FC2ブログ

要介護1に上がりました

 はい、また義母のお話です。
 正直、他に話題がないのよ、ごめんなさい(T_T)
 (前回の出だしと全く同じですな(^^ゞ)

 こないだ介護保険の認定調査があって、今までは「要支援2」だったけど「要介護1」に上がるかも…、いや、難しいかな…、という話をここでしました。

 今日、新たな介護保険証がこちらに届きまして、中を開けてみたら…。

 「要介護1」に上がってました!!

 「要支援」と「要介護」では枠組みが違うので、介護保険でこれまで受けてきたサービスについて、各業者さんと1から契約結び直しですが、受けられるサービスの幅が広がるし、入れる施設の幅も広がるので、まあ、良かったです。

 さっそくケアマネさんに連絡。
 来週から段取りを始めることになりました。
 年末でそれでなくても忙しいのに、さらに忙しくなりそう。

 あ、ちなみに、介護保険証が入った封筒は、義母宅でなく、こちらの自宅に届きました。
 義母が郵便物をすぐ紛失するので、こちらに届くよう、秋に郵便局に転送届を出したのですが、「転送不要」だと差出人に戻ってしまうので、ケアマネさんに相談したところ、役所に手配してくれたんです。
 届いた封筒の宛名を見ると、「○○様(夫の氏名)方 △△様(義母の氏名)」というふうにしてくれてました。
 ありがたや~(T_T)


 ところで…、義母はまだ洗濯してません。
 先週書いた「同じ柄のタオルが洗濯槽の中で位置が全く変わっていない」もそのまま。

 あれから毎日、「洗濯して下さいね」と私から言ってきたんですが、「明日するわ」と言って、でも、しない。
 毎日、「洗濯してね」「明日するわ」の繰り返し。

 やりとりを重ねるうち、義母は早朝に洗濯をする習慣であることに気付きました。
 なので、朝7時台に電話して、「おはようございます。今から洗濯しましょう」と促す、ということをやりました。
 義母は「うん、分かってる」と返すのですが……、それでもやっぱりしてない。

 しかも、この1週間ほど、洗濯機の中の洗濯物の量が全然増えてないんです。
 タンスを見ると、替えの下着はまだそれなりにあるので、辻褄が合わない。
 やはり下着を替えてないのかもしれません。

 今日は、義母の洗濯機から何点か持ち帰って、自宅で洗濯しました。
 うちの物干し場も広くはないし、冬で乾きにくいし(乾燥機がない)、ちょっと大変なんですが…。

 でも、義母が洗濯をしないことよりも、下着を替えないってことの方がよほど大問題ですよね。
 洗濯は私がやれば済みますが、下着の着替えは…。
 本人は「毎日替えてる」と言うけど、どう考えても辻褄が…。
 その場で、脱げとか着替えろとか言うわけにもいかないし…。

 洗濯の話ばかり義母にしていたせいもあってか、薬の飲み忘れがまた酷くなってます。
 いっぺんに2つ以上のことを言うと、義母も手に負えないので、最近は「薬飲んで下さいね」と言うのはあえて控えていたのですが…。
 このへん、難しいですよね。


 あと、前回は施設入りに関しても書きましたが、年内に弟夫妻が義母宅に来てくれることになり、そのへんも含めてみんなでまた話し合おうとなりました。
 それに備えて、こちらも施設のパンフレットを義母に渡して、ざっくりと説明などしてはいるのですが、当の義母が…

 「今は必要ない。一人で暮らせてるから」
 「だいぶ先の話。本当に一人では無理となったら考える」

 と言い出しました。
 ある程度、予想していたことではあったけど…。

 「でも、お義母さん。普通の引っ越しでもそうですが、思い立ったらすぐに入れるというものでもないので、早めに準備しておかないと」

 と私は言うのですが、義母は「うーん、でも…」という感じ。
 その時は夫も横にいたので、『あなたからも言ってよ』と目配せしたのですが、夫は我関せず状態、っていうか、半分寝てた(-.-#)

 施設入りについては、やはりまず本人の意思が大事だし、私から無理強いすることはできませんが、せっかく八方塞がりの状態から脱出できたと思ってただけに、脱力感がすごいです(T_T)

 こんなやり方はどうかと思いますが、弟夫婦からも言ってもらって、「外堀から埋める」しかないのかな。
 でも、この弟さんもいまいち頼りないっていうか、夫と同じで、ちょっと引いた感じがあるんですよ。

 自分のお母さんのことなのに…。
 息子ってこういうもんなんですかねぇ。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

認定調査の前に起きた事だったら…

 はい、また義母のお話です。
 正直、他に話題がないのよ、ごめんなさい(T_T)

 前回、介護保険の認定調査の面談について書きました。
 ケアマネさんが「いまは要支援2ですが、おそらくはワンランク上がって、要介護1になると思います」と言ってくれていたのですが、その後、別件で会った時にこう言われました。

「すみません。あれからチェック項目をシミュレーションしてみたら、判定は要支援2と出てしまいました。チェック項目以外の特記事項(面談した調査員さんの意見など)と、主治医の診断書とで総合的に判断するので、要介護1になる可能性もないとは言えませんが…」

 あらら…(^0^;)

 介護保険の審査は何年か前の改正で厳しくなってるから(膨らむ社会保障費を考えれば、やむを得ないのですが)、これはたぶん要支援2のままでしょうね…。

 まあ別にいいんですけどね。
 施設に入ってしまえば、要介護1でも要支援2でもあまり変わらないように思うし。

 要介護でないと入れない施設もあるので、選択肢が狭まってしまうのは事実ですが、私が今のところ候補と考えている施設(2カ所)は要支援2でも受け入れOKなので。


 実は認定調査の面談後に、義母に関して「これまでにはなかった気になる点」が、2つ新たに出てきました。

(1)洗濯をしない
 義母はこれまで2~3日に1回、洗濯していたが、少なくともこの1週間は全くしていない。
 現在私は1~2日おきに訪問しているが、洗濯機を開けると、毎回、洗濯槽に洗濯物が溜まったまま。
 以前はこんなことはなかったので、もしかしたら洗濯機が壊れているのかと思い、そう尋ねると、返答は「故障してないよ。いつも洗濯物はある程度溜めてから洗濯してる。そのうちやるから大丈夫」。
 その後も訪問の度に、「そろそろ洗濯しないんですか」「やっぱり洗濯機の調子が悪いのでは」と言ったが、「そのうちやるから」。
 でも全然してない。
 1つ気になるのは、同じ柄のタオル(私があげた物で、その1枚しかない)が、洗濯槽の中で位置が全く変わっていないこと。
 新たな洗濯物が出たら、タオルの上にかぶさるからタオルは見えなくなるはずなのに。
 一方、タンスの中を見たら、替えの下着がなくなってスカスカとかじゃなく、まだかなりの量がある。
 あるいは、義母はもしかしたら下着を替えていない可能性も?
 認知症の人が下着を替えなくなったらかなりヤバイと聞くので、すごく心配。
 もしかしたら、洗濯機は本当は壊れてるのにそれを私に申告してない可能性も?
 義母は、これまでもベッドやテレビが壊れていたり、トイレの電球が切れていたりしても、こちらが気付かない限り、ほったらかしだった(「家電とか壊れてたりしてませんか」と聞いても「別にない」としか言わない)。
 その場で私が洗濯機を回して確認すれば(実際に洗濯すれば)いいのだろうが、二槽式で扱いがよく分からない(T_T)
 このまま洗濯物が溜まっていくと困るので、下着など一部を持ち帰って洗濯した。

(2)日付の間違え方がひどい
 これまで3~4日程度は間違うことはよくあったが、大きく間違うことが増えた。
 例えば、旦那さん(夫の実父)の月命日が16日で、毎月お寺さんがお経を上げに来てくれるのだが、12月初めに私が義母宅に行った時、仏壇の前に座布団やお供え物などをセッティングしてあった。
 「あれ?お寺さん来るんですか?今日は特別に何かあるんですか?」と尋ねると、「今日は16日やろ。月命日やで」。
 えぇぇぇぇ……。

 これらが面談前に起きたことだったら、調査員さんに話せたのに…。
 まあ、話しても、やはり要支援2のまま動かない可能性が高そうだけど。

 洗濯の件については、ヘルパーさんの会社に電話して、今度行った時、洗濯機の中を見てもらって、まだ洗濯物が山積みになってるよなら、洗濯を促してもらうようお願いしました。

 その時、電話で応対してくれたのは社長さん(女性)なんですが、別件で気になる話をしていました。

「先月末にお義母さんの自宅に集金に行かせてもらったんですが、私のことを全く覚えておられなくて、それはまあ今まで2~3回しかお目にかかったことがないので仕方ないとしても、心配なのは、お義母さんが『誰やったっけ?』と言いながらも、躊躇なく私を家の中に入れて、請求書の金額もろくに見ないで、こちらが言った額をスッと払ってしまわれたんです。以前、訪問販売で被害に遭われたそうですが、ああ、その時もこんな感じでスッと家に入れて、言われるままにお金を出してしまわれたんだろうなと…」

 普段、義母は私には、「知らん人が来たら、いつも玄関先で追い返すねん!」と勇ましいことを言ってますが、ああ、やっぱりそんな感じなんや…(T_T)

 今はこちらで義母の通帳を全て預かってて、私が銀行でお金を下ろして、直接本人に生活費として手渡して(多くても10万まで)、義母宅に大きなお金は置かないようにしてあります。
 だから以前のように百万単位でお金を取られてしまったりということはないとは思いますが、やっぱり心配ですわ…。 

 私の五十肩のリハビリの先生は、「元気な認知症ほど厄介なものはないのに、身体が動くからって介護度が低く出されてしまうのはおかしい」といつも言います。
 先生のお母さんがまさに「元気な認知症」で、現在、家族も含め周囲にものすごく面倒をかけているからです。


 施設探しはまだネットで情報を集めている段階ですが、集めれば集めるほど、疑問や心配事が出てきてます。

 一番の疑問・心配事は、義母は長年リハビリ(電気治療)で通っているクリニックがあるけど、そこに引き続き通わせてもらえるのか?ということです。
 施設によっては、系列の病院でないとダメと言ったりするらしいです(ケアマネさん情報)。

 リハビリ通いは義母の「仕事」なので、これを取り上げられたら、一気に弱ってしまう危険性が。
 そんなことになれば、良かれと思っての施設入りも、裏目に出てしまいます。

 そもそも、そのクリニックに義母が徒歩で「通勤」できる距離にある施設が、今のところ2カ所しかありません。
 もし、その2カ所に受け入れを断られたり、あるいは「そのクリニックに通ってもらうのは無理」と言われてしまったら、計画は暗礁に乗り上げます。

 とか書いてますが、義母とはまだ施設の具体的な話し合いはしていません。
 近いうちに夫とまた義母宅に行くので、その時に施設のパンフレットを持参して、話し合ってみるつもりです。

 話し合いもまだなのに、私の頭の中は施設に関することでいっぱい。

「義母は時代劇が好きでケーブルテレビの時代劇チャンネルを毎日見てるけど、施設でも自室のテレビで見られるんだろうか」
「固定電話は自室に引けるんだろうか」
「新聞購読は続けられるんだろうか」
「義母宅が空き家になったら、ガス、電気、水道は解約せずに置いておくべきだろうか」

 そんな細かなことまで考えてしまいます。

 ま、でも、これは幸せな悩みでしょう。
 「一人でやっていけてるから大丈夫」「このまま一人暮らしを続けたい」「同居は嫌」等々言われて八方塞がり、先が全く見通せず悶々としていた日々に比べれば。

 逆に言えば、いま一番怖いのは、具体的な話し合いが始まって、施設入りが現実味を帯びてきた時、義母が心変わりして、「やっぱり施設は嫌。このまま一人暮らしを続けたい」と言い出したりしないか、ってことです。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

要介護認定調査(更新)

 義母のお話。
 先日、介護保険の要介護認定調査の面談がありました。
 今年の1月に続いて2度目です(認定の有効期間は1年)。

 前回、初めての認定調査の面談は、本当は昨年12月に予定されていたんですが、当日、義母が行方不明になってしまって(約束を忘れてしまった上に、出先で道に迷った)、それで翌月に振り替えられた、という経緯がありました。
 今回はそういうことが絶対ないよう、数日前から何度も念押しし、当日朝も電話で念押しし、約束の時刻の1時間ほど前にも念押しし…。

 何とか、無事に面談を受けさせることができました。
 もちろん私も立ち会って、ケアマネさんも時間の都合がついたので立ち会ってくれました。

 義母は、普段からそうなのですが、人前ではすごく快活に、しっかりと話します(だから周囲の人の大半は義母が認知症であることに気づいてないと思われ)。
 また、これは高齢者の多くがそうらしいのですが、他人に対して「自分を良く見せたい」「弱ってきてると思われたくない」という気持ちが働くそうです。
 義母もその典型。

 たとえば、調査員さんが最初に聞いた質問がこれなんですが…
 「いま介護サービスを何か使ってますか?」
 その時の義母の返答が、
 「使ってない。今のところ必要ないから」

 最初から嘘になってしまってる…(T_T)
 私はすかさず「使ってますよね。デイサービスが週一回、ヘルパーさんが週一回…」と突っ込んでしまいました。

 その後、「薬は毎回きちんと飲めてますか?」と聞かれた時も…
 「うん、飲めてるよ」

 いやいや、それも違うって…(T_T)
 私はまた思わず「時々飲めてないです」と突っ込んでしまいました。

 そんな私に、調査員さんがアイコンタクトで『そんなん言うたったらあかん』と言ってきて、ケアマネさんも小声で「後で時間取れますから」と言ってきました。

 実は前回1月の面談の時、義母は泣いてしまったんです。
 その時の調査員さんはかなりはっきりと喋る人だったから、そのせいか。
 あるいは、私の受け答えが悪かったのか。
 おそらくはその両方と思われ。

 とにかく前回のことを思い出したので、私ももう基本的に黙っておくことにしました。
 たとえ義母がどんなにトンチンカンな話をしても。
 が、このままでは実際よりも介護度が低く認定されてしまう…と内心、気が気ではなかったです。

 面談が終わって、調査員さんとケアマネさんが帰る時に、玄関を出たところで私を含め3人で立ち話。
 その時に、前回同様、予め用意しておいた「義母の普段の様子をまとめたメモ」を渡しました。

 その上で、私が面談における義母の発言を次々に否定していったのと、あと義母と何度も会っているケアマネさんも私の話を補強してくれたので、調査員さんが「チェック票」にチェックを入れた項目のかなり多くが、「より重たい」に変更されました。

 ケアマネさんによれば、「いまは要支援2ですが、おそらくはワンランク上がって、要介護1になると思います」とのこと。
 ランクが上がれば、受けられるサービスも増えるので、それはありがたいことです。

 あと、拙ブログで、先日、義母が施設入りを承諾してくれたという話をしましたが、要支援2のままよりも要介護1になった方が、入れる施設の幅も広がると思われます。

 ひとつ厄介なのは、要支援と要介護では「大枠」が違うので、これまで各業者さんと結んだサービスの契約が、全て1から結び直しになります。

 そうすると、私もまた忙しくなるわけで…。
 やっと復職したところなんですけど…、仕方ないですよね(T_T)



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

今回の訪販は未遂&義母は施設を選択

 またまた義母のお話で恐縮です(興味のない方、ほんとすみません)。


 まず、10月4日付の記事に私が書いたこの問題。

 介護認定の区分変更の申請書を誰かが勝手に役所に出していた件。
 誰がやったのか、結局分からず仕舞いです。
 ケアマネさんもヘルパーさんも「こんなケースは初めて」とのこと。
 唯一考えられるのは、どこかの住宅改修の業者が書かせた可能性。
 ただ、それも認定が1ランク上がったとしても業者に入るお金は変わらないので、やはり考えにくいそうです。
 もちろん義母が自分で申請するわけもなく(健康保険証の再交付の手続きすらできない人です)。
 うーん、謎だ…。

 留守電を設置したおかげで、謎が解けました!

 ケアマネさんに事の次第を報告したら、Y氏がどこまで本当のことを言っているのか眉唾だし、今後はもう営業かけないと言っていても、それを守るかどうか怪しいので、いちおう気にかけておいて下さいとのことでした。


 これとは別件で、大きな動きがありました。
 (実際まだ動いてないので「動き」というのは不正確?)

 これは前回11月1日付記事のコメント欄に書いたのですが…

「施設」に関しては、私が通っているリハビリの先生が、まさに認知症のお母さんを施設に預けていて、私にアドバイスをくれました。
曰く、「元気な認知症」は同居は難しい。施設に預けた方がいい。また、本人の意識がしっかりしているうちに施設を見つけた方がいい。重度になると断られることもある。…とのことです。
義母の場合、同居を嫌がっていますが、じゃあ施設ならいいのかとか、そのへんほとんど話したことがないので、今度、夫も交えて話してみたいと思います。

 で、実際に11月3日に話し合いをしたんです。
 そしたら…

 今後どうするのかという話は9月にもしましたが、その時はまだ少し先の未来という感じでこちらも話したし、義母も漫然と聞いている感じで、特に意思表示はなかったんです。

 が、今回の話し合いでは、かなり突っ込んだ話をしました。
 それこそリハビリの先生が話してくれたアドバイスをもとに、「施設に入る場合は早い目に動いた方が選択肢が広がる」という話も。

 義母も真剣に聞いてくれ、こちらの発言のひとつひとつに反応してくれるという感じで。

 で、ある程度のところで、単刀直入に聞きました。

 「同居にしても施設にしても、準備期間が必要。だから早めにお義母さんの考えを聞いておきたいんです。どちらがいいですか?」

(本当は実の息子である夫が切り出すべきなんですが、モゴモゴしててなかなか言ってくれないので私が言った)

 すると義母は、本当にあっさり、「施設がいい」と答えたのです。

 「今まで自分のペースで暮らしてきてて、ご飯も好きな時間に食べて、お風呂も好きな時間に入って…、同居だったらそうもいかんやろ。我が儘かもしれんけど、それが崩れるのは嫌」と、夫が普段私に言ってることと全く同じことを言ったので、ちょっと驚きました。

(実はご飯を好きな時間に食べて云々は、施設に入った場合、そこのルールに則らないといけないので、自分のペースというわけにはいかないのですが、この際それは置いといて…)

 私が「それ分かります。もしお義母さんと同居したとして、たとえば朝食がパン1個だけってわけにいかないから、私もそれなりに料理するでしょうし、お義母さんもお腹空いてなくても、せっかく作ってくれたからと、無理して食べることもあるでしょう。そういうのはお互いしんどいですよね」と言うと、義母は「そう!そうやねん!」と大きく頷いてました。

 とにかく義母がはっきり意思表示してくれたことで、私も気持ち的にかなり楽になりました。
 今までは先が全く見えなくて、毎日モヤモヤしてたから。

 しかし、いざ施設を探すと言っても、種類もいろいろですし、「要支援2」では入れない所も当然あるし、義母に合う所を見つける作業は大変かも。
 もちろん場所も、できるだけ今の住所から近い所がいいですし。

 認知症の場合は、それに特化したグループホームというのがあって、私はそれがいいのかなと何となく思ってたんですが、私のリハビリの先生(介護のこともよく知っている)が言うには、「グループホームは家族にとっては楽ですが、本人には厳しい場合が多い。ほとんど刑務所じゃないかと自分は思ってます」と…。

 あとは、何と言っても資金の問題です。
 義母の年金と預貯金が主な財源となりますが、もちろんそれだけでは足りないので、当家と義弟家がいくらか負担することになります。
 お互いに月いくらまでなら出せるのか、そこをまず詰めていく必要がありますね。

 とにかく、新たな認定が出るのを待って、ケアマネさんとも相談しつつ、進めていこうと思っています。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

浄水器とキャッシュカードと義歯

 またまた義母のお話、前回の続きです(興味のない方、すみません)。


 本当に不誠実な業者です。
 夫が連絡なんかするわけがないのです。
 契約書を私が見せてもろくに見なかったし、社名はおろか電話番号ももちろん知らないし、そもそも夫はこの件に限らず義母にまつわることは全部私に丸投げなんですから。

 で、その後、約12万円の返金で弁護士を介して業者と合意が成立しまして、今月から分割払いで3カ月にわたって返金されるということになりました。
 合意書がやがて送られてくるので、署名捺印し、1通は送り返して、1通は控えで保管という形になります。

 合計110万円も払わされて、12万円しか戻って来ないのは、正直何だかなぁとは思います。
 ただ、1円も返ってこないだろうと覚悟してたし、ここらで手を打つべきだろうと。
 それに、相手が本当に資金難だとしたら、あまり大きく要求してしまうと、逆に1円も払われない危険性があるのでは?と考えました。

 が、分割払いというのがやはりどうも引っかかります。
 弁護士を頼む費用があるんだったら、それぐらい一括で払えよと思うんですが。
 合意書を取り交わしても、例えば最初の1回だけ払って、あとは逃げたりしないかしら?
 まあでも、とりあえずこの件はいちおういったん決着ということで。



 銀行のキャッシュカードも、何とか受け取ることができました。
 でもそこまでにはやはり苦労もありました。

 義母に毎日、「郵便届いてませんか」「郵便屋さんから直接受け取りませんでしたか」と尋ねても、「何も来てないよ」と。
 以前だったらその言葉を素直に受け取った私ですが、来ているにも関わらず「何も来てない」と言うことがこれまでに何度もあったので、当りをつけて日曜の夕方に自宅まで行ってみました。
 書留は日曜でも届くので。

 そしたらドンピシャリ。
 テーブルに銀行の「転送不要」と書かれた封筒が置かれてありました。

 しかし、肝心のカードがない!
 「封筒の中にカードが入ってたと思うんですが、どこに置きました?」と尋ねると、タンスをごそごそと探して、「ない…」。
 「もしかして財布に入れたとか?」と言うと、「あ…、あったわ」。

 その後、3度目の転送届(転居届)*を出しました。

* 義母が郵便物をよくどこかにやってしまうので、私の自宅に送られるよう転送届を出した後(1度目)、キャッシュカードの申し込みをしたら、銀行側から「カードは転送不要のため、転送届を出されている今の状態では、当方に送り返されてしまいます。もう一度転送届を郵便局に出して、ご本人宅に届くようにして下さい」と要請されたので、再び転送届を出し(2度目)、カードが手元に届いた後、またまた転送届を出した(3度目)。



 義歯の件も、なんとか目途が付いたのでほっとしているところです。
 でも、新しい義歯が出来上がっても、それをまた紛失したりしないか心配ではある(T_T)


 あと、生命保険の減額(契約者貸付金制度で保険外交員にお金盗られた分を本来の保障額から差し引くことになった)や受取人変更の書類に関しても、ちょっとしたハプニングが。

 第一生命の担当者が自宅まで持ってきた際、義母に書いてもらったのですが、6枚ほど書いてもらった中で(お義母さんお疲れ様<(_ _)>)1枚だけ不備というか、訂正印が必要な箇所があると、後日連絡がありました。
 「お義母様に書いてもらった書類を郵送するので、訂正印を押して、返信用封筒に入れて送り返して下さい」と。

 義母宅に送られてきたその書類自体は比較的容易に見つけられました。
 しかし、書類以外のもの(封筒、説明などが書かれてあるであろう紙、返信用封筒の3点)が見当たらない。
 義母に尋ねても、「分からん」と言うばかり。
(最近知ったのですが、認知症の記憶障害というのは、「忘れてしまう」のではなく「記憶できない」のだそうです)

 まあ肝心の書類はあるから、封筒は自分で用意して、返信先の住所書いて切手貼って返信したらいいか…、住所分からないけど電話で聞いたらいいか…と、諦めて帰りかけたら、義母がいつも財布を置いてある場所があって、その財布の下に返信用封筒はじめ3点があるのをたまたま発見。
 ああ、これで切手代払わなくてすんだ…、良かった…。


 まあとにかくこんな具合で、何かひとつ問題が発生して、私が動いて、何とかかんとか解決して(しない場合もあるが一定の決着を付けて)、という繰り返しです。
 義母の行動は予測が付かないため、ひとつひとつは深刻なことではなくても、こちらはかなり気疲れします。



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる