浅田真央ちゃん引退



 「ぼやきくっくり」はいちおう「憂国ブログ」なんですが、真央ちゃん関係のツイートは反響がけっこうあって…。

 みんなやっぱり真央ちゃんが好きなんやなぁと。

 引退を知ったあの夜から、私はしばらく気抜けのようになってました。

 翌日からワイドショーとか録画しまくって、見られる限り見て…。

 ソチ五輪の後、何度か引退が噂されたけど、できればもう少し選手として続けてほしくて…。

 だけど、ついに終わりの日が来て…。

 去年の全日本選手権で12位に終わった時も、引退するとはまだ思いませんでした。

 この試合を解説した荒川静香さんが言うには、この時、引退の予感があったそうで、「状態がトップまで上がってきてないのに、トリプルアクセルを跳ぼうとしたのは、自分の中でやりきりたい気持ちがあったんだろうと」と。

 この4月2日まで行われた世界選手権の結果、平昌五輪の日本人女子3枠を確保できず、2枠になったことも、引退の決断に影響したのかなとも思ったけど、それは4月12日の会見でご本人が明確に否定していましたね。

 引退を決めたのは2月であると。
 
 2枠が決まった時、多くの人が思ったでしょうが、私も「これは真央ちゃん、食い込むのきついな」と。

 その時も、でも、引退の2文字は具体的には私の頭には浮かんでこなかったんです。

 だからこそ、引退のニュースを聞いた時、びっくりしてしまったわけですが…。

 会見は動画で全部見ました。



 真央ちゃんて、何というか、やっぱり別格なんですよね。

 真央ちゃんと同世代の選手の方々や、若い他の選手の方々も台頭してきたけども、私、冷たいようだけど、あまり興味を持てなくて…。

 本当に申し訳ないけど、真央ちゃん以外、ハートにグッと来る(死語)選手がいなくて…。

 この先もずっと出てこないかもしれません。

 男子では、羽生結弦くんがわりとハートにグッと来るけど、それでもやっぱり真央ちゃんほどではない…。

 何で真央ちゃんなのか?

 ロシアのプルシェンコさんが、真央ちゃんのソチ五輪フリーの演技の後、「君は本物のファイターだ!」と賛辞を送ってたけど、そこだと思います。

 安全策をとって高得点につなげようとする選手も多いなか(試合に勝つのがアスリートの宿命だから決して悪いことじゃない)、こだわりを持って、常に自分の限界に挑戦してきた真央ちゃん。

 ジャンプ以外の、たとえば表現力とかでも十分世界で戦えるのに、あえて難しい演技構成に挑んできた真央ちゃん。

 そういう姿勢に、私は惹かれたんだと思う。

 あと、何と言っても、華やかさとオーラですね。

 よく彼女は、天使のようだとか、妖精みたいだとか言われたりしますが、それってファンだけじゃなくて、練習風景やプライベートを見てる周辺の選手も言ってるんですよね。

 高橋大輔くんとか、織田信成くんとか、今回の引退表明を受け、改めてそう言ってました。

 そうそう、織田信成くんと言えば、4月11日の関テレ「報道ランナー」で、こんな話をしてました。

「真央ちゃんのスケート、僕から見ると、何か浮いてるような…。スケートは氷の上でとてもバランスが取りにくくて、力を入れて踏ん張ったりするけど、そういうのじゃなく、難しいことを軽やかにしてて、雲の上にいるような…。見てて、何か違うなと。技術的なことかもしれないし、精神的なことかもしれないけど、ずっとスケートしてきた僕が見ても、何だろうこのスケートは…と思うような」

 真央ちゃんは天才ですが、その裏には、もちろん膨大な練習量があって…。

 「練習の鬼」で、コーチが練習のしすぎを心配したり、織田信成くんは、練習に臨む姿勢がストイックな真央ちゃんを、かつて「修行僧」に喩えたことがありました。

 ソチ五輪のあと1年間休養して、復帰後は、年齢から来る衰えとケガとの闘いでした。

 練習後も、人から見えない所で、筋トレなどを頑張ってたそうです。
 それはそれは過酷なトレーニングだったと。

 でも弱いところは人には見せない。
 試合で良い結果が出なくても、ケガを言い訳にしたりしない。

 練習や試合の時とは違って、普段はチャーミングで、ちょっと天然なところもある真央ちゃん。

 フィギュアに対してもピュアだし、人に対してもピュア。

 そういう人間性も魅力ですよね。

170412mao.jpg

 日本だけでなく世界からも愛された選手でした。

 数年前、たぶん「Mr.サンデー」で見たんですが、ロシアに真央ちゃんのファンクラブがあったり…。

 もちろん世界の選手たちからも愛されてました。

 これも数年前、何かの番組で見たのは、ロシアの女子選手たちに取材したら、みんな真央ちゃんのファンだったという。

 アメリカのアシュリー・ワグナー選手に至っては、初めて真央ちゃんに会った時、感激のあまり泣いてしまったのだとか。

 真央ちゃんといえば、キム・ヨナさんがよく引き合いに出されますよね。

 今日の会見では、赤旗の記者が彼女について質問をして、ネット上で波紋を呼んだようです。

 同い年で、同じ時代に競い合ったライバルだから分からなくもないけど、すみません、私もあまり同じ土俵で語ってほしくないです。

 とにかく真央ちゃんは別格だと思うから。

 キム・ヨナさんは悪いけど、「あの時の金メダルって誰だったっけ?…ああ、キム・ヨナさんか」というレベルなんじゃないかと。

 真央ちゃんはそういうんじゃなく、もはや記録とかは突き抜けてしまってる存在だと思う。

 もちろん記録もすごいけど、それ以上に、演技が記憶に残る選手というか…。

※記録はたとえば…
 グランプリファイナル4回優勝
 世界選手権3回優勝
 “同一競技会(バンクーバー五輪)でトリプルアクセル3回成功”のギネス記録

 技術もすごいけど、とにかくオーラが他の人と全然違ってます。
 あくまで私見ですが。


 今をときめく宇野昌磨選手や本田真凜選手など、男女問わず、多くの若い選手が真央ちゃんの後を追いかけ、そして成長してきました。

 日本のフィギュア界だけでなく、世界のフィギュア界にも大きな影響を与えた真央ちゃん。

 彼女の影響、いや、貢献と言っていいですね、それはこれからもいろんな形で続いていくのでしょう。

 スポーツって必ずしも順位だけじゃない、そのことを教えてくれたソチ五輪のフリーの演技は、多くのファンにとってそうであるように、私にとっても大切な宝物です。

 私よりはるか年下で、親子ほど年が離れてるのに、たくさんの感動と勇気と教訓を与えてくれた真央ちゃん。

 本当にお疲れさまでした。そして長い間本当にありがとう!



※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当てのものがなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年の全日本選手権の結果なんかを受けて、真央さんもう無理なのかな・・・と考えたりしていたのですが、心のどこかで何があるかわからないと思って、密かにピョンチャンオリンピックに期待を寄せていました。
実際に「引退」の報道を見聞きすると、やはり淋しい気持ちでいっぱいになります。
彼女のスケート人生は本当に苦難の道でした。
彼女が強すぎたため、彼女に不利なルール改正があったりしましたが、それを契機としてスケート界のスキル向上につながったことは事実です。
ただ、彼女にとってはあまにりも突然すぎました。
幼少の頃から身についてしまった「癖」を修正するのは至難の業と言います。
特にルッツジャンプの踏切りエラーには最後まで苦しめられた印象があります。
また彼女が得意とする連続ジャンプのセカンドにもってくる3ループの回転不足もそうです。
ソチのフリーですら回転不足の判定たったのには、なんだかな・・・という感じでした。
それでもなお、彼女の引退がどのニュースにおいても一面扱いで、ほとんどどの声も彼女への慈しみに溢れているのは、市井の人々が浅田真央という存在から「魂」を感じ取った所以だと思います。

エミリーフランケルという元バレリーナで振付師をされている方が、浅田真央について分かりやすく解説しておられます。

Figure Skate Datebaseさんのブログで全文が訳されていましたので、一部お借りします。
エミリーフランケルという元バレリーナで振付師の言葉です。


(以下)
さて、フィギュアスケートのファイナルが昨夜行われましたが、興味深いものでした。勝利を手にした少女の名前はキム・ヨナ、彼女は韓国代表です。もう少しで勝利を手にすることができた少女、銀メダルを手にした少女は浅田真央でした。彼女は日本代表です。

私は浅田真央選手が優勝すべきだったと思います。それは考えた末の判断ではなく、私が目にしたものに基づき判断したことで、私のダンスに関する知識は少なからぬものです。真央の方がより優れたダンサーでした。

さて、彼女達のダンスを目にした際、直ぐさまキム選手が勝利することになると思いました。何故ならキム選手の方がよりセクシーだったからです。二人とも19歳で、セクシーさを売りにするよりも... 彼女達は実に愛らしいのです。
彼女達の誕生日は20日違いなので、実に同様の若さ、未熟さを持っています。
しかし、キム選手には自信がありました。輝く様なね。「私は自身が素晴らしいことを知っている」と言わんばかりの感覚を放っていました。それはおそらく、私達が聞き知っている様に、韓国では政府や全国の全ての人々が... 彼女はおそらく韓国で最も有名な人物でしょう。そして彼女は何度となく人々から美しいと言われたでしょうし、彼女は守られていました。彼女はリムジンや車に乗り、彼女が行く先々で贈り物やファンに囲まれていました。そして彼女は何度も「彼女が世界で最も優れている」と言われたことだと思います。私は「世界で最高」と言われることで、演技に違いが出ることを知っています。彼女は美しく、映画スターの様にゴージャスです。

浅田真央選手は繊細で可愛らしく、彼女達は二人とも可愛らしいのですが、彼女(浅田選手)の方がより儚い感じで、神性な感じがするのです。そして彼女の方がより優れたダンサーなんです。彼女の身体の伸び、彼女のアラベスクはプリマ・バレリーナのレベルです。私がプリマ・バレリーナと言う時は、本当にプリマ・バレリーナのことを意味しています。真央の両脚、両腕、胴体はしなやかで柔らかく、彼女の前方への身体の伸びは... Wow。前方への身体の伸びとは、こう言うことです。脚をこの様にキープするんです。殆どの人は手を下にあてて脚を支えるのですが、彼女はその様なことを必要としないのです。ただその位置に脚をキープするんです。美しいですね。時折、真央は私の言う「本物のダンス」を見せるんです。意識してステップを踏むのではなく、軽々と美しく、滑らかな流れがあるんです。スケート靴を履き、トリプルアクセルを含む長いプログラムを演じる中で、「本物のダンス」を時折見せると言うことは実に大変なことなんです。

キム選手は、彼女の脚は見事ですし、彼女は良く練習されていると思います。しかし、バレエの観点からは、彼女は良く練習され、完成しているとは言えません。たいてい彼女は試合を楽しんでいる様に伺えますし、彼女は小さな細々としたキャラクターを演じる能力を持っています。ここそこで燃え上がり、音楽がting ting tingとなれば、彼女もting ting tingと演じるのです。彼女は素早くキャラクターを変更し、楽しさを覚えさせるのです。

あなたはおそらく「エミリー、何が問題なんだい? 彼女が勝者の様に聞こえるけど」と思われているでしょう。そうです。彼女が勝利しました。彼女が勝者です。しかし、私はフィギュアスケートは芸術だと考えています。そして私は浅田真央選手は芸術家、キム選手は素晴らしい演技者だと考えます。キム選手は女王です。真央は苦しみもがく芸術家です。

(略)
キム選手が演技を終えた際、彼女ははっと息をのみ、「これは私が見た中で最も優れた演技でした。」とおっしゃったんです。何ですって? 私は酷い解説だと思いました。彼女はまるで、他の選手達が演技をする前に、キム・ユナダ選手... ユナ選手に金メダルを与えたかのようでした。

(略)
それはさておき、私は浅田真央選手の勝利を願いましたし、あなたに彼女の名前を知って頂きたかったのです。

No title

siraさん、コメントありがとうございます。
とても、とても興味深く拝見しました。
真央ちゃんが何もかも順調に行った選手であれば、逆にここまで皆に愛されたかな?と思ったりもします。
「彼女への慈しみに溢れているのは、市井の人々が浅田真央という存在から「魂」を感じ取った所以」、本当にそのとおりですね!
エミリーフランケルさんの、真央ちゃんとキムヨナさんとの比較も、すごく胸にストンと落ちました。

ん?おかしいですね?
いつもの様に不意に目が覚める金曜ド深夜、
やはりいつもの様にお気楽くっくりを閲覧してみたら
どうやら私はぼやきくっくりに迷い混んだ様だ。
おかしいな、移転したのかな?


なーんてね・笑



全くフィギアスケートに興味が無かった私に
フィギアスケートの優雅さカッコよさを
教えてくれたのが真央ちゃんでした。
ええ、真央ちゃんと呼ばせてもらいますよ。
ロ○コンと呼ぶなら呼べばいいさ、
だって可愛いんだもん、カッコいいんだもん!
(なんでヤケクソなんだ・笑)
楽器のプレイヤーで例えるなら
ひたすら高難易度な技巧演奏を追求する
タイプの人なのかな?、と。
でも演技してる姿が優雅で綺麗でした。
私的にはスケート協会に利用されまくっている様に
見えてなんだか大人の嫌らしさに憤りを感じてました。
ハーフ&ハーフって発言してた時期に、
何ならそのもっと前に解放してあげるべきだったのでは?とも
思ってみたりもします。
今後真央ちゃんを超えるアスリートは
出てこないのでしょうね。
「お疲れ様でした」を上回る労いの言葉が
私の語彙に存在しないのが心苦しいです。
是非お姉さんは真央ちゃんに
焼肉をたらふく食べさせてあげてください。




私情だらけのコメントですみませんm(_ _)m



追伸
うちの子供が保育園で鍵盤ハーモニカを買わされます。
ぼったくり価格で・笑
で、私の分もお揃いで買おうかと。
新品のピアニカの到着を待ちつつ
カズーを電気カズーに改造して
ギターアンプとエフェクター繋いで
遊んでました。
カズーってこんな楽器です。
https://youtu.be/0jGFYfOHflc
この形態なら「ひとりバンド」が成立するかも?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あかんたれさん、コメントありがとうございます。
真央ちゃんがきっかけでフィギュアに興味を持った人、多いみたいですね。
私は伊藤みどりさんの時に初めて興味持ったかな…でもそこからまた日本のフィギュアは不遇の時代だったので、やっぱり本格的にというと真央ちゃんでしょうか。
妙齢の男性が「真央ちゃん好き」と言っても、ロリコン扱いはされないと思いますよ(^_^;。可愛いだけではなく、かっこいいし、何というか…「オットコマエ」だから(^_^;
ハーフ&ハーフと言っていた時の真央ちゃんは本当に迷っていたんだろうと思います。でも、アスリートに限らず誰でもそうですが、続けるか辞めるか迷った時、そこで辞めてしまうと後で「あの時続けていれば」と思うことが絶対出てくるから、真央ちゃんはその意味での後悔を残したくなかったのかなと思います。彼女自身、やりきった感を得ての引退になったので、そこは良かったんじゃないかなと個人的には思います。

保育園(幼稚園)とか学校では楽器やら何やら買わされますよね。私も覚えが…(^_^;
しかし「カズー」って初めて知った!世の中いろんな楽器があるもんですねぇ。

No title

民放2局が特集をやっていて、私はてっきり
「浅田真央は殺されたのか?」
と勘違いするぐらいの騒ぎっぷりでした。

荒川静香さんが金メダルをとってから、
スケート熱が熱を帯びてきましたが、
私は今だにスケートの面白さがよくわかりません。
アクセル、ルッツ、フリップのどれが一番難しいのかわかりません。
TV解説者も用語解説を一切しないし、データ放送でも解説しないからです。
これで、羽生選手が引退するとスケート熱もようやく沈静化するのでしょう…?

だからと言って浅田真央さんに何の反感もありません。
引退記者会見に見せた菩薩のような横顔。
まさに奈良平安期の仏像のような横顔をこの子は見せるのかと驚いたぐらいです。
最後の締めの言葉での長い間。
日テレのZEROはノーカットでその長い間を放送していました。
おそらく、テレ朝、フジの特集でもノーカットだったのでしょうが観ていません。
万感、胸に迫るものがありました。

これからは、プロスケーターか指導者としてがんばって欲しいものです。
悪徳TVプロデューサーあたりに騙されてバラエティの常連になりませんように。

No title

Alphonseさん、コメントありがとうございます。
野球で言ったらイチロー選手のような国民的スターですから、騒がれるのは当然だと思います(^_^;
(「好きなアスリート」を尋ねたアンケートで、ここ10数年、毎年のようにベスト3に入っています)
私もフィギュアの詳しいことは知りません。主にワイドショーで学習しています(ジャンプの種類など)。
次世代のスター候補がたくさんいますから、羽生結弦さんが引退しても沈静化はしないと思いますよー。
今回の引退会見の真央ちゃんの誠実な振る舞いなどについては、フィギュアに興味のない方にもある種のインパクトを与えたようです。Alphonseさんもそのお一人なんですね。
真央ちゃんがこの先どういう道を進むのか分かりませんが、ひとまず7月にはアイスショー出演を控えています。

No title

フィギュアスケートに関しては、昔村主章枝さんが活躍されてた頃に、NHK杯を見てフィニッシュの切ない演技に感動した覚えがあります。
フジTVがやれK-1だ、PRIDEだと格闘技に力を入れていた時期だった(少し時期が違うかも)ので、ここまでスケートが人気スポーツになるとは思いませんでした。
当時はミシェル・クワンが女王として君臨していました。
世界選手権では常勝でしたが、五輪では金が取れませんでした。
実力があっても金が取れないというのはスケート競技のあるあるなのかも知れません。

No title

Alphonseさん、レスありがとうございます。
村主章枝さん、ミシェル・クワン、懐かしい〜(^▽^)
村主さんは表現力が卓越してるというか、芸術的で美しかったですよね。
プロフィール

くっくり

Author:くっくり
週1回程度更新。
できるだけお返事するよう心がけていますが、多忙の折はご容赦下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
■Amazonアソシエイトについて 「お気楽くっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる