小林麻央さんが亡くなった

 たった34歳で…。・゚・(ノД`)・゚・。
 麻央さんはもちろん、夫の海老蔵さんや幼いお子さんたち、残された方々もお気の毒でなりません。

 って、こんなことを言ったら、麻央さんは悲しむのでしょうが。

 というのも、麻央さんは、2016年、闘病生活などを綴ったブログで多くの人を勇気づけたとして、英BBCが世界から選ぶ「100人の女性」のうちの1人に選出されましたが、その時、BBCに寄せた手記にこう記していたからです。

【人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません。
 例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。
 『まだ34歳の若さで、可哀想に』『小さな子供を残して、可哀想に』でしょうか??
 私は、そんなふうには思われたくありません。
 なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。

 私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです。
 だから、与えられた時間を、病気の色だけに支配されることは、やめました。
 なりたい自分になる。
 人生をより色どり豊かなものにするために。
 だって、人生は一度きりだから】

 麻央さんが亡くなった翌日(6月23日)、午後2時半過ぎから始まった海老蔵さんの会見。
 中継で見ました。

【……帰ったときには麻央は、まだこの世にいてくれて、たまたま、本当にたまたまなんですけど、私がちょうど妻のそばに座って、呼吸が苦しそうだったので大丈夫かなと。
 一昨日までは、しゃべれたんですけど、昨日は、ずっとしゃべれずにいたので…。
 これは本当に不思議な話ですけど、息を引き取る瞬間を私は見てました。
 そのとき、不思議なんですけど「愛してる」と言って、彼女が…。
 その一言を言って…(海老蔵さん、涙ぐむ)。
 泣いちゃいますよね。
 その一言、「愛している」と言って、そのまま……旅立ちました】

【旅立ったのがなんというか、こんなに愛されていたのは、よく分かってたんですけど、最後の最後まで愛してくれていたことに……。
 (号泣する海老蔵さん)何とも言えませんね。
 すいませんね。
 昨日の今日で何の準備も出来てなくて、お見苦しいところを】

 民放だけでなく、NHKも中継してました。
 しかも会見終了後は、科学文化部の記者の解説付き。

 民放はともかくNHKがそこまでせんでも、と一瞬思ったけれども、麻央さんが日本社会に与えてきた影響の大きさを思えば、それもありなのかも…。

 麻央さんがブログで発信し続けてくれたことで、がん患者の方々や、支えている家族の方々は、どれほど励まされたことでしょう。

 また、ふだんは検診を受けないような人も、麻央さんの発信をきっかけに受診し、早期発見につながるなどして、命を失わずに済んだ人も、たくさんいると思います。

 逆にというか、今回の訃報を受けて、動揺されている患者さんやご家族もおられるかもしれません。
 がん専門医の方が、そういう方々へのメッセージを寄せています。

小林麻央さん逝去に がん専門医が思うこと


 私はもともと芸能のことは、ブログやツイッターにあまり書きませんが(読者の方々はそういうの求めてないと思うから)、麻央さんのことはずっと気にはなっていました。

 私も10数年前に胸にしこりを見つけて、近所のお医者さんに診てもらったら、大きな病院にすぐ行くようにと、紹介状を渡され…。

 あの時は、生きた心地がしませんでした。
 検査の結果は乳腺症というもので、全く問題なかったんですけども。

 その後、「しこりは良性だけども、手術して摘出した方がいい」と勧められましたが、私は手術は受けず(メス入れるの恐いから(^^ゞ)、今もしこりは胸に残っています。

 それ以降、毎年、乳がん検診を受けてきました。
 とはいえ、この2年ほどちょっとさぼってる…。
 行かなきゃ…。

 とにかく皆さん、私なんかが今さら言うまでもないけど、乳がん検診、受けましょうね。
 あ、他の検診も。

 てか、人に言う前に、自分がちゃんと受けろって話ですけども…。
 夫は特定健診すら行ってないし…。
 この話、先日もしましたね。
 未だに聞く耳持ってくれないんですよ(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

キウイのCMかわいい(≧▽≦)

 キウイのCMにはまってます。
 皆さんも一度は目にしたことがあるのでは?

 いろいろ種類があるようですが、私が最初に見たのはこれかな~。

ゼスプリ キウイ TVCM 「キウイはビタミンだけじゃない」 #02 フルーツトーク篇



 最近よく見かけるのは、この2本。

ゼスプリ キウイ TVCM 2017 #01「甘さも、栄養も、たっぷり!」ゼスプリのシールは篇


ゼスプリ キウイ TVCM 2017 #02「甘さも、栄養も、たっぷり!」選ばれしキウイ篇



 近所のスーパーのキウイ売り場に、この2人(2体)のぬいぐるみが置いてあるんですが、あまりに可愛いので、いつも思わずなでてしまう(≧▽≦)

 但し、我が家ではキウイは滅多に食べません…。


 web限定動画もあるようです。

ゼスプリ キウイ WEB限定動画 #03 おいしいキウイの見分け方篇



 他にも動画がいろいろあります。
 興味を持たれた方は、「ゼスプリ キウイフルーツ」のチャンネルからどうぞ。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

尾崎の死から25年

 これ本当は先週書いた方がタイムリーだったんですが…。

 尾崎豊が亡くなったのは1992年4月25日。
 ですから今年はちょうど25年でした。

 私は尾崎と同世代(学年で1つ上)です。
 デビュー当時、「15の夜」をたまたまラジオで聴く機会があって、それ以来ずっとファンでした。

 時は流れて…

 私は1990年代前半にバンド活動をしていたのですが、知り合いのバンドの人にこんな頼まれ事をしました。

「企画物で尾崎豊のコピーをやろうとしてるバンドがある。ライブが近いんだけどキーボードがいなくて困ってるらしい。くっくりちゃん、参加してくれへん?」

 尾崎の曲でキーボードというと、けっこう難易度高いと思うんですが(「シェリー」とか)、尾崎のファンでもあるし、2つ返事で引き受けました。

 ライブまで日にちがなくて、練習は大変でしたが…

 で、明日はライブという日に、飛び込んできたのが、な、なんと、尾崎死去のニュースでした。

 バンドメンバー一同、本当に驚きました。

 というわけで、翌日(1992年4月26日)のライブは期せずして、「追悼ライブ」になってしまったという…。

 若い頃の切ない思い出です。

 ライブのテープまだあったかしら…と思って探したら、あっさり出てきたので(^_^;、冒頭の1曲だけご紹介。

19920426尾崎豊コピーライブ Love Way


 キーボードとコーラスを担当していますσ(^_^;
 ストリングスだけでなくて、ピアノも弾いてるんですが、音質悪くて全く聞こえませんね(T_T)

 最後に、私が一番好きな尾崎の曲はこれ!
 名曲です~~(≧▽≦)

Forget me not





※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

運動会の歌

運動会の歌


 昔、和歌山市に住んでいた時、運動会で歌いました。
 和歌山県限定であることは、つい最近知りました。
 ラジオ体操の歌とか、甲子園の歌みたいに、てっきり日本中で幅広く歌われているものだとばかり思っていました。

 昭和31年に和歌山市の教育委員会によって作られたんだそうです。
 NHK和歌山のサイトに歌ができた経緯が載っていました。

「運動会の歌が制作された昭和31年っていうのは、和歌山県にとって、その3年前に起こった昭和28年7月18日の水害から復興が進みつつあった時期で、やはり子供たちに元気や明るさを届けたい。そういう意味で非常に優れた歌だったので、徐々に県内に広がっていったんだと思います」

 最近は歌っている学校は少なくなっているそうで、ちょっと残念ですね。

 細かな歌詞は忘れましたが、メロディーはよく覚えてます!


  緑の風に朝を呼ぶ 
  仰ぐ青空 心は踊る 
  嗚呼 夢湧く日 
  楽しく集い
  花と開く運動会 

  いざ友よ 
  希望明るく手を組んで 
  明日の日本を背負うのだ


  燃える大空明日を呼ぶ 
  輝く雲に心は円 
  嗚呼 夢湧く日
  楽しく過ぎて
  憧れ結ぶ運動会 

  諸共に 
  伸びる我等に幸あれと 
  若い希望は微笑むよ



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

「幸福の科学」の思い出

 金正男暗殺事件で影が薄くなってしまいましたが、少し前まで、ワイドショーは女優の清水富美加さんの「幸福の科学」出家引退騒動で一色でした。

 私は清水富美加さんのことは、NHK連ドラの「まれ」でしか知りませんが、浅野温子さんの若い頃によく似ていて、可愛い人だなあと思ったものです。

 よく分かりませんが、あの若さで決断に至った過程には、よほどのことがあったのだろうなと。
 日本は信教の自由が保障された国ですから、周りに迷惑をかけない範囲で、己の信じた道を進んでいただければ…。
 って、事務所とかに迷惑かかってるから問題になってるんでしょうけどね(T_T)

 「幸福の科学」と言えば、私はちょっとおかしな思い出があります。

 もう20年以上も前のこと。
 夫(当時は彼氏)の職場の男性が結婚することになり、私も結婚式に招待されました。

 私はその人とは一度か二度会ったことがある程度なんですが、夫が「彼女もぜひ一緒にどうぞって言われた」と言うので、いいのかな~と思いつつも、列席しました。

 場所は大阪市内のキリスト教の、けっこう大きな教会でした。
 建物は古く、由緒ある教会に見えました。

 驚いたのは、式の後。
 その職場の人すなわち新郎が、引き出物みたいな感じで、全員に本を配り始めたんです。
 それが何と「幸福の科学」の本でした。

 ほとんど面識もないのに、こんなのもらうの悪いな~と最初は思ったけど、後で考えたら、何てことはない、布教活動の一環だったんですよね。

 私は「もったいながり」な人間なので、一通り読んでから、古紙回収に出しました。
 内容は全く覚えてません(^^ゞ

 しかし、これも今だからこそ思うのだけども、「幸福の科学」の信者さんがキリスト教の教会で結婚式って、何かおかしくないですか?(^_^;

 …と思って、今ちょっと調べたら、「幸福の科学」のサイトにこうありました。

「諸宗教を包含する未来型の宗教」
「仏教的精神を基本にしていますが、仏教と同じく、自由と寛容さを大事にしている」
「キリスト教やイスラム教などの他宗に入信している方でも、信者になる方がたくさんいらっしゃる」

 ふーん、じゃあ別に教会で式を挙げてもええんや…。

 私は産経新聞購読者ですが、しょっちゅう、大川隆法の本の広告が載っています。
 産経って経営が苦しいのかな?よほど広告取れなくて困ってるんかしら?とか、いつも思う。
 他紙にも載ってたりするんでしょうか?

 以上、先週に続き今週も芸能ネタかと思いきや、実は宗教ネタでした(^^ゞ



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる