FC2ブログ

「半分、青い。」にあの少女漫画が!

 4月から始まったNHK連ドラ「半分、青い」

 前回の「わろてんか」が私の中でとても面白かったせいもあってか、ちょっとまだ乗り切れてない感じ。
 今回は全く予備知識ないまま見てるので、それも理由かも?

 そんな中、びっくりしたのは、劇中に、くらもちふさこさんの漫画が登場したことです。
 それもちらっと映ったとかではなくて、物語に大きな影響を与える形で!

 劇中では「くらもちふさこ」ではなく、「秋風羽織」というペンネームに変更されていますが、漫画の中身は全てくらもちさんの絵。

 「いつもポケットにショパン」や「東京のカサノバ」などの作品が、そのまま使われています。

 主人公の鈴愛(すずめ)が、この「秋風羽織」の漫画にはまっていく、というストーリーになっています。

 しかも、繊細な漫画を描く「秋風羽織」が、実は男性(豊川悦司さん)だったっていう設定が、何ともアクロバティックでウケた!(≧▽≦)

 詳しくは以下の記事をご参照。

【半分、青い。】くらもちふさこ氏の作品が劇中漫画として登場
くらもちふさこ:朝ドラ「半分、青い。」に名作が実名で登場 ファン歓喜! 検索ワード急上昇
朝ドラ「半分、青い。」第20話は20・9%で大台回復 くらもちふさこ作品登場でファン歓喜


 私(昭和39年生まれ)と同世代の女性なら、くらもちふさこさんの漫画を一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。
 私は昭和50年代に「別冊マーガレット」の熱心な読者で、くらもちさんの漫画もよく読みました。

 本当言うと、実はあまり好みではありませんでした。
 シリアスな展開が多くて、胸がモヤッとする感じで。
 特に「いつもポケットにショパン」は、テーマが重たすぎるというか…。
 私なんか単純だし、分かりやすい漫画を好むタイプだったので(^^ゞ

 とはいえ、「いつもポケットにショパン」と、あと何作品か、実は30歳ぐらいになってから(文庫化されてから)購入したんですよ。
 が、大人になってから読んでも、私にはやっぱり重たかった…。

 50歳を過ぎて、いま読んでみたらまた違う感想を持つかもしれないので、そのうちまた読んでみようと思います。


 ドラマに話を戻して\(^^\)
 
 これから鈴愛は東京に行くのかな?
 そして「秋風羽織」のもとで漫画家修業?
 幼なじみで神童と呼ばれた律(りつ)はやっぱり東京の大学に行くのかな?
 二人の関係はどうなるのかな?

 けっこう少女漫画的な要素が多いドラマだし、この先の展開によっては私もはまってしまうかも!?

 個人的に気になるキャラは、律の親友の西園寺龍之介(あだ名はブッチャー)。
 去年の大河ドラマ「おんな城主直虎」で、家臣の中野直之役だった矢本悠馬さんが演じています。

 律役の佐藤健さんも好きだけど、矢本悠馬さんも良いわぁ~。
 笑顔が可愛いんですよ(≧▽≦)

 ちなみにドラマでは今、主人公たちは高校3年だけど、佐藤健さん(29歳)も矢本悠馬さん(27歳)も童顔なせいか、全く違和感がありません(^_^;



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

NHK連ドラ「わろてんか」

 NHK連ドラ「わろてんか」。

 しょっぱなからごめんなさい。
 関西弁(大阪弁・京都弁)が中途半端な方が多くて、イライラします(T_T)

 これは今に始まったことではなくて、歴代の連ドラ、いえ、他の関西を舞台としたドラマや映画などにも当てはまる話ではありますが…。

 「わろてんか」のキャストをざっくり調べさせていただいたところ、主役の方もそうですし、主要な脇役の方々も、ほとんどが関西以外の出身のようです。

 だから仕方ないといえば仕方ないんですが…。

 でも、過去の、関西が舞台の連ドラを思い起こすと、今回よりはマシっていうか…、それぐらい、皆さんひどすぎる(T_T)

 関西出身以外の方で、何とか聞けるのは濱田岳さん(東京出身)ぐらいかも。

 夫にこの話をしたら、「遠藤憲一も出てるんやろ?関西弁へたやで~」という評価でした。
 (彼が出演するドラマや映画を、夫はこれまでたくさん見てきた)

 確かに、申し訳ないけど、遠藤憲一さんは他の出演者と比べると、特にひどい…。

 さほど主要でない脇役、たとえば番頭さんとか女中さんとかには関西出身の方が多くて、こちらは安心して聞いていられるのですが…。

 ただ、物語自体はとても面白いです。
 キャラクターもそれぞれ個性的で楽しい!
 だから視聴は続けるつもりです。

 特に主役の「てん」(葵わかなさん)は、明るいし、元気だし、朝のドラマにはぴったりですね(^▽^)

 あと、「てん」に思いを寄せる、実家の丁稚の風太(濱田岳さん)も、優しくて健気でいいですね。

 私が「てん」だったら、結婚相手には、藤吉さん(松坂桃李さん)よりも、伊能栞さん(高橋一生さん)よりも、風太を選びます(^^ゞ



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

「おんな城主 直虎」サントラが良い!

 今年の梅雨は比較的雨が少ないので、けっこうウォーキングとか行けてます。

 iPodで曲を聴きながら歩くことが多いんですが、ここ1カ月ほど良く聴いてるのが「おんな城主 直虎」のサウンドトラック(^▽^)



 しばらく「1」を聴いてましたが、あまりに良いので、その後「2」も買いました。

 特に好きな曲は、
 「1」では
  ・虎口
  ・竜宮小僧のうた
  ・亀の笛

 「2」では
  ・謡い経 とわから次郎へ
  ・風馬
  ・今川エンタ
  ・銭の犬
  ・団

 もともと私は菅野よう子さんの音楽が好きで、アニメのサントラを何枚か持ってるんですが、「直虎」のサントラも一部アニメっぽい感じの曲があります。

 「今川エンタ」は、シンセ多用で、なんとなく「攻殻機動隊」のようなイメージ。
 「銭の犬」は、ギターがかっこいい。こちらは「COWBOY BEBOP」っぽい?

 って、あくまで個人の感想ですよ(^_^;

 「銭の犬」を初めて聴いた夫は「これ押尾コータロー?」と言ってました。


 ドラマ本編にも私はかなりはまってまして…。


 大河だから、登場人物がこの先どうなるかはもう確定しちゃってるわけです。
 政次もこの先、ろくなことにはならないのが分かってるので、ちょっと辛い…。

 でも今回の大河は、歴史上かなりマイナーな人物が主人公。
 史料が少ないんですよね。

 他の大河ももちろんフィクション入ってるけど、「直虎」の場合、もっとたくさん入ってると思うんですね。

 はっきり言って、「このドラマは実話をもとにしたフィクションです」とキャプションが入ってもおかしくない感じ?

 だから政次もこの先、史実を大きく崩さない形で、ちょっとは良いことが起きるかもしれない!?

 と、私は期待してるんですが…。

 たとえば、三谷幸喜さん脚本の「新選組!」ではこんなことがありました。

 ドラマの序盤で、近藤勇と坂本龍馬が江戸で知り合ってて、「そんな史実はない」と視聴者から突っ込まれたそうなんですね。

 三谷さんはそういう突っ込みが来るのは想定内で、「2人が江戸で『知り合っていない』という史料はない!」ってことで押し切ったと聞きました。

 それと同じような感じで、政次にも良い目を見させてあげてよ~と思ってしまうのよ、私は…(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

懐かしさ漂う「ひよっこ」

※電力乗り換えで電気代めちゃ上がった件、追記しておきました。
 4月分は例年と同程度の請求額に戻ってます。
 http://okirakukukkuri.blog37.fc2.com/blog-entry-530.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」。

 放映開始からだいぶ過ぎてしまいましたが、ここまでの感想…<(_ _)>

 物語は、昭和39年、東京五輪の年から始まります。
 私は実は昭和39年生まれで、だからこのドラマには当初からとても興味がありました。

 が、正直、最初の頃の茨城編はあまり面白く感じませんでした。ごめんなさい。
 理由はよく分かりませんが、何か、まどろっこしかった…。

 東京編、すなわち主人公のみね子が東京に集団就職でやって来て、舞台が「向島電機」(トランジスタラジオ工場)に移ってから、がぜん面白くなってきました。

 工場の仲間たちがそれぞれキャラ立ちしてたのが、一番の理由かな?
 乙女寮の舎監、愛子さん(和久井映見さん)が特に良かったです。

 工場が倒産したのは残念でしたが、「すずふり亭」という新たな就職先(みね子の失踪したお父さんと縁のある洋食屋)が舞台になって、ここからが物語の本番って感じなんですかね。

 このドラマ、全体的に、何だろう…、懐かしさが漂うというか…。

 幼かった私には記憶にない時代のことだけど、日本全体がとても活気に満ちあふれていて、人々も明るく、逞しく、優しく、前向きだったんですよね。

 これまでのところ、悪人とか意地悪な人とかが出てきてないのも、何だか安心して見ていられます。

 みね子を演じている有村架純さんは、かつて「あまちゃん」で、主人公の母親=小泉今日子さんの若かりし頃を演じてましたよね。

 あの時よりも、今の方が、何だかキョンキョンに似ているような気がします。

 とにかく可愛い!
 女の私から見ても可愛い!(^▽^)

 ドラマのみね子は、田舎育ちということもあり、おっとり、のんびりした性格ですが、東京の荒波に揉まれて、今後どうなっていくのでしょう?

 願わくば、これからも、おっとり、のんびりでいてほしいけども。

 あと、お父さんと早く会えますように…!(T_T)

 あ、そうそう、ナレーションの増田明美さんも良いですね。
 みね子たちを見守るような、優しい語り口調で、このドラマにぴったりだと思います。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

女性が主役の大河ドラマ

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
 当初はあまり期待してなかったけど(すみません)、意外と面白いですね。

 てか、まさかの主婦層取り込み!?
 だって、何か昼ドラっぽくないですか?(^_^;

 幼なじみ二人に恋愛感情を抱かれて、板挟みになる主人公…。
 そのうちの一人は他の女性を妻に娶るが、その女性に嫉妬されて、危うく殺されかける主人公…。

 うーん、昼ドラっていうよりは、サスペンス物?(^_^;


 話は変わりますが、近年、大河ドラマで女性が主役ってこと多くありませんか?

 …と最初は思ったんですが、Wikipediaで調べてみたら、けっこう昔からありました!


昭和42年「三姉妹」(岡田茉莉子・藤村志保・栗原小巻)
 徳川幕府崩壊後、旗本の三姉妹の視点から見た明治を描く。

昭和54年「草燃える」(石坂浩二・岩下志麻)
 源頼朝と北条政子の生涯を軸に源平合戦から承久の乱までを描く。

昭和56年「おんな太閤記」(佐久間良子)
 豊臣秀吉の正室・ねねの視点から描く戦国作品。

昭和60年「春の怒濤」(松坂慶子)
 日本初の女優・川上貞奴の生涯と明治の文化人、自由民権運動を描く。

昭和61年「いのち」(三田佳子)
 第二次世界大戦後を生きた女医の半生を描く。歴史上の人物が全く登場しない唯一の作品。

昭和64年〜平成元年「春日局」(大原麗子)
 春日局が徳川家光の乳母として、武家社会で成功する過程を描いた作品。

平成6年「花の乱」(三田佳子)
 足利義政の正室・日野富子を中心に、応仁の乱とその前後の時期を描く。

平成14年「利家とまつ」(唐沢寿明・松嶋菜々子)
 前田利家とその妻まつの出世物語。

平成18年「功名が辻」(仲間由紀恵・上川隆也)
 山内一豊とその妻・千代の出世物語。

平成20年「篤姫」(宮崎あおい)
 天璋院篤姫の生涯を描く。

平成23年「江」(上野樹里)
 戦国乱世の時代に翻弄された女性・浅井江の波乱の生涯を描く。

平成25年「八重の桜」(綾瀬はるか)
 新島襄の妻・八重の生涯を描く。

平成27年「花燃ゆ」(井上真央)
 吉田松陰の妹・文の生涯を描く。

平成29年「おんな城主 直虎」(柴咲コウ)
 後に徳川四天王になる井伊直政を育てた養母・井伊直虎の生涯を描く。


 うーん、こんなにたくさんあったとは…。

 でも、やっぱり近年すごく増えてるように思います。
 平成18年以降は、ほとんど2年に1回ペースですから。

 同じ女性として嬉しいといえば嬉しいけど、大事なのはやはり中身が面白いかどうかですよね。

 たとえば「花燃ゆ」とか、第三者から突き放して見た感じがあって、どこか入り込めないところがあった…。

 男性であっても女性であっても、やはり歴史にそれなりに影響を与えた人を主役に持ってこないと難しいのかも?

 その点、今年の井伊直虎さんはどうなんでしょう?

 放送が始まる直前の時期に、「実は女性じゃなく男性だった」って話も出てきて、水を差されましたが…。

 まあ大河なんてそもそもフィクションの部分も多く含まれてるわけだし、私も昼ドラでも見る感覚で楽しもうと思ってます(^_^;


 ちなみに「おんな城主 直虎」で好きなのは、高橋一生さん演じる小野政次。
 クールで、ちょっとひねくれた感じが良いわ〜(≧▽≦)

 高橋一生さんは2014年の「軍師勘兵衛」の井上九郎右衛門も演じましたが、あれもクールな感じでしたよね。

 普段あまりドラマ見ないから分からないけど、もともとクールな役どころが多い役者さんなのかしら…(^_^;



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる