一人一人に「失礼ですが、どういったご関係の…?」と尋ねていました。

 その光景を見ていて、はっと気づいたのは……
 「私がいま死んだら、葬儀に来てくれる友人は皆無に近い!」

 何せ10年以上いまの仕事をしていて(在宅でチラシ作成。データの受け渡しなど全てネット)、交友関係が極端に狭いですから…。
 ネット上の友人・知人は多いんですが…(^^ゞ


※実は今夏には大学時代の友人(男性)がやはり病気で亡くなりました。
 卒業後はほとんど会うことはなかったのですが、年賀状のやり取りはずっと続いていました。
 私と同い年で享年48歳。
 自分や周りの人の「死」について、色々と考えさせられる1年だったように思います。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

あの星に似てる!?

月面のクレーター、立体地図でくっきり(産経2013.12.13 18:29)
>月の表面にある大小さまざまなクレーターなどを立体的に表現した地図を国土地理院(茨城県つくば市)が13日、ホームページで公開した。地球からは見えない月の裏側を含め、地形が詳細に描かれている。

>平成19年に宇宙航空研究開発機構が打ち上げた日本の月観測衛星「かぐや」が集めた月面の高さのデータを使い、作製した。

>月の「南極」付近の地図では、巨大なクレーターの中に小さなものがあったり、隣り合うクレーターの一部が重なっていたりする様子がはっきり見て取れる。ほかの場所は、溶岩に覆われて比較的平らな「海」と呼ばれる地形も鮮やかに描かれており、月がどのように形成されたかを探る手掛かりになりそうだ。

>ホームページのアドレスはhttp://gisstar.gsi.go.jp/selene/

 これが国土地理院が今回公開した月の地図のうちの1枚、「南極」付近のものなんですが……

131213-01moon.jpg

 これを見て、「宇宙戦艦ヤマト」のガミラス星を思い出したのは、私だけでしょうか?(^_^;

 新ヤマト(2199)のガミラス星。

131213-02gami1.jpg

 旧ヤマトのガミラス星。

131213-03gami2.jpg

 新ヤマトのガミラス星の方が、より似てますね。

 ……すみません、ただそれだけです(^^ゞ

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

ふなっしー似の「きゃべっしー」

ふなっしー似の「きゃべっしー」 銚子市、HPで謝罪「誤解与えた」(産経2013.12.6 12:04)
>千葉県銚子市は、特産キャベツのPR大使に任命したお笑いコンビの手作りキャラクター「きゃべっしー」が、同県船橋市の非公認キャラ「ふなっしー」に似ているとの苦情が相次いだとして、ホームページにおわびを掲載した。
>市はおわびの中で「問題のキャラクターを公認した事実はなく、コンビが演出として使用した」と説明。「結果として誤解を与えてしまった」としている。ふなっしー側に既に謝罪し、「もう使わないでほしい」との回答があったという。
>市によると、先月25日、お笑いコンビ「キャベツ確認中」をコンビ名にちなんで銚子キャベツ大使に任命。委嘱状の交付式でコンビの1人が、お礼の意味を込めて、キャベツの妖精でふなっしーの妹という設定で創作した黄緑色の着ぐるみ姿を披露した。「失礼だ」「市が盗作するなんて非常識」などの批判が市に約70件寄せられた。

131207funa.jpg

 これは誰が見てもアウト…、っていうか「ふなっしー」も今では様々なグッズが売り出されていて、ライセンスの問題とか色々あるようだし、そこらへんも引っかかったんじゃないでしょうか。

 銚子市の公式HPを実際見てみると、こうあります。

>(前略)問題のキャラクターについては、銚子市が公認したように伝えられていますが、銚子市として公認した事実はございません。キャベツ大使委嘱の際に、キャベツ確認中のお二人が、お礼の演出の一つとして使用されたものです。
>しかし、この演出により多くの皆様に、結果として誤解を与えてしまったことについて、銚子市としまして深くお詫び申し上げます。

 やはり「お笑いコンビ側が勝手にやっただけで、銚子市は知りませんでした」と聞こえます。
 でも普通は事前に打ち合わせとかしてるはずだし、こんな大きな着ぐるみですから最悪でも直前に職員が気付くと思うんですが…。
 市長も「きゃべっしー」と笑顔でカメラに収まっちゃってるし…(千葉日報11月30日)。うーむ。
 
131207funa1.jpg

 そういや、佐賀県鳥栖市のゆるキャラ「とっとちゃん」がわいせつ発言で活動自粛というのもありましたね。

 今や全国にあれだけの数のゆるキャラがいるわけですから、今後も「ゆるキャラ界」ではいろいろ問題が起きるかもしれませんね(T_T)
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

残念ながらアイソン彗星は…

131201ison.jpg

アイソン彗星が太陽に接近、消滅の可能性も NASA(CNN 2013.11.29 Fri posted at 10:38 JST)

 くぅ~、残念!!(T_T)

 50~100年に一度の大彗星と言われ、肉眼でも観測ができるというふれ込みだったので、「なんちゃって天文ファン」の私も大いに期待してたんですが…。

 でも、事前に「太陽に近づいた時に消滅する可能性もある」って報道も同時にありましたから、この事態はいちおう想定はしてました。

 逆に驚いたのは世間の反応です。

 12月以降に彗星観測ツアーをガッチリ組んでた旅行会社をはじめ、関連商戦を展開していた様々な業界の人が、「まさか消滅するとは…」とかなり慌てた感じでインタビューに答えてたので、え?全く想定してなかったの?と。

 マスコミで言えば、特番を予定してたNHKも番組内容変更で大変みたいです。

 崩壊してしまったアイソン彗星に何が起きたのかを放送するそうです。
 また、国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士・若田光一さんが超高感度4Kカメラで撮影した崩壊前の彗星や美しい地球の姿も紹介。

 ま、これはこれで面白そうだから私は見てみようと思ってますが(^_^;

 ただ、アイソン彗星は全部が消滅してしまったのではなく、本体の核が部分的に残っている可能性はあり、であれば大きな望遠鏡などで捉えることは可能とのことです。

 いずれにしろ肉眼で見るのはもはや無理なので、NASAやメディアなどが追跡して動画や画像を出してくれることを期待してます(^▽^)

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる