浅田真央ちゃん引退



 「ぼやきくっくり」はいちおう「憂国ブログ」なんですが、真央ちゃん関係のツイートは反響がけっこうあって…。

 みんなやっぱり真央ちゃんが好きなんやなぁと。

 引退を知ったあの夜から、私はしばらく気抜けのようになってました。

 翌日からワイドショーとか録画しまくって、見られる限り見て…。

 ソチ五輪の後、何度か引退が噂されたけど、できればもう少し選手として続けてほしくて…。

 だけど、ついに終わりの日が来て…。

 去年の全日本選手権で12位に終わった時も、引退するとはまだ思いませんでした。

 この試合を解説した荒川静香さんが言うには、この時、引退の予感があったそうで、「状態がトップまで上がってきてないのに、トリプルアクセルを跳ぼうとしたのは、自分の中でやりきりたい気持ちがあったんだろうと」と。

 この4月2日まで行われた世界選手権の結果、平昌五輪の日本人女子3枠を確保できず、2枠になったことも、引退の決断に影響したのかなとも思ったけど、それは4月12日の会見でご本人が明確に否定していましたね。

 引退を決めたのは2月であると。
 
 2枠が決まった時、多くの人が思ったでしょうが、私も「これは真央ちゃん、食い込むのきついな」と。

 その時も、でも、引退の2文字は具体的には私の頭には浮かんでこなかったんです。

 だからこそ、引退のニュースを聞いた時、びっくりしてしまったわけですが…。

 会見は動画で全部見ました。



 真央ちゃんて、何というか、やっぱり別格なんですよね。

 真央ちゃんと同世代の選手の方々や、若い他の選手の方々も台頭してきたけども、私、冷たいようだけど、あまり興味を持てなくて…。

 本当に申し訳ないけど、真央ちゃん以外、ハートにグッと来る(死語)選手がいなくて…。

 この先もずっと出てこないかもしれません。

 男子では、羽生結弦くんがわりとハートにグッと来るけど、それでもやっぱり真央ちゃんほどではない…。

 何で真央ちゃんなのか?

 ロシアのプルシェンコさんが、真央ちゃんのソチ五輪フリーの演技の後、「君は本物のファイターだ!」と賛辞を送ってたけど、そこだと思います。

 安全策をとって高得点につなげようとする選手も多いなか(試合に勝つのがアスリートの宿命だから決して悪いことじゃない)、こだわりを持って、常に自分の限界に挑戦してきた真央ちゃん。

 ジャンプ以外の、たとえば表現力とかでも十分世界で戦えるのに、あえて難しい演技構成に挑んできた真央ちゃん。

 そういう姿勢に、私は惹かれたんだと思う。

 あと、何と言っても、華やかさとオーラですね。

 よく彼女は、天使のようだとか、妖精みたいだとか言われたりしますが、それってファンだけじゃなくて、練習風景やプライベートを見てる周辺の選手も言ってるんですよね。

 高橋大輔くんとか、織田信成くんとか、今回の引退表明を受け、改めてそう言ってました。

 そうそう、織田信成くんと言えば、4月11日の関テレ「報道ランナー」で、こんな話をしてました。

「真央ちゃんのスケート、僕から見ると、何か浮いてるような…。スケートは氷の上でとてもバランスが取りにくくて、力を入れて踏ん張ったりするけど、そういうのじゃなく、難しいことを軽やかにしてて、雲の上にいるような…。見てて、何か違うなと。技術的なことかもしれないし、精神的なことかもしれないけど、ずっとスケートしてきた僕が見ても、何だろうこのスケートは…と思うような」

 真央ちゃんは天才ですが、その裏には、もちろん膨大な練習量があって…。

 「練習の鬼」で、コーチが練習のしすぎを心配したり、織田信成くんは、練習に臨む姿勢がストイックな真央ちゃんを、かつて「修行僧」に喩えたことがありました。

 ソチ五輪のあと1年間休養して、復帰後は、年齢から来る衰えとケガとの闘いでした。

 練習後も、人から見えない所で、筋トレなどを頑張ってたそうです。
 それはそれは過酷なトレーニングだったと。

 でも弱いところは人には見せない。
 試合で良い結果が出なくても、ケガを言い訳にしたりしない。

 練習や試合の時とは違って、普段はチャーミングで、ちょっと天然なところもある真央ちゃん。

 フィギュアに対してもピュアだし、人に対してもピュア。

 そういう人間性も魅力ですよね。

170412mao.jpg

 日本だけでなく世界からも愛された選手でした。

 数年前、たぶん「Mr.サンデー」で見たんですが、ロシアに真央ちゃんのファンクラブがあったり…。

 もちろん世界の選手たちからも愛されてました。

 これも数年前、何かの番組で見たのは、ロシアの女子選手たちに取材したら、みんな真央ちゃんのファンだったという。

 アメリカのアシュリー・ワグナー選手に至っては、初めて真央ちゃんに会った時、感激のあまり泣いてしまったのだとか。

 真央ちゃんといえば、キム・ヨナさんがよく引き合いに出されますよね。

 今日の会見では、赤旗の記者が彼女について質問をして、ネット上で波紋を呼んだようです。

 同い年で、同じ時代に競い合ったライバルだから分からなくもないけど、すみません、私もあまり同じ土俵で語ってほしくないです。

 とにかく真央ちゃんは別格だと思うから。

 キム・ヨナさんは悪いけど、「あの時の金メダルって誰だったっけ?…ああ、キム・ヨナさんか」というレベルなんじゃないかと。

 真央ちゃんはそういうんじゃなく、もはや記録とかは突き抜けてしまってる存在だと思う。

 もちろん記録もすごいけど、それ以上に、演技が記憶に残る選手というか…。

※記録はたとえば…
 グランプリファイナル4回優勝
 世界選手権3回優勝
 “同一競技会(バンクーバー五輪)でトリプルアクセル3回成功”のギネス記録

 技術もすごいけど、とにかくオーラが他の人と全然違ってます。
 あくまで私見ですが。


 今をときめく宇野昌磨選手や本田真凜選手など、男女問わず、多くの若い選手が真央ちゃんの後を追いかけ、そして成長してきました。

 日本のフィギュア界だけでなく、世界のフィギュア界にも大きな影響を与えた真央ちゃん。

 彼女の影響、いや、貢献と言っていいですね、それはこれからもいろんな形で続いていくのでしょう。

 スポーツって必ずしも順位だけじゃない、そのことを教えてくれたソチ五輪のフリーの演技は、多くのファンにとってそうであるように、私にとっても大切な宝物です。

 私よりはるか年下で、親子ほど年が離れてるのに、たくさんの感動と勇気と教訓を与えてくれた真央ちゃん。

 本当にお疲れさまでした。そして長い間本当にありがとう!



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

イチローがメジャー史上30人目の3000安打を達成


 残りあと数本ってとこで、勢いが止まって、足踏みが続いたんですよね。

 「早く達成しないとリオ五輪が始まっちゃうよ!マスコミの目がそっちに行っちゃうよ!」とヤキモキしてたら、本当に五輪が始まってしまって…。

 いまいち目立たないシチュエーションになってしまったので、それだけが少し残念ですね。

 (さらに言えば、今日は天皇陛下の「ご譲位」に関するご表明もあった)

 2000年に大リーグのマリナーズに入団してから、ここまで本当に、記録と記憶に残る活躍を続けてきたイチロー選手。

 今回は今までになく、「産みの苦しみ」を味わっていたようです。

 中継では、記録達成後にサングラスの奥で涙を流す姿が映りました。
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm29403619
 (7:00頃〜)

 6月の日米通算記録4257安打と違って、今回はメジャーのみでの記録なので、さすがに誰も文句は言えないですよね。

 1年目にジュニアオールスターでMVP獲って、「プロ野球ニュース」に出演して、緊張した面持ちで受け答えしていた少年が…
 
 ※当時の試合の動画
  https://www.youtube.com/watch?v=m24bacYnk_s

 いまや白髪の渋い「おじさん」になって、こんな大偉業を…!!

 本当に感慨深いです。

 そして、イチローのこのコメント……

「達成した瞬間にチームメートやファンが喜んでくれた。僕にとって3千という数字より、僕が何かをすることで他人が喜んでくれることが何より大事だと再認識した。3千を打って思い出したのは、このきっかけをつくってくれた(元オリックスで2005年に死去した)仰木監督のこと」

 前半の「再認識」の部分も嬉しかったけど、
 仰木さんのことを忘れずにいてくれたのも嬉しかった!

 ※会見全文はこちら
 http://full-count.jp/2016/08/08/post41618/



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

イチローが4257安打を打ってローズを抜いたが…


 イチロー選手が6月15日、パドレス戦の9回に2塁打を放って、ピート・ローズ氏が持つ大リーグ記録の通算4256安打を日米通算で上回りました。

 すごいわ~(≧▽≦)

160617ichiro.jpg

 ただ、ローズ氏はお気に召さないようですね。

 イチローが4256安打を打つ前、自身の安打数に1本差とされた時点で、すでにこんなコメントをしていたそうです。

「日本では、高校時代の安打も数えるようになるだろう」
「大リーグと日本の野球が同じレベルだと言う人はいないだろう」

 『メジャー単独』での記録保持者として、そう言いたくなる気持ちも分かるけれども、もうちょっと言い方ってもんが…。
(そもそもイチローのは参考記録で、ローズ氏の公式記録が書き換えられるものではありません)

 日本の野球のレベルだって、ローズ氏が現役だった頃に比べたらものすごく上がってると思うし…。

 ローズ氏の批判に対して、6月14日(火)の報ステで富川悠太アナが、「逆にローズさんが日本に来たらそんなに打てなかったかもしれません」という趣旨のコメントをしてました。
 富川アナは好きではないですが(報ステ自体が嫌いですが)、この発言には同意。

 メジャーで活躍したが日本に来たらサッパリだったって外国人選手、実際これまで大勢いましたよね。
 日本の野球に適応できなかったり、あるいは日本そのもの(=環境の変化)に適応できなかったりで…。

 イチロー自身も、ローズ氏が自分を批判していたことを知っていたようで、試合後の記者会見でこんなふうに言ってましたね。

「日米合わせた数字ということで、どうしたってケチがつくのは分かっていた」
「ローズが喜んでくれていたら全然違うんですよ。でもそうじゃないというふうに聞いているので、だから僕も興味がないというか」

 メジャーは日本よりも試合数が多いから、仮に最初からイチローがメジャーでプレイしてたら、もっと早くに記録を上回っていたかもしれませんよね。

 日本の野球と、アメリカのBaseBall。
 その両方でヒットを打ちまくっての「通算記録」ですから、逆にすごいな~と私なんかは思いますが。

 ↓もっと大きな視点での解説。

 「50歳で現役」を目指して、これからも頑張ってほしいです。

 私は「70歳で現役」を目指すぞ~!(^▽^)
(その年齢まで仕事依頼が来れば…の話ですが)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

吉岡監督とローズ選手(兼任野手コーチ)!!

 多くのプロ野球ファンにとって懐かしい顔が!

 スポーツ新聞(ネット版)をいろいろ見ましたが、一番詳しいのがやはりツイッターでリンクしたdot.の記事。
 保存も兼ねて全文引用<(_ _)>

金銭面の条件提示なし! タフィ・ローズが魅せた黒田に負けない“男気” BCリーグ富山入団会見(更新 2015/6/ 3 16:17)
 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグの富山GRNサンダーバーズに入団したタフィ・ローズ外野手(46)は6月3日、富山県の高岡市役所で会見に臨み、「選手として、コーチとして、自分ができることに全力を尽くす」と意欲を示した。富山とは選手兼任野手コーチとして契約、背番号は16。4日からチーム練習に合流し、6日正午から高岡西部総合公園野球場でプレーボールとなるリーグ公式戦のソフトバンク戦(3軍)に出場する予定だ。

 近鉄、巨人、オリックスでプレーし、「史上最強の助っ人」と呼ばれたパワフルな体はそのまま。流ちょうな日本語でファンに愛された話術も変わらなかった。「富山に来ることができて大変うれしい。ホームランを打ちたい」と述べ、ファンに対しては、「タフィーと呼んで」と親しみやすさをアピールした。

 入団は、近鉄時代の同僚で、昨シーズンから富山で指揮を執る吉岡雄二監督からのラブコールによる。会見では、4月上旬に打診を受けてから現役復帰を決意するまでの経緯が披露された。ローズは吉岡監督の依頼を「必要としてもらえるなら」と快諾した。ただし1カ月間はトレーニングを行って体の状態を確認し、週5日間、2~3時間の練習をこなすことができたので5月中旬、確信を持ってOKと返事した。

 球団との交渉の間、ローズ側から金銭面での条件提示はなかった。BCリーグでは選手1人あたり給与の上限が月40万円という規定があるため、NPB(日本プロ野球機構)時代とは比較にならない薄給でプレーすることになる。黒田博樹投手の広島復帰以来、すっかり定着した「男気」あふれる日本球界復帰の物語が、ローズにもあったということだ。

 「息子の大学進学を契機にあらためて自分の人生を考えていた」という時期にオファーを受けた。背番号の「16」は、7月16日生まれの息子にちなんで決めた。子育てをほぼ終了し、「野球人としてもう一度頑張りたい」という決意に満ちた会見だった。「子どもたちが野球を好きになってほしい」「吉岡監督の力になりたい」と意欲を示したうえで、「不安があるとすれば実戦から遠ざかっていること」と付け加えた。

 日本での生活に不安はなく、1日は都内で焼き肉、2日は高岡市内で刺し身を味わった。日本の食事には慣れている。NPB時代、バイク通勤で物議をかもしたことを振り返り、「富山では自転車で通勤します」と言って笑いを誘った。

 吉岡監督は終始笑顔で、ローズのユニホーム姿に目を細めた。12年ぶりに同じチームで戦うことについて「横にいるのがまだ信じられない。独立リーグに来てくれることに感謝している。いるだけで存在感がある。選手もファンの皆さんも、ローズの素晴らしい人間性を感じ取ってほしい」と述べた。

 吉岡監督は現役時代、ローズに救われたことがあった。近鉄入団1年目の1997年、打撃がなかなか上向かず苦しんでいた時、ふと手に取ったローズのバットが手になじんだ。重さは約910グラム、芯が太く、振りやすく、しっくりきたとのこと。以後、1軍定着を果たし、翌年からは「いてまえ打線」の一角を担うようになった。

 現在、富山は勝率3割9分1厘で現在、西地区の3位。2位で勝率5割8分3厘の信濃グランセローズには大きく水をあけられている。また、吉岡監督にとっては、米国出身の選手と細かいコミュニケーションが取れないことが悩みだった。球団としては専属の通訳など雇えない苦しい台所事情もある。ローズの加入は戦力や語学力、指導力、ユーモアセンス、人間力、集客力など効果は大きいだろう。

 ローズは米国出身で、アストロズ、カブス、レッドソックスを経て来日、13年間NPBでプレーした。1996年から8年間は近鉄に在籍し、99年に本塁打王と打点王の2冠を獲得した。2001年には王貞治が持っていた当時の日本記録に並ぶ55本塁打を放って2度目の本塁打王となり、リーグ制覇に貢献。04年から2年間は巨人、1年間のブランクを挟んで07年から3年間オリックスでプレーし、09年に引退した。日本での通算成績は打率2割8分6厘、464本塁打、1269打点。

 会見は、ローズ、吉岡監督のほか、球団からは永森茂社長、伊東孝悦GM、チームのホームタウンである高岡市の高橋正樹市長も出席して行われた。

(ライター・若林朋子)

  こちらの画像はスポニチ(共同)

1506-01akushu.jpg

 吉岡さんの「横にいるのがまだ信じられない」って言葉を聞くと、ダメもとでお願いしたって感じもしますね。
 月40万円では無理もない。
 でもそんな薄給でも来てくれるローズってすごいわぁ。
 それだけ野球と、それに日本のことも愛してくれてるんですね。

 ローズに関しては夫が大ファンで、2002年、抽選で当たって見学ツアーに参加した時、サインまでもらってました。

1506-02rhodes.jpeg

1506-03sign.jpeg

 ローズの息子さんって、昔、球場に応援に来てたりしたけど、あの小さかった男の子がもう大学生ですか…。
 月日の経つのは早いもんです。

 実は夫はローズが巨人に行ってしまった時、ファンをやめてしまいました(アンチ巨人なので)。
 でも今回の復帰を聞いて、また興味を持ち始めたようです。

 私はというと吉岡さん一筋で、トークショー&握手会に大阪だけでなく和歌山まで出かけていったことも…(このページを下にスクロール。10月13日と20日)。

 まめにファンレターを送った結果、年賀状までいただいたり…。

 現役引退してからも、まあぼちぼちとファンレター書いてましたが、富山に行かれてからは一度も…ですね。
 久々にお手紙書いてみようかしら(^^ゞ

1506-07site.jpg

※関連サイト
富山GRNサンダーバーズ
 「リアル野球盤」メンバー(とんねるずの石橋さんとか)も載ってますね(^_^;

※拙ブログ関連エントリー
11/3/6付:吉岡さんの行方
09/1/6付:今年も憧れの人から年賀状。でも……
08/1/3付:憧れの人&親からの年賀状
07/10/9付:あの人のブログ発見
07/7/4付:吉岡一軍昇格とオールスター
05/6/9付:祝・W杯出場決定!その陰で楽天は……


※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

マラソンの先導車

 1月25日、大阪国際女子マラソン。
 自宅から比較的近い場所にコースがあるので、毎年出かけます。

 今年は晴れで気温も高く、観戦する側は楽でした(^_^;

 昨年ゲットしたデジカメで動画撮影してみました。
 1分半ほどの動画です。



 トップの選手が姿を現すまでの、段取りだったり雰囲気だったりを楽しんでいただけたら幸いです(リラックマ付き)。

 撮影場所はちょうどコースが直角に曲がる地点になってます。
 
 トップで来たのはウクライナのガメラ選手。
 このまま独走を続けて3連覇を達成しました。
 おめでとう!!\(^o^)/



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる